2017年3月25日 (土)

山陰山陽編、ベイ戦記編、倉敷マスカットスタジアムでベイスターズのオープン戦観戦!

※この遠征記は2017年3月5日のものです。

「この世界の片隅に」聖地巡礼巡礼でを終了。

ベイスターのオープン戦を観にいきますよ!

20170305111716
新幹線は福山でおりて、移動費節約のため鈍行に乗り換え。
ホームからお城が見える(西日本はこういう駅が多いよね)

20170305112934
山陽本線に珍しいラッピングがいました。

20170305122902
本庄という聞いたこと無いローカル駅でおりて、
ひたすら徒歩でテクテクのんびりと20分ほど歩く
(バスとかそういうのは無い、タクシーで行くかと思ったけどそんなものはいない)

20170305123618
倉敷マスカットスタジアム。
でけー!まあ、ハマスタがいまやプロの球場としては小さいだけなんだけどね。

20170305123750
この日はイーグルスとのオープン戦

20170305125114
日曜日ということでそこそこ観客は入っているが、ベイ側のほうが多い感じ。
ベイスターズ人気おそろしや。そういや関西や四国のフォロワーも観に来るといってたしな。
まあ、ハマスタでオープンやったら2万5千人とかくるくらいだしな

20170228125859
席は気合いいれて指定席とったんだけど、前から4列目のベンチの上。

20170305125158
近いのはいいけど金網がやや邪魔

倉敷マスカットスタジアム - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170305152530
2階席は使っていない。

20170305113125
広島駅で買っておいた「ホルモン天ぷら」美味い!
ビールは売り子がいないので、いちいち売店に買いに行かないといけないので、めんどうくさい。

20170305150810
新外国人のシリアコ(BC石川から)この日も大活躍

20170305124151
お昼ご飯

20170305124220
謎の食べ物「あっちゃん焼き」

20170305130026

20170305130324
広島風お好み焼きの麺のかわりにカレー味の焼きめしが入ったものだったけど美味しかった

20170305153233
「オタクト」こと野川投手。
今年こそ一軍定着期待したい!
http://naj-sports.blog.jp/archives/18240857.html

20170305145453
球場内にグッズショップがあったけど、阪神の専門店。
やっぱ岡山は関西近いしタイガース文化圏なんだね。
星野仙一さんの出身地だしね。

20170305215338
配っていたフリーペパー

20170305221019
地元出身の柴田と佐野が紹介されてた。
ドラフト9位のルーキーながら大活躍の佐野は、この日もタイムリー打って一番歓声あびてたぞ。シーズンも頑張ってくれ。

20170305161317
試合はヒットがでるけどなかなかつながらずにイライラしたけど、終盤にようやくつながって大勝。

20170305161315
オープン戦といえども勝利はいいものだ

20170305162515
歩いて新庄駅に戻って山陽本線に。

20170305162611
「ひるね姫」のラッピング電車だ!
アニマルさんも映画観ましたけども面白かったですよ。

つづく、次回は四国上陸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、広島を再探訪

※この遠征記は2017年3月5日のものです。

「この世界の片隅に」聖地巡礼で舞台探訪のつづき。

遠征最終日の4日目です。

レンタルスクーターを返却するバイク屋が開くのが10時なので、それまで朝の広島市内の探訪をしましょう。

20170305080750
原爆ドームの前にある、元広島市民球場跡の広場にバイクを止めます。

20170305080846
前回来たときには広場に入れたけど、今日は閉まっている。
(前回の訪問)
広島死闘編、旧市民球場跡地と平和記念公園

20170305080804
ちゃんと去年の優勝が碑にくわえられています。
どうでもいいですが、あと2回優勝したらスペースがなさそうですがどうするんでしょうか?心配です。

20170305084304
そのうち、黒田の銅像とかも建つと思うね。

20170305081540
原爆ドーム。
去年の秋に来たばかりですが、「この世界の片隅に」の映画を観たあとだと、より感慨がふかいです。

20170305081634
チェックしておきたいのは原爆ドームの前のこの船着き場の階段。
雁木とよばれているもので、映画の冒頭で出てきましたが、こちらは戦前から残る唯一のもの。

20170305083410
対岸から見るとこんな感じ。

20170305083400
産業奨励館だったころの写真。映画みたいに船が目の前で荷下ろししていますね。

20170305081914
原爆ドームをみたら、元安橋を渡って、平和祈念公園に。

20170305082537
橋を渡ってすぐにあるのが、大正屋呉服店として出てきた現レストハウス。

20160805konosekainokatasumini02ffd1
当時はこんなでした。

20170305082418
爆心地に近くてえらいダメージだったのに、修理して使ったんですね。

20170305082616
レストハウスの前に立つと、原爆資料館、原爆の子の像、原爆ドームがぐるりと周囲にみえます。

平和記念公園 レストハウス 原爆資料館 原爆の子の像 原爆ドーム - Spherical Image - RICOH THETA

 

パノラマ

Fb
かつて、ここが広島随一の繁華街だったとは。

20170305083752
すずさんたちが初めて出会った相生橋。

C0mgd2hukaa6gq
続いて、市電通りを駅側にもどったこの場所。

20170305093332
福屋八丁堀本店。こちらも戦前から残る建物。
前を走る市電は最新のグリーンムーバーマックス。

といった感じで、この世界の片隅にの聖地巡礼は終了。

20170305092123
ついでに?広電の営業所に行って、鉄道むすめのスタンプラリーの台紙を貰ってきました。
なんか、普通に人が多い本社のオフィスにおいてあってちょっとビビった。

20170305092212
スタンプもぺたり(1個目)

20170305101438
バイク屋にスクーターを返して、バスで広島駅まで移動。

20170305102223
バスのなかから見えた「旧日本銀行廣島支店」これも被爆建物。

20170305104206
さて、それでは広島駅から新幹線に乗って移動しますが。南口の改札からEX-ICで新幹線に乗る場合は、改札機が対応していないので有人窓口でこちらの入場証を貰う必要があってめんどうくさい。

20170305105127
さくら544号で東へ。

20170305105216
さよなら、さよならヒロシマ。
舞台探訪を満喫したけど、呉はスタンプラリーのせいもあってあんまりのんびり出来なかったのでまた来たいですね。
駅メモの可部線新駅もとってないしね。

20170305105515
ズムスタはいい球場なのでまた来たいんだけど、今シーズンのベイスターズ戦は週末がうまく予定あわないんだよな。(CSはハマスタでやる予定だし)

