« 東日本大遠征編、ブルトレ最後の生き残りに乗る | トップページ | 内房回収編、東京湾フェリーからの夕日 »

2013年12月28日 (土)

東日本大遠征編、常磐線と福島のローカル線

※この遠征記は2012年9月のものです。

東日本大遠征の2日目です。

1日ぶりに上野に戻ってきました。

旅の疲れを癒すために、上野の駅前のサウナに入って朝飯たべてリフレッシュです。、
(上野近くのサウナは事前に調べてから行かないと、発展系だったりするので要注意です。)

東京まで戻ってきましたが、ウィークエンドパスは2日間、つまり今日一日まだ使えるので、
使い倒すため、遠征は終わりません。
再度出発です!

Photo
初公開のアニマル式行程表
発着時間のほかに、乗車時間と乗継時間も書いてあります。
乗り遅れや繰り上げのときの代替ルートも。

列車旅は移動するのも楽しいですが、時刻表片手に計画を練るのも楽しいですよね(*^▽^*)

あと、必ず紙にプリントアウトしておきましょう!
山奥のローカル線で圏外だったり、バッテリー切れのときも安心。

Img_1458
上野駅に戻ってきたら、ちょうどカシオペアが入線してました。

Img_1457_2
このデラックスなスイート個室はいつかは乗ってみたいですね。
カシオペアスイートのチケットは、みどりの窓口の職員にとっても発券したら自慢できるくらいの希少価値だそうですよ。

20120909_094939
それでは、特急スーパーひたちで、茨城と福島のエリア制覇を目指します。
かっこいいけど、ヘッドマークとかないのは寂しいですね。

取手/つくば
水戸
日立周辺
いわき

20120909_122821
いわき駅で「うにピラフ」という名物駅弁を食べようと思ったら、震災以降は発売を休止しているということで、残念。
コンビニでパンとおにぎりを買って昼食にします。

20120909_130014
郡山へ磐越東線で移動しましょう。
ディーゼル車に乗るのはひさしぶり。
(このあとの遠征でさんざん乗ることになるんだけどね)

Img_1462
凄く本数が少ない!5時間も空いてる時間あるし。

20120909_130358
客は思ったより多い、18切符の期間だからかな。

Img_1463
郡山について急いで乗り換えて磐越西線、会津若松エリアへ。
こちらはさらに乗客が多くて座れない。

20120909_152446_2
でも、すぐに降車。
エリアの境の上戸(じょうこ)で会津若松エリア取得。
会津若松/喜多方

Img_1467
なにもない。のどかだ。自分以外にだれもいません。
アイモバをやってなかったら一生来ることがなかった駅ですな。

Img_1465
マップをみたら、近くに神社があったので行ってみけど、小さいお社と鳥居があっただけ。 

エリアもとったので、郡山にもどりましょう。
時間になっても帰りの列車が来ないので、あせりましたが、数分遅れて列車がきました。

Img_1468
郡山から東京まで東北新幹線で東京まで帰れば早いですが、指定席が満席だし、ちょっとお金節約のため、宇都宮で降りて在来線に。

20120909_170948
東北本線の小金井から大船まで湘南新宿ラインのグリーン車へ。
なんと、休日料金750円で3時間近くグリーン車に乗りっぱなし可能、お得!

Img_1471

Img_1472
郡山で買った小原庄助べんとうをつまみに飲む。
さけのアテに適したおかず構成がグッド!

東北本線の途中で、昨日取り損なった古河エリアを無事拾って今回の遠征目的完了。
古河

 

6エリア追加
ここまで、335エリア

 

だいぶエリア数をかせげました。
2日間列車に乗りっぱなしでしたが、新幹線に寝台列車にローカル線と、いろいろな車両に乗って楽しい旅でした。


Mapp
今回の移動したルートと残りのエリア状況。
岩手沿岸と、真ん中あたり、それに日光近辺が残りましたので、まずは東日本を埋める方向で、近いうちに再度東北遠征にいきましょう。

今度はちゃんと観光もしたいし、絶対に行きたい場所もあるし

|

« 東日本大遠征編、ブルトレ最後の生き残りに乗る | トップページ | 内房回収編、東京湾フェリーからの夕日 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58831079

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大遠征編、常磐線と福島のローカル線:

« 東日本大遠征編、ブルトレ最後の生き残りに乗る | トップページ | 内房回収編、東京湾フェリーからの夕日 »