« JAL機内WiFiの導入でアイモバエリア取りに大革命!さっそく飛んでみたらこうなった!? | トップページ | 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想 »

2014年2月 2日 (日)

信州編、「あの夏で待ってる」小諸でアニメの舞台探訪と蕎麦も食う

※この遠征記は2012年12月のものです。

アニメの舞台を探訪する、いわゆる「聖地巡礼」ってやつをやってきました。


あの夏で待ってる コンプリート DVD-BOX (全12話, 300分) アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]
お得な海外版のDVDなら全話でこのお値段!


長野県の小諸市が舞台の「あの夏が待ってる」です。
普段はアニメなんて全然見ないワタクシでございますが、長野に遠征旅行を計画していましたたときに「ふーん、しなの鉄道でもラッピング電車やってるんだー」
「あれ、このキャラの画像どっかでみた記憶があるぞ!以前、ネットで見かけた女の子がZC-1000持ってたヤツだ!」

※ZC-1000 → 8mmフィルムカメラの最高峰機。レンズ交換やコマドリなどが可能な、当時のアマチュア映画やアニメの制作者の垂涎の的だった名機。すごく欲しかったけど買えなかった..

Izc1000
ZC-1000を持つ檸檬先輩。本物は凄く重いですよ

バンナム的視点からいっても、脚本の黒田さんは名作「ゆめりあ」で有名ですし、
監督の長井さんといえば、サンライズ35周年記念の超大作「ゼノグラシ・・(ゲフンゲフン

ということで、バンダイチャンネルの無料配信で一気に観てしまったら、
これが結構面白かったので、ちょいハマリで、今回にいたるわけです。

2614d4db
お話の内容はSF+高校生のイチャラブ青春恋愛もので、ヒロインの青い女の子が恋愛的にフルボッコになるのを、ニヨニヨしながら眺めるのがメーンです。
青春の強烈な甘酸っぱさに、オジサン思わず胃液が逆流して、むせそうになりながら楽しく鑑賞させていただきました。

小諸という街は、このアニメ観てなかったら一生行くことが無かったかと思うし、飲食や土産物買って、経済的にも貢献してるし、こういうアニメでの町おこしは、多少でも効果があるかということを実体験しました。

Img_0126
しなの鉄道始発の軽井沢駅にものぼりが

Img_0131
軽井沢駅で記念フリーキップ購入。

入場券セットも買っちゃいました

Img_0135
小諸駅到着。駅内に看板がさっそくお出迎え。

Img_0137
駅の待合室のポスター。
街中でもあちこちに貼ってあった。
駅前の土産物屋で「ステッカー付そばまんじゅう」などグッズなども購入

Img_0151
小諸駅前、前日の雪がかなり残っていて歩きにくい

Img_0138

20120307dog00m200041000c_450
OPに出てくる交差点。

Img_0140
年末の観光オフシーズンとはいえ、かなりのシャッター街。
長野新幹線が通るのを拒否して、佐久にいってしまったので、小諸は地盤沈下が深刻らしい。

3281d397_convert_20130208191058

Img_0139
うん、アニメのとおりだね。

3746d329_convert_20130208210630

Img_0145
劇中で、テツローがカンナに告白する、名場面の舞台、みはらし庭園。

O0400022412090968918

Img_0146_2

Tm_gt2czylngrws6y0xmc0xna

Img_0148
雪が積もって真っ白。
「あの冬で待ってる」っていう感じ。
夏が舞台のアニメの舞台探訪は冬に行ってもイメージが違い過ぎ。
あたり前だけど。

Img_0150
アニメに出てきた、野沢菜サンドとか、中華風パスタを出す喫茶店
食べたかったが、時間の関係でスルー。
同じく舞台探訪と思われ若者数名が来店してた。

O0400022412090186469

Img_0141
劇中に外観だけ出てきたそば屋。
江戸時代の建物をそのまま使ってる。

Img_0142
小諸に来たら、やっぱ名物の新そば食べないと!
えびすビールと手挽きそばのもり。
かなりの高レベル。

温かい付け汁も選べるのが嬉しい。
付け合わせは、セロリワサビ漬けと、定番の野沢菜など。

Img_0143
そば屋のレジにはこんなイラストも

あわただしく、小諸の街をまわって長野へ向かいます。
今度は夏にきて、懐古園とかも回ってみたいですね。


あの夏で待ってる コンプリート DVD-BOX (全12話, 300分) アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]
お得な海外版のDVDなら全話でこのお値段!

そして長野まで乗るのはラッピング電車。
1編成しかないので、いつ来るかはHPで運行状況を調べて行きましょう。

※ラッピング車両は2013年12月で運行を終了しました。

20121229_140909
「うふふ、わたしのほうがかわいいでしょ」
イラストが大きくて、けっこうインパクトありますね。

20121229_124946
こちらは長野駅で撮影したもの。

以下、ラッピング車両の画像多数です。

Img_0154

Img_0155

Img_0156

Img_0172
カンナちゃんprpr

Img_0157

Img_0161
檸檬先輩

Img_0160

Img_0162
裸族(あざとい)

Img_0165
一応、男キャラも。

Img_0166

Img_0164
一両ごとにラッピングが異なります。

Img_0173
車内は小さいステッカーがあるだけでヤヤ寂しい。

Img_0175

Img_0176

Img_0177

Img_0178

Img_0179

Img_0180
ラッピング電車は終了してしまいましたが、小諸にはいまでも舞台探訪で訪れるには楽しい場所ですので、みなさんもいかがでしょうか。

次回からは、ようやく2013年の遠征記にはいります。

|

« JAL機内WiFiの導入でアイモバエリア取りに大革命!さっそく飛んでみたらこうなった!? | トップページ | 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59044722

この記事へのトラックバック一覧です: 信州編、「あの夏で待ってる」小諸でアニメの舞台探訪と蕎麦も食う:

« JAL機内WiFiの導入でアイモバエリア取りに大革命!さっそく飛んでみたらこうなった!? | トップページ | 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想 »