« 八丈島編、最近寒いから南の島にでもいくかー!! | トップページ | 八丈島編、アイモバ的攻略情報と、超長距離対岸エリアどり »

2014年1月23日 (木)

八丈島編、バイクで島めぐりと見晴らしのいい温泉でまったり

※この遠征記は2014年1月18日のものです。

20140118_090801
八丈島遠征のつづきです。

20140118_091342
さるびあ丸で八丈島に上陸しましたが、底土港はなんにもありません。
普通の島なら港からはバスなりで移動するのですが、一番近いバス停まで徒歩20分。
タクシーすらいないので、移動手段がありませんが、予約してあったレンタカー屋に電話してクルマで迎えにきてもらいます。
同じ船からおりた、ぶらり旅風の男性も同じ店で予約してあったようで、2名を載せて島の中心部にあるレンタカー屋へ片道5分ほど。

寒いですが、クルマではなくバイク(50㏄のスクーター)を借ります。
離島では小回りのきくバイクのほうが断然楽しいです。
狭い道も多いし、路地にもどんどん入っていけるし、気になるところで止まって写真を撮ったりUターンも楽ちんです。

20140118_093300
書類の手続きしたら、裏の倉庫から好きなのに乗っていってくれとのことですが、車種は全部同じホンダのトゥデイ。自分の家のバイクと同じやつでした。
少しでも新しそうなのを選ぼうと思ったけど、どれも走行距離は1万キロ以上走っていて同じような感じなので、適当に青いのを選びます。

ヘルメットも貸してくれますが、こういうとこは半キャップしかないので、さすがに耳や顔が寒くて死ぬので、かさばるのは覚悟で自分のフルフェイスを持ってきていましたが、正解でしたね。

741rightimage1
それでは、さっそく島を巡りましょう!
ちなみに、八丈島の地図はこんな感じ(観光協会のHPから転載)

20140118_113330
まずは、荷物を置くために、この日の宿の民宿そこど荘へ。
さっき船を降りた港から徒歩1分です。

まだ午前中ですが、部屋は5号室だよ勝手に入ってね。ということなので荷物を置いて炬燵でちょっとまったりします。

20140118_113045
池がある大きな中庭をかこむように部屋があって、なかなか良い感じです。

海が見えるバーベキュースペースがあったりして、夏は団体とかでくると楽しそう。

お昼近くなってきたので、まずは腹ごしらえですな。
20140118_121248
島のメインストーリー?にあるうどん屋さんへ。

20140118_115636
あしたばうどん天セット

八丈島名物の明日葉が練りこまれた緑色のそばのように細いうどん。
つるつるして美味しいですね。明日葉の香りはあんまり感じないけど、体によさそう。
エビと、明日葉の天ぷら。明日葉の天ぷらはちょっとほろ苦くて美味しいです。
右上の小鉢には島唐辛子の輪切り、お店の人がすごい辛いですよ、と言っていましたが、ほんとに痛烈に辛かった!

お昼も食べて、ふたたびバイクでスタート。
島に2件あるという本屋さんの八丈書房を発見してたちよります。
(もう1件はずっと閉まってたけど、週末は休みなのか?つぶれたのか?)

20140118_122420
前回紹介した、たかまつやよいさんの本もありました。
最初マンガコーナーを探したらなかったけど、レジ横の特等席にありました。
ほかにも八丈島が舞台のマンガもおいてあったけど、荷物になるので買いませんでしたが、帰ったら探して買ってみよう。
夜のヒマつぶし用の雑誌を1冊だけ購入して島の消費に貢献しておきます。

20140118_123425
港の近くの海岸沿いで異様をほこる有名な?廃墟ホテル。
バブリーな巨大なリゾートホテルでしたが、観光客の減少で廃墟になっています。
中も探検できるらしいですが、今回はパス。

バイクで島の南側を半周していきます。

20140118_125427
登竜峠というところの展望台まで登ってきました。
船でついた底土港が見渡せます。
しかし、借りたスクーターがエンジンの調子が悪くて全然パワーが出ません。
どうも整備がイマイチでVベルトが摩耗している感じ。
峠の登り坂で20kmhくらいまでしかスピードが出ません。

20140118_125452
ちょうどのぼったあたりで、風が強くなって雨がポツポツと降ってきました。

20140118_130704
峠を下りはじめたら、雨が本降りになってきてしまいました。
はっきり言ってかなり寒い!
こんなこともあろうかと、バイク用レインウェアを持ってきていたのに、宿に着替えと一緒においてきてしまった!!大失敗!!
島の外洋性の気候は、変わりやすいといいますが、スコールみたいな感じ。

結構びしょ濡れになって、島の南にある町営温泉の「みはらしの湯」に到着。
ほかにお客さんはいなくて完全貸切状態。
さっそく湯につかって、冷えたからだを温めて生き返ります。
20140118_132237
お湯はかけ流しで、なめてみると鉄分と塩分が濃厚でなかなか良い泉質。

20140118_132920
みはらしの湯の名前のとおりに露天風呂からの眺めが最高です。

20140118_143111
温泉で1時間ほどのんびりしていたら、天気は急によくなって晴れ間が出てきました。

20140118_143416
みはらしの湯を後にして、ふたたびスタートしましょう。

20140118_145222
八丈島灯台

20140118_150956
東京電力の地熱&風力発電所

地図をみながら、適当に面白そうなところを見ていきます。

三原山の林道というか、ハイキングコースのようなところを、原付でガリガリと登っていきます。

道が濡れていて滑るので、怖いです。
植物が亜熱帯ぽく鬱蒼と茂っていていかにも南の島という雰囲気。

20140118_155931
NTTのアンテナがある山頂らしいところまで到達。

20140118_160021
八丈小島と八丈富士がきれいに見えます。

20140118_160548
明日は、あの八丈富士に登る予定です。

ここから三原山をぬけて島の反対側に林道を行こうと思ったのですが、冬季は工事のために通行止めになっていて残念。来た道を戻ります。
途中、思うママに脇道にそれては、迷って引き返すの連続ですが、それはそれで楽しい。

20140118_183012
1日たっぷりバイクで走って堪能して、宿に戻って晩御飯。
島の魚に、明日葉そばに、胡麻和え、天ぷら、つけものと、明日葉がいっぱい。
美味しくておなか一杯になりました!
この日の宿泊客は週末にもかかわらず、自分ひとりでした。

20140118_230304
宿の部屋はいかにも民宿といった感じ。(ちらかしていて見苦しい写真ですいません)
コタツに入ってテレビ見ながら、買ってきた島焼酎を飲みます。
島にコンビニはありませんが、酒を売っている食品店やスーパーは結構いっぱいありましたので、買い物は困らないです。

テレビは東京と同じ地上波が映ります。
部屋にLAN完備なので、ノートPCを繋いで、艦これをプレイ。
コタツだけだと寒いのでエアコンをつけましたが、100円2時間と有料なのはいただけませんな。
夜になっても、ときおり雨が降ってましたが、翌日の天気が良くなることを願って就寝。

2日目に続きます。

|

« 八丈島編、最近寒いから南の島にでもいくかー!! | トップページ | 八丈島編、アイモバ的攻略情報と、超長距離対岸エリアどり »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/58998010

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島編、バイクで島めぐりと見晴らしのいい温泉でまったり:

« 八丈島編、最近寒いから南の島にでもいくかー!! | トップページ | 八丈島編、アイモバ的攻略情報と、超長距離対岸エリアどり »