まだ遠征は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、大和ミュージアムや海軍施設跡をみる

※この遠征記は2017年3月4日のものです。

「この世界の片隅に」聖地巡礼で舞台探訪のつづき。

まだまだ続くよ、大和ミュージアムや海軍関係を観ていきましょう。

20170304171952
青葉終焉の地をみたあとはまたバイクをとばして、呉市内に戻って、大和ミュージアムに。
閉館間際の17:30にすべりこみ。

20170323221404
こちらでスタンプラリーのシートをみせるとポストカードを貰えるのでゲット。

20170304172236
大和ミュージアムは3年ぶり。
西域18きっぷ編、こうの史代「この世界の片隅に」特別展@大和ミュージアム

あまり時間はないけど展示もみます。

20170304174611
短い時間なので、今回は軍艦関係ではなく主に「呉の昔の暮らし」のあたりをみますね。

20170304174819
大和建造当時の呉。赤い色が海軍関係の施設。広大ですね。

20170304174703
にぎわいのある戦前の繁華街。

20170304174709
朝日町の遊郭の写真もありました。

20170304174639
市電

20170304175030
青葉の20cm主砲です。

20170304175101
広工廠はすずさんのお義父さんが勤めていたところ。

20170304174948
もっとじっくり見たいのはやまやまだけど、なにぶん時間がないので残りは駆け足で。

20170304175320
大和シアターの最終上映に滑り込み

20170304175259
なかなかに興味深い映像でした、

20170304175303
想像以上にバラバラに海中でなっているのがわかりました。

20170304175210
大和ミュージアムにもこの世界の片隅に特設コーナーが設けられて、ロケ地マップや複製原画の展示もあります。

20170304175233
複製原画の展示。
ミュージアムが閉館時間なので退出して呉駅方面に

20170304180025
これは呉駅から海兵団の敷地を通って工廠まで続いていた引き込み線のあと。
前回呉にきたときにも気になっていた場所なので再確認。
右奥が海兵団があった場所です。現在は呉教育隊。

20170304180744
反対側をみるとこの曲線はあきらかに線路あとのカーブですね。

011
映画のこの場所ですね。
物資を運ぶ引き込み線が鎮守府まで続いていました。


20170304180455
そしてこちらは、塗り替えられていますが元士官集会所。

Cxeapx4uuaao9l
映画のこの建物。

20170304180853
現在は使用されておらず、近いうちに取り壊されてしまうそうです。残念

20170304181303
もういっこ市内で観ておきたいのがここ、こちらの堺橋は映画ですずさんと周作さんが語っていた小春橋の後ろに見えていた橋。

20170304181344
市内で唯一戦前から残る橋で石造りが立派で時代を感じます。後ろには夕暮れの灰ヶ峰。

20170304183102
さっき時間が無くて観れなかった辰川のバス亭にも寄っていきます。
バイクだとすぐですが、当時は歩いて通勤していたのは結構距離ありますよ。

20170304183934
呉消防署、当時から移転していますが高いヤグラ(望楼)はあって雰囲気を感じられます。

すっかり夜になったのでバイクで広島市内に戻ります。
さすがに日が沈むと寒くて寒くて体が冷え切ってしまってガタガタ震えながらホテルに帰還。

20170304201709
すぐに温泉に直行して温まる。

20170304212719
夜は繁華街の薬研堀でお好み焼き。
どうも広島風お好み焼きはみんなが美味いというわりには好きになれなかったのだけどこの店は美味かった。

20170304213849
なぜかというと、広島お好み焼きは大量の麺をつかうのだが、ここのは生麺を食べる直前に茹でてから使っているため、麺自体が美味しいのです。
他の店は麺がふにゃふにゃだったり美味しくなくて、食べているうちに飽きるが、ここは違った。ちゃんと麺が美味しい!

20170304221707
広島風お好み焼きとは麺料理と見つけたり

まだつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、すずさんの嫁入りをコンプリート

※この遠征記は2017年3月4日のものです。

「この世界の片隅に」聖地巡礼で舞台探訪のつづき。

スタンプラリーの後半です。

実は灰ヶ峰があんなに登るのに時間がかかると思わなくて(片道50分ほど)
このあとの行程が時間がかなりなくなってしまっており、ここからスタンプラリー完遂にむけて猛ダッシュ状態。

ここからはラリーで指示された順番も無視して効率重視になっています。

20170304155657_2
まずは三ツ蔵

As20161122004166_comml_2
映画にも再々登場しましたね。

20170304155624
これが住宅地の中の分かりにくい場所にあってバイクでウロウロして道に迷う迷う。
気がつくと「ここはどこねー!」と思ったら「朝日町」。
遊郭のあったとこですね、リアルすずさん状態に

20170304155636
どうにかたどりついて、キーワードゲット。

20170304161232
続いてのキーワードは、辰川線の広電バスの車内にあるとのこと。
バイクで移動する意味がない。
こちらのバスはさっき呉駅に来たときに乗ろうとしたら発車したばっかなので、あらためて駅前に戻ってバスを待つ。
キタ━(・∀・)━!!!!

20170304161346
なんと広電バスで1台しかない「この世界の片隅にラッピング車両」
基本辰川線を走っているようですがかなりラッキー。後部のアップ

20170304161326
バスのなかにあるキーワードをゲットする。
辰川まで行って戻ってくる時間がないのですぐにおりてダッシュでもどる不審者

20170304201022
つづいては千福で有名な酒蔵のギャラリー三宅屋商店へ。
やっぱり途中で道間違って、あまりにも焦っていたので写真はなし。
スタンプを貰って、それだけじゃ悪いのでなにか買おうと思って、ほんとならお酒を買うべきだけど重いので、かさばらないものということで、オリジナルトートバッグをゲット。

Fddf3e6431aa3edf42e1cf1859a60d78
ちなみに、千福のこの世界の片隅にラベル特別版は、
東京銀座の広島ブランドショップでも買うことが出来ます。

20170304161906
つづいてさっきカレー食ってた近くのアーケードにある「街かど市民ギャラリー」

20170304161911
日本アカデミー賞の発表があったばかりだけどさっそく掲示が!

20170304162055
ここでもスタンプをもらってすぐ移動しようと思ったけど、こうの史代さんの原画展示をやっているとのことで、せっかくなので時間がないけどダッシュで観る。
時間がなくてじっくり見ることができなかったでの写真で振りかえる。

こちらは2011年の大和ミュージアムでの「くらしと”もの”に見る昭和史」展で描き下ろされたものです。

昭和の時代の一家の戦前から戦後を描いた連作イラスト。
これだけでもイロイロなストーリーが浮かんできそうな素晴らしい作品です。

20170304162111
1925年

20170304162047
1937年

20170304162109
1945年

20170304162100
1946年

20170304162104
1951年

20170304162106
カット

20170304162120
サイン色紙もありました

20170304162127
カラーイラスト

20170304162123
北条家のスケッチ

20170304162146
休山

さて、もうホント時間ギリギリなのですが、最後のゴールへ向かいます。
これってしかし呉市内だけで一日で回るの厳しい!

