« 南国麺紀行編、鍋焼きラーメン食べて、はりまや橋と室戸岬 | トップページ | 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 »

2014年2月15日 (土)

南国麺紀行編、徳島ラーメンと眉山のロープウェイ

※この遠征記は2013年1月のものです。

なんか、だらだらと続いている南国麺紀行編ですが、もうちょっとだけ続きます。

ところで、過去の旅行記もご覧になって分かるように、基本的に、遠征時は食べるか乗り物に乗ってるだけなので、当然ながら、すごく太って健康に悪いです。
まあ、今回みたいにクルマだと、昼から酒を飲まないので多少マシですが

さて、ぐるりと四国を一周して徳島に戻ってきました。

Shikoku2
室戸岬から徳島までは、夜になって景色も見えないし、距離も結構あったので疲れましたね。

今日の宿の徳島市内のホテルにチェックイン。

Img_0572
徳島といえば、徳島ラーメン。

有名な「いのたに」はラーメン博物館で食べたことがあるので、ホテルの近くのこちらおお店に。
「東大」というお店で、ここは最近は大阪や京都などの関西にも出店しているそうです。

Img_0574
徳島ラーメンといえば、濃厚な豚骨醤油。

豚バラ肉の煮込みに加えて、分厚いチャーシューも乗ります。
生卵と味付けモヤシは入れ放題。
とにかく味が濃いため白飯も注文。
徳島人にとっては「ラーメンはご飯のおかず」なんだそうで。

和歌山ラーメンや、鍋焼きもそうでしたが、西の方は、麺類でゴハンを食べるのが普通みたいですね。
今回の遠征で食べた麺たちも、全般的に甘くて濃い味で、おかず方向になってます。

自分的には、うどんやラーメンでゴハンは食べられますが、おかずというより「汁物」の範疇ですね。

三日間でトータル2000㎞以上慣れない道を走ってつかれたので、この日はホテルに戻って即睡眠。

翌朝は、ホテルの近くの銭湯へ朝風呂に!
Img_0575
温泉と看板にあるけど、普通のお湯でした、だまされた

Img_0576
ついでに、あわおどり会館からロープウェイにも乗って眉山に行ってみましょう。

Img_0578
往復1000円はちょっと高いかな。
平日の月曜日の始発だけど、自分以外にも客がいました。

Img_0585
どんどん上るぜ!

Img_0592
テイルズのコラボポスターが。

20130115_092631
いい眺めですね。

20130115_092802
徳島港や淡路島まで一望できます!雪歩も大満足!

遠征に来たら高いところに登るのはジャスティス
バカと観光客は高いところに登りたがるといいますしね。

Img_0599
今回の遠征では船上からのエリア取りでしたが、淡路島も行ってみたいですね。

Img_0595
徳島港に大きい船が入港してきました!

Img_0596
アレに乗って東京まで帰りますよ!

Img_0607
さてそれでは、名残惜しいですが、四国徳島を後にして帰路につきます。

20130114_191212
徳島南部エリアを取得して、四国の4県を赤100%達成!

徳島県南部

1エリアを追加
ここまで426エリア
(うち黄6エリア)

次回、東九フェリー編に続く。

|

« 南国麺紀行編、鍋焼きラーメン食べて、はりまや橋と室戸岬 | トップページ | 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59123419

この記事へのトラックバック一覧です: 南国麺紀行編、徳島ラーメンと眉山のロープウェイ:

« 南国麺紀行編、鍋焼きラーメン食べて、はりまや橋と室戸岬 | トップページ | 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 »