« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014年3月31日 (月)

南の島編、那覇でステーキ食って、さらに南へ

※この遠征記は2013年5月のものです。

南の島編の続きです。

20130526_191849_2
フェリーで沖縄の那覇港フェリーターミナルに到着!

那覇港近くのホテルにチェックインして、夜も遅いですが晩飯を食べに出かけましょう。
観光客の定番繁華街の国際通りには見向きもしないで、港近くの妖しいお店が多い一帯へ向います。

20130526_205446
ステーキハウスジャッキーへ到着。

20130526_205526
このお店は、以前沖縄旅行のときに来て感激して、ぜひとも再訪したかったお店。

20130526_201556
日曜の夜と言うことで、満席。しばらく待ってから着席。
地元の人と、観光客が半々くらい。外国人の観光客の方も多いですね。
ひとりで来ている客は自分だけ....いつものことなんで気にしない!

20130526_203537
テンダーロインステーキ、Mサイズ
脂はない赤身の塊。純粋な肉と肉汁のうまさ。
ちょっと歯ごたえがあるのがまたよい。


20130526_202646
そして、沖縄といえばオリオンビール!

20130526_203418
卓上の謎のソースをかけると、さらに良い感じなんです。
醤油+タバスコで食べるのもおすすめです。

あっというまに完食。あんまりお腹空いてなかったからMサイズにしたけど、Lサイズにしておけば良かった。

20130526_201353
沖縄にきたら、またぜひ訪れたいですね。


四日目はさらに南に向かいます。

20130527_075938
ちなみに、この日の宿も安定の東横インでした。

20130527_080950
朝から、ゆいれーるで那覇空港へいきましょう。
この日は平日なので結構満員に混んでます。
沖縄にも通勤ラッシュがあるんですね。

20130527_092250
那覇空港から、向かうのは宮古島!

20130527_095831
那覇と宮古島の間は海しか見えないですね。
日程に余裕があれば、宮古島へも船で渡ったんですけどね。

20130527_103103
1時間弱であっというまに宮古島に到着。
梅雨だというのに、すごくいい天気!

20130527_104935
東京から3日かかりましたが、ようやく最終目的地に到着です!
宮古空港は結構立派で新しく、瓦の屋根が沖縄っぽくてよいですね。

20130527_102618
宮古/石垣エリアをゲットして、南エリアもだいぶ赤くなりました。

(以下は黄色から赤に)

宮古/石垣

0エリアを追加

ここまで497エリア
(うち黄色12エリア)

20130527_125430
アイモバ遠征のエリア取りは完了したので、島内を観光しましよう。

南エリア制覇にあたって、新空港ができた石垣島もよかったのですが、あえて宮古島にした理由は、マニアにはたまらない、アレが目的だったからなのです。

それは.....

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

南の島編、鹿児島から那覇まで島から島へ

※この遠征記は2013年5月のものです。

南の島遠征の三日目。

Map02

 

いつまでたっても南の島につかねーじゃないか!
みなさんお待たせしました。鹿児島からフェリーに乗っていよいよホントに南の島につきました。

20130526_050507
深夜に種子島沖を通過して、早朝に奄美大島につきました!

ついに南の島です!

午前5時なんで、まだ外は暗いです。
5月ですが、東京よりもはやく梅雨入りしているので、小雨がふってどんよりした天気。

20130526_051035
奄美エリアをゲット!
寄港地では、途中で見学とかで降りることはできないので、船上から荷卸しの様子などを眺めます。

20130526_050510
運動部の遠征らしい高校生や、地元民などが結構、乗り降りします。

20130526_055002
食堂が朝食の時間なので、食べますか。
朝食時間は5:30から6:20とやたら朝が早いんで、おなかすいてないけど、無理矢理食べます。

20130526_092218
9時過ぎに次の寄港地徳之島。
こちらも荷下ろしの様子を眺めます。

20130526_113025
離島の港はなんにもないですねー

20130526_112919
海の色がこの辺からよっとずつ青くなってきてます!

20130526_120413
そして、昼飯に食堂でうどん定食。
冷凍麺で、味は特筆すべきものはなし。
ベッドでごろごろしてるだけなんで、お腹ぜんぜんすいてないしね...

20130526_141248
そして、沖永良部島。
同じ様な離島の港ばっかの風景で飽きてきてます。

20130526_141405
港のたびに大量の貨物が積みおろされて、生活路線であることがわかります。

20130526_130523
こんな海の真ん中でも、KDDIの3G電波が普通に使えるのはすごいですね。

20130526_141429
与論島。
条件付き出港でしたが、風もおさまっており無事に入港。
ここまでくると、海の青さが完全に南の島の雰囲気。
こういう島々も、滞在してのんびりしたいものですね。
ダイビングのツアーらしい団体の方が大量に下船。
ここまで来るとほとんどの乗客が下船して、鹿児島から乗っている乗客は自分ふくめて残りはわずか。

つーか、同じような船からの写真ばっかで全然面白くないですね。

20130526_170541
最後の寄港地沖縄本島の本部港です。
さすが沖縄本島の港だけあって大きい。行き交うトラックや貨物も大量。
ここで鹿児島から乗船の残った乗客もほとんどの人が降りてしまいました。みんなここからバスなどにのりかえるみたいです。
あとは、途中の島から乗り込んだ地元の人がちょっといるだけ。
まあ、鹿児島から沖縄行くなら、飛行機のるよね普通。

アイモバのエリア的にみると、沖縄の北部の沖縄/名護エリアは、飛行機で沖縄に行った場合は路線バスやレンタカーなどで取りに行かないといけない結構面倒なエリアなんですが、フェリーなら楽々とれます。

20130526_191626

20130526_191749
那覇港フェリーターミナルに到着。
タラップが故障したとのことで、車両甲板から徒歩で下船。
沖縄にきたのは4年ぶり。

低気圧の影響で25時間半と、定刻より1時間少々遅れて、すっかり日が沈んで暗くなっています。
梅雨前線の影響でずっと天気はどんよりで小雨でした。

それでも、丸一日の大型船での船旅は非日常感がたっぷり満喫できて楽しかったです。



(以下は黄色から赤に)

奄美
沖縄/名護
那覇/浦添


0エリアを追加

ここまで497エリア
(うち黄色13エリア)

今回は通り過ぎるだけだった、種子島や与論島などもいずれ旅してみたいですね。

四日目につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

南の島編、マリックスラインのクイーンコーラルプラスで船旅

※この遠征記は2013年5月のものです。

20130525_162932
列車にばかり乗っていては、いつまでたっても島に着きません。
市電とバスを乗り継いで、鹿児島新港から船に乗りましょう。

20130525_171744
マリックスラインのクイーンコーラルプラス。

20130525_171750
かなり大きい船ですね。

Map02
アイモバPにはおなじみですが、こんな感じの航路で、寄港しながら24時間以上かけて沖縄までいきます。
途中でエリアとりもできますし、いずれ行くことになる小笠原への25時間の船旅の予行演習も出来るということですね。
マリックスライン公式HP

20130525_172319
チケットは2等洋室。
雑魚寝の2等より1000円高いだけですのでかなりお得。

20130525_192753
こんな感じの2段ベットですが、最低限のプライベートスペースに、各ベットにコンセントがついてるので便利です。
窓がないので電波の入りが悪いですが、ラウンジに近い場所なので問題なし。
(外洋で時化てるときに撮ったので写真傾いてます)

20130525_192131
出港したらさっそく船内を散策。甲板は広くてヘリの発着も可能なようです。

20130525_192043
遠くに開聞岳が見えます。
風が強いのでデッキからは早々に退散。

20130525_190743
指宿/枕崎エリアをゲット!
外洋に出てしばらくすると、種子島/屋久島エリアもとれました。

20130526_130802
フェリーでおなじみのゲームコーナー。
ついつい脱衣麻雀をやってしまう。
脱衣麻雀って、最近のゲーセンではおいてないから、こういうとこぐらいしか出来ないよなぁ。

20130525_180533
船内の食堂で晩ご飯。エビフライ定食。
まあ、普通の冷凍物ですね。

20130526_101110
この船は新しいので、船内に無線LANが完備されていて無料で使えます。
速度はそこそこですが、PCでネット見るくらいには十分ですね。衛星回線でしょうか?
翌日以降の予定を検討するためにウェブサーフィン。

20130526_115506
そして、長距離フェリーならでは!
海が見える展望風呂もありますよ。
船旅で、ゆっくり大きい風呂に入るのは格別に疲れもとれて最高のリラックスです。

20130525_171343
この日は、種子島の南の低気圧を横切るようなかたちで、外洋に出ると波も高くて結構な悪天候だったんですが、大きい船だけあって揺れはほどほど。
それでも、ラウンジで酒盛りしていた学生のグループは次々とグロッキーでダウンしてましたな。

自分は船酔いしない体質なので、夜更けまで鹿児島で買い込んだ薩摩焼酎をグビグビのみながら代行ぽちぽちしてました。

種子島/屋久島


(以下は黄色から赤に)

指宿/枕崎

1エリアを追加

ここまで497エリア
(うち黄色16エリア)

次回、こんどこそ本当に南の島に上陸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

南の島編、東九州縦断特急列車の旅

※この遠征記は2013年5月のものです。

南の島遠征の2日目の続きです。

こんどこそ南へスタート
20130525_084129
博多から鹿児島中央まで、新幹線をつかえばあっという間ですが、
エリア埋めのために東九州を特急を乗り継いで行きましょう!

20130525_085615
博多駅から小倉駅経由で、大分駅まで特急ソニックに乗ります。

20130525_085437
通称「青いソニック」宮崎空港行きと書いてありますが、途中乗継必要です。

20130525_085731
ソニックは内装もウッドが多用されており、全席窓際コンセントありと、かなりグッド。
最近のJR九州の特急は、みんなデザインや内装が凝っていて楽しいですね。

20130525_094105
ちゃくちゃくとエリア埋めていきます。

20130525_111006
別府湾が見えてきたら大分到着。
ここから、さらに「特急にちりん」に乗り換えて宮崎を目指します。

20130525_110857 20130525_111000
ちょっと古めの車両ですが、先頭は展望座席です。

20130525_112407
車内で買ったソニック弁当をつまみに、ビールをぐびぐび。

20130525_112523
地味な色合いの駅弁ですが、日豊線の名産が詰め合わされて、酒の肴としてはかなり優秀。

20130525_133742
途中で長い高架の廃墟が。

20130525_133920
昔の宮崎リニア実験線廃墟がメガソーラーになってます。

20130525_135733
単線なのでスピードはでないですね。
展望席の眺めも、山ばかりであまり面白くありません。

20130525_141304
宮崎に到着

20130525_141246
宮崎からは、反対側のホームに止まっている、「特急きりしま」に乗り換えて南を目指します。
さっきと同じ型式の車両ですね。

20130525_161239
桜島だ!

20130525_160738
桜島が見えると、なぜかテンションが上がります!

20130525_162235
鹿児島中央駅に到着!

20130525_162735
博多駅→鹿児島中央駅を、九州新幹線なら1時間半のところ、7時間半かかりました...
うん、やっぱり新幹線は偉大だ。

風が強くて、駅を出るとなんかホコリっぽいなと思ったら火山灰です。
口に入るとじゃりじゃりして最悪です。

20130525_163453
まだまだ南を目指すために市電に乗ります。

東九州を縦断して、黄色のエリアをだいぶ赤にしました。

若松区/戸畑区/八幡東区
門司区/小倉南区
京築
鹿屋/垂水


(以下は黄色から赤に)

中津/日田
国東/宇佐
別府/湯布院/九重
大分
佐伯/竹田
延岡/日向
宮崎/日南
都城/小林
国分/隼人
鹿児島


4エリアを追加

ここまで496エリア
(うち黄色17エリア)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

南の島編、新幹線に乗って南へ向かう

※この遠征記録は2013年5月のものです。

南の島遠征の2日目

20130525_072057
朝も早い博多駅からスタート!

20130525_072220
まずは鉄道で南を目指しましょう。

20130525_074206
切符を買って新幹線に乗ります。

20130525_075404
500系新幹線に乗って、終点の博多南駅にきました。

(博多南線Wikipedia)

Clip_22
この南区エリアは、鹿児島本線からだと一瞬しか通過しないので、あとあとの遠征で楽になることを考えて、とっておきたかった場所。
いや、本当は新幹線の路線全踏破のために、博多南線乗っておきたかっただけなんですけどね。※これで残りは秋田新幹線のみに

20130525_074934
代行消化して、アイテムゲット。
九州は、どのエリアもそこそこ代行拾えるので、体力回復アイテムをほとんど使わなくて済んだので助かりました。

20130525_075501
500系はノーズが長いので、狭い博多南駅のホームでは、
うまくフレームに収まりませんね。

20130525_075715_2
駅の外に出てみましたが、住宅街の真ん中で特になんにもなし。

20130525_075648
さて、それでは来た列車に乗って博多に戻りましょう。
切符はちゃんと、乗車券と特急券が別になってます。

20130525_080101
博多南駅は、車両基地のなかにあるので、いっぱい新幹線が並んでいます。

20130525_083900

20130525_083239
博多に戻ってきました。改めて南に向かいましょう。

南区/城南区

太宰府/筑紫野
(黄色から赤に)

1エリアを追加
ここまで492エリア
(うち黄27エリア)

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

南の島編、羽田からジャンボジェットで飛び立ちます。

※この遠征記は2013年5月のものです。

GWなど5月の前半は遠征に行かなかったんで、自力のエリア拡大はなし。
課金の南チケットのパワーで九州方面の黄色(他力)を追加しています。

太宰府/筑紫野
天草
玉名/菊池
八代/人吉/芦北
中津/日田
鹿児島
国分/隼人
(以上すべて黄色で追加)

7エリアを追加
ここまで490エリア
(うち黄28エリア)

さあ、あとは、真マス達成の全505エリアにむけて、いよいよ残り15エリア!

