« 飛騨信州編、長野県をクリア、諏訪湖SAで温泉と花火 | トップページ | 北陸特急街道編、名物駅弁「玉宝」と花咲くいろは列車 »

2014年1月 9日 (木)

北陸特急街道編、能登半島に飛行機で小鳥さんには会えず

※この遠征記は2012年11月のものです

今回の遠征は、北陸の石川・富山・福井を一気に埋めにいきましょう。

アイモバ遠征としては初めての飛行機利用となります。

Clip_3
今回の取得予定エリア

羽田から、飛行機で能登空港へ。
 ↓
穴水から、のと鉄道とサンダーバードで金沢へ。
 ↓
金沢市内のエリアとり。
 ↓
北陸本線で、富山までいって金沢に戻る。
 ↓
金沢から福井経由で、高速夜行バスで帰る。

という実質日帰り強行軍。

Hokuriku
行程表はこんな感じ。
観光は全然なしですが、いろいろな列車に乗るのが今回の目的なのでオーケーです。

さてそれでは出発です。

いつもは、最寄駅から羽田空港まではバスで行くのがほとんどなんですが、京急の蒲田駅が完成して横浜から羽田まで乗り換えなしで行けるようになったので、久しぶりに京急でいきましょう。
Img_1775
朝はやいですが、横浜駅で乗り換え

Img_1776
横浜駅から羽田直通列車に。

Img_1778
乗り換えなしで、あっという間に羽田空港着。
うん、これは便利になりましたね。
荷物を持っての乗り換えは面倒ですし、バスと違って渋滞に巻き込まれて乗り遅れなんてことがないのがいいです。
(バスは乗り遅れを、実際にやらかしたことありますんで)

20121103_081111
ANAとEVAのコラボキャンペーン中でした。

Img_1782
朝ごはんは、羽田空港の出発エリア上階にあるうどん屋さんへ。

Img_1786
保安検査を通過して、ラウンジでコーヒーなど飲んで時間つぶし。

ちなみに、わたくしは株主優待券があるのでANA派です。

優待券は金券ショップで、時期にもよりますが4000~4500円くらいで買えて、すべての路線が前日予約だろうが半額になるという、思い立ったらすぐ遠征にいくことが多いので、すごく役に立ちます。
しかも、キャンセルや便変更も可能なので、日程が柔軟に組めて大助かり。
遠征に使わない手はないですよ!

Img_1788
さて、それでは、びゅーんと能登空港に出発です。

Img_1795

Img_1794
雲が多いですが、富士山がきれいに見えます。

Img_1796
あっという間に富山湾が見えてきて着陸態勢に。
日本海は海の色が違いますね。

Img_1800
能登空港に到着。
ローカル空港ですが、わりち新しい空港なのできれいですね。

20121103_110755
奥能登エリアの代行が30件以上たっぷりたまっていて、うまーでした。

Img_1804
空港の観光案内所で、バスとのと鉄道がセットになったお得な割引き切符を購入。

Img_1806
バスで穴水駅まで行きましょう。
能登空港からは金沢直行バスに乗る客がほとんどで、穴水行バスの客は4人のみ。

Img_1807
かつては輪島まで路線がありましたが、現在はこの穴水が終端です。

Img_1808

穴水駅といえば、昔は券売機に小鳥さんいたことで有名ですが、いなくなってました。残念。

(参考)さざなみ懐変さんのブログ
能登半島の先っぽでは小鳥さんがPの営業を待っているぞ!

それでは、いよいよ列車に乗って金沢に向かいましょう!

奥能登

1エリア追加

ここまで355エリア

まだ、能登半島についたばかりですが、続きます。

|

« 飛騨信州編、長野県をクリア、諏訪湖SAで温泉と花火 | トップページ | 北陸特急街道編、名物駅弁「玉宝」と花咲くいろは列車 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58915562

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸特急街道編、能登半島に飛行機で小鳥さんには会えず:

« 飛騨信州編、長野県をクリア、諏訪湖SAで温泉と花火 | トップページ | 北陸特急街道編、名物駅弁「玉宝」と花咲くいろは列車 »