« 伊豆半島の路線バス攻略と、おすすめ駅弁情報 | トップページ | 東日本大遠征編、E5系のグランクラスで青森へGO »

2013年12月25日 (水)

東日本大遠征編、上越新幹線→長野新幹線

※この遠征記は2012年9月のものです。

月が変わって9月は律子に担当を変更。
20120905_070854
リッチャンハカワイイデスヨ

少ない休日から土日の2日間を捻出しまして遠征に出かけましょう。

今回は40時間電車に乗り続けるという(一部バス)旅で、関東信越東北のエリアを一気に塗りつぶします。

Img_1401
18切符の期間でしたが、今回は新幹線も乗るのでウィークエンドパスという土日乗り放題の切符を使います。
新幹線などの特急料金とエリアをはみ出る部分は別途料金必要ですが、今回のルートではイチバン経済的という計算になりました。
地元駅を始発電車で出発。前日が飲み会だったので死ぬほど眠い。
旅行や登山など始発電車は結構な乗客がいますね。

Img_1403
東京駅から始発のMaxときに乗車。

20120908_055747
早朝ですが、エリア取りのために眠れません。
上越新幹線は、トンネル内で携帯圏外なので、乗車しながらエリアを取るのは、かなりの難易度です。
Photo
特にこの沼田/水上エリアは、両側が長大トンネルの上毛高原駅を200knh以上で通過するので、圏内の時間は30秒くらいしかありません。かなりの難易度!
一回でも操作をミスったりすると、とれませんが、準備万端のおかげで無事にゲット!
確実に取りたい方は、上毛高原に停車する新幹線を選びましょう。
(まあ、このエリアは翌日も通ることになるんですけどね)

高崎
伊香保/榛名/草津
沼田/水上
湯沢/奥只見
長岡
新潟/新津

Img_1407
燕三条駅で下車
新潟は何度も来てますが初めて降りた駅です。
朝早いからか、あまり人がいない。
Img_1406
駅のスタンドで立ち食いそばの朝食。可もなく不可もなく。
Img_1405
上越新幹線は30周年

ここからは高速バスで長野へ移動します。
鉄道のダイヤが不便なのと、取れるエリアが増えるためです。
Img_1408
朝の日差しのなかを、高速のバス亭に移動。
駅から思っていたより遠くて、汗だくで歩きます。
Img_1410
バスはほぼ満員でした。

Img_1413
上信越自動車道を通って長野へ。
途中休憩したSAから、対岸に柏崎刈羽原発が見えます。

糸魚川/直江津
戸隠/妙高
志賀高原/飯山
長野

Img_1414
長野駅到着。
20120908_113832
善光寺にもお参りに行きたかったのですが、バスが定刻よりかなり遅れたため、断念。
また今度の機会にしましょう。
分刻みの予定表で動いているので、ちょっとでも遅れるわけには行かないのです。

20120908_115335
長野滞在はわずかであさまに乗車。
なにげに、長野新幹線に乗るのは人生初だった。

Img_1419
おやつとそば茶を購入。

長野新幹線もトンネル内は圏外。

東海道や東北新幹線は、着実にトンネル内の電波圏内工事を進めていますが、上越や長野新幹線はいっこうにその気配がありませんね。
北陸新幹線開業で金沢まで開通したら改善されないかな?

Img_1421
上野駅に到着。
引退間近の200系(これには乗りません)

6時間ぶりに東京に戻ってきました。

上田/菅平
軽井沢/小諸


12エリア追加
ここまで310エリア

20120908_074901

250エリアから2か月かかりましたが
300エリア突破!!

さて、まだ遠征は序の口。これからいよいよ東北へ向かいますです。

|

« 伊豆半島の路線バス攻略と、おすすめ駅弁情報 | トップページ | 東日本大遠征編、E5系のグランクラスで青森へGO »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58821251

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大遠征編、上越新幹線→長野新幹線:

« 伊豆半島の路線バス攻略と、おすすめ駅弁情報 | トップページ | 東日本大遠征編、E5系のグランクラスで青森へGO »