« 東北再訪編、鉄ヲタじゃなくても楽しめる!鉄道博物館で気分アゲアゲ | トップページ | 東北再訪編、E6系スーパーこまち試乗会で、仙台の牛タンを堪能 »

2014年2月22日 (土)

東北再訪編、大宮の鉄道博物館で新幹線の歴史を振り返る

※この遠征記は2013年2月のものです。

鉄道博物館の続きで、ワタクシの超大好物の新幹線関連の展示です。
相変わらず写真多めでおおくりします。

Img_0744
やっぱりJR東日本といえば、東北新幹線や上越新幹線で活躍した200系

Img_0724
これが新幹線の台車。標準軌なので大きい!

Img_0740
普段は見ることができない足回りをなめるように堪能。

Img_0737
車体の下側のメカが見られるぞ!

Img_0739
先頭車の雪よけ、頑丈そうな造りです。

20130202_125530
そして新幹線といえば初代の0系

Img_0725
これは、秋葉原の旧交通博物館から持ってきたものですね。

Img_0784
ちょうど、この日は東海道新幹線の開業時の特別展示をやってました。

ラッキー!

Img_0747
初代0系車内。なつかしい。

Img_0748
ワゴン販売のなかみも当時を再現。

Img_0785
和式トイレに、給水器。
そういえば、あけぼのの給水器もこんなのでした。

Img_0730
開業当時の時刻表。
今では信じられない、1時間2本のスカスカぶり。

Img_0788
初期の路線計画図。
新幹線は三島じゃなくて沼津を通るはずだった!
関ヶ原も当初は通らないで南の東海道ルートだったんですね。

Img_0729
開業当時の新横浜駅。
どこのローカル駅だっつうぐらい、何にもない。

S40sinyoko
これが、新横浜だ!
駅前の環状2号線道路すら存在してません。
こんなところが、いまや大都会とはびっくりです。

Img_0726
列車制御システムなどの技術系も展示

Img_0790

Img_0791
この辺の模型も、交通博物館で見たことあるような。

というわけで、鉄道博物館を堪能しましたが、駆け足で半日程度では全然みきれません。
鉄道好きなら、丸一日はかけてじっくりと見たいところです。

ぜひまた機会を作って再訪しなければなりませんね。
展示や説明も、とても工夫されていますので、鉄ヲタのひとでなくても、すごく楽しめる施設ですので、お子さん連れとかもおススメです。

20130202_110044
さて、それでは大宮に戻って、いよいよ東北へ出発です。

|

« 東北再訪編、鉄ヲタじゃなくても楽しめる!鉄道博物館で気分アゲアゲ | トップページ | 東北再訪編、E6系スーパーこまち試乗会で、仙台の牛タンを堪能 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59181394

この記事へのトラックバック一覧です: 東北再訪編、大宮の鉄道博物館で新幹線の歴史を振り返る:

« 東北再訪編、鉄ヲタじゃなくても楽しめる!鉄道博物館で気分アゲアゲ | トップページ | 東北再訪編、E6系スーパーこまち試乗会で、仙台の牛タンを堪能 »