« 東北鈍行列車編、大震災の津波被災地をいく | トップページ | 東北鈍行列車編、仙台名物のひょうたん揚げを食べる »

2014年1月 4日 (土)

東北鈍行列車編、三日目は世界遺産の平泉を観光する

※この遠征記は2012年10月のものです。

東北鈍行列車の旅の三日目(最終日)です。

せっかく東北にきたので、この日は世界遺産に登録されたばかりの平泉を観光してから帰りましょう。

Img_1668
ホテルの部屋から、朝の北上駅の眺め。

Img_1671
この日も当然のごとく鈍行で平泉へ。
東北の列車は、ドアにはなぜかステップがあるので、都会人は必ず足をひっかけて転ぶのがお約束。
Img_1672
いかにも観光地らしい造りの平泉駅。
荷物をコインロッカーに放り込んで、中尊寺の観光にいきましょう。

Img_1674
駅からは歩けないこともないですが、結構距離もあります。
レンタサイクル屋は朝が早くて開いてないし、小雨がぽつぽつ降っているので路線バスでいきます。

Img_1676
中尊寺は山の上にあるので、延々と坂道を登っていきます。

Img_1677

Img_1692

Img_1696
世界遺産の「仏教建築群」というだけあって、周囲にもいっぱい神社やお堂があります。

Img_1697
宝物展示館も見学。

20121021_091551
国宝の金色堂は内部撮影禁止なので、覆堂の外側だけ。
金ぴかのものを見ると、圧倒されるのは日本人のDNAの性なのか?

Img_1685
雨もすっかり上がって、天気もよくなってきました。
山の上なので眺めがいいですね。

Img_1711
本堂でお参りしてから帰りましょう。
朝の9時前くらいの早い時間に行ったので、あまり混んでなくて、雰囲気も良くて堪能できたのですが、自分が帰る時間くらいになると、関東や東北各地ナンバーの大型観光バスが続々到着して、駐車場周辺は大渋滞が発生するような状態に。
さすが、これが世界遺産効果というやつか.

Img_1716
100円の巡回バスで平泉駅まで戻ります。

Img_1719
それでは、一ノ関経由で仙台まで参りましょう。

ここで、ものすごいミスをやらかしました!
平泉の駅のコインロッカーに荷物を入れたままで列車に乗ってしまいました!!!
発車直前で気がついて、あわてて列車を飛び下ります!!

次の列車を待っていると色々と予定がワヤになるために、やむを得ず平泉から一関までタクシーで移動。
せっかくの節約のための鈍行列車旅行だったのに、
タクシー代が2000円以上もかかってしまいした(*_*;

20121021_104908
一ノ関まで追いかけて、どうにか本来乗るはずだった列車に間に合って、仙台まで。
しかし、盛岡・仙台・福島といった大都市間でも、東北本線は2両編成とかなんですよね。
それなりに乗客は多かったですが。

途中で一瞬だけ通る、石巻/松島/気仙沼エリアをゲット。

石巻/松島/気仙沼

1エリア追加
ここまで347エリア

Map3
今回の遠征ルートと取得エリア。青いところはバスでの移動。

つづく

|

« 東北鈍行列車編、大震災の津波被災地をいく | トップページ | 東北鈍行列車編、仙台名物のひょうたん揚げを食べる »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58876756

この記事へのトラックバック一覧です: 東北鈍行列車編、三日目は世界遺産の平泉を観光する:

« 東北鈍行列車編、大震災の津波被災地をいく | トップページ | 東北鈍行列車編、仙台名物のひょうたん揚げを食べる »