« 東北再訪編、松島からJR代行バスで石巻の津波被災地を訪問する。 | トップページ | エクストリーム北海道編、三連休で北海道の全エリアを攻略するための情報 »

2014年2月26日 (水)

東北再訪編、石巻の津波被災地を訪問。大震災を忘れないために

※この遠征記は2013年2月のものです。

松島からJRと代行バスを乗り継いで石巻にきました。

あの東日本大震災からもうすぐ3年になります。
この訪問記は1年前の2013年2月に訪れたときのものです。

興味本位で被災地に物見遊山に行くことについては、批判的な意見もあるかとは思いますが、この地域は、震災前から、観光と水産業がメーンであり、外から人が訪れて、現地に金を落とすことこそが、本来のあるべき復興の姿と私は考えますので、皆さんも、機会を作ってぜひ行くべきだと思います。

また、後世に大震災と津波の恐ろしさを語り継ぐにあたって、テレビで見た映像だけでなく、実際に歩いて肌で感じて、この目で見たことは、深く記憶に刻まれることによって、決して忘れない記憶となります。これは重要なことだと思います。

関東地方に住む人間にとっても、来るべき東南海地震や首都直下地震などを想定すると、他人事ではなく、明日にも自分自身に起こることなのです。

Img_0882
石巻といえば、石ノ森正太郎先生。駅前広場にも仮面ライダーとサイボーグ009

Img_0884
駅前にある市役所は、どうみても元ショッピングセンター。
震災で移ったのかと思ったら、その前からこちらにあったそうです。

石巻を見に行く方は、こちらのページが参考になりました。
被災地見学の注意点と、おすすめの見学ルート
ルート1をあるきました。
わたしが訪れたのは1年前のことですので、現在は状況が変わっている部分もありますので、みなさんも最新の情報をチェックしてからお出かけください。

Img_0885_2
駅から、タクシーで高台の日和山公園というところに行きます。

Img_0886
山の上にある公園からは、海岸部の壊滅した地域が一望できます。

Img_0888
大きな被害のあった石巻市立病院

Img_0893
津波が遡った川の中州もわずかな建物が残るのみ。

Img_0889
この高台の公園に多くの人が避難して命を救われました。

Img_0892
公園内の神社で、復興の祈念と犠牲者の追悼をお参りする。

Img_0895
山を降りて、海岸部へ向かう。

Img_0896
ここまで津波がきた。

Img_0897
ひどい惨状です。

Img_0898

Img_0899

Img_0900
高台移転の問題で、がれきは片付いている以外は、ほとんど手つかず。

Img_0903
ほとんどの建物が津波で流されてしまいましたが、かろうじて残る建物も壊滅的な被害をうけており、全壊状態です。
そういった建物でも、住人の気配があり、むやみにカメラを向けたり立ち入ったりしないようにしなければなりません。

Img_0901
さきほどの山の上からみて中州のひときわ目立つ、UFOのような建物が石ノ森漫画館です。

Img_0912
せっかくなので、ちょっとだけ外観のみ見学。

Img_0909
時間があるときにでも再訪したいですね。

Img_0915
中州の近くにある、復興市場でワカメとか、地元の水産品、お酒、お菓子などをお土産として大量に購入。お土産はこういう地元の人が経営している小さい店で買うほうが復興につながります。
ここにも仮面ライダー。

Img_0919

駅に戻る道の、商店街にも石ノ森キャラがいっぱいありました。
これらの像は津波でもすべて無事だったそうです。

Img_0921
それでは、東京へ戻りましょう。
また何年かごとに、復興の状況を見に訪れたいと思います。
ほんとは、帰りは小牛田経由で東北本線で帰る予定だったのですが、強風で東北本線のダイヤが乱れていたため、来たルートをそのまま戻って、JR代行バスで松島海岸駅へ。

Img_0924
仙石線で仙台へ

Img_0927
仙台からは新幹線はやぶさに。

Img_0926
牛タンバーガー!こういうのもあるのか。

Img_0929
駅弁ターイム!
東北福興弁当。

Img_0930
おかずの種類が多いので、酒のつまみとしてもグッド。

Img_0931
なかなか美味しかったです。

20130203_210944
色々と盛りだくさんの遠征でしたが、東京駅に帰着!

20130203_211026
反対側のホームに、引退間近の200系のリバイバルカラーが入線してきたので、記念に撮影。

アイモバ的には東北エリアはすべてクリアしているので、いくつかアイテムを回収しただけで、エリアの増加は無しです。

|

« 東北再訪編、松島からJR代行バスで石巻の津波被災地を訪問する。 | トップページ | エクストリーム北海道編、三連休で北海道の全エリアを攻略するための情報 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59204189

この記事へのトラックバック一覧です: 東北再訪編、石巻の津波被災地を訪問。大震災を忘れないために:

« 東北再訪編、松島からJR代行バスで石巻の津波被災地を訪問する。 | トップページ | エクストリーム北海道編、三連休で北海道の全エリアを攻略するための情報 »