5月の末になって、ようやく時間がとれましたので、
満を持して南エリアの攻略に出発です。
いっぱいある九州の黄色エリアを赤にして、どうせなら真マス達成は全赤でしたいですからね。

20130524_174838
南の島なので、当然ながら飛行機の乗らないといけないので、羽田空港に行きましょう。
今回は、東京モノレールの駅から出発!

20130524_175046
いつもは、空港バスか京急で羽田空港に行くので、モノレールで行くのは思い出せないくらい、すごく久しぶり。
京急にくらべると、ちょっと料金は高いですね。

20130524_181039
あっというまに、地下の羽田空港第2ビル駅に到着。
以前モノレールで来たときは、まだ旧空港駅の時代だから、この駅は初めて。

20130524_183646
それでは、飛び立ちましょうか。

そういえば、こないだのオフ会で「いつも飛行機で遠征しててリッチですねぇ」
なんて言われちゃいましたけど、全然そんなことないですよ。
飛行機も早割の安いチケットや、株主優待券使えば、思いのほか安いですし。
なによりも、休日をねん出するほうが、お金より大変なので、どうしてもスケジュール優先になりがちです。
※体格的に夜行バスが無理で、寝られないというのも原因。

あと、臨時収入があったときはリッチな行程になりがちですね。
この年は結構な臨時収入が、競馬や株であったせいもあるんですよね。
おかげで予想以上の回数の遠征いけました。アベノミクス万歳!

20130524_182910
ジャンボジェットだー!

20130524_184926
ジャンボに乗るのは、昔沖縄旅行に行ったとき以来です。

ANAの国内線のジャンボの運用は今年度いっぱいで終了なので、乗れるのもあとわずかです。
今回、生まれて初めての2階席です。窓際がひろいし、エンジンから遠いのでかなり静かで快適でよいですね( ̄▽ ̄)
わたしが子供のころは、ジャンボジェットは新幹線と並んで乗り物界の王様だったんですけど、退役はさびしいものです。

(全日空公式ページ)
FINAL 747 -THANKS JUMBO-ANA SKY WEB

20130524_204646
そんなこんなで、あっというまに福岡空港に到着。
福岡に来たのは1年ぶりです。

(前回の福岡遠征の様子はこちら)
東海道山陽編、3日目は山陽新幹線で博多へ

20130524_210316
博多駅に地下鉄で行く前に、ちょっと寄り道。
福岡空港駅の4番出口から地上に。

Clip_3_2
ここは、ギリギリ宗像/古賀/粕屋エリアが入る場所。
このエリアはどうせ、翌日に通るんだけど、目の前に未踏破エリアがあれば取りに行かないと気が済まないのがアイモバPの本能。

20130524_220403
福岡への到着時間が遅かったので晩御飯は博多駅で買った駅弁。
「はかた味自慢弁当」

20130524_220800

典型的な幕の内で味は普通。

中州へは繰り出さず、宿のビジネスホテルで酒飲んで翌日に備えて、早めに寝ましょう。


宗像/古賀/粕屋 

1エリアを追加
ここまで491エリア
(うち黄28エリア)

2日目へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

iエリアのはなし、ドコモにまつわる都市伝説

以前、2ちゃんのどこかで聞いた以下のような話。
「ドコモなら、どんな田舎でもJRの駅は必ず電波が入る」

アイモバ遠征で、あちこち行っているけど、北海道、東北のとんでもない秘境駅でも、たしかに圏外になることはなかった様な気がします。

Img_1625
山田線区界駅

auは圏外になることがたまにあったりしますが...

ドコモが入らないJRの駅はあるのか?

で、知り合いの鉄クラスタの人に聞いてみたら、

「とりあえず、押角をしらべてみるのはどうだろう?」
と思ったらWikipediaに以下のようにと書いてあるそうだ。

(引用)
また、周りは山で囲まれているが、NTTドコモのFOMAプラスエリアのため、FOMAが使える。これは、NTTドコモ東北が管内のJR東日本すべての駅でFOMAを使えるようにしたためである。

これは出典がなんかの記事なのかわからないですが、たしかに東日本については、その通りのようです。

他の人から「ちなみに土合も docomo 入ります。(ホームも階段もばっちり)」とのこと。
(土合駅紹介記事、デイリーポータルZ)

ちなみに、JR北海道の日本一の秘境駅?の小幌も圏内だそうです。

Img_1089
留萌本線の峠下駅も余裕でした。

Img_1172
釧網本線も全域でオーケー

他の方から「竜飛海底駅は圏外だよ」
Img_1676
まあ、あそこは臨時駅だし、特殊な場所だしね。
残念ながらもう廃止になっちゃたけど。

Img_1692
公衆電話はあります。
(竜飛海底駅にいった様子はそのうちブログに書きます)

同じ海底駅でも、吉岡海底駅はJR系列のJ-PHONEの電波が入ったというのは聞いたことありますね。こちらもすでに廃止なので確かめようがありません。

Img_0542
予土線打井川駅

JR東日本エリア以外だとどうなんだろうか?
JR四国エリアも、某Pが遠征で予土線はオーケーだったと報告してくれたし。
可能性ありそうなのは、JR西日本エリアの中国地方の山の中か?
JR東海の身延線や飯田線はどうだろうか?

近くに民家や平行して道路があれば、エリアカバーできてそうだし、高い山があれば山頂にアンテナあるだろうから、なかなか圏外というのは実は無いのかもしれないという気がしてきました。

ということで、日本のJRの駅は本当に全部FOMAの電波が入るのか?
もし、ドコモが圏外の駅があれば、ぜひ教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

途中経過編、2013年3月から4月のまとめ

※この遠征記は2013年3月から4月のものです。

ここまで、ほぼ月に1回のペースで遠征をこなしてきたアイモバ戦記ですが、2013年の3月から4月にかけてのまとめです。

20130312_071653
3月の担当だった千早も無事に1000万を突破

20130310_180832
エリアは残りは、首都(小笠原・八丈島)、南と北東と、
案の定、遠いところが残った。

20130410_113833
累計ファン数が3億人を突破!でも順位は降下中。

20130323_095629
遠征はしてないけど、お出かけはしてます。

20130323_115104

20130323_121809
東急東横線の、渋谷駅さよならイベントを見に行ったり。

20130318_152636
このころは、グリーのミリマスにはまっておりましたな。
ちーちゃんprpr
(いまは引退してプレイしてません。)


引き続いて、2013年の4月ですが、

この月は仕事もプライベートも忙しいこともあって遠征はなし。

なので、自力のエリア拡張は無く、南チケットでの黄色(他力)のみ。

久留米/甘木
那覇/浦添

2エリアを追加
ここまで483エリア
(うち黄色21エリア)

残りは、22/505エリアとなりました。

4月は、真マスにむけて10人目のキャラとして真美にチェンジ

しかし遠征してないので、GWに伊豆に代行回収に行った時の、この写真くらいしかない。

20130427_062644
真美は合法!なので、結婚もオーケー!

20130426_084541
そうそう、あとはコンデジを買い替えました。
キヤノンのPowershotN
ここまでの写真で、お気づきの方も多かったかもしれませんが、画面右上隅に汚れというかゴミみたいのが写ってしまう不具合がありまして、さすがに買い替えました。

20130426_0817117
勝手に芸術的写真とかとれるモードがある。

20130528_080444
継続50週で「光陰矢のごとし」の称号を貰いました。
この称号は、有名なバグがあって、ゲットしても取得画面が表示されずに、あとで他の称号を取った時に、同時に表示されます。
なので、この画像はあとで撮ったもの。

そして5月はミキにチェンジ。
真マスに向けて、満を持して最後の11人目へのキャラ交代

20130518_070821
東伊豆の朝焼け

ということで、残りエリアの取得と真マスへむけて、アイモバ戦記はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

アイモバ最高!アイモバn周年記念オフ会

昨日は、アイドルマスターモバイルのサービス開始、ガラケー版の3周年、iOS版の2周年オフ会に参加してきました。

アイドルマスターというコンテンツは、アニメに、映画に、ゲームにとどんどん成長しているなかで、位置ゲームのアイドルマスターモバイル(アイモバ)は正直なところ運営にも見捨てられて放置気味の状態。
しかし、そんななかでも、このゲームを愛するプレイヤーたちが勝手に非公式でイベント主催して60名もの熱い人間が集まる、こんなゲームちょっと無いと思います。
スマフォのゲームは、やれ課金だ、ガチャだと、良くないイメージもあるなかで、これだけリアルでプレイヤーたちが交流をしているって素晴らしいことだと思います。

検索などで、たまたまこのブログに来てしまったひとも、なにかの偶然の機会だと思いますが、ぜひアイモバやってみて欲しいですね。

20140322175228
というわけで、秋葉原某所の地下へ
Welcom to HAI-JIN world!

20140322180715
なにやら、うまそうな酒もいっぱい。
ワタクシも、アイモバPにおなじみ?の小笠原のラム酒を持参。
(先週に竹芝桟橋のショップに行って買ってきました)

20140322181335
4時間の予定をオーバーする長丁場でしたが、小笠原遠征のビデオ上映や、アイモバクイズ大会に、東京エリアビンゴなど、楽しい催しいっぱいで、時間が短く感じるくらいの楽しさでございました。
主催の幹事のみなさんに感謝です!
クイズ大会は自信あったんだけど、6割しかとれなくってちょっと無念。
(もっと問題いっぱい作って、アイモバ検定とかやったら面白いかと思いましたよ)

20140322222744
参加者が60名もいたので、なかなか全部の方と話せなかったのが残念ではありました。
ぜひまたオフ会の機会がありましたら、そのときはよろしくです。

20140322222659
(追記)これが鳥取県名物「ふろしきまんじゅう」か!
美味しかったですが、どなたのお土産だったか失念

20140323224442
カロリにゃんPのアイモバのマンガは、面白いのでアイモバPのみんなはぜひ入手されるようにおススメ(ステマ)

あと、この日は昼間に、代行争奪戦大会というイベントも開催されておりまして、時間内に東京都内でどれだけ代行を取れるかというもので、わたしも支援班として参加。
支援班で発射した代行は小笠原を除く69件中34件が稼働班がゲットされまし
命中率約50%
こうやってみると、みんながどの辺で移動していたかわかって面白いですね。

【Aチーム】

ほんだら P
 1件 大井町
純一郎 P
 3件 王子 王子 田端
ハルァ P
 1件 新宿南口
Amuru P
 2件 用賀 中目黒
北見 P
 1件 御茶ノ水
kzwater P
 4件 麻布十番 麻布十番 西麻布 麻布十番
むがー P
 2件 神田 銀座

【Bチーム】
はるちはまこりつ P
 2件 四谷 神田
ハムの人 P
 1件 青山
おきやん P
 0件
あるけい P
 7件 大崎 目黒 渋谷明治通り 浜松町 恵比寿 渋谷明治通り 田町
MotoG P
 4件 自由が丘 上野毛 二子玉川 下高井戸
かわはらなお P
 2件 後楽園 木場
麻雀 P
 4件 千駄ヶ谷 青山 歌舞伎町 新橋

次回があるなら、今度は稼働班で参加したいな。

というわけで、まだまだアイモバの道は続くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

西域制覇編、しまなみ海道の因島大橋。西エリアをクリアー!

※この遠征記は2013年3月のものです。

西域遠征編のラストです。

Img_1548

それでは、しまなみ海道へまいりましょう。
アイモバのエリアのなかでも鉄道だけで行けないエリアのひとつですね。

20130310_145702_2
三原駅から尾道駅まで山陽本線に乗ります。

Img_1530

車中から、これから渡る因島大橋が遠くに見えます。

Img_1532

尾道駅に到着!

レール運搬用の事業用車両ですね。

Img_1533

尾道駅は、しまなみ海道が目当ての自転車乗りがいっぱい!
しまなみ海道は、四国と本州を結ぶ橋で、唯一自転車が走れる専用道があるので、大人気のようです。

Img_1534

尾道駅からは路線バスに乗って因島大橋へ向かいます。
このまま、四国の今治まで渡りたいところですが、因島のSAで途中下車して、福山行のバスで戻ってきます。

Img_1537

因島大橋を渡って、因島にあるSAで下車。
無事に、しなまみ海道エリアをゲット!

Img_1538

SAから歩いて10分くらいのところにある、橋がよく見える展望台へ行ってみましょう。
遠征で景色が良いところに登るのはジャスティス!
下に見えるのは、自転車と原付の専用道路です。

20130310_162923

橋が一望にできて素晴らしい眺めです!


