« 信州編、「あの夏で待ってる」小諸でアニメの舞台探訪と蕎麦も食う | トップページ | 横浜周回編。市電保存館と馬の博物館、そして有名な巨大廃墟へ。 »

2014年2月 3日 (月)

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想

あんまり大したことは書いてないけど、一応ネタバレありです。

先日、ようやくアイマス映画「輝きの向こう側」を」見てきましたよ。
こんなBlogをやっているんで、たぶん誤解されてるかもしれませんが、ワタクシ実はあんまりアニメって見ない人なんですよね。
テレビ版のアニマスだって、今年に入って録画してあったのを、ようやく流し見したくらいなもんです。
こないだ舞台探訪した「あの夏で待ってる」だって、ほんとうに久しぶりにみたアニメなんですよ。

そんな、普段まったくアニメをみないおっさんが、アニマス映画を観てみたらこうなったという感想ということで、全然深い考察とかは無いです。

836937028

見る前は、アニメ耐性がない人間が2時間もの時間を退屈しないのかね?という心配があったんですが、全然そんなことなくって、あっという間の時間を堪能させていただきましたね。
ストーリーはありがちな障害をのりこえて、目標を達成するっていう感じが出ててわかりやすくてよかったと思います。

まあ、時間の関係で全キャラを活躍させるには、あわただしいのは否めないし、アイマス知らないで、ちょっと話題だから見てみるかというひとには、展開が厳しいんじゃないかなというのは映画版としてはしょうがないかな。

あと、最後のライブのシーンはもっとたっぷりやって欲しかったです。

A0331cd8a329b54444bf1fc9bfa69335c0c

で、今回の映画化での大きい話題はグリマス組の参入だったのが重要ポイントなのは皆さんもご存じのとおり。

もっとモブな感じなのかと予想してたら、思いのほかストーリーに重要な役回りで、がっつりと絡んでおりましね。

まあ、人数が大杉で可奈と志保以外は空気だったのはしゃあない。
関西弁の奈緒がちょっとキャラが立ってたくらい。

意外だったのはグリマス組の7人の人選。
グリマスやってた人間としても、ああそういうキャラもいたよね、くらいの地味なキャラのチョイス。
グリマス組で、練習生くらいの年齢のキャラなら、未来とか、育ちゃんとか、ロコとか、ひなたとか、人気も個性もあるキャラがほかにもいたのに。

あえて地味なメンバーを選んだのは、やはり765メンバーへのアニメスタッフの気遣いとしか思えませんね。
オリジナルメンバーを食うような個性はダメよというメッセージを感じました。
新しいキャラを入れても、あくまでもストーリーへのスパイスというか、引き立て役の範囲内にとどめるということなんでしょう。

その狙いはあたって、春香をはじめとした765メンバーのグリマス組とのストーリー展開で、みんなの成長を見せる狙いが明確になっていました。

映画も公開されたばっかでアレですが、今後のアイマスの展開はどうなるんでしょうね?さらにグリマスとの融合はあるんでしょうか?

アニメのストーリーでは、すでに765メンバーの成長は著しくて、賞をとったりそれぞれのソロの活動も目立ってきていますんで、あとはやることといえば「エンディング」であるところの「ドームですよ!ドーム!」くらいしかないんですが...
全員平等に一本道のアニメのストーリーではゲームのような、自分だけのアイドルとのエンディングというのは展開できないのでこれで終わりというのが必然ですかね。

今後、新しいゲームと3rd Visionの展開で、ある程度のリセットが行われるのは確実とはいえ、三次元のアイドルグループみたいに、彼女たちは年をとらないし結婚もしないので、無理に新メンバーをいれて新陳代謝をはかる必要はないというのが、みんなの既定路線。

まあ、過去にメンバーを追加もしてるんで、まったく無いとは言えないですがね。
美紀や響貴音でさえ、受け入れられのには時間がかかっていたことを考えると、新メンバーを入れるが、いかに難しいのかは悩ましい。

ただ恐ろしいのが、アイマスはジュピターや竜宮小町の事件のように、良い意味でも、悪い意味でも、ファンの期待を真っ向から裏切るという毒を注入してみて、それを糧に成長してきた化け物コンテンツなんで、まったく予想がつかないのが楽しみですけど。

いや、むしろ現状に安住しないで、あっと驚く展開をぜひ見せてほしいです!

とまあ、いろいろ取りとめなく思ったんですが、映画でもチラチラと出てきたDS版のメンバーの再復活はないんでしょうかね?
最近の様相をみてるとちょっとだけ期待はしてるんですが。

いずれにしろ、9年間でここまで積み上げてきて、さらに未来も明るい巨大コンテンツまで育ったアイマスに感慨ひとしおということで、アイマス最高!という結論とします。

※アニメは見ないけど、アイマス以外でもゲームはやるし、マンガは大好きだし、ネットでヲタク系サイトはチェックしているので、基本的にどのアニメがはやっているとか、流行ってるアニメの有名キャラの名前や設定は知っています。

|

« 信州編、「あの夏で待ってる」小諸でアニメの舞台探訪と蕎麦も食う | トップページ | 横浜周回編。市電保存館と馬の博物館、そして有名な巨大廃墟へ。 »

アイマス全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59067047

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想:

» 彼女がリーダーである理由(劇場版IDOLM@STERとか劇場版TIGER&BUNNYとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【ニセコイ 第5話】スク水メガネ祭りの巻。素晴らしい…。何が素晴らしいって、スク水姿なのにメガネを掛け続けていたるりさんのことデスヨ!彼女こそはメガネっ娘の鏡ですな。他 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月16日 (日) 09時14分

« 信州編、「あの夏で待ってる」小諸でアニメの舞台探訪と蕎麦も食う | トップページ | 横浜周回編。市電保存館と馬の博物館、そして有名な巨大廃墟へ。 »