20170304163201
ゴール地点の入船山会館まで。

20170304163240
ここのチケット売り場は16:30までなんだけど、3分前に到着して、無事に最後のスタンプもらってゴール記念のポストカードをゲット!!
ふう、おつかれさまでした。

20170322222055
完成したワードはこちら「うましなんこうめし」

20170322222109
ついでにカード裏面の地図。
思ったより駆け足になってしまってもっとじっくり回りたかったな。
カードは結構あまってたみたいなんで、また呉に行きたいのでやって欲しい。

20170304163311
ついでに海軍長官官舎もみていくけど、塗装中で外観は覆われているので中だけ堪能

6738
ホントならこんな感じだったらしい。
(画像は呉市のHPから)

20170304163445
内部は立派な洋館。こちらは食堂。

20170304163450
応接室。

20170304163515
でも裏側にいくとプライベートスペースは完全な和風。

20170304163330
同じ建物と思えない裏側の和風建築。
和洋折衷というよりは和洋合体。

20170304163823
こちらかつての弾薬庫。

20170304163914
鎮守府にあった時計台を移設したもの。

ホントはおとなりの呉市立美術館でもポストカードが貰えたんだけど、こちらは時間切れですでにしまっていて、残念。ポストカードコンプはならず。

ちなみに、こちらは昨年の10月に言ったときの様子。
20161013132759
広島死闘編、呉で「この世界の片隅に展」&てつのくじら館にCS第2戦

すごく良い展示だったのに、映画公開前に終わってしまったので観たひとは実に少ないという残念さ。またぜひやってほしい。

20170304164108
スタンプラリーは終わったけど、聖地巡礼はまだ続くよ。
入船山記念館のほど近く。こちらは元海軍病院の階段。

5436e8799cb8d9e918d9e23d9ddb5d76
手摺りが追加されていますが面影は残ります。

20170304164430
軍法会議所があったあたりにある、呉看護学校の角を曲がります。

400

20170304164740
バイクをしばらく走らせると、あの不発弾のあった造船所の場所です。
しばし感慨にふける

20170304140419
あの描き下ろしポスターとも一致しますね。

20170304140425

20170304165148
防空壕があったあたりのモデルの家

20170304170135
バイクの機動性を生かして、さらに移動します。
すずさんたちが服と食料を交換するために船で渡った倉橋島はいまは立派な橋でつながっています。

20170304170557
そしてぜひ来たかったこの場所、わかりますか?

Img01
重巡洋艦「青葉」最期の地です。

20170304170712
道路の反対側には記念碑が建っています。
碑の揮毫は青葉に士官として乗っていたこともある、元総理の中曽根大勲位。

Nakasone_yasuhiro_in_imperial_japan
中曾根康弘氏は現在でもご存命で98歳。周作さんよりも3歳年上。
青葉乗艦の後に呉鎮守府に主計士官として配属されており(終戦時は東京の海軍省らしい)もしかしたら周作さんとどっかで会ってたかもと思うと歴史は地続きだね。
(写真はWikipediaから)結構イケメンだった?

Bzcfmyceaa8f1j
アニマルさんが大好きな青葉が呉入港時のポスター。
このときはフィリピンで大打撃をうけており歩くような速度しか出なかったうえに、艦が傾いた状態で右エンジンが死んでいるため片側しかスクリューの波がたっていない。
きわめて正確な考証です。

20170304170717_2
建碑記

20170304170721
青葉の戦歴表

20170304170731
碑から海側を観るとバイパス道路にかくれて海があんまり見えないのはちょっと悲しいですね。

なお、こちらの碑を訪れるには呉市街から歩くのには少々遠いので、呉駅からバスで警固屋ドック前バス亭から徒歩で行くのがよろしいでしょう。(場所はコチラ)

さあ、まだまだ呉の聖地巡礼は続くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、呉でフライケーキとカレー食って灰ヶ峰を登る

※この遠征記は2017年3月4日のものです。

「この世界の片隅に」聖地巡礼で舞台探訪のつづき。

スタンプラリーをしながら広島の江波から呉に。

※追記
スタンプラリー期間が終了したのでキーワード画像など追加しました。

20170304121146
江波を回ったあとはバイクで小一時間ほどの呉に向かいます。
途中で市内のホテルに荷物を置いて、スマフォホルダーは持参したのを取り付け。

Map
クルマなら高速ですぐですが、原付バイクなのでナビを頼りに下道を。
交通量は多いですが、すずさんの嫁入りルートにならって海岸線のJR呉線沿いに走りましょう。

20170304124934
途中でちょっと寄り道して呉ポートピアパークというところに

20170304125055
呉市電の保存車両をみます。

20170304125037
これは昭和38年製ですが、すずさんが戦後も呉に住んでいたら乗ってたかもね。
呉市電の廃止後に松山に譲渡されたあとに引退後里帰りしてきたもの

20170304125126
海沿いに屋外展示してあるにもかかわらず、きちんと管理されており塗装も内装もきれいな状態です。

20170304132837
寄り道しつつ呉に到着。平坦な道なのでロードの自転車とかでもいいかもね。
映画のなかで周作さんとすずさんが映画でもと思って歩いていた繁華街はいまはりっぱなアーケードになっています。
あちこちに甲子園に出る呉高校の応援が出ていました。

20170304132049
ポポロシアターという地元唯一の映画館にちょっと寄っていきます。

20170304132339
もちろんこの世界の片隅にもロングラン上映中。
ここでぜひ映画を鑑賞といきたかったのですが、上映時間があわずに残念。

20170304132401
資料や、片渕監督とのんちゃんのサイン入りポスターの展示などを観ていきます。

20170304131752
小腹が空いたのでポポロの近くの店で、呉市民のソウルフード?フライケーキを買います。

20170304131739
フライケーキとはなんぞや?
狭い店内ですが続々と揚げられたそばからお客が買っていきます。

20170304194113
なんか、小ぶりなあんドーナツと揚げまんじゅうの中間みたいな、揚げたてはサクッとした感じで美味しいですね。
甘さは控えめだけどカロリーは高そう(^^;)

20170304133418
だいぶ遅くなったけど、お昼ご飯は呉で売り出し中の海自カレー
決まったレシピがあるわけではなく、各店で艦船ごとのカレーを出しています。

20170304133621
カレーのマスターというカレー専門店で「掃海艇いずしまカレー」+オリジナルビーフカレーのセット盛り。

いずしまカレーはかなりトマトの酸味と野菜が全面に来ている感じで目新しい。
オリジナルはビーフがとろとろ柔らかくてこっちもグッド。

20170304140203
呉駅のキーワードは分かりにくい場所だったけど無事に発見。

20170304140554
スタンプラリーの続きで呉駅にいったついでに、駅近くにある市の観光案内所に。
これは片渕監督サイン入りのまだかなり初期の貴重なポスター。
ロケ地マップや映画チラシなど配布物はすでに完売状態でした

20170304140414
実は見たかったのは、映画公開前につくられたこの市の観光用ポスター。
こうの史代さん描き下ろしの、ごくわずかな数しか作られていないレアモノ。
1枚目は子供の周作とおてんば時代の径子。
登っているのは家の前のユーカリの木かな?