Img_1540

午前中はどんよりした天気だったのが、しまなみ海道にはいったとたんに晴れ間も見えてイイ感じです。
特徴的な構造の吊り橋がくっきりと見えます。

20130310_162656
展望台でのパノラマ撮影。

橋梁好きにはたまらない景色ですね。

Img_1549
さて、それではSAのバス停に戻って福山行のバスを待ちます。

Img_1550
吊り橋のケーブルの実物展示などがありますので、見物して時間をつぶします。

バスが来ましたので、乗り込もうとしたら問題発覚!
「このバスは高速バスなので、ここから途中乗車できませんよ」
なんと、そんなの聞いてないよ!!
(現在は、バス会社のHPに明記してありますが、当時は停車時間しか書いてなくて、追記された模様)

これは、まずい!予定が崩れた!

必死にネットでバスの時刻を検索するものの、
福山行の路線バスは、新幹線への乗継がぎりぎりでかなり厳しい。
バスがちょっとでも遅れたら指定券が無駄になる。
※長距離のバスは大抵時間より遅れます
尾道まで戻るバスも、尾道駅でのJRの乗継が3分と余裕がほとんど無し。
最悪、尾道で乗継失敗しても予定の新幹線の発車前の時間なので、指定券の変更が駅で可能なので、尾道まで戻るプランに変更。



Img_1551
途中でバス停で止まるたびに、時間を消費してひやひやしたものの、定刻の1分前に尾道駅に到着!
バス停から駅までダッシュして、どうにか間に合って福山への列車に乗車!

20130310_182630
ちょっと焦りましたが、無事に福山駅に到着!

20130310_180804
こちらも、以前の遠征で取り逃していた福山/府中エリアをゲット!

20130310_180815

そして、西の夢トロフィーを全赤で獲得!

残るトロフィーは、首都と南と北東のみ。


東広島/西条/竹原
しまなみ海道
福山/府中

3エリアを追加
ここまで481エリア

(うち黄19エリア)

残りエリアも24エリアまできました。

あとは、福山から新幹線で帰るだけ。
今回は競馬で臨時収入があったために、
ちょっと奮発して東京までグリーン車です。

Img_1558
駅弁は名物のたこめし
人気の駅弁なので入手には予約必須ですぞ!

20130310_193810
すんごくインパクトのある、陶器製の容器ですね。

面白いんだけど、食べづらいですな。味は普通。

ラジオでWBCの中継を聞きながら帰ります。

というわけで、今回の遠征も充実して楽しかったです!
次の遠征は、いよいよ南エリアの九州です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

西域制覇編、宮島をあとにして、市電と尾道ラーメン

※この遠征記は2013年3月のものです。

広島での観光を終了して、アイモバのエリア取りを再開です。

アップ忘れてましたが、この遠征の行程表はこんな感じです。
Yotei

この後は、しまなみ海道へ向かいますよ!

宮島口まではフェリーで移動。
Img_1498
JRのフェリーなので、ICOCAが使えます。

Img_1499
小さい船ですが、15分間隔で運行しています。
日曜なので乗客は多いですね。

20130310_110600
なんか、遠征に行くと船ばっかり乗ってませんか?

いや、だって船も鉄道と同じくらい好きだしね。

Img_1501
対岸までは10分とあっという間。

Img_1502
宮島には、今回行けなかったロープウェイや水族館など、色々ありますので、ちゃんと観光しようと思うと丸一日かかりますね。
またいつか来たいですね。広島の平和祈念館も行けなかったし。
しかし、広島には修学旅行で来ているんですが、そんときの記憶って欠落したように皆無なんですよね。
神社とかって若い時に見ても、全然面白くないしねー。

Img_1506
対岸の宮島口につきました。

Img_1509
おしい!

Img_1510
広島駅に戻りますが、やはりここはJRではなく市電に乗ってきましょう。

Img_1511
市電といっても、宮島線は専用軌道を走るので路面電車ではなく、地方ローカル線の風情です。

20130310_112651
JRより時間がかかりますが、のんびりして良いものです。

Img_1512
1日乗車券を買ってあるので、色々な車両に乗るために、無意味に何回も乗り換えます。

Img_1513
広告車両のバリエーションも豊富ですね。

Img_1518
格好いい最新のグリーンムーバーに乗ります。

Img_1516
車内もきれいでバリアフリー対応で、乗り心地もグッドです。

Img_1520
行程表の予定より早く、広島駅まで戻ってこれましたので、駅ビルでお昼ご飯にしましょう。
お好み焼きにするか迷いましたが、ここは尾道ラーメンで。

Img_1519
うん、美味しいです。

Img_1521
次の列車までは、まだ時間があったので、駅ビルの立ち飲み屋で串揚げをつまみに一杯飲みましょうか。
昼間だというのに盛況ですね。

20130310_141950
広島から三原までは新幹線500系!!
東海道新幹線から撤退して久しいですが、西日本エリアでは8両編成のこだまとして健在。

Main
最近はこんな公式キャラまで登場しています。
やっぱり500系は格好いいですからね。子供にも大人気です。
(JR西日本 カンセンジャー公式HP)

20130310_143458
広島駅を発車してすぐに、次の東広島駅でのぞみの通過待ちで停車。
500系って、千早と色がおそろいですよね。
新幹線ちはや号と命名します。

そして以前、のぞみで通過したときに取逃していた東広島/西条/竹原エリアをゲット!

Img_1525
三原駅に到着。
新幹線ホームから駅の外をみると城壁のようなものが見えます。
この駅は、旧三原城の上に造られているんですね。

Img_1526
三原はタコが名物なのか。

Img_1527
山陽本線に乗り換えて、尾道駅へ向かいましょう。

しまなみ海道で、大慌ての巻につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

西域制覇編、もみじまんじゅうレボリューション

※この遠征記は2013年3月のものです。

西エリア遠征の、宮島の続きです。

宮島には厳島神社のほかにもいろいろありますので、それらも見ていきましょう。

Img_1477
厳島神社のすぐ裏手にある、弁財天を祀った神社。

Img_1478
桜にはちょっと早い季節でしたが、梅が咲いてました。

Img_1480
あえて、観光客の人が少ない裏路地に入ってみたり。

Img_1481
意外なとこから、シンボルの大鳥居が見えて面白い。

Img_1482
あれなる五重塔に行ってみましょう。

Img_1483
結構立派ですね。

Img_1486
こちらは、千畳閣というお堂のような大きい建物。

Img_1487
うえから、厳島神社を見下ろせます。

Img_1493
大しゃもじ!なんで広島ってしゃもじが名産なんですかね?

歩き回っていたら、小腹が減ってきましたね...
20140319191457
広島といえば、アイモバ的にもご当地アイテムなっているもみじ饅頭で体力を回復しないといけませんね。

20130310_104732
裏路地の小さいこちらの店に、適当に入ってみます。
店の奥で、もみじ饅頭を焼くいい匂いが漂ってきています。

Img_1489
できたての、もみじ饅頭をいただきましょう。

うめーーー!!
焼きたてのほやほやを食べたら、すごくうまい!
いままで、食べてきたもみじ饅頭はなんだったのかと、ショックを受けます。

これが本当の出来たてのもみまんの味かと、感激。

あんまり美味しかったので、お土産に大量に購入したんですが、家で食べてもやっぱりあの出来立ての美味さにはかないませんでした。
みなさんも広島に行ったら出来立ての、もみまんを食べてみてください。おすすめ!

Img_1490
さらに参道を行くと、「揚げもみじ」だと?
なんか、行列が出来るくらいの人気でした。
モノは試しにと、食べてみるしかありませんね..

Img_1492
なんと、もみじ饅頭を揚げた味です!

いや、想像どおりのそのまんまの味なんですが、天ぷらのようなコロモがさくさくした食感で、結構おいしいです。
もみじ饅頭といえば、中身のアンを変えるくらいしか、バリエーションの付けようがなかった従来の風潮を打破する、革新的な変化球といえましょう。
持ち帰り不可のその場で食べないといけないライブ感も、お土産話的には、重要ポイントだと思います。

Img_1496
それでは、あわただしいですが、宮島を堪能したので、遠征に戻りましょう。
宮島には、今回行けなかったロープウェイや水族館など、色々ありますので、ちゃんと観光しようと思うと丸一日かかりますね。

帰りは、宮島桟橋からのフェリーで対岸まで渡ります。

Img_1495

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

西域制覇編、世界遺産の原爆ドームと厳島神社

※この遠征記は2013年3月のものです。

西エリア制覇の旅の続きです。

この日の午前は、エリア取りの前に観光しましょう。移動だけじゃ面白くないですしね。
広島での観光ということで、定番の厳島神社にするか、呉の大和ミュージアムでもいくか..
ここは、世界遺産というブランドを優先して、宮島の厳島神社にしましょう。
※いまなら艦これの影響で、大和ミュージアムにしてたんでしょうが(^_^.)

20130310_073833
それでは、広島駅からスタート

20130310_075543
広島といえば、市電に乗らないといけませんね!
このブログの読者ならご存知の通り、ワタクシ路面電車は大好物です。
かならず、訪れた町では乗るようにしています。
路面電車好きなのは、きっと、子供のころから地元の江ノ電を見て育ったからでしょう。

Img_1431
広島の市電は、新旧の車両のバリエーションが多いのも良いです。

Img_1433
世界遺産の原爆ドームへ。

Img_1434
何度も取り壊しの議論があったが、保存されて今に至る。
東日本大震災で、津波の被害を受けた建物を残すかどうか議論が出ていますが、後世に歴史を伝える重要性というものも実感。

Img_1438
平和公園の近くの桟橋から、厳島神社のある宮島までは船で行きます。
アクアネット広島・世界遺産航路

Img_1440
出港後に、ちょっとだけ上流に遡って、原爆ドームをじっくりと川側から見ることができます。

20130310_090411
船って、やっぱりなんか楽しいですね!

Img_1443
この日はどんよりとした曇り空ですが、広島の市街地を両側に見ながら、河面を走るのは楽しいですね。

Img_1445
橋の下ギリギリの高さを通過、手を伸ばせば触れそう。

Img_1446
川を下って海にでると、波が高くてデッキは閉鎖。 速度を上げて航行。
1時間弱で、宮島に到着。

Img_1451
厳島神社は有名観光地だけあって、午前中の早い時間だというのに結構な賑わいでした。
アジア系を中心に外国人観光客も多数。

Img_1449
さて、それでは宮島を観光しましょう!

Img_1452
まずは、この海の中の大鳥居ですね。

Img_1448
上陸を出迎えてくれるように、鹿がいっぱいいます。

Img_1454
人懐っこいですが、エサをあげてはいけません。

Img_1494
お店に入りたそう。

Img_1457
それでは参拝しましょう。

Img_1459
独特の良い雰囲気。

Img_1466
この日は奉納神楽が行われていました。

Img_1468
神社から見る大鳥居は、いっそう荘厳な印象。

Img_1469
それにしても、日曜日なので人多い。

Img_1470
おみくじ引きました。
内容が難解過ぎて、書いてあることが良いのか悪いのかよくわかりません。

20130310_101201
日光、伊勢、出雲と、日本の有名神社は制覇した感じ。

Img_1476

宮島には厳島神社以外も色々あるので、つづきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

西域制覇編、浜田道エクスプレスで中国攻略

※この遠征記録は2013年3月のものです。

西エリアの遠征の本格的なスタートです!

Photo
中国地方の残りエリアと、今回の移動ルートはこんな感じ。
赤が鉄道で青はバス移動。

Img_1375
この日の宿の近くの新大阪駅からスタート

20130309_081716
ICOCA買いましょう

20130309_080727
新大阪から1駅だけJRに乗って大阪駅に移動。
なにげに大阪駅で降りるのは初めて。

Img_1382
18きっぷのシーズンですが、ここからは高速バスで移動します。

20130309_090351
アイモバPにおなじみの、浜田道エクスプレス号
広島や岡山には鉄道で取りにくい内陸のエリアが多いのですが、中国自動車を浜田まで行くこちらのバスは一気にそういったエリアが取得可能です。
(JRバスの公式HPはこちら)

Img_1386
浜田まで6時間もかかりますが、深夜の高速バスとちがって、景色も見れます。
昼間はSAのお店もオープンしているので、土産をみたり、買い食いも可能。

Img_1387
とはいえ普通の4列シートなので、やや窮屈ではありますが。
この日は7割くらいの乗車率。

20130309_144818
中国自動車から浜田道へ。
途中大田エリアは、かすめるだけですがICのバス停に停車したので、無事にエリア取得。
この日は島根アンテナだったけど、他に遠征しているPも多かったようで、代行はあんまり貯まってなかったですね。

20130309_161346
定刻より若干遅れて、浜田駅に到着!

Img_1393
浜田は神楽が有名らしいですね。
しっかし、駅前になんにも無い!!
食事する場所や時間つぶせる喫茶店くらいあるかと思ったらなんいも無い!
中心街は、駅から離れた市役所とかあるほうみたいで、典型的な地方の中途半端なさびれた駅。

Img_1390
地元の中学生が、なにをするわけでもなく、自転車でグルグル走ってました。
まあ、なんにも娯楽なさそうだしね。

Img_1395
この辺は、のどぐろという魚が名物らしい。

Img_1397
次の特急まで、時間がありますが、やることもなく、こっちもぶらぶらするだけ。
いままで来た地方の駅のなかでも、ダントツにつまらん。

Img_1398
バスみたいな小さい車両ですね。

20130309_163943
さて、それでは特急スーパーおきで新山口まで行きましょう!

