« 佐渡編、日本最小!ブリテンノーマン・アイランダーに乗る | トップページ | 信州編、温泉に入って、都落ちした花形車両の栄光にひたる »

2014年1月30日 (木)

信州編、かつての信越本線をたどって長野の善光寺参りに

※この遠征記録は2012年12月のものです。

こちらの遠征に出かける前にアクシデントがありまして、
ちょうどクリスマスのタイミングで静岡のアンテナショップがきたんで、これは代行稼ぎのチャンスとばかりに伊豆に出かけたのですが、

途中でiPhone5をぶっ壊してしまいました。

Img
わー、クリスマスイルミネーションみたいできれい!!
で、、ケータイWatchに投稿したら採用されました!
The クラッシュ!     
みんなもアップルケアは入っておくといいよ!

掲載されると、粗品(ノベルティとかのストラップ詰め合わせ)が貰えます。
ちなみに、2009年4月にも採用されたことあります。

自分、どんだけケータイ壊してんだよ!

iPhoneはおサイフケータイが無いので、クラウドのバックデータを戻すだけなので、移行は楽ちんでいいですね。Androidおサイフケータイの移行はほんとに面倒くさいですよ。

そんなこともありましたが、
青春18切符の残りを使うために、年末に長野へ一泊の遠征。
前回の東日本大遠征で、エリアはすべて取っていましたが、アイテムマスターを目指すために、未回収のアイテムを拾いにいきましょう。
(もっとも、出かけるまえに日替わりアンテナのイベントで長野が来てしまったんだけど、宿とか予約してあったんで、そのまま出かけます)

Img_0115
いつもの湘南新宿ラインで高崎へ
毎回のことですが、750円で3時間もグリーン車に乗れるのはお得。

Img_0116
ここからかつての、信越本線のルートで長野を目指します。

20121229_090605
信越線で横川まで。

Img_0120
横川に到着!
信越本線といいながら、長野新幹線開通のおりに、バス転換されたために、
線路はここで途切れます。
過去の機関車などを保存している記念施設などもありまが、また来た時にでも。

Img_0121
JRバスに乗り換えてで軽井沢へ。
同じJRのバスなのに18切符はつかえないのはどうにかしてほしいなぁ。
来た列車からおりた観光客のほとんどが、このバスに乗り換える模様。

Img_0123
バスはほぼ満席で出発。
機関車が重連でこえた、かつての難所の碓氷峠の山道を登っていきます。

Img_0124
軽井沢に到着
標高が高いので雪がすごい。
長野地方は前日までは大雪だったらしいです。

Img_0128
軽井沢は新幹線も通っている駅なので大きいし、冬だけど人も結構多かったです。

Img_0127
しなの鉄道で長野へむかいましょう。
サマーウォーズと戦国BASARAのポスターがあります。

20121229_105810
軽井沢からは小諸経由で、長野へ。
かつての信越本線が第三セクターに転換された路線です。

 ※小諸の様子は別掲します。

Img_0133
事業用車両は好きです。

Img_0181
長野駅に4か月ぶりに降り立ちました。
天気はすっかり快晴ですが、前日に降り積もった雪が溶けて、道路がびちゃびちゃで歩きにくい。

Img_0182
前回の遠征で行けなかった善光寺参りにバスで。

Img_0183
有名な観光名所だけあって人が多いです。

Img_0185_2
善光寺はじめとして、なぜか長野はフランス人がいっぱい来てましたね。
なんかイベントでもあったのか?

Img_0189
大きいお寺です。

Img_0190
本堂にお参り。

Img_0194
雪が残る眺めはなかなか良いです。

Img_0197
参道をぶらぶらと。

Img_0201
長野とえいば野沢菜のおやきですが、あれって正直美味しくないよね..
ということで、リンゴおやきを食べてみました。
これはスイーツ感覚でなかなか美味でした。

Img_0202
善光寺を満喫したので、温泉にいきましょうか。
やっぱ、遠征といえば温泉だよね~

つづきます。

|

« 佐渡編、日本最小!ブリテンノーマン・アイランダーに乗る | トップページ | 信州編、温泉に入って、都落ちした花形車両の栄光にひたる »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59038909

この記事へのトラックバック一覧です: 信州編、かつての信越本線をたどって長野の善光寺参りに:

« 佐渡編、日本最小!ブリテンノーマン・アイランダーに乗る | トップページ | 信州編、温泉に入って、都落ちした花形車両の栄光にひたる »