20170304140419
2枚目は戦艦大和が作られた、元呉工廠のジャパンマリンユナイテッド呉造船所。
この道は映画でも重要な場所です。

20170304140425
あの場所には...

20170304141705
さて、スタンプラリーは一旦中断して、灰ヶ峰に登ってみることに。

518957_615
市内のどこからでも目立ちます。
遠征では高いところにいかないと気が済まないアニマルさん。

Map2
近く見えるけど、結構な距離あるんですね。
でもバイクなら楽勝なはず。

20170304142933
県道をどんどん登っていくと、見覚えがある段々畑のある光景が。

20170304143101
すずさんの家があったのもこのあたりですね。

Ph07
昭和の時代の古い家もちらほらと残っていました。

公式サイトからの注意もありましたが、このあたりの住宅地には我々観光客は進入しないようにしましょう。

『この世界の片隅に』聖地巡礼についてのお願い

20170304144259
時間がないのでペースを上げたいけど、道が細いし曲がりくねっているうえに、クルマや歩行者が結構いてスピードが出せない
登っていくと道がどんどんほそくなって林道みたいな感じになってさらにスピードダウン。

20170304144407
途中までバスで行って登山道を歩いて行くこともできるようです。
あと14kmほど登りっぱなしですが自転車で上がっている人も居ましたね。スゲーヒルクライムだな。

20170304145455
おもったより時間がかかって展望台に到着!
左には休山の向こうに、お義父さんが勤めていた航空工廠のあった広も一望です。

20170304150218
絶景だーーー!!

呉市灰が峰展望台 - Spherical Image - RICOH THETA

円形の展望台は、映画にもでてきた砲台の基礎が流用されているそうです。
くもりでちょっともやっとした感じになってるのは残念。さっきまで晴れてたのに。

20170304150156
巨大なタンカーですね。300mクラスなので戦艦大和よりも大きい

呉市内が一望です。

しかし寒いーーー!
灰ヶ峰は標高767mって箱根と変わらないくらいなんですな。そりゃ寒いわけだ。
今の時期に行く方は防寒をしっかりしていくことをオススメします。

上りに思ったよりも時間がかかってしまったので、くだりはイニDばりのテクで駆け下りていきます。(もちろん安全運転厳守ですよ!)

20170304155657
というわけで「この世界の片隅に」舞台探訪はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、江波でスタンプラリーをスタート

※この遠征記は2017年3月4日のものです。

遠征3日目は広島へ。今回の遠征の最大の目的は、映画「この世界の片隅に」の舞台になった広島と呉に行くこと。いわゆる聖地巡礼というやつですね。

大ヒット全国上映中ですので皆さんもぜひ観てみてください。

※追記
スタンプラリー期間が終了したのでキーワード画像など追加しました。

(公式サイト)

以前、こんなのを書いたら、普段は過疎ってる当ブログに何万もアクセスがきたこともあってビックリで御座いました。
「この世界の片隅に」を絶対に観に行かない5つの理由

映画見ていないひとからすると、なんも面白くない景色ばっかですのが、そこはご了承ください。

20170304065321
おはよう徳山の朝。
昨日は夜だったので気づかなかったのですが、ホテルは瀬戸内海のすぐ近くだったんですね。

20170304065818
この辺は瀬戸内工業地帯というやつですね。
そういえばホテルも工場関係なのかサラリーマン風が多かったですね。まああんまり観光地ではないですし。

20170303105414
駅でこんなパンフがあったけど、観てみたかったな。
(三万人も人が来たそうです:周南経済新聞記事)

20170304070851
本日の移動は、徳山から山陽本線で西広島まで。

20170304092549
ちなみに、この日の鉄道移動はこの1回だけなので18きっぷはつかいません。

20170304212450
ホントは開通したばかりの可部線の新駅に乗りに行こうと思ってたのですが、なぜか駅メモの新駅は追加されないという状況だったのでパス。
結構これ目当てで広島に遠征にきてた駅メモマスターもいたみたいなのに、ひどいですね。

20170304083911
岩国で乗り換えます。

20170304083658
目的値は広島駅でなく、西広島なので快速ではなく普通に。
ぐっと、車両が新しくなった。
土曜朝ということで、レジャーや買い物などで客がどんどん乗って来てぎゅう詰めで、さすが大都市広島。

20170304093317
西広島駅で下車。ズッコケ三人組の舞台なのか。

20170305100901
駅からタクシーでバイク屋に移動。

20170304102753
移動の足にレンタルスクーターを調達しました。
徒歩よりもはるかに効率的だし、クルマよりも断然小回りがききます。
いやあ、心配だったけど暖かい天気でよかったね。

20170304102719
借りたのはホンダPCX125
ほんとはもうすこし小回りのきくアドレス125とかが良かったんだけどね。
おろしたてのキズひとつないピカピカの新車で緊張する。

以前、しまなみ海道で乗ったときに印象悪かったシートはちゃんと改良されてました。
四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ!