Img_1402
弁当とか売ってなかったので、乾きもののつまみで飲酒。
炙り焼きのどぐろは美味しかったですね。

Img_1405
途中、日本海の景色をみながら進みます。

Img_1406
途中の駅でなぞのイラスト、プリキュアっぽいキャラがいる?

Img_1407
すっかり夜になりましたが、新山口に到着。

20130309_180109
日本海側のエリア埋めを完了。

20130309_191430
ここからは、新幹線でワープ!

Img_1410

20130309_191530
九州新幹線も走る、さくら車両なのでシートは普通車でも4列で広いのがうれしい。

20130309_194650
とはいっても、のんびりする時間もなく、30分ほどで宿泊地の広島駅に到着!

20130309_200128
だが、まだアイモバ営業は終わらない!
呉線に乗って呉/江田島エリアを取りに行きますよ。

20130309_203537
エリアの境の坂駅まできて折り返し。

Img_1418
広島駅まで戻ってきて、本日の営業終了!

津山/美作
三次/庄原
北広島/安芸太田/安芸高田
大田(黄→赤)
浜田/江津
益田
萩/長門/美祢
呉/江田島


7エリアを追加
ここまで478エリア
(うち黄19エリア)

新大阪から広島までは、新幹線ならあっという間ですが、島根・山口をぐるっと回って、丸1日かけての移動でした。
これで西エリアは残り3つ。

20130309_210733
広島駅の売店で夕食に駅弁を買おうかと思ったら、売り切れ。
しょうがないので、駅内のスタンドでうどんを食べます。
肉うどん+天ぷら入り。あまり期待してなかったけど、結構おいしい。
汁は関西風に近い感じ。

Img_1420
と思ったら、駅を出たとこのお土産屋に駅弁が残ってたので、やっぱり買っちゃいました。

Img_1422
牡蠣飯に、カキフライと広島らしい感じの弁当をつまみにして、ホテルで飲み。

次回、宮島観光編に続く。

おまけ
Img_1408
山口県といえばこの人。
2%増量が微妙なアベノミックス饅頭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

西域制覇編、大阪のゲーセンめぐりとレトロパチンコ店

※この遠征記は2013年3月のものです。

アイモバ505エリアの軌跡に戻りまして、ちょうど1年前の遠征のハナシです。

今回の遠征は、西エリアの制覇をめざします。

Img_1348
まずは新幹線で大阪へ。

20130308_113957
この月から担当アイドルが千早に交代してます。
ちょっと性格的に苦手なタイプですが、がんばっていきましょう。

アイモバ的には大阪のエリアはすべて取っているので、趣味のゲーセンめぐりなどをしましょう。
(過去の関西遠征のハナシはこの辺から)
するっと関西編、海遊館にジンベイザメはいなかった

Img_1351
できたばっかの、なんばパークスへちょっと寄ってから...

Img_1364
まずは、やっぱりナムコ大阪日本橋店へ。
表の看板からしてアイマスとか。

オタロードという、大阪版のアキバみたいな通りのどまん中にある店。

20130308_124920
千早がでっかく!さすがアイマスの主役看板娘!
ちょっと、てれくさいですぅ
Img_1357
道路に面した1階に、ゲーム機は無く、物販(プライズではなく一番くじやトレーディングフィギュア、食玩など)が占めているという、通りがかっただけではゲーセンとは思えない。
もはやゲーセンというよりも総合ショップだね。
場所柄もあるだろけど、ゲーム機に頼らない店作りがなされており、ゲーセンだからってゲーム機置かなくてもいいだろ?という姿勢はある意味潔い。

Img_1363
1階のレストスペースに、アイマスのグッズなど
映画化が発表された直後だったので、大きいポスターが。今改めて見ると感慨深い。

2階にはプライズと音ゲー。
こちらのプライズもオタ向けのフィギュアが多いが、女性向けのキャラが多いのはアキバと違う特徴か。
(東京の場合は女性向けは池袋に分離されてる)

Img_1362
3階はビデオゲームがある常連向けフロア。
鉄拳ミュージアムも健在

Img_1359
アケマス筐体も健在!
CRTがもう死にそうな状態...


20130308_125843
アイマスミュージアム
関連グッズなどを展示だけど、中野とかに比較すると、そんなに種類は無かった。

現在はなくなりましたが、来月の4月2日からはアイマスオフィシャルショップとして生まれ変わる予定です。
(公式サイト)

Img_1360
ローソンハッピいいね

Img_1355
オタロード入り口にあるタイトー
こちらもプライズ関係充実、アンド音ゲーが多い。

Img_1367
千日前のアーケード商店街をぶらぶら。
大阪駅から、梅田となんばと日本橋は、つながっていて、土地勘ないので、よくわからんイメージです。

Img_1368
なんばグランド花月ってここにあるのか。
思ったより小さいな。

Img_1369
そして、今回ぜひ行ってみたかったお店がこちら。

レトロパチンコ&パチスロ専門ゲーセン「スリーセブン」
地下鉄なんば駅から5分という繁華街にあります。

パチンコ・パチスロは規制が変わると、お店から撤去されてしまうため、古い機種をホールで見かけることは絶対にありません。

だけど、8号転用機(メダルゲーム機)に改造すればオーケーという訳。
景品と交換はできませんが、メダル預かりシステムはあります。

Img_1372
平日の昼間だったのでお客は少ない。

パチスロだけなら、こういうゲーセンは関東にもいくつかあるのですが、
メンテナンスが大変なパチンコを置いてる店は、非常に珍しい。

パチンコは壊れた場合は、パーツ供給とかが無いので、部品を自作するか、ニコイチなどで他の台から流用しかないので、まともに営業稼働させるのが、どれだけ大変か想像に難くないです。

設置機種などは、こちらのお店のHPで

一応、エヴァとか冬ソナなどの新しめの機種もありますが、90年代以降がメーン。
80年代以前のものはさすがに少ない。

Img_1370
大昔の羽根物が遊びたかったので、ホームラン(1989年)をプレイ
かなり甘い釘調整らしく、200円で玉数がどんどん増えて止まらん。
その後、ゼロタイガーや一発台などもたっぷり遊んで堪能。
現在は、パチンコは遊んでませんが、学生時代は熱中していた時期がありました。
昔のパチンコは、液晶画像ではなく、メカギミックで楽しませる素朴な味わいがありました。

ぜひ、関東でもレトロパチンコのお店が出来てほしいな。

ただ、パチンコレトロ機は入手やメンテが、アーケードの可動筺体ゲーム以上にハードル高いので、相当の情熱が無いと難しいのかなあと思います。

というわけで、半日大阪のゲーセンを堪能して、この日は夜の大阪で知り合いと飲んで、本格的な遠征は明日から。

つづく。

 

濡れた欲情 ひらけ!チューリップ 【DVD】

濡れた欲情 ひらけ!チューリップ 【DVD】
価格:3,283円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

都内徘徊編、地下鉄や都電に乗ったり、新たな特異点発見。

※この遠征記は2014年3月16日のものです。

昨日に、引き続いて本日も都内のF版の残りエリアの回収に向かいます。

Clip_5
現在の残りエリア状況はこんな感じになっています。

山手線の北と東に残っています。
あとは多摩方面もありますが、こっちは遠いので、まずは都心を優先で。

20140316_121517
エリア取りのスタートは新橋駅から。
こちらのお得な東京フリーきっぷを購入。
ちょっと高いですが、都電や23区内ならJRの乗れます。

20140316_124256
日本橋エリアをとってから、東日本橋駅で下車。

20140316_125448
こちらの綿商会館で行われている、アイマス同人誌イベントのアイドルマニアックスに寄り道。

20140316_130806
カロリにゃんPのアイモバ本の新刊を購入。
相変わらず面白いし、絵もカワイイです。アイモバプレイヤーなら、ぜひ読んで欲しい良書です。

20140316_133618
さて、エリア取りを再開。都営新宿線で森下エリアを取って折り返し。

市ヶ谷で、四谷方面に乗り換えようと思ったら、次に来る列車行先をみたら、京王線直通の橋本行き。
「お、これ乗れば多摩地区のエリアも取れるじゃん」

ということで、急遽予定変更

20140316_150752
下高井戸や明大前などと、八王子や多摩エリアも回収。
橋本まで行ってから折り返して戻ります。

20140316_152855
iPhoneとガラケー、Android(エリアマップ表示用)と、三台を常にいじり続ける怪しい乗客。
(参考)Androidアプリでiエリアマップを見る

Clip_7
そして、エリアマップを見ていて、気が付いた!
これは特異点じゃないですか!

(過去の特異点についての記事)
iエリアのはなし、エリアの特異点情報
iエリアのはなし、エリアの特異点その2

これは現地調査してみないといけんませんね。

20140316_160537
東急世田谷線に乗りかえ。

20140316_162533
小さくてカワイイ電車ですね。さすが元路面電車だった路線だけあります。

20140316_162058
松原で下車。

20140316_161335
ピンポイント地点は、住宅街のなかの月極駐車場。

20140316_161945_2
うん、まさにピンポイント。
都内で代行稼ぎたいひとは、この近くに引っ越してみるといいでしょう。

20140316_161340
周囲には都心の住宅街なのに、農地が残ってたりします。

20140316_162418
寄り道しましたが、世田谷線で三軒茶屋まで行って、再び都心へ。

20140316_164955
三軒茶屋駅のホーム端には、飛び込み防止に効果があるといわれる青いLED照明。
そのせいで車両があやしい色に見えます。

20140316_173802
永田町から南北線に乗って、本駒込駅2番出口の特異点を再訪。
i版とちがって、ガラケーの位置情報はけっこうずれるので、こういう場所はエリア取りにくくて逆に大変だったりますが。

20140315_180920
あとF版は、たまにエラーが出て、位置情報が取れなくなることがあるのが、困りますね。
今回は取逃しエリアはありませんでしたが、なんか対策ないんですかね。

20140316_180454
フリーきっぷは、都電も乗れるので大塚/目白台エリアを取るために、地下鉄でなく都電に乗ってみます。
あちこち寄り道してたので、すっかり暗くなってしまいました。

20140316_192256
無事エリアを取って折り返し、そのまま熊野前まで乗って舎人ライナーにも初乗車。
最近の地下鉄もそうですが、ホームドアがあるので車両の撮影ができないが残念ですね。

20140316_192502
いくつか取れなかったエリアもありますが、最後に日暮里エリアをとって、今回はここまでにして帰路につきましょう。

20140316_192337
エリア数は224エリアまで増えました。

今回あらたに取ったエリアは以下。

日本橋
森下
御茶ノ水/神保町
麹町/市ヶ谷
飯田橋/神楽坂
明大前   
下高井戸
吉祥寺/三鷹
府中/調布
多摩
八王子
四谷
後楽園/水道橋
本郷
根津/千駄木
白山/小石川
大塚/目白台
日暮里

代行もポツポツと拾えたので、あまりアイテムも使わないで済みました。

そして都内で残っているエリアは以下。
目黒
豊島園/豊玉
荻窪/西荻
立川
青梅/福生/奥多摩

残りは5つになりましたが、目黒以外はどれも行きにくいとこばっかだなぁ。
とまあ、こんな感じで近郊のエリアは、ちょこちょことお出かけして埋めていきましょう。
なんか、最近はi版のフォロワーさんで、F版を新規に始めた人が何人もいるのですが、みなさん熱心なんで。のんびりやっていると抜かれちゃいますからね。

次回からは、過去遠征記に戻って、西エリア遠征記の予定です。

おまけ
20140316_112558
崎陽軒の春のかながわ味わい弁当

20140316_112717
ノーマルのシウマイ弁当よりもおかずの種類が多いのが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

川越編、レトロな観覧車と、うなぎと、小江戸の街並み

※この遠征記は2014年3月15日のものです。

明日の3月16日は、東横線と新都心線が直通運転開始の1周年の記念日!

当時は、せっかく埼玉まで直行で行けるようになったんだし、埼玉に観光でも行ってみるかな、なんて思っていた時期もありましたが、埼玉って特に見に行くとこないしなー!
でも、やっぱり行くか!
ということで沿線の唯一観光地っぽい川越に行ってみることにしました。

アイモバ的な理由としては、去年の6月から始めたサブアカのF版のエリア取得が全然進んでないんで、せめて都内と近郊くらいは、ちょっと真面目に埋めにいくかというのもあります。

20140315_101359
来ました中華街です。
横浜駅から東横線に乗ったほうが早いんですが、せっかくなので、始発の元町中華街駅からスタートしようということで。

20140315_101832
石川町駅から中華街を抜けていきます。寝坊して朝ごはんを食べてないので、シュウマイでも食べますか。
あと、道中のおやつとして胡麻ダンゴなども購入。

20140315_103209
東武の車両は、まだ見慣れないですね。

20140315_102925
これで一気に、川越市駅まで乗り換えなしで直行!

副都心線はケータイの電波が入るのはいいけど、位置情報がぜんぜんとれなくて、代々木や目白のエリアを取り逃しました。まあ、新宿近辺は帰りも通るのでいいでしょう。

20140315_113400
最初は特急だったのに、副都心線に入ったら急行に、東武東上線では各停にと、どんどんスピードダウンしていきます。
駅で行きかう車両が、東急、メトロ、西武、東武とバリエーション豊富で楽しいです。
しかし、埼玉は代行全然ないですね。

20140315_120846
乗りとおして、川越市駅に到着!

