« 小笠原編、ケータイの電波事情とか | トップページ | Androidアプリでiエリアマップを見る »

2013年11月18日 (月)

小笠原編、グルメ紀行でアオウミガメ

※この遠征記録は2013年7月のものです。

普段のアイモバ遠征は、いつだって一人ぼっちマンのワタクシですが、
この小笠原遠征は、古くからの友人IT自営のひとがうまいこと予定があったので、
一人旅を華麗に回避して、二人旅というのが実は珍しい。

いつもの遠征は移動ばかりで、食事は駅弁とかが多いのですが、
今回の遠征は島内の民宿で三泊というゆったり旅。
二人とも酒好きということで、夜は民宿のごはんを食べてから、
さらに飲み屋に繰り出すという、のんべい旅でございました。

さて、小笠原といえば日本最大のアオウミガメの産卵地として有名です。
20130706_142207

南島にもアオウミガメの上陸した産卵あとがいっぱいありました。

Rimg0010
二見湾でのシーカヤックのツアー中。
写真は撮れませんでしたが、泳ぐアオウミガメが見れました。

さて、そんなアオウミガメに会いに、小笠原の夜にくりだしましょう!

実は小笠原は保護動物のアオウミガメについて、地元の漁師に頭数制限はありますが、
漁獲が認められており、ちょうどこの時期は漁期ということもあって、
地元のお店では「新亀はいりました」の張り紙が飾られる季節なんです。

ちなみに漁の方法は、産卵のため島に泳いでくる亀を、
船の上からモリで突いて獲るそうです。ちょっと残酷ですね。
20130704_165556
こんな感じで地元のスーパーでも売ってます。

まずはカメの煮つけです
20130705_195027
内臓とかエンペラとかも一緒に煮込まれています、
うーん、ちょっとクセがあって苦手な人はだめかもしれませんね。

20130706_192910
こちらはカメの刺身。
カツオの刺身みたいな風味がちょっとしますが、
さっぱりした味で美味しいです!
冷凍もあるので、一年中食べられるそうです。

お土産にはこんなものもどうでしょうか?
20130711_212734
レトルトの亀カレーです。
普通にカレーとして美味しかったです

20130707_100219
亀カレーは、こちらの「まーる」さんで購入できますよ。
アイモバ民希望の星、星屑Pのお母様のお店です。
星屑Pにもお会いして、記念のバッチと名刺をいただきました!
いつも代行消化ありがとうございます~!
最近は新製品でレトルトの亀煮込みもあるそうですよ。

20130705_180516
泊まった民宿は、毎晩お刺身が夕食で出たんですが、
左上の丸いものが「ウミガメのたまご」です。
居酒屋などのメニューにも無い、この時期だけの珍しいものらしいです。
卵は産卵前のもので、解体時におなかの中からとれたもの。
とろっとした感じで、結構イケました。
(晩飯がカレーのときも刺身が出たのはまいりましたが)

小笠原に上陸した初日のランチをいただいたのがこちら
20130705_174610
サメバーガーで有名な「ハートロックカフェ」

この日は限定のカメバーガーもあったので、
二人でサメとカメをオーダーしてシェアして食べました
20130704_1252101
サメバーガーは白身で、なかなかいけます。
カメバーガーは揚げるとクジラっぽい感じ。

カメ意外の食べ物の話も。
小笠原の野菜や果物は季節によって旬が変わりますが、
この時期でよかったのが「シカクマメ」
本土では見たことない野菜です。
20130704_194841
結構大きいです。
20130704_195747
定番のテンプラでいただきます。
シャクシャクした独特の食感と風味でとってもおいしい!
まさにこの時期に小笠原だけで味わえる名物

20130706_115735
翌日に買ったお弁当もシカクマメがはいってました。

20130704_200635
甘長とうがらしのから揚げ。
辛くなくて、巨大なししとうみたいな感じ。
伊豆でも同じものを売ってますが、小笠原のはもっと肉厚でした。

20130705_194552
上から、アオリイカのから揚げ
これは超うまかった!
アオリイカといえば、イカのなかでも最も美味なんて言われるけど、
希少価値で言われているだけで、実際は取れたてのアカイカのほうがうまい。
けど、揚げたらこんなに美味しいとは。
柔らかいし肉厚だし、イカのうまみが最高。

中は、魚のフエ(胃袋)のから揚げ。
うーん珍味って感じ。

下が月下美人のおひたし。
観葉植物かと思ったら、食べられるんですね。
ぬめりがあって、ちょっとクセがある食感。

20130706_192223
島キュウリ

胡瓜の味は普通。付け合わせのみそが激辛。

20130706_192641
島豆腐。小笠原で作っている。
沖縄の豆腐と同様に、水分が少ない固いどっしりした食感。

20130707_121016
出航日に、港の前のお店で買った島寿司。
ふだんは鰆のヅケを使うところを、
この日はサワラが不漁でカンパチを使用。
ワサビのかわりにネリガラシが島寿司スタイル。

そして、パパイヤキムチ
タイ料理などでおなじみの熟れる前の青パパイヤ。
パパイヤはサラダや漬物なども売ってました。

20130709_190911
酒飲みのお土産に最適な小笠原で作っているラム酒
おいしくて、お土産に買ったのに、滞在中に2本もあけてしまい、
結局帰りに買い足すはめにww
島内の飲み屋では、カクテルなどでも飲めますよ。

パッションフルーツのリキュールも買いましたが、
こちらはお土産として人にあげてしまったので、自分では飲んでいません。

20130717234149
スーパーで買った島唐辛子。
あれ?まだ開けてないや。どこにやったっけ?

みなさん小笠原に行くときにお世話になる、
おが丸の食堂から。
20130703_120231
島塩ステーキ
普通に美味しいステーキでした。
20130703_194951
島塩ラーメン
。ふつう
20130708_074058
朝ごはん。洋風にパンケーキで。
ビュッフェ形式なので、調子にのってとっていると、結構なお値段に。

節約したいなら、船内の食堂はちょっと高めなので、
船内で買えるカップラーメンか、持ち込みが正解なのですが、
島塩ステーキくらいは、一回贅沢してたべてみてもいいのでは?

小笠原はダイビングやホエールウオッチングなどのマリンレジャーで有名ですが、
ここでしか味わえない、数々の美味しいものがあるので、食べるのを楽しみに行ってみるのもよいでしょう。

いやー、これ書いてたら、また小笠原行きたくなっちゃったよー
来年も予定をつけてカメとシカクマメ食べにいlこうっと!

|

« 小笠原編、ケータイの電波事情とか | トップページ | Androidアプリでiエリアマップを見る »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58595627

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原編、グルメ紀行でアオウミガメ:

« 小笠原編、ケータイの電波事情とか | トップページ | Androidアプリでiエリアマップを見る »