20170304102729
ナンバーが鳩になってるのは平和都市広島らしい。
目のとこがネジ穴なのね。

20170304102830
まずは向かうのは江波山気象館。

20170304105155

20170304102703
旧広島地方気象台の歴史ある建物です。

20170304104807

ここで入場券を買って、「すずさんの嫁入り」スタンプラリーのシートと記念のポストカードをもらって、こちらのルートにそって回っていきます。
こちらのスタンプラリーは3月20日までやってます
台紙はまだまだいっぱいあるのことでしたので皆さんもぜひ。

なお、もらえるスタンプやキーワードなどの画像はネタバレになるので、今は掲載できないので後日追加します。

20170105185853
あと、イラスト版のロケ地マップも貰えます。
自分はすでに東京の銀座の広島アンテナショップで入手済みだったのですが、うっかりして持ってくるのを忘れていたので、あらためて貰えてラッキー。

20170316210819
江波といえば、すずさんの故郷です

20170304103651
まずは遠征といえば高いところに登る法則で、屋上の展望台からの眺め。

20170304104225
広島中心部方向。

20170316210841
映画のころと違って埋め立てが進んでかなり景色が変わっています。

江波山気象館屋上 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170304103124
広島中心部から遠かったので原爆被害は少なかった江波ですが、こんなものが。

20170304103200
被爆の跡が残る壁。

20170305085929
気象館の近くの公園からの眺め
「白い兎の海」は、いまはすっかり埋め立てられて工業地帯となっています。
でも島のカタチから当時の面影がしのべます。

O0600033713867383720
お嫁入りの時にはすでに埋め立てがはじまっているのが分かります

20170305090630
すずさんたちが歩いて渡った、草津への道もいまはすっかり埋め立てられて雰囲気はありません

それではスタンプラリーの次のポイントへ

20170304111136
ほどちかくにある松下商店。

Index
いまは営業していませんが、当時のままですね。

20170304110956
キーワードは商店の窓に貼ってありました

O0600033813867382384

松下商店と江波の海 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170304110603
すずさんたちが通った江波小学校(移転してるので当時とは場所が違います)

20170304112804
次のチェックポイントの江波電停に。
戦前は市電はまだ舟入本町までしかきていませんでした。

なお、広島の市電は去年の10月にCSのベイスターズ応援に来たときに制覇済み
広島死闘編、路面電車制覇と広島といえばお好み焼き

20170304112638
キーワードは電停のホームに


20170304113416
チェックポイントではないですが、ちかくのシュモーハウスというところに。

20170304113428
高速道路の側道沿いのちょっと分かりにくい場所です。

20170304113458
映画に関しての資料展示が行われているので見学しましょう。

20170304113610

20170304113711
片渕監督のロケハンの様子などのパネル展示があります。

20170304113749
設定資料などを観ます。

とりあえず、江波をまわったのでいよいよ呉に向かいましょう。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

山陰山陽編、山口県の鉄道めぐりで瓦そばとか食ったり

※この遠征記は2017年3月3日のものです。

遠征2日目は山口県の鉄道に乗りまくります。

前日はイロイロとやらかしたおかげで、目標にしていた島根県と広島県のマスター称号は取れなくなりましたが、気を取り直して山口県だけでも取得しましょう。
丸一日、山口県内の鉄道を乗り潰していきますが、観光とかはいっさいありませんよ、駅メモ遠征らしくていいですね。

駅メモをやってなかったら、おそらく一生乗る機会のなあったであろうマイナーローカル線が続々登場です。
20170303065604
朝の益田駅(島根県)からおはようございます。
益田は交通の要衝なんで駅は広いけど列車はたまにしかこない
20170303070321
山陰もスポーツ新聞は広島版なんだね。

20170303070950
さて、それでは朝早くから行きますか。

20170303072836    
朝の1本目は山口線。
山口県をナナメにつらぬく長い路線。
20170303073203
はじめまして益田、そして、さよなら益田。
また来る機会はあるのだろうか。

20170303073526
平日だけど学生さんとかもいない。ガラガラの車内。
終点の新山口までは長い旅。

20170303083904
道中に津和野とか観光地もあるけど、特に下車するわけではなく乗りっぱなし。
味のあるレトロ風な駅名標。
20170303093302
山口駅は県庁所在地にあるまじき、しょぼい駅として有名。
この辺から乗ってくる乗客が増えてきた。

20170303093218
長州藩といえば維新の舞台だね。

20170303103229
2時間半かかって終点の新山口駅に到着。
アニマルさんの子供のころは小郡駅って名前だったね。
さすがに新幹線駅だけあってきれいでデカい。

20170303100214
山口線クリア

20170303104804
新山口の駅前は再開発で工事真っ最中。
20170303110352
次の乗り換えまで2時間もあいてしまっているので、ちょっと早いけどお昼ご飯にすることにしましょう。

20170303110509
ふぐも惹かれたけど、小郡名物の瓦そばというのを食べてみます。

20170303111204
香りが強めの日本蕎麦を焼きそばのようおに鉄板の上で焼いて、その上に牛肉炒めと錦糸タマゴにネギ。これをつゆにつけながら食べます。

これは初めて味わう食感!
炒めた日本蕎麦は香ばしさが増して良い。
肉は甘辛い味がついててこれもまた美味い。
レモンと紅葉おろしはつゆに投入するとポン酢みたいにサッパリして脂っこさを解消してくれます。
これは一見してゲテモノ風だけど、かなり美味しいので、ぜひまた食べたい!


なんか、ハムさん情報だと駅弁バージョンもあるらしいけど、この日は売ってなかったですね。平日だったからかな?
※追記:ハムさんからの追加情報によれば製造会社が駅弁から撤退してしまったそうです。残念。

20170303111848
昼前だけど日本酒飲んじゃえ(乗り過ごしフラグ)
20170303112018
寿司セットで頼んだので、やっぱ日本酒だよね。
山口の酒といえば獺祭だよな。
小洒落たワイングラスで出てきた。

20170303104505
さて飯も食ったし移動するか。
小郡は交通の要衝なので保線基地もあるんだね。

20170303114939
宇部線というローカル線に。
駅メモ的にはレーダーで取れないうえにダイヤが本数少なくて面倒な路線の筆頭。

20170303125511
1両の電車で運行。トイレを改造してつけたせいなのか変な扉位置だな。

平日昼間のローカル線なんで、がらがらかと思ったら立ち客も多数の満員電車!
沿線は結構家もあるし、試験期間で早上がりの学生が多いみたい。
あとは沿線の工場への訪問者など。でも、利用者のわりに単行だし本数も少なすぎだよね

20170303125745
1時間弱で終点の宇部新川に。終始お客は満員状態。

20170303131914
宇部線をクリア
20170303125818
さらに同じ様な単行の電車の小野田線に乗り換えて終点の小野田まで。
こちらも学生さんとかで結構な混雑でした。
20170303133627
1日3本しか運行のない支線のほうは、レーダーを使ってクリア。
しかし、山口県は駅数のわりに面倒な路線が多い。

20170303134943
小野田から山陽本線に1駅だけ乗って厚狭駅に。

20170303142236
厚狭駅は新幹線もとまるので、それなりにデカいがまわりになんにも無い。
かろうじてコンビニを見つけて飲み物を補給。

20170303150735
厚狭から美弥線というローカル線に。

美祢線重安駅 - Spherical Image - RICOH THETA


時間の関係で完乗はしないで、途中の重安という駅で降りて、残りはレーダーでクリアして折り返します。
20170303154446
野生の猿が出没するようなへんぴな駅です。

20170303155504
折り返しの列車がきたので、厚狭にもどりますか。

20170303161637
単線で山の中を縫うように走るいかにもな風情の地方ローカル線。

20170303163729
厚狭に戻って、こっからは時間節約のために新幹線ワープ芸

20170303163803
こだまだけどレールスター編成だ

20170303163839
レールスターの指定席は座席が2+2でグリーン車なみの広さなのでお得感あります。
で、あっというまに新岩国に。新幹線はやーい!