20140315_121404
一駅もどって川越駅に。

20140315_123233
しっかし、なんにも無いとこだな!と思ったら駅の逆側に降りてました。あわてて戻る。

20140315_124239
駅からずっと続く長い商店街。
埼玉のわりに思ったより賑やかで発展してるね(上から目線)

20140315_125459
そして、本日の目的地!
まるひろ百貨店の屋上遊園地に来ました!

20140315_125813
この観覧車に乗るために来たのです!
観光で高いところに登るのはジャスティス

20140315_131013
ごちゃごちゃした街並が見えるだけで、あんまり面白い風景ではないですね。
遠くに秩父の山々がみえます。

屋上遊園地のパノラマ画像(こちらから)

この屋上遊園地はナムコが運営しています。
休日なので、子供連れでにぎわってました。

今年の3月2日に閉鎖されてしまった、蒲田東急の屋上と同じ観覧車ですね!
レトロな屋上観覧車としては、おそらく日本に残った最後のものです。

20140222_161404_hdr
こちらは、2月末に見に行った時の蒲田の観覧車。
デザインや設計は、まったく同じです。
蒲田のは200円でしたが、こちらは300円とちょっと高い。

20140315_135555
川越の目玉観光スポット「蔵造の街並」でも見に行きましょう。

20140315_145556
時の鐘の鐘楼

20140315_151650
りそな銀行

20140315_144634
街並は古い建物が並んでいて良いのですが、クルマが多くて雰囲気台無し。
休日くらい交通規制してくれないですかね。

20140315_144327
桜が咲いていて、いい感じ。

20140315_144220
おなかが減ったので、遅い昼食に。
適当に見つけた、玉子料理の店に。

20140315_140622
地ビールのCOEDOビールを飲みましょう。

20140315_141049
川越はうなぎも有名らしいので、うな重を注文。
玉子焼きが乗っているのが珍しい。
うな玉という料理もあるぐらいだから、相性が悪いはずはありません。
玉子もふわふわで、ウナギも肉厚で柔らかくて美味しかったですよ。

20140315_144734
デザートに団子を食いましょう。

20140315_150941
菓子屋横丁。
小さい駄菓子屋とかがいっぱいあります。

20140315_155650
アイモバ的にいえば、ご当地アイテムは芋!

20140315_150646
芋系の菓子もいっぱいありました。

20140315_152112

20140315_152238
えらく古めかしい玩具屋さん。

観光地としては、やや微妙な感もありましたが、
適当に川越の雰囲気も堪能しましたので、帰りましょう。

20140315_153629
アイモバのエリア稼ぎのために、帰路は別ルートで本川越駅から西武線で。

20140315_154648
特急レッドアロー号に乗ります。
あんまり赤くないですね

20140315_154321
レッドアローに乗るのは初めて。
西武線って、西武ドームに行くときくらいしか乗らないよなぁ。

20140315_154602
車内は事務的な感じですね。
1時間もかからずに西武新宿駅に。

20140315_174307
新宿からは、小田急のロマンスカーえのしま号に。

20140315_184445
60000系MSEに乗るのは初めてかな。

20140315_174331
内装はウッディーでよい感じ。

20140315_181740
帰りもエリアを埋めながら、20エリアを追加して、ようやく200エリア突破。
まだ都内のエリアも、あちこち埋まってないでので、日帰り遠征もぼちぼちしていきましょう。
F版は無課金でやってるので、回復アイテムが貯まってからじゃないと遠征に行けないのがつらいとこです。
i版とちがって代行が少ないので拾えないし、基本自力営業だしね。

20140315_184535
ということで、無事に帰着。
連結面の部分はのっぺりして、あんまりカッコよくない。

20140315_212455
おまけ、東武の駅で配っていた、萌え?マンガ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

iエリアのはなし、面積がせまいエリアはどこ?

さて今回はちょっと息抜きの小ネタ。

iエリアの各エリアの大きさって、まちまちですが、面積がせまいエリアはどこでしょうか?というはなし。

iエリアの最小単位の1ブロックは約312.5m四方
(iエリアの仕様書による)

今回見てみたのは20ブロック以下のエリア

せまいエリアが多いのがやっぱり東京都心部の山手線周辺ですね。
Ntokyo1
3 新宿東口
5 新宿1~2丁目
6 新宿歌舞伎町
6 麻布十番
9 西麻布
9 渋谷明治通り/宮益坂
10 千駄ヶ谷/信濃町
13 四谷
13 六本木
14 田町/三田
19 西新宿
20 恵比寿/代官山

新宿周辺がエリアが込み入ってますね。

東側にも狭いエリアが多い
Ntokyo2
6 後楽園/水道橋
10 築地
12 神田
12 人形町/浜町
14 銀座
16 根津/千駄木
17 御茶ノ水/神保町
17 飯田橋/神楽坂
19 東京駅周辺
19 秋葉原

横浜市内中心部
Nyokohama
19 関内/伊勢佐木町

石川町は23ブロックと、20ブロック以下は1エリアだけ。

名古屋市内
Nnagoya
10 石川橋
12 栄南
12 栄北
12 伏見
16 桜山

5つのエリアが該当

大阪中心部
Nosaka
9 大阪駅/阪急梅田駅周辺
18 北新地/堂島/中之島
20 北浜/本町

該当は3エリアだけと意外に少ない。
ちなみに、神戸は元町エリアが21ブロック

金沢中心部
Nkanazawa
13 片町/香林坊
地方都市なのに、なぜかエリアが多い

そして、札幌市内
Nsapporo
6 すすきの
14 中島公園周辺
15 大通公園周辺
15 札幌駅周辺

こちらも地方都市だけどエリアが多い

集計するとこんな感じ

Rank

このデータがどういう役にたつかというと、特になし。

なんとなく、まとめてみたかっただけです(^-^;

まあ、狭いエリアは人が少ないんで、代行が取りやすいかもしれませんね

ちなみに、広いエリアはどこかというと、海上のエリアを無視して陸地面積だけで考えると、
やっぱりというか北海道!
Maphokkaido
10,831㎢  帯広/十勝
10,690㎢  網走/北見/紋別
9,852㎢ 旭川/上川
8,534㎢ 根室

根室が大きいのは北方領土も加算されているから。

北海道では、比較的小さい、江差/桧山エリアでも神奈川県より大きいですからね。
本州なら、盛岡エリアがイチバン大きいでしょうか。

という、感じのデータが出ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

エクストリーム北海道編、吹雪の函館観光で五稜郭へ

※この遠征記は2013年2月のものです。

北海道4日目の続き(ラストです)

Img_1287
北海道の鉄道は大雪でも平気だと思ったのに...

江差/桧山エリアの取得はあきらめて、
函館市内の観光に切り替えていきます。

20130211_141123
函館といえば市電、車両や広告のバリエーションが多いので楽しいですね。

Img_1290
それはいいですが、函館市内もすごい吹雪になってきました。
とりあえず、函館といえばここ!

Img_1292
あれが有名なラッキーピエロか!
駅弁を食ったばかりで、おなかいっぱいなので、見送ります。
また今度来た時にでも。

Img_1293
そして、函館観光といえば五稜郭。
観光といえば、高いところに登るという行動原則に基づいて、五稜郭タワーに上ります。

Img_1294
天気は吹雪ですが、意地でものぼります。

Img_1295
展望台に着いた時に、奇跡的に吹雪がやみました!!

20130211_143721
眼下の五稜郭のすばらしい眺めを堪能できます。

Img_1296
土方さんに感謝ですね

Img_1298
夏や、桜の季節にくるのもいいですね。
特に桜の時期はきれいらしいです。

Img_1304
反対側の函館港方面のながめ
一瞬だけ回復した天気ですが、このあと再び猛吹雪に。

Img_1306
写真でもお分かりいただけるように、雪が横殴りに降っています。

Img_1309
とりあえず、函館駅までもどりましょう。

Img_1310
なんか、駅前に「北海道鉄道博物館」なるものが。

Img_1312
行ってみたら、巨大な鉄道グッズ屋さんでした。

Img_1313
まあ、時間つぶしにはなりましたね。

Img_1311
同じビルにはアニメイトも。

Img_1315
帰路に着くために函館駅に戻ります。

Img_1316
北海道新幹線も、新幹線が来たらぜひ乗ってきたいですね。
その前に、今回取り逃したエリアを取りに来ないといけませんがね...

それでは遠征を終えて、北海道をあとにして帰りましょう!

Img_1319
相変わらず横殴りの猛吹雪。

20130211_162921
スーパー白鳥で新青森まで。
悪天候なので、接続する新幹線に間に合うか心配です。

なお、今回の遠征は18,000円の【三連休おでかけパス】を使いましたが、乗車した正規料金で計算すると、運賃と特急料金・指定席料金など、44,500円分と十分に元をとりました。

Img_1321
初めての青函トンネル通過です。

Img_1323
トンネル内は真っ暗なので、特に感慨は無し。

Img_1324
定刻から5分ほど遅れて、無事に新青森に到着。

20130211_192804
無事に接続して、帰りは、はやぶさで東京まで。
事前にネット購入した半額のおとくきっぷです。

Img_1329
新青森で買った駅弁。

Img_1331
まあまあかな。
いかシュウマイがついてるのが、東北っぽいかな。
この手の肉系の弁当は、どうしても米沢の「牛肉どまんなか」と比較してしまうので、評価は辛口になりますね。

北海道遠征4日目
浦河/日高
函館/渡島

江差/桧山(今回とれず!)

2エリアを追加
ここまで471エリア

(うち黄20エリア)

そしてこれが、北海道の残り状況
Nokoriclip_2
見事に、取りにくい場所を残してしまいました。

北海道は一回の遠征ですべてのエリア取得を済ませる予定でしたが、悪天候に阻まれて、稚内/宗谷と江差/桧山エリアに行けませんでした。

当初の予定では、稚内は速攻乗継で、宗谷岬も行かない予定だったし、函館観光も予定外で出来たし、次回の北海道はもうちょっと観光もする感じで行きたいですね。

とりあえず、再度の北海道は、冬が終わってからにするとして、残った西エリアと南エリアの方を埋めていく方向で。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

エクストリーム北海道編、北の大地のふたたびの洗礼、江差を前にして2回目の敗北

※この遠征記は2012年2月のものです。

エクストリームな感じの、北海道遠征も最終日の4日目となりました。

Img_1247
気温は氷点下と低いものの、朝の札幌はすばらしい青空。

20130211_064541
この日は道南方面をまわるために、まずは札幌駅からスタート。

Img_1252
函館行のスーパー北斗に乗車します。
昨日のスーパーおおぞらと同じ車両ですね。

Img_1254
函館まで行かずに、苫小牧で途中下車
苫小牧はフェリーターミナルがある、北海道屈指の港町。

Img_1268
苫小牧名物は、ホッキ貝とホッケー(洒落か?)
ちなみに北寄貝は大好物です!生もゆでたのも両方好き。

Img_1255
浦河/日高エリアをとるために、日高本線に乗りましょう。

本線といいながら、例によって単線のローカル線ですが...

20130211_074610
優駿浪漫号。
貴音さんと色がおそろいですね。貴音号列車と命名します。

Img_1257
日高地方は、気候が安定しているので競走馬の飼育が盛んなところです。
 
Img_1264
終点までは乗らずに、エリア境界の途中の富川で降りて、エリアをゲット!

Img_1262
木造の良い感じのこじゃれた富川駅。

Img_1261
富川駅は、門別競馬場の最寄り駅ですが、冬場は開催していません。
なお、春から秋の競馬が開催している日には、札幌駅から門別競馬場までの無料バスがあるので、利用すれば交通費が節約できます。
北海道競馬(門別競馬場)HP

Img_1263
さて、それでは折り返して苫小牧まで戻ります。列車は1日8本。
自分以外にも富川からの乗客がいたのは驚きましたが、牧場関係者のようでした。

Img_1267
川は一面氷におおわれています。

Img_1270
苫小牧に戻ってきました。

Img_1269
さて、それではあらためて函館に向かいます。

Img_1272
スーパーじゃない、特急北斗。

Img_1277
苫小牧駅で買った汐彩弁当というのをいただきましょう。

Img_1278
サーモン、いくら、ホッキ貝、鮭照り焼き、ツブ貝
北海道のうまいもん全部詰め込みました的な弁当。

これは、超美味い!!
どのおかずもネタも味もボリュームも充実して大満足!
今回北海道で食べた駅弁でもベスト。
マイ駅弁通算ベスト5のランキングに入ります。

苫小牧駅と南千歳駅でしか買えないというレア度もポイントですね。

20130211_114249
さらに車内販売で「もりそば」を購入。
駅弁でそばというのは、非常に珍しいですね。
そしてサッポロクラシック。

20130211_114325
中身は普通のもりそば。ウズラの卵もついてます。
おいしいんだけど、揺れる列車のなかで、そばをつゆにつけながら食べるのは、汁がこぼれて難易度が高いですね。

Img_1273
太平洋をみながら、順調に列車は進みます。

20130211_102532
登別あたりでは、ちょっと吹雪になったりしてました。
北海道は広いので天気がコロコロ変わります。

20130211_111931
函館本線から、小樽/後志エリアをゲット。
トンネルが多い区間で、電波が入る時間が、実質1分も無いので、かなり取るのはシビアで、失敗例も多くあります。
わたしは、遠征初日に銭函駅ですでにとっているのですが、どうしても逃したく無いかたは小樽まで行って確実に取ったほうがいいですね。

Img_1281
あれは、駒ヶ岳かな。
風は強いですが、いい天気ですね。

Img_1283
函館に到着!

