« 南国麺紀行編、鍋焼きうどん&松山名物の道後温泉本館 | トップページ | 南国麺紀行編、徳島ラーメンと眉山のロープウェイ »

2014年2月14日 (金)

南国麺紀行編、鍋焼きラーメン食べて、はりまや橋と室戸岬

※この遠征記は2013年1月のものです。

四国上陸の2日目です。

Img_0465
この日もまだうっすらと暗い早朝からスタート。

Img_0466
路面電車用信号を見るのは新鮮。

Shikoku2
この日のルート四国を3分の2周して徳島へ戻ります。
600kmくらいの行程。

この日は、関東は大雪で大変なことになっていましたが、四国も雨模様。
山間部は雪も降っており、前日に通った高速道路が通行止めになっています。
1日ずれていたら、計画が破たんして危ないところでした。

松山から、南予エリアの代行が美味しいエリアで40件ほどをゲット!

Img_0544
四万十にある海洋堂ホビー館へ。
(こちらのレポートは後日別掲)

20130114_123153
須崎市という、高知駅からJRで1時間半のへんぴな街の名物料理、

「鍋焼きラーメン」
もし、この麺料理が存在しなければ、わたしが須崎市を訪れることもなかったでしょう。

Img_0546
見た目通り、土鍋でラーメンがグツグツと煮込まれております。
具材は鳥肉(鍋の底に沈んでいる)、ネギ、卵、ちくわとシンプル。
麺はかなり固めで提供されますが、食べているウチに土鍋の余熱で食べ頃になります。
ボリュームは少なめなので、ご飯も一緒に食べましょう。

やや甘めのさっぱりしたスープで、はふはふしながら完食。
残ったスープにご飯を投入して、雑炊風にしていただきます。
これはおススメですね!

20130114_131040
のぼりのキャラはあんパンマンでおなじみの、高知出身やなせたかし先生デザイン「なべラーマン」

お昼ご飯を食べたので、高知市方面へ。
(しかし途中で、高知県東部のアイテムをゲットし忘れていたので、戻って時間をロス。

さらに、高知市内周辺で休日の渋滞に巻き込まれて、まただいぶ時間をロス。
Img_0551
高知といえば、日本三大がっかり観光地で有名な「はりまや橋」
実際に見てみたら、予想以上のしょぼさです。
わざわざ寄り道して高知市内の渋滞に巻こまれて見に来ただけあって、
ガッカリ感がよりいっそう高まります。

20130114_142141
なんでこんなんを名物認定しちゃったんだろう..
と高知県民も今更ながら後悔してることだろうと思いますので、隣に全高30mの龍馬像を建てるとかして、なんとかフォローする方向でお願いします。

Img_0549
あとから考えれば、郊外にくるま停めて、市電に乗ればよかった。
写真は元名鉄の岐阜で走ってた車両。

高知をあとにして室戸岬へクルマを飛ばします。

この日は関東は大雪で大変なことになってましたが、
高知は昼間の気温が13度!さすが南国。
雨は朝方ふって風は強かったですが。

Img_0552
四国のコンビニ事情ですが、四国にはセブンイレブンはありません。(最近できました)
セブン銀行のATMが使えなくて困りました。

あと、神奈川ローカルのコンビニのスリーエフが、なぜか高知にいっぱいあります。

走っていて、いきなりスリーエフが現れて、長時間のドライブ疲れで幻覚をみたのかとびびりました。

20130114_164305
室戸岬灯台に到着!

Img_0557

20130114_164135
素晴らしい眺めです!

Img_0554
近くにお遍路のお寺があったので、遠征の無事を祈願するためお参り。

Img_0556
徒歩で参拝している巡礼者の方々もちらほらといました。

20130114_165841
そして、さらに高いところにある、展望台へ。

まさに300度の大パノラマの眺め!地球の丸さが感じられる!

20130114_165917
時間はちょうど日没で、夕日と雪歩。
今回の遠征のベストショット!

Img_0570
すごく良い天気なのですが、強風がすごかったです。

こちらの、セルフタイマー用のカメラスタンドというのが写っていますが、自画どり写真を撮った直後に、カメラが強風で吹き飛んで落下!

ボディーがへこんだものの、幸いにして動作に異常なし。
なんども落下させても壊れない、さすがキヤノン。

南予北部
南予南部
高知県西部
高知県中部
高知市
高知県東部


6エリアを追加
ここまで425エリア
(うち黄6エリア)

徳島編へつづく

|

« 南国麺紀行編、鍋焼きうどん&松山名物の道後温泉本館 | トップページ | 南国麺紀行編、徳島ラーメンと眉山のロープウェイ »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59119879

この記事へのトラックバック一覧です: 南国麺紀行編、鍋焼きラーメン食べて、はりまや橋と室戸岬:

« 南国麺紀行編、鍋焼きうどん&松山名物の道後温泉本館 | トップページ | 南国麺紀行編、徳島ラーメンと眉山のロープウェイ »