20170303173737
新岩国で錦川鉄道に乗るために乗り換えなんだけど、えらい遠いな。

20170303175317
新幹線乗換駅なのに無人駅という。奥に見えるのが新幹線の高架。
車掌車を転用した待合室は北海道のローカル線みたいだね。
20170303175839
さてそれでは、のることにしましょう。
錦川鉄道はレーダーを使った折り返し技が使えないので全線完乗します。

20170303180322
早咲きの桜がさいてます。単線だけど結構速度出してますね。
20170303180551
錦川沿いに走るのでなかなか眺めも良いのだがすぐに真っ暗になってしまった。
沿線の自動観光案内放送で「ここから滝が見えます」とか言われるが漆黒の闇。
20170303185215
終点の錦町に小一時間で到着。
降りたの乗客は自分ひとりだけ。
20170303185409
駅前は真っ暗で全く人の気配なし。

20170303180855
トロッコ鉄道とかあるんだけど観光はまた今度にね(錦帯橋もみたいしな)

20170303185831
岩国まで戻りの切符は、JR区間は18きっぷがあるので川西までの分を購入。
 

錦川清流線車内 - Spherical Image - RICOH THETA

上り列車は誰も居ない車両で漆黒の中を走るので、なんか怖い。

20170303190106
転換クロスシートでテーブルもついてるので飲みに走る。
つまみは新山口駅で買っておいた竹輪。

20170303194826
錦川鉄道をクリア。

20170303200801
岩国まで戻って、山陽本線の残り部分の路線制覇の関係で徳山まで戻ります。
(山陽本線のこの部分は岩徳線がある関係でレーダー使って新幹線から取れない)

20170303200821
ただの普通列車なのに鉄ヲタっぽいのが何名かいて写真撮ってたりしたのが謎だったんけど、翌日の地元ニュースで知って、日本最長普通列車の最終運行だったのね。
ダイヤ改正、運行距離最長の普通列車ラストラン(毎日新聞)

そういや、こっちも偶然だけど北海道の最長時間普通列車も乗ったなぁ。
20170303214636
長かった列車のりまくりの本日の移動は終了して徳山に到着。
20170303212129
ようやく山陽本線を全クリア!

3月3日
 
JR山口線
 JR宇部線

 JR小野田線

 JR美弥線

 錦川鉄道錦川清流線

 JR山陽本線(岩国~門司)

ここまで477路線をコンプリート

20170303214451
食事で店を探すのも面倒くさいので、駅前の屋台ラーメンに。
20170303213743
まあまあの屋台らしいお味。尾道とかのラーメンに近い感じか?
つづく

おまけ
20170303100758
新山口駅にあった透明な消火栓。格好良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

山陰山陽編、最高にぐだぐだな初日は運休に乗り過ごし。

※この遠征記は2017年3月1日~2日のものです。

山陰と山陽をぐるっと行ってきました。
今回の遠征の目的は以下の様に色々と盛りだくさん

・寝台特急のサンライズを往復乗る。 

・駅メモのマスターオブ島根・広島・山口の達成 

・広島と呉でアニメ「この世界の片隅に」の聖地巡礼 

・倉敷でベイスターズのオープン戦観戦

さてそれではスタート!

201702052201491
今回の列車は往復サンライズですが、行きは出雲に帰りは瀬戸という変則な行程。

20170301202756
まずは22時発のサンライズの時間まで東京駅の八重洲口の銀だこでビールやら飲んで時間をつぶします。

20170301214311
時間になったのでホームに移動。

20170301215236
ああ、やっぱりこの東京駅から寝台列車で旅立つ特別感は最高です。

20170301215331
サンライズは何度も乗っていますが、くだりの出雲はなにげに初めて。

過去のサンライズ出雲遠征記
山陰遠征編、温泉に入ってサンライズ出雲で帰ります。
西域18きっぷ編、一畑電車に乗ってサンライズ出雲で帰京します。
隠岐山陰編、サンライズ出雲とアイモバ思い出集め

「寝台列車いいですね、1回乗って見たいんですよ」
とかよく言われますが、「いいから乗れ」としか言えないよね。

ブルートレインも全滅してサンライズが最後の定期寝台列車になってしまいましたが、新しいように思えてもう20年たつから、いつ廃止になってもおかしくないし、LCCや高速バスの台頭で風前の灯火だからね。後悔先に立たずだよ。
そうそう、アニマルさんは最近話題のななつ星とか四季島みたいな、豪華遊覧列車系はまったく興味ありませんね。鉄道は移動の手段なんで、馬鹿高い金はらって遊覧するのは阿呆くさい。

20170301215528
狭いけど快適なシングル個室。この狭さが秘密基地感があっていいよね。
あとJRで残った数少ないタバコ吸える列車なのが喫煙者には嬉しい。

平日とは言え、出雲行きはそこそこの乗車率。
やっぱりまだ縁結びブームが続いているのだろうか。
個室は半分くらいは埋って、のびのび座席は満席といった感じ。

20170301223847
東京駅で売ってる焼き鳥は国技館の地下の秘密工場で作られたもの。
で、まだ飲む。ちょっと飲み過ぎ。

20170302063347
目が覚めたら定刻の5分遅れで岡山到着。

切り離し作業を見るついでにホームの売店行こうかと思ったけど、遅れの回復のために停車時間が短い感じなのでやめる。

20170302070912
朝ごはんは昨日、東京駅で買っておいた駅弁。
熱海は東華軒の幕の内。

20170302071000
お味はいたって普通に美味しい。
缶入りのみそ汁は「冷めても美味しい」とか書いてあったけど、うんまあ冷めたみそ汁だね。

20170302095946
シャワー浴びたてまったりと寝台列車の旅を楽しんで、途中の伯備線で遅れを取り戻してほぼ定刻で終点の出雲市駅到着。
降りた乗客は地元民以外はバスや一畑電車で出雲大社に向かう模様。

20170302100444
アニマルさんはここからは、18きっぷで山陰の2大ローカル線と言われる、木次線と三江線にのる予定。(芸備線も)

20170302101051
出雲市駅名物のそば弁当が売っていたので昼飯用にさっそくゲット。
夕方には売り切れてしまうので、上り列車のサンライズだと予約しておかないと買えないんだよね。

20170302101743
フリーゲージトレイン、山陰に新幹線が走る日が来るといいね(遠い目)

さてそろそろホームに行こうかなと思ったら....