20130211_130702
さあ、それでは江差線に乗って、江差/桧山エリアを目指しましょう。

Img_1287
なんだってーー!!!

雪のため、木古内から先の江差線が運転見合わせ!!!
大量の積雪のために復旧見込みは当分なしとのこと。

北海道の鉄道は雪くらいじゃ止まらないと思ってたのに....


ほかに江差方面まで行く手段はないので、あきらめるしかありません。
ということで、今回の遠征で稚内/宗谷エリアに続いて、江差/桧山エリアで、2つめの取得失敗となりました。
北海道の天候は気まぐれで勝てない。

がっかりしても、しょうがないので、時間ができたので函館市内の観光をしましょう。
本来の予定なら、函館は乗り継ぎだけで降りる予定がなかった駅ですが、急な予定変更も悪くないですね(よかった探し)

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

エクストリーム北海道編、日本の東の最果ての地、根室へ到達

※この遠征記は2013年2月のものです。

北海道遠征の三日目の続きです。

Img_1199

それでは、釧路からさらに東の根室へ向かいましょう。

20130210_105238
花咲線(根室本線)の快速ノサップに乗車。
おんなじような赤いラインのディーゼル汽車。

Img_1205
客は10人ほどで、乗り鉄っぽい方や観光客など、思ったよりいますね。
根室本線といいながら単線。1両の気動車がゆっくり走ります。

Img_1203

列車が鹿と衝突して停車!
(1日ぶり2回目)

徒歩で安全確認に向かう運転士さん。ご苦労さまです。

Img_1210
運転席の後ろで見ていると、エゾシカが線路のまわりに、うじゃうじゃいます。
バンバン線路を横切って、警笛鳴らしては追い払います。
渋谷のカラス並みに多いね。

Img_1208
おやつに、とうきびチョコもぐもぐ。
これは美味しいですね。お土産に買って帰りましょう。

20130210_123218
根室エリアをゲット!
代行が20件くらいたまっていたので、ありがたく回収します。

Img_1229
厚床駅ですれ違い待ち。

Img_1230
根室エリアを取るだけなら、ここで折り返せばオーケーですが、釧路に戻っても接続する乗継列車がないので、おとなしく終点の根室まで乗車します。

20130210_134248

Img_1212
2時間半かかって、終点の根室に到着!

20130210_131539
ついに最果ての地まできましたね

Img_1213
根室の駅前を探索...と言っても何にもない...

ちょっと前に、根室といえばこんな話題がありましたが、
【半沢直樹】左遷(出向)先の根室差別で市民から怒りの声 「親友を裏切ってまで行きたくない街なのか」

うん、これは僻地すぎるは、自分も出向なんかなったら拒否したくなります。

Img_1215
北方領土もすぐそば。
道東は寒いけど積雪は少な目。北海道はやっぱり広いね。

Img_1216
交番にはロシア語が。

Img_1218
何にもないし寒いので、駅に戻ります。
列車は1日8本。

Img_1220
乗って来た列車にで、折り返して釧路にもどります。

20130210_134333
また来る機会はあるのでしょうか?

Img_1227
最東端の東根室駅は無人駅。

Img_1231
釧路からは、札幌へ特急スーパーおおぞらに乗車。

Img_1236
駅弁ターイム!
車内販売で、いわしのほっかぶり鮨
駅弁で、鯵や鯖はよく見るが、鰯は珍しいですね。

Img_1237
鰯の鮨に、薄くスライスした大根の酢漬けがのっており、これがほっかむりの手拭いということらしい。
味はまあ普通。

Img_1233
夕日が沈む太平洋を見ながら、列車は札幌へ。

Img_1239
4時間かかって、二日ぶりの札幌に到着!
本日は12時間半ほど列車に乗っていました。
まさに乗り鉄三昧を満喫の一日でした。


雪祭りで、雪像へのプロジェクションマッピングのイベントがあるとのことで、ぜひとも見なければ!と思ってたら、「人大杉で中止」とのことで、がっかり。
かるく街中を散策してホテルへ。

Img_1243
深夜に札幌のアイモバ的有名スポットのテイセンボウルへ!

20130210_205939
4つのエリアが接する、特異点。

特異点の情報については、こちら。
iエリアのはなし、エリアの特異点情報
代行が一気に稼げるチャンスですが、寒さで回りを2周しただけで、ホテルに戻る。

北海道遠征3日目
釧路
根室
帯広/十勝
苫小牧/室蘭


4エリアを追加

ここまで462エリア

(うち黄13エリア)

北海道編は、四日目に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

エクストリーム北海道編、道東を鉄路で旅して、流氷やSLを見たよ!!

※この遠征記は2013年2月のものです。

エクストリーム北海道編、3日目は網走からのスタート。

Img_1137
前日の0時に到着したばかりですが、まだ夜も明けきらない早朝にチェックアウトして行動開始。ホテル滞在は基本寝るだけ。
アイモバ遠征の朝は早いのです。

Img_1140
この日の宿は駅の目の前にある東横インでした。
つーか、いつも東横インばっかりなんですけどね。

Img_1144
昨日乗ってきた特急がいます。
ホームも雪に覆われています。

Img_1145
釧網本線の始発で釧路へ向かいます。

20130210_063657
さあ今日も一日がんばりましょう

20130210_065923
車内からの雪原の夜明けの風景

Img_1154
途中の駅のホームも雪にうまってますね。

20130210_080002
単線なので、時々すれ違いで長時間とまります

20130210_093026
駅のパノラマ。

Img_1177
降りて、すれ違い列車を写真にとったりします。

Img_1167
流氷だ!

Img_1164
途中で、流氷が接岸しているのも見れました!
この前日は、風向きの関係などもあって、全然見えなかったらしいので、運が良かったようです。

Img_1182
景色が、ただただ白いだけなので、飽きてきた..

Img_1189
網走から鈍行で3時間半かかって釧路駅に到着。
道東の中心地だけあって、結構大きい駅です。

遅い朝ごはんを食べようと、釧路駅を降りましたが、目当ての市場は日曜日なのでお休み。

Img_1186
通りがかった、こちらの店に。
こういう地元民向けの佇まいの食堂は、美味しい確率が高いのが経験則。

Img_1187
特大ホッケも気になるが...
柳カレイ定食を注文。

Img_1188
予想通りのアタリ!
柳ガレイの塩焼きが、でかいしふっくら。
しかも、副菜の小鉢とかもいちいち美味しいのが侮れない。

20130210_105221
釧路駅に戻ってみると、SLが!
残念ながらコレには乗りません。

Img_1194
SLはさほど興味無いほうなんですが、雪景色の北海道で見ると格別な感じです。

Img_1196
連結された、客車もレトロ。

Img_1191
中国人の団体客がいっぱい写真とってましたけど、
中国人も鉄道マニアっているのか?
SL珍しいだけなのか?

Img_1199
SLに乗るのは次の機会にとっておきましょう。
根室へ快速ノサップで向かいます。

Img_1197
快速とはいいながら、車両はさっきとおんなじ汽車。

根室を目指して、つづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

エクストリーム北海道編、予定外の留萌へ、これがホンモノのタコライスだ!

※この遠征記は2013年2月のものです。

北海道遠征の2日目の続きです。


Img_1083
稚内エリアの取得はあきらめましたが、留萌本線で留萌へ向かいましょう!

Img_1088
途中のすれ違いの秘境駅、峠下。
こんなとこでも携帯の電波はちゃんと入るのはすごい(docomo、au)
すれ違い駅のため、エリアを取るだけならここで折り返すこともできますが、すれ違い列車は時刻表では同時間発車のうえ、ホームが離れているので現実的ではありません。
(運転士さんに聞いたら、事前に行ってくれれば、すれ違い列車に無線で連絡して待ってもらうことも出来なくはないといわれましたが、素直に留萌までいきます)

20130209_142155
留萌駅に到着!
列車は増毛までいきますが、食事と探索のために下車。
アイモバというゲームをやっていなければ、そして、飛行機が欠航にならなければ、おそらく一生くることがなかった街でしょう。

Img_1099
すごい雪の量です!!
北海道でも日本海に面しているうえに、北のほうなので、このあたりは豪雪地帯のようです。

Img_1093
良い感じの侘びれ具合の北の街ですね。
しかし、除雪した雪が壁というか山のようになっています。
クルマは時折通りますが、歩いている人間は、自分以外は皆無です。
歩道もすごい雪で歩くのは一苦労です。

Img_1097
急な予定変更で、あわただしかったために、朝からなんにもに食べてないので、おなかがぺこぺこです。
どっかで食事したいのですが、ハンパな時間のため、お目当ての駅前のラーメン屋もしまってるし、観光案内所で聞いたら、近くのハワイアンカフェが空いてるとのこと。
北海道まできてハワイアンかよと..思いましたが、
雪の中をこれ以上歩き回るのもイヤなので、こちらのお店に入店。

Img_1094
なんか、留萌は「ミズダコ」が名物らしくて、それを使った「タコライス」というのがあったので頼んでみた。

タコライスといえば、沖縄の名物料理でタコスの具材をライスにのせたもの。
そのタコライスの具材のかわりにゆでタコをシーズニングとマヨであえた物が乗ってます。
食材の組み立てとしては、沖縄のタコライスですが、味はマヨネーズが勝っているので、タコスのチリソースというよりは、回転寿司の軍艦タコサラダの味に近い感じかな。
でも、これはこれで美味しかったです。

ビールも飲んでまったりして、松川経由で旭川へ行きましょう。

Img_1098
なんかこんな萌えキャラがいました。

Img_1102
留萌本線というわりには、いかにもローカル線なダイヤ。

20130209_160916
さっき、留萌まで乗ってきた列車が増毛で折り返してきたのに乗車。

Img_1113
特急スーパーカムイで旭川へ。

ここから、本来の行程表どおりの予定に戻ります。

Img_1116
旭川駅は道央の交通の要所だけあって、ものすごく立派で格好イイ!

Img_1123
ホーム全体が屋根に覆われているため、雪も気になりません。

Img_1122
あちこちに、木材が使われていてぬくもりを感じます。

Img_1117
次の列車まで時間があるので、駅の近くのデパートの地下で旭川ラーメンをいただきましょう。

Img_1120
特急オホーツクで、本日の宿泊地の網走まで向かいます。

Img_1125
途中で、列車が鹿と衝突して、20分ほど緊急停車。うーん北海道らしいねー。

Img_1126
さっきラーメン食べたばっかりだけど、駅弁も食べますよ!

Img_1128
わりと普通の幕の内っぽい感じ。

Img_1129
北海道に来たら、サッポロクラシックばっかり飲んじゃいますよね。
日本酒は地元の男山。

20130209_232235
鹿との衝突ありましたが、どうにか日付が変わる前に網走到着!
網走の駅もすごい雪です。
急な予定変更とかあって、気分的につかれたなー。

北海道遠征2日目
岩見沢/空知
留萌
旭川/上川
網走/北見/紋別

稚内/宗谷(今回とれず!)

4エリアを追加

ここまで458エリア

(うち黄13エリア)

20130209_232252

Img_1132

三日目は道東をまわります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

エクストリーム北海道編、アイモバ遠征初の敗北の味を知る。 

※この遠征記録は2013年2月のものです。

北海道遠征の2日目です。

20130209_081551
この日から、三連休おでかけパスを使った本格的な鉄道移動です。

Img_1070
送迎バスで札幌駅まで。
この日に泊まったのは、すすきのの東横インだったんですが、部屋とロビー、食堂でそれぞれ拾うエリアが変わるという面白い場所でした。
札幌市内は人口のわりにエリアが多く、代行を稼ぐには最適なとこですね。

20130209_083245
前日の雪がすごく積もってますが、天気はいいです。

Img_1071
札幌駅から、まずは新千歳空港へ。
鉄道に乗る前に、稚内空港までは飛行機でワープ移動の行程。

Img_1072
札幌は大都会だけあって、札幌駅もデカいですね。

Img_10732
生足+ミニスカ+ニーソの女の子とかいたんですが、寒くないの?

Img_1075
三連休の初日でエアポート快速は大混雑。
指定券買っておいてよかった...

Img_1076
千歳空港にはミクさんがいっぱい!
アニメイトの特設ショップまで出てました。
すっかり北海道のキャラとして定着してるっぽい。

Img_1077
あれは...

Img_1079
ミクダヨーさん!かと思ったらちょっと違った...

Img_1080
早めに千歳空港についたので、ぶらぶらしてたけど、稚内行きは「天候調査」
どうせ、すぐに飛ぶだろうと思って待ってたけど、なかなかチェックインが始まらない。

そしたら、フライト時間30分前に現地が風吹の悪天候のため「欠航」決定!!
なんてこったーーー!!!

