« 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 | トップページ | アイドルマスターモバイルi通算Pランク集計、2014年2月版 »

2014年2月17日 (月)

南国麺紀行編、番外・四万十の奥地の海洋堂ミュージアム

※この遠征記は2013年1月のものです。

南国遠征で、実はイチバン楽しみにしていた、ある意味でメイン目的地と言ってもよいのがこちら....

へんぴな場所にあることを、売り物にした施設。
海洋堂ホビー館四万十
(公式HP)

高知の、さらに西のはずれの四万十町というところ。
クルマなら高知市から2時間弱くらい。

Hobby
この地図を見てもらうとわかるように、とんでもない山奥にあります。

Img_0542
ここが一応最寄駅。

Img_0544
国道から看板にしたがって脇道をどんどん山に入っていくのですが、道幅がどんどん細くなり、クルマですれ違うのも困難な道路に
「本当にこの道であっているのか?」と心配なったころに到着。

20130114_110937
意外にも、午前中にもかかわらず結構な数の来客で、駐車場が半分埋るくらい。

県外ナンバーは自分以外は、広島ナンバーがいたくらいで、
地元の高知県からがほとんど。娯楽が少ないとこだからかね..
客は自分のようなマニアっぽいのは皆無で、
子供連れや、家族連れ、カップルなどなど。

Img_0467
それではさっそく中に

Img_0515
建物は、廃校になった小学校の体育館を改装したもの。奥はステージだったところ。
内部は思ったより広いが、真ん中にどでかい帆船が!
展示物が多くてごちゃごちゃして、おもちゃ箱というか秘密基地みたいな感じが。
ガレージキットや、食玩、アクションフィギュアなど、海洋堂の製品群を一同に展示。

Img_0468
等身大のダンボーがお出迎え

Img_0491
海洋堂といえば、ボーメ氏の美少女フィギュア

Img_0490
シィルちゃんprpr、そういやDS版の闘神都市まだ買ってなかったな。

Img_0492
海洋堂といえばチョコエッグ。日本中が熱狂した海洋堂の出世作。

Img_0493
わたしも熱狂しました。

Img_0494
おや、こんなところに某ゲームキャラが

Img_0486
深海生物シリーズは非常に好きだった

Img_0499

Img_0501
貴重なデザインスケッチも

Img_0475_2
現在も水族館限定シリーズなどが発売されています。

Img_0487

Img_0488
らぶひなは、カプセルで高クオリティの美少女フィギュアの先駆けになった、画期的製品だったですね。

Img_0504
最初期のVFガレージキット。

Img_0514
美味しんぼ、これ欲しいんだけど..

Img_0474
リアルフィギュアのさきがけ、Speedとモー娘

Img_0508
自分はときメモよりも、トゥルーラブストーリー派でした。

Img_0510
パワードスーツ(スタジオぬえ版)

Img_0512
ブリスターフィギュア各種。

Img_0506
もう、ほんとに一杯いろいろありずぎて紹介しきれない。

Img_0518
飲食施設はありませんが、こんなお弁当売ってました。

Img_0519
チョコエッグやらの食玩に、さんざんハマっていた自分にとっては、それらの原型の展示など、興味が尽きない内容で、いくら時間があっても足りない。
予定の関係で1時間半ほどしか見れなかったのは残念。

Img_0522
あらためて、屋外にもいろいろと面白そうなオブジェが

Img_0524
カブトムシ

Img_0526
川を見下ろすと巨大カマキリ。刃牙が戦ったのと同じくらいのサイズ

うーん、でもここって一般人がみても面白いのかな?と、ちょっと心配になる感じ。
Img_0520
(奥側に大規模に増築工事中)
なお、色々と手狭なため、自分が訪問した翌日から、3月15日まではリニューアルで臨時休館。バリアフリー化などをして、エヴァ関係の展示を大幅に増やすらしいです。

Img_0527
近くにある、海洋堂カッパ館

こちらも駆け足で見学。

Img_0532
カッパ造形大賞の全応募作を展示するために作った建物。
建物中がびっしりとカッパだらけの展示

Img_0535
なかなか、こちらも面白いです。

この手の食玩とかフィギュア好きな人は、四国に行く際にはぜひおとずれましょう。

次回からは北海道遠征編の予定。

|

« 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 | トップページ | アイドルマスターモバイルi通算Pランク集計、2014年2月版 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59152807

この記事へのトラックバック一覧です: 南国麺紀行編、番外・四万十の奥地の海洋堂ミュージアム:

« 南国麺紀行編、東九フェリーのきつねうどんと、太平洋上のアイモバ活動 | トップページ | アイドルマスターモバイルi通算Pランク集計、2014年2月版 »