20170302171401

ななんとー!!
木次線が運休してる!

あとから地元民に聞いたら、なんでも雪が降ると毎年この季節は運休してるんだと。事故や災害の運休は報道チェックしてればわかるけど、これはイチイチJR西日本のHPみないと気がつかないよ。
(そういえば以前留萌線でおなじことやらかしたな)
北の大地編、北海道の路線うめに札沼線を完乗

いきなり初日のスタートから躓きましたが、超高速で時刻表を検索してプラン変更。

20170302104226
特急やくもに飛び乗って、いまきた伯備線を戻ります。

代替プランは、新見まで戻って芸備線で三次へ、そこから三江線へ。
木次線はまたの機会にしましょう。運休には勝てない。
こういう臨機応変なリカバリーも遠征の醍醐味。
まあ、特急券の追加課金はもったいないけどしょうが無い。

20170302104439
宍道湖は雨でどんより。
20170302112921
大山(だいせん)も雲をかぶってます。
20170302113538
気を取り直して、さっき出雲駅で買った駅弁を食います。
まだ昼前だけど、この先に食えるタイミングが無さそうなんで。
20170302113655
「名物 出雲そば弁当」
そばの駅弁はめずらしいよね。
濃いめのつゆをかけて、ほぐしながら食べる。かなり香りもよくてまずまず美味い。
やっぱそばといえば日本酒だろうということで、呉のお酒「千福」
いちおう、遠征中は午前中は酒飲まないマイルールがあるんだけどね。
ま、いいか。
お酒ちょっと飲んでうとうとして、
 
気がついたら新見を発車するところでした
寝過ごした!!!!!!!!!!!
  
酒飲むんじゃなかった!!!!!
20170302133645
なすすべなく、次の備中高梁でむなしくおりる。
山陰のローカル線は1時間に1本どころか3時間待ちもざらなので、
もはや行程定回復不可能

20170302133950
しょうがないから、今日の宿泊予約してある益田にとりあえず行くことに。
再び特急やくもに。

今日だけで伯備線を1.5往復もしてるよ。なんだよこりゃ。

20170302140456
開き直って飲む

20170302153434
益田にいくために、特急でびゅーんと行ってもいいけど、せっかくの18切符も買ってあるんで、米子でいったん降りて鈍行に切り替え。

20170302153614
駅前のなぞオブジェ。銀河鉄道?

20170302154327
山陰本線といえばこの色だよな。

20170302154939
米子駅に残る現役の転車台と扇形車庫

20170302172208
結局スタート地点の出雲市に戻ってきた。
時間と特急料金だけむなしく消費。

こんなことなら木次線運休の時点で出雲観光でもすればよかったね。
いや、今日は伯備線に乗りたい気分だったんだよ。

20170302173533
特急には乗らずに、18きっぷで浜田行き普通に

20170302182114
日が暮れて鈍色の日本海

20170302200025
浜田で本日最後の乗り換え。益田行きに。
浜田は以前来たときに、なにもなかった印象しかない。
西域制覇編、浜田道エクスプレスで中国攻略

20170302210033
益田にきますだ(これが言いたかった)

20170302213030
地元GMのフォロワーさんに駅メモでご挨拶。

20170302210239
本日のお宿は駅から1分の駅前のビジネスホテルに

20170302210713
ちょっと高いけど、部屋も広いし大浴場があるのもポイント高い。

もし三江線に乗っていたら到着が24時くらいになって風呂もノンビリ楽しめなかったかと思えば、余裕がある行程になってラッキーでしたね(前向き思考)

20170302221115
益田は山陰ではひらけてるほうで、駅の近くに小さい歓楽街もある。
ホテル提携の焼き鳥屋で軽く飲み

20170302213745
焼き鳥5本にドリンク2杯に突き出しで1050円セットとか、申し訳ないくらいスゲー安い

今日はいろいろあったけど、三江線に乗りには夏にでもまた来ればいいや。
まあ、遠征でここまで行程が予定道理にならないでグダグダなの初めてだけど、これもまた楽しまないとね。

つづく

おまけ

20170222190221
東京駅の新幹線口にはベルマート(JR東海のキオスク)あるんだね。
レジの電子マネー表示もSuicaではなくTOICAでした。

20170301212353
コインロッカーもTOICA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

プレミアムフライデー編、お座敷列車でプレミアムモルツ体験列車の旅

※この遠征記は2017年2月24日のものです。

プレミアムフライデーに鉄道の旅

みなさん、先週末のプレミアムフライデーはどのようにお過ごしだったでしょうか?
アニマルさんは、ちょっと面白いツアーに参加してきました。

20170224135004
さっさと退社できるようなホワイト会社でもないんで、当日はお休みをいただいて、午前中に所用をすませて、アキバとか銀座のソニービルに寄ったあとに東京駅に。

20170224155034
東京駅地下の横須賀線総武線ホームから16時発の団体貸し切り
「プレミアムフライデー号」に乗ります!

20170224155052
「宴」
お座敷列車で「プレミアムモルツ」を飲みながら東京→横須賀→新宿と走るツアーです。(協賛:サントリー)
全車グリーン車扱いのツアー専用列車。
なお、予約は好評で満席だそうで。

Malt1
募集時のパンフレット

Malt2
パンフ裏

20170213183837
今回のきっぷはこんな感じ
1回お座敷列車に乗ってみたかったので速攻で申し込んでみましたが、旅行会社から送られてきたチケットはこんな感じの4枚。

20170224195517
中央に掘りごたつに畳の車内

20170224155504
参加者は早上がりのサラリーマンという感じの人は半分くらいで、あとは老人団体とか、鉄系のひととか、自分らみたいな招待不明な人たち。

テレビも取材にきてたけど、放映されたのかどうかは不明

20170224160359
3月発売の新しくなったプレミアムモルツ。
瓶ビールは飲み放題

20170224160837
東京駅を発車後にカンパーイ!!