ちなみに、稚内空港は欠航率が国内ワースト2位だそうで..(さっき調べた)

これで、一気に北海道一周の完璧だった予定が崩壊!!
ほかにも、前日の大雪の除雪作業の影響で欠航便が続出しており、空港のカウンターは長蛇の列で大混乱。

せめて、前日か早朝に欠航が決まっていれば、朝イチの札幌からの特急サロベツで、稚内まで行けたのに...
ちょっと楽しようと思って稚内まで飛行機にしたのが完全に裏目に。
鉄オタじゃないので、鉄道にこだわらない日程を組んだのが、原因かorz
だって、上空から雄大な北海道の大地が見たかったんだもん!

と、後悔してもしょうがないので、気持ち切り替えて、空港ロビーで、ノートPCと時刻表で計画の練り直しを高速に実施。

選択肢
・次の午後便は飛びそうなので、稚内までなんとかいく。
・釧路や旭川などのほかの空港まで飛ぶ。
・鉄道でいけるとこまで行く。

どう考えても、翌日以降の日程も余裕がないし、稚内/宗谷エリアをあきらめるしかない。

三連休おでかけパスがあるので、鉄道移動を選択して、札幌駅まで再び戻って再スタート!

特急オホーツクで旭川へ向かうことにします。

20130209_123806
札幌の近郊は、こんな天気いいのに...
やっぱり北海道は広いですわ。

いままでの、数多くのアイモバ遠征では狙ったエリアをすべて計画通りに取得してきましたが、450エリアを超えた、ここにきて初めての計画失敗です。

Img_1081

Img_1082
車内でもあれこれ時刻表を検討。
旭川の手前の深川で途中下車。

20130209_132112
稚内はあきらめましたが、
エリアを1つでも稼ぐために留萌に行きましょう!

トラブルもアイモバ遠征の醍醐味!!

ということで、つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

エクストリーム北海道編、雪まつり見学と札幌市内エリア取り

※この遠征記は2013年2月のものです。

札幌観光の目玉の雪まつりです!

でも、その前に腹ごしらえ。
らあめん...それは...

20130208_133032
観光のお約束で、すすきのラーメン横丁へ。

Img_1012
適当に弟子屈(てしかが)という店に入ったら、客は、自分以外は台湾人と豪州人。
店員も中国人で、三カ国語対応。

Img_1011
美味かった!
炙りチャーシューが絶品。

寒いと味噌ラーメンは3倍くらい美味いね。

20130208_134129
エリア取りもかねて、雪ミク市電に乗ってみる。

Img_1021
終点まで、ぐるっと一周乗車します。

Img_1022
車内アナウンスも一部、声優さんによるミク仕様。

20130208_144439
そして、お約束の時計台。

高知のはりまや橋を見た直後だったので、あんまりがっかりしませんでした。
むしろ、高層ビルの谷間にたたずむレトロな建物が、札幌の発展の歴史を感じさせて、良い雰囲気だと思います。
はりまや橋の様子はこちら

Img_1030
それでは、雪まつりを見学しましょう。

さっぽろのテレビ塔も時間があれば登りたいですが、混雑していたので後回しに。

Img_1033
やたらでかい。

Img_1035

Img_1039
平日でしたが、多数の観光客でにぎわっていました。
アジアや欧米の外国人客も多数。
いままで回った観光地で、一番外国人比率が高かったんじゃないかと思うくらい。

Img_1023
スノボのイベントなんかもやってた。

Img_1048

Img_1037

Img_1047

Img_1042
巨大雪像も迫力あっていいですが、素人有志制作の小型雪像もいろいろあって楽しいです。見ていて飽きません。

20130208_153914
そんな感じでのんびり見学していたら、青空が出ていたはずの天気が、急に悪化してきました。
雪が降り出しと思ったら、天候が吹雪になってきたため、雪まつり見学を切り上げて、アイモバのエリア取り営業のために、地下鉄で移動に切り替えます。

電車内で地元民の会話を聞いてたら、この日は暴風雪警報が出ていたので、小学校はあらかじめ休校になっていたとか。

Clip_2
札幌市内のエリアは、すべて市電と地下鉄で取れるので楽ですね。

20130208_171601
時間があったので、新札幌駅からJRに乗り換えて小樽エリアも取りにいきます。
小樽エリアは函館本線の特急からも取れるのですが、通過時間が短いために失敗例も多くあるようのなで、念のために万全を期してクリアしておきます。

20130208_175158
エリアの境の銭函という駅まできて折り返し。

Img_1063
お金が儲かりそうな縁起の良い名前の駅ですね。

Img_1062
天候は、凄まじい猛吹雪。(写真でお分かりいけるだろうか?)
この日の暴風雪は北海道各所で被害を出していました。
列車が遅延しまくって、折り返しの列車がなかなか来ない...
寒くて死ぬ...

小樽エリアも無事クリアしたので、再び札幌に。
20130208_185012
地下鉄でエリアをあちこち移動します。

Img_1064
地下は雪も避けられて天国ですね。
あいかわらず天候は吹雪で、目が開けられないくらい悪いので、雪祭りのライトアップ見学とか、すすきのに繰り出すのは自粛。

北海道1日目
北広島/恵庭/千歳
豊平/月寒/清田
中島公園周辺
すすきの
大通公園周辺
山鼻/藻岩周辺
平岸/澄川/西岡
南区/盤渓
札幌駅周辺
桑園/円山/伏見
琴似/八軒
手稲/宮の沢/西野
小樽/後志
江別/石狩
麻生/新道北
北24条/北大周辺
東区
大通東
白石
厚別


20エリアを追加
ここまで454エリア
(うち黄13エリア)

予定通り、札幌近郊のエリアはすべてクリアしました!

20130208_173311
ぴよちゃんイベントも追加!

Img_1067

Img_1068
駅弁は、迷ったら両方買え!!(鉄則)
札幌駅で買った駅弁を食いながら、ホテルで飲んで、初日終了。

二日目は道北への移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

エクストリーム北海道編、初めての北の大地上陸。札幌ドームへ

※この遠征記は2013年2月のものです。

さて、こちらのブログはまた過去に戻りまして、1年前の2013年2月に行ったアイモバ北海道遠征の記録になります。


Photo

北海道は全エリアクリアのためには、いつかは行かないと行けないのですが、昔からの夢だったバイクで行ってみたいなーと思っていたのですが、そうなるとだいぶ先になるし、どうせなら2月の雪まつりを見に行こう!ということで、この時期になりました。

雪まつりは冬の北海道の最大のイベントで、観光客もこの時期に集中するために、ホテルや飛行機のチケットは3か月以上前には手配しておきました。

20130204_120250
もちろん滑り止めも購入して、足元の準備も万全。どっかの誰かとは違いますよ!
(関東じゃ店頭で売ってないので、わざわざ楽天で買った)

前のブログで書いたように、北海道は3日あればまわれますが、雪まつりの見学などをするので、1日休日を追加して、三泊四日の日程で、全エリアを取得する予定です。
エクストリーム北海道編、三連休で北海道の全エリアを攻略するための情報

Nittei_1
今回の遠征日程はこちらとなります。
このダイヤは2013年2月のもので、現在は特急列車のダイヤを中心に大きく変更されています。最新の時刻表をごらんください。
札幌市内での地下鉄や市電に乗る分は省略してあります。

さあ、それでは出発です!!

Img_0940
平日の金曜だったのを忘れて、いつもの調子で、京急で羽田空港まで行ったら、普通に朝のラッシュで座れないで、いきなり疲れた。バスにすれば良かった。

Img_0945
お!ポケモンジャンボだ!
国内線の747も今月(2014年3月)で退役になります。

20130208_073750
2月の765日に、担当を貴音にチェンジ。
でかくてビビった!
頭が画面からはみ出てますよ!

雪の女王のような雰囲気が、今回の遠征にぴったりです。

Img_0954
今日は雲が多くてあまり景色は見えませんね..

Img_0965
無事到着!さすがに2月の北海道は雪が積もってますね。

Img_0968
新千歳空港から札幌市内まで高速バス。

Img_0969
バスは地元民がメインで、あまり観光客はいませんね。

Img_1003
途中下車して、札幌ドームにきました!

雪景色に、UFOのような銀色のドームが映えます。

Img_0977
試合がない日も内部が自由に見学できるのは素晴らしいですね。
休日ならスタジアムツアーなどで、ロッカールームなどの見学も可能。

Img_0980
長いエスカレーターで目的の展望台に上ります。

Img_0990
観光にきたら、眺めがよいところに行くという本能に従った行動原則に基づきます。

20130208_111600
素晴らしい眺めですね!

20130208_111700
天気予報は悪かったのですが、良い天気で一安心。

Img_0984
オールスターが行わた時の記念のサインボールが。

Img_0985
われらが番長、三浦選手のサインボール!

ちなみに、わたくしは熱心なベイスターズファンです。
20130208_112554
こんどは、試合があるときに来ましょう。
できれば交流戦のベースターズ戦とか観戦したいものですな。

Img_0976

Img_0997
サッカーの試合で使う、移動式の芝生のフィールドは雪の下に埋まっています。


景色も満喫したの、地下鉄に乗って札幌中心部へ、アイモバのエリア取りに行きますか。

Img_1006
市電も乗れる1日フリーきっぷを購入。

20130208_120045
札幌の地下鉄は、ゴムタイヤで走行するので、静かなのが特徴です。

次回は、雪まつり見学編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

四国進撃編、書き忘れた遠征ネタの落穂ひろいとか

※この遠征記は2014年2月28日~3月4日のものです。

今回の四国の遠征ブログは、リアルタイムで毎日更新してたんですが、そのせいで結構書き忘れたというか、そういうネタがあったのでまとめて紹介。

20140228215103

20140228215518
今回の遠征は、往復ともサンライズ瀬戸を使ったんですが、大正解でしたね!
週末の仕事が終わってから寝台列車に乗り込んで、翌日は朝から行動可能。
帰りは高松で一杯やってから、翌日の朝に東京。現地の時間も有効に使えますしね。
サンライズのシングルデラックスは3万円以上かかりますが、高いシティホテルとか泊まって飛行機乗るよりも、わくわく感というか楽しさが全然違います。

20140301_181949
JR四国では、ゆるきゃらとか、そういうのではなくて、駅自体を擬人化するという斬新な手法を展開中。
主要駅はほとんど擬人化済み。

20140301_131003
記念のICOCAの絵柄も、擬人化された駅舎
そういや、記念ICOCAだけ買って、通常版のICOCA買ってくるの忘れた。

20140303_072727
高松駅、顔になっているのがわかります?

20140301_134340
琴電が発行しているIruCa
スーパーや駅内の売店や、自販機、小豆島のロープウェイでも使えました。
香川県民的には、ICOCAよりも馴染みがある、20万枚発行は地方のICカードとしては、なかなかのもの。

20140301_134451
香川というか、四国全般的に外国人観光客が少ないです。
九州や広島では、いっぱい見たんだけど。アピール不足かな。

20140301_150837
金毘羅様でアジア系のグループを数組みたくらい。
九州や札幌のラーメンは外国人に人気だけど、うどんでは弱いのか?

20140301_163424
金毘羅様には、本人の代わりに犬がお参りするという風習が昔からあって、犬も境内に入れる。こんなものも売っていました。

20140302_131052
高知にいったときに皿鉢祭りというのをやってました。

20140302_131136
皿鉢とは、高知名物の大皿に盛られたごちそうのこと。

20140302_142838
市電は、軌道内緑化が進んでいる。
熊本や鹿児島市電でも見られたが、エコに加えて車両の進入を防ぐ効果があるそうだ。

20140302_143655
萌えキャラっぽいラッピング車両がいた。

20140302_145923
高知駅前にはホームセンターが!
ホームセンターってふつう郊外にあるもんだぞ、駅前にあるのは初めて見たな。

20140302162522
アンパンマン列車内部。子供がいない...
九州や北海道もそうだったけど、盆と正月以外は列車は空いてますね。
わざわざ指定席をとってたけど、自由席がガラガラなので、そっちに移動することが多かったです。

20140303_093947
小豆島といえば24の瞳。
有名なので、名前くらい知ってるけど、見たことはない...

20140303_123157
テーマパーク的なものもあったけど、スルー。
バイク屋のおやじさんによると、小豆島にくる観光客は若者よりも団塊世代が多いそうだ。

20140303_144131

20140303_144332
小豆島の吉田ダム。
小さい島にしては、大きくて立派なダム。

20140303_144435
ダムから、すぐ海岸の海が見えるというのは、かなり珍しい。

20140303181010
骨付き鳥の店で食べた、タイラギ貝。
四国は海産物も美味しいですよね!
今回の遠征は、体調が万全ではなくて、食べ物をあまり楽しめなかったのが残念。
結局うどんも、一回しか食べなかったし....

次回から、過去遠征のハナシに戻って、去年のエクストリーム北海道編の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

四国進撃編、香川新名物の骨付き鳥を食べてサンライズで帰りましょう。

※この遠征記は2014年3月3日のものです。

さて、楽しかった四国の三日間を満喫しましたので、帰路につきますが、帰りの列車まで時間があるので、その前にもうちょっと高松市内をうろうろ。

20140303_175050
高松築港駅から、ICカードの残額を使うために、片原町まで一駅だけ琴電に乗ってみます。

20140303192157
うどんにつぐ、香川県の新名物として売り出し中の骨付き鳥なるものを食べてみます。
以前、香川に行った知り合いから聞いた、おススメの「蘭丸」というお店に。

20140303_181930
特製のスパイスで味付けしてオーブンで20分ほどじっくりと焼いた大きいもも肉。
とっても皮がパリパリ&身はジューシーで美味しいですね。ビールが進みます。
結構、あぶらが多いですが、付け合わせのキャベツをかじるとさっぱりします。

20140303_210520
帰りもサンライズ瀬戸です。
飛行機と違って、最終日も丸一日を有効につかって、夜までゆっくり飲んでから帰れるのが素晴らしいですね。

20140303210809
ゆっくり寝て目が覚めたら東京!

