« iエリアのはなし、激戦人口過多エリア一覧 | トップページ | 東北鈍行列車編、二日目は沿岸エリアの宮古へ向かう。 »

2014年1月 1日 (水)

東北鈍行列車編、一日目はひたすら北上して北上へ

あけましておめでとうございます。今年もアイモバ戦記が続きますのでどうかよろしく。

※この遠征記は2012年10月のものです。

Photo
10月になって担当アイドルは春香に交代。

前回の東日本大遠征編で、東北のエリアは東北新幹線と寝台特急あけぼので埋めましたが、内陸のエリアと沿岸部分が残ってしまったので、これを埋めに行きましょう。

グランクラスや寝台個室に乗ったりと、贅沢しまくってしまったので、今回の遠征は倹約モードで鈍行列車の旅となりました。

20121017_230736
秋の乗り放題切符。1日2500円×3日分
18切符の秋バージョンみたいなやつで、毎年秋に発売されています。
利用が3日連続となるのが、18切符と違うところ。

さて、それでは出発!
1日目は、ひたすら列車に乗り継いで北上します。

Img_1575
いつも乗っている通勤電車と同じで、旅立ちの新鮮な高ぶりがまったくありませんが...
平日グリーン券950円でのんびりと朝の東京を抜けて、2時間半ほどで宇都宮到着。

Img_1577
鈍行の旅とはいえ、さすがに出だしから平日の朝の通勤ラッシュにもみくちゃにされるのはイヤなので、ここは奮発しましょう。

Img_1576
宇都宮からは東北本線で本格的な鈍行の旅。

20121019_133855
黒磯で郡山行きに乗り換え、さらに北へ。

20121019_133917
一か月ぶりに郡山に来ました。
人身事故で東北本線はダイヤが乱れ気味でしたが、ちゃんと接続で待ってくれました。
福島行きの普通列車に乗り換え。

Img_1582
福島到着。震災以来休止していた福島競馬の再開の告知が。
福島騎馬場は昔行ったことがありますが、あらためて行ってみたいですね。

Img_1583
福島から山形方面に向かいますが、ここから山形線は極端に本数が少ないため、18切符でも難所で有名なところ。
行程の効率化を考えて、一駅だけ新幹線を使います。乗車券740円と特急券730円は別料金。

Img_1585
山形新幹線は仕事で何度も乗っているけど、震災後は初めて。

20121019_144351
がんばろう!!

Img_1586
30分ほど新幹線に乗って米沢に到着。ここから再び鈍行列車の旅。

20121019_152213
奥羽本線で山形駅に向かいます。

Img_1588
収穫が終わった田んぼが延々と続くのどかな風景。

Img_1591
突如、田んぼのど真ん中に現れるタワーマンション。
なぜこんなところに建てる?

20121019_161603
山形で新庄行に乗り換え。

朝から電車乗りっぱなしですが、もうそろそろ夕方から夜の時間。
平日なので、車内は学校帰りの学生さんで結構な混雑に。

Img_1595
ところで、東北の女子高生ってなぜかみんな黒ストッキングという流行?

Img_1594_2
制服が違う子でも履いてたので、特定の学校指定というわけでもないみたい。
タイツというよりは薄手のストッキングなので防寒にはちょっと物足りない感じ。
首都圏ではあまり見ないので、ちょっと新鮮な印象でよいですね。
※この写真は車中でカメラの画像を整理していたら偶然シャッターが切れてしまったものです。

20121019_172732
新庄エリアでは31件も代行がたまっていてウマー!

代行がたまりにくい東北のエリアのなかでは貴重な稼ぎ場所ですね。

Img_1598
新庄到着。もうすっかり夜が更けています。閉店間際の駅弁売りスタンドで夕食を確保。

Img_1599
さらに秋田行きに乗り換え。

20121019_181511
新庄駅で買ったくぢら餅。
この手の東北の餅系のお菓子は大好物です。
春香さんにも好評のようですね。

Img_1601
横手で途中下車して、北上線に乗り換え。
東北の夜は車窓が真っ暗で、まるでトンネルな中を走っているみたいです。

20121019_195751
今日初のディーゼル車。

Img_1603
本日の目的地、すっかり夜も更けた北上駅に到着。
今晩の宿は駅前のビジネスホテルへ。
東北旅行なら、宿泊は便利な仙台や盛岡あたりを考えていたのですが、震災復興の工事関係者やボランティアでそれらのホテルがほぼ満杯で、いろいろ探して日程も検討した結果で北上泊に。
(この日も客の半数以上が復興工事の関係者のようでした)
アイモバやってなかったら降りることがなかった駅ですね。

Img_1604
すっかり遅くなったので、晩飯はホテルで新庄駅で買った駅弁。

Img_1605
山形新幹線20周年記念。

R1_2
この日の行程表
といった感じでひたすら列車に乗っていた一日目でした。

米沢
山形
新庄
横手

4エリア追加
ここまで345エリア

Img_1667
このポスターいいですね。

つづきます。

|

« iエリアのはなし、激戦人口過多エリア一覧 | トップページ | 東北鈍行列車編、二日目は沿岸エリアの宮古へ向かう。 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58863631

この記事へのトラックバック一覧です: 東北鈍行列車編、一日目はひたすら北上して北上へ:

« iエリアのはなし、激戦人口過多エリア一覧 | トップページ | 東北鈍行列車編、二日目は沿岸エリアの宮古へ向かう。 »