20170224160413
今回の同行はアイモバPのTAHOさん、ぬがーさん。

20170224160649
コースにふくまれる御弁当(地元の大船軒謹製)

20170224161005
お品書き

20170224161014
15種類の料理が、おつまみとしてこまかく一口サイズに分かれて詰め合わされています。
美味しかったです!レギュラー製品として駅売りしてほしいな。

20170224160643
同じくセットの乾き物はお土産に持ち帰り

20170224162008
持ち込み自由なので東京駅で買った食い物を色々
うしろに写っているプレモルグラスもお土産にもらいました

20170224171907
列車は東京駅地下から貨物線を通って、折り返しの横須賀駅に。

20170224172019
時間調整のために30分以上停車するけど、降車できず。
うーん、ちょっとくらい散策したかった。

20170224165135
なお、飲み物はプレミアムモルツが飲み放題だけど、それ以外は無い。
ビールもあきたので、持ち込みの日本酒登場。

20170224182453
帰宅ラッシュで混雑する東海道線の横浜駅で羨望のまなざしを浴びる

20170224184314
飲み過ぎてダウンする某氏。
お座敷列車だと畳なので転がれるのでイイですな。
アニマルさんも早い時間から結構飲んで酔っ払い状態。
新宿の目前の新川崎駅付近の貨物線で長時間の時間調整で停車

20170224195059
というわけで、3時間ほど乗車して終点の新宿駅到着!
いやー、飲んだ飲んだ。
お座敷列車って初めてだったけど面白いね。
普段乗ってる路線で飲みながらまったり走る至福。

20170224194948
おろされる残ったビール。スゲーいっぱい積んでたのね。

20170224195549
新宿駅到着は特急線ホーム。

20170224202335
南口のバスタをちょっと見学してみたり

20170224203749
せっかく良い気分の鉄道旅のあとに、混雑した通勤電車で帰るのもイヤだったので、新宿からはロマンスカーVSE、

20170224204634
空いてたんで、展望席に。
でも酒飲みすぎで爆睡して目が覚めた終点でしたw

お座敷列車は楽しいんで、また機会があったら乗って見たいな。
プレミアムフライデーは定着するか分からんけど、またこの企画やって欲しいです。

次回は寝台特急サンライズの旅!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

品川編、ソニーのwenaアンバサダーミーティングに行ってきた

みなさんソニーのwenaをご存じでしょうか?
Tear_down_frontview_2
公式サイト

ソニーが作ったスマートウォッチなんですが、普通のスマートウォッチと違ってベルト部分に機能を集約させて時計部分は自由に交換可能という、かなりソニーらしい画期的な製品なんですよ。

ツイートしてたから知ってる人は知ってると思うけど、アニマルさんはクラウドファンディング開始、速攻購入!

Img5
現在はこんな感じでAppleWatch2と合体させて使ってます。

Img6
SuicaとEdyが両方片腕て使えるという、ある意味最強リストウェア。

Img4
当たり前だけど充電が別々なのは面倒くさい 。

Imgphp
AppleWatch2のベルト交換には、社外品で汎用ベルト用のアダプタが売っているのでそれを買いました。

Img2
海外のメーカーサイトで注文して送料込みで3000円くらいだったかな、一週間くらいで届きました。(サイトはこちら)
AppleWatch2の純正のベルトはどれもデザインがちゃちいというか、自分のセンスに合わないものばっかなんで、これで気が向いたら好きなモノにいつでも変更できます。

20170215172925
そんなアニマルさんですが、wenaのアンバサダーミーティングというものに招待されていってきました。

ようは、メーカーとしてファンを集めてイベントやってブログとかSNSに書いて宣伝してもらったり、色々と生の意見を聞こうというヤツですね。
平日の某日に品川のソニー本社に行ってきました。

20170215174755
会場は本社の1階のlクリエイターラウンジというとこで、まずは開発者のご挨拶。
その後に面白い社内施設見学があったんだけどオフレコということで割愛。

20170215190344
開発リーダーによる講演(開発メンバーはみんな若い!)

20170215190744
技術的な話というよりも、社内の新規事業の立ち上げに関してのビジネス的側面の話が面白かったですね。色々とオフレコでぶっちゃけた話してもらえて、オモテに出ているエライ人のインタビューでは分からなかった裏面が知れて面白かったですね。
新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」あたりでググってみてね。

20170215192252
貴重な開発前の製品スケッチ
「自分が欲しいものを作った」というのは、思わず大きく同意。

それから、クラウドファンディングが商品化推進の大きい助けになったというのは、参加したアニマルさんとしても嬉しい!

20170215193832
続いて機構開発の人による、メカ解説。

20170215193842
バッテリーをベルト部分に入れる意味合いや、時計で一般的なマイナスネジをあえて使ったこだわりとか

20170215194109
Bluetoothのアンテナはなくて、ステンレスボディがアンテナになってるとか、

20170215193910
ベルトの中からどうやってバッテリーに配線してるかとか

20170215194238
防水についての工夫とか、メカ好きなら面白い話が満載。

続いて秘密のお楽しみ体験コーナー!?

20170215194725
なにをやるのかと思ったら、数名づつのグループに1台づつ新品のwenaが配られて..

20170215194927
wenaを分解してみましょう!

おお、アニマルさんこういうの大好き!
そっせんしてバラしていきます。

20170215195744
さっき、詳しい機構解説を聞いたばっかなので、構造はある程度頭に入ってるので理解度が違う。

20170215200348
意外に簡単にばらせるのに驚く。

内部基板は小さい、右上のがバイブレーター

20170215200740
左の金色のがFelicaのアンテナ

20170215201319
超小型の特注リチウムイオンバッテリー

分解してしまうと防水性能が失われるし保証がきかないので、みなさんは真似しないでね。


最後に懇親会ということで、お酒を飲みながらら開発者の方と色々話す。

マーケ調査というと、他のメーカーのグループインタビューとかも出たことあるけど、こういう形式のほうが色々気兼ねなく話せて楽しいし、遠慮無く言いたいこと言えるし良いね。

それに、他の参加者のみなさんも情報発信力が高いガジェットマニアが多いので、みんな一家言あるのでそちらの話もスゴくマニアックで楽しい。
ちなみに、アニマルさんのようにAppleWatch2と合体させてたユーザーは他に2人もいましたね。

で、最後にお土産にTシャツとかとかもらって終了。
参加者同士でも色々盛り上がって面白かったんでまた呼んでほしいね。

時間の関係で二次会参加できなかったのは残念、今度は週末にやってほしい。

というわけで、ガジェット&電子マネー好きはみんなwena買おうな!

20170221175558
AppleWatch2の機能はあんまり使って無かったので、開発陣に敬意を表して純正のアナログヘッドに戻して愛用中。

おまけ
20170215175126

こちらは、新製品のビームスとのコラボモデル。

20170215173512
こちらのwenaの分解モデル
本社入り口の受付前においてあって、だれでも見られるので、品川あたりに行かれたさいにはぜひどうぞ。

20170215175253
なんかスゲーデカいモニターとか、高級Walkmanの視聴とかもできるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東北巡航編、その8、リゾートうみねこと三陸鉄道北リアス線