20140303212122
帰りは奮発してシングルデラックスにしました!
あこがれのA個室です!

室内のパノラマ画像はこちらから
週末とちがって、平日だったのであっさりチケット確保できました。

ノートパソコンを広げても余裕たっぷりのデスクに、室内に洗面台もあります。
まさに動くビジネスホテルといっても過言ではありません。
コンセントもあるので、パソコンでブログを更新。
瀬戸大橋も真っ暗でなんにも見えませんからね。

20140303214411
シングルデラックスは、シャワーカードとアメニティセットがもらえます。
アメニティセットはもったいなくて使えないので、記念に持って帰りましょう。

20140304_061627
ベッドわきのコンソール。

こんなところに非常ボタンがあると、寝ぼけて押してしまわないかと心配で安眠できません!!
室内放送はNHK-FMの放送が流れます。NHK-FMってサンライズに乗ったときしか聞いたことないなぁ。普段クルマに乗っているときはFMヨコハマ聞いてます。

寝台でも夜中も代行をプチプチやっているのが、アイモバ廃人の性。
サブアカのF版のエリア増やすために、大阪駅までがんばって、敏腕に昇格しました。

20140304_055620
丹那トンネルを抜けたところで、目が覚めます。
ちょうど夜明けの相模湾がきれいです。

20140304_062305
見慣れた沿線の東海道本線をすっ飛ばしていきます。
いつも使っている駅を止まらないで通過していくのは、なんか不思議な気分です。

20140304064548
ラッシュが始まる前の早朝の横浜駅で停車。
サンライズの二階のベッドから見下ろすのは貴族階級の気分(^o^)/

20140304_065733
ベッドに寝ながら外を眺めていると、いつもと違う角度から見る沿線風景は、見慣れているはずが、違う発見があって楽しいです。
こんな建物があったのかとか、このビルってこんなに大きかったのかとか。
まあ、普段は外なんてほとんど見てないですもんね。

20140304071145

定刻通りに東京駅に到着!
とっても楽しかった遠征もこれで終わり!

あけぼのや、北斗星などの北への寝台列車の旅も楽しいですが、サンライズの西への旅も楽しいので、ぜひおススメでございますよ!
あ、でもトワイライトエクスプレスで北海道も行ってみたいな。

次回から、去年のエクストリーム北海道遠征のおはなしの予定。

20140304071633
朝ごはんは、東京駅地下で利久の麦とろ定食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

四国進撃編、小豆島めぐりで謎の巨大アート群に遭遇する。

※この遠征記は2014年3月3日のものです。

四国編の三日目です。本日は高松から小豆島に訪問します。

朝早く、ホテルをチェックアウトしてとりあえず高松駅で荷物をコインロッカーへイン。

20140303072013
そして朝ごはん。うどん県三日目にしてようやくうどんを食します。
胃腸の調子も80%くらいには回復してきましたね。
高松駅にある、連絡船うどん。かつての宇高フェリーからの伝統のお店だとか。

20140303_071818
えび天ぶっかけ。
うーん、特においしくないなぁ。全然麺にコシがないぞ。
これだったら、はな○るうどんのほうが...

20140303_073049

20140303_074058
気を取り直して、駅の前のフェリーターミナルへ。

20140303073955
さあ、いざ島の旅へ!
あまり大きい船ではありませんね。
乗船はタラップではなく、車両ゲートの脇から歩いていきます。

20140303_085527
1時間で、小豆島の土庄港に到着。

瀬戸内海はさすがに行きかう船が多いですね。

20140303_085943
下船も、車両甲板を歩いて降ります。

20140303090515
小豆島に上陸!
最近は、すっかり離島訪問が好きになってしまってますね。

20140303_164056
小豆島では、去年に瀬戸内芸術祭というのをやったので、その関連の展示物が各所にそのまま残っています。

これは、港にあったオリーブの葉をモチーフにした「太陽の贈り物」というオブジェ。
アイモバ的に言っても、小豆島といえばやはりオリーブですね。
ていうか、それ以外はあまり知らないんですけど。

20140303_162355
それでは、さっそくバイクを借りて島を巡りましょう。
こちらの「石井サイクル」外観は怪しげですが、お店のおじさんはとても気さくで親切でした。
店内にはレトロな絶版バイクがいっぱいあって楽しいです。

20140303_094638
ギネス認定の世界一狭い海峡。
ただの水路にしか見えませんな。

20140303_103635
とりあえず眺めの良いところに行く!という行動原則に基づいて、地蔵埼灯台に。

この日は曇りがちで、前日から一転して5度も気温が下がって10度以下。
正直なところ、バイクで長時間走るには少々厳しいコンディション。

20140303103846
360度パノラマ画像はこちら

20140303_112716
さらに高いところを目指して、寒霞渓のロープウェイに乗りましょう!

20140303113403
かなりレトロな感じで、年季が入ってます。

20140303_113353_2
どんどん上って、5分で山頂に。
渓谷の奇岩の様相はなかなかの見ものです。

20140303114857
おお、素晴らしい眺め!
しかし寒いーーー!!
標高がかなり高いし、風も強いので体感温度は氷点下です。
耐えられないので、早々に撤退。

20140303_112309
ロープウェイの駐車場付近には、お猿さんが群れでいっぱいいました。
そのほかにも、走っていていきなり野生のシカが飛び出してきたり、タヌキを見たり、
なかなか自然が豊かな島です。

20140303133600
おなかが空いてきたので、食べられる店を探しますが、下調べしてきてないのでなかなか見つかりません。
坂手港まで行って、ようやく見つけたこちらのお店「大阪屋」

20140303_125423
名物らしい、ひしお丼を食べます。
もともとは漁師のまかない料理だったらしいですが、新鮮な魚がおいしいです。
右上の小鉢は、小梅かと思ったら塩漬けのオリーブの実でした。
これは新鮮でおいしいぞ!

帰りに、フェリー乗り場のお店にも売ってたので、お土産に購入しました!

20140303_133748
坂手港にも巨大なオブジェが!
「ザ・スター・アンガー」

銀色に輝くドラゴンが回っています。

20140303134122
なんかのRPGに出てきそう
炎を噴けば完璧なんですが。


20140303_133925
小豆島は、オリーブ以外も醤油と佃煮が有名らしい。
途中に醤油工場がいっぱいあって、良い香りがしてました。
さらに「つくだにソフト」なる凄いものも売ってましたが、寒くて食べる気分ではなかったのでパス。

坂手港から狭い集落の細い道を登っていくと、現れたのは...

20140303_140144
「ANGER from the Bottom」

20140303_135948
なんぞこれ!?

20140303_135926
こういうものらしいです。さすが北野御大。

20140303140519
すさまじくシュールな光景に、むしろ楽しくてテンションアップです!

20140303_153504
寒さに耐えきれないくらいになったとこで、ようやく温泉に到着。
ここは町営施設なので300円で入れます。

こいつが、今回借りたホンダ・スペイシー100。
見た目は古い感じでしたが、しっかり整備されていて快適に走れました。
離島の道路は細い山道ばかりなので、パワーのない50㏄だと、後ろからあおられたり無理な追い越しをされたりするので、大きい排気量のバイクは安全のためにも必須ですよ!

20140303153032
けむっていてアレですが、露天風呂やサウナなどは無いものの、大きい窓で解放感があって、広い浴槽でゆっくりあったまります。

だいたい島を三分の2週くらいしましたが、途中であちこちウロウロ寄り道したり、道を間違えたせいで、だいぶ時間が経ってしまったので、切り上げて帰路につきます。

20140303_160550
小豆島観音。
まわりに比較物がないので伝わらないと思うけど、かなりデカい。

20140303170040
バイクを返却して、店のおじさんに港まで送ってもらいました。
帰りは高速船に乗っていきましょう。
フェリーだと1時間のところを35分です。

小豆島は思ったよりも大きい島で、今回いけなかった所もあるので、また機会を作ってきてみたいですね。
人口は3万人と多いし、コンビニもあるし(最近セブンイレブンができた)、ホームセンターやショッピングセンターもあって、あんまり離島という詫びれた感じはしませんが、島ならではの楽しみは味わえましたし、面白スポットもいっぱいありました

四国進撃編は、あとちょっとだけ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

四国進撃編、高知と徳島に乗り鉄三昧。ニセ新幹線も見てきたぞ!

※この遠征記は2014年3月2日のものです。

四国上陸の二日目は
今日は、前回の四国遠征で乗れなかった、四国の鉄道を満喫することにします。

20140302093316
四国時刻表を購入!
これがあれば、わざわざ重い時刻表持ってくる苦労がなくってすむんですよね。
あれ?でも、これって3月15日からのダイヤ改正版じゃん(学習してない)
まあ、あんまり変わってないみたいだからどうにかなるか。

20140302081632
それでは、朝の高松駅から、特急しまんとで高知に向かいましょう!

20140302_081609
JR四国のかわいい女性車掌さん。
顔出しは恥ずかしがってNGで撮らせてくれませんでした。残念。

20140302_093105
途中の吉野川沿いを走るあたりは、渓谷の眺めが楽しめます。

天気が悪かったですが、もやった感じがかえって神秘的な雰囲気。
四国の振り子特急は独特の乗り味ですね。バンクを体で感じます。

20140302103501
高知に直行しようと思ったけど、気が変わって高知東部エリアをとるために後免で途中下車。くろしお鉄道に乗りましょう。

20140302_103209
特に狙っていたわけでは無いのですが、展望デッキ付車両がきました。
これはラッキーです!

20140302_103426
海側がこんな感じで大パノラマが楽しめます!

20140302110634
ちょっと曇りなのが残念ですが、太平洋の雄大な眺めを満喫。

20140302104520

20140302_105332
20140302_110737
くろしお鉄道はすべての駅に、やなせ先生のオリジナルキャラがいるようです。
さすが、やなせ先生地元愛&仕事熱心ですね。

20140302_111053

20140302_111400
エリアの境の赤野駅で折り返します。
前日まで大量の代行が貯まっていたそうですが、すでに消化されたあとでした。
それでも、F版とi版でそれぞれ7件づつ代行を消化。

20140302112857
20140302121411
帰りは普通の車両で、高知駅に到着。

降りたホームでそのまましばらく待っていると、例のやつが姿を現しました。

20140302_121855
ニセ0系新幹線こと、魔改造気動車「ホビートレイン」

20140302122411
わざわざこれを見に四国に来たわけでは無いのですが、ちょどタイミングが良かったので。

アンテナ?が新幹線風。

20140302_121902
この先頭車両のハリボテ感!スカスカです。

ドームの部分は空気抵抗対策なのか?パンチングメッシュになってます。

20140302_122154
車内に入るには整理券が必要で、何百人と並んでいるので、車外から撮影。
青いシートも新幹線風味。

20140302_123730
車内には0系新幹線の模型展示も

20140302123115
反対側は普通の形状。

20140302122540

20140302_123403
初めて見る新幹線に熱狂して群がる高知市民の様子がこちらとなります。 
ホームから溢れそうなぐらいの人だかりができます。

これがカーゴ信仰というやつか...

20140302_123349
みんな写真を撮ろうと必死です。
TVクルーも2局きていました。

さて、面白車両も見たので、高知市内へくりだしましょう。

20140302125931
高知市電に乗りましょう!
こちらはオーストリア製の車両です。
高知市電はいろいろな車両があって楽しいですね。

20140302_125837
一日乗車券を購入。

20140302_131348
有名らしい、ひろめ市場というところに来ました。

20140302133942
中は、たくさんの飲食店があって混沌とした雰囲気が東南アジアみたい。
観光客だけでなく、地元民も多くて人がいっぱいです。

20140302_134252
遅い昼食を。胃腸がまだ本調子でないので軽めのものを。
左上から、メヒカリ南蛮、めかご(貝)、ドライ生大、ウツボの煮凝り、チャンバラ貝、マンボウから揚げ。
つーか、これって完全に酒のアテじゃないですか。
どれも美味しかったです。

20140302_142325
時間がないので、高知城は外から見るだけ。

20140302_142853
さらに市電に乗ってあちこち行って、高知駅にもどります。

20140302151123
特急南風で、高知をあとにしましょう。

20140302162318
そのまま高松に戻らずに、阿波池田で特急剣山に乗り換えて徳島に回ります。
せっかく来たので、F版の徳島エリアも埋めるためです(アイモバ脳)

20140302_161759
こちらもアンパンマン車両が連結されています。
どんだけJR四国はアンパンマン好きなんだよ!

20140302164932
車掌さんの検札スタンプもアンパンマン。

20140302_175419
徳島についたら、徳島南部エリアをとるために、ホームエクスプレス阿南で南小松島駅まで行って折り返し。

20140302_190122
おなかがぺこぺこなので、徳島駅の乗り換え時間を使って駅ビルの徳島ラーメンを。
うーん、でも体調悪いせいか、おいしく感じられずに、あんまり食べられませんでした。残念。

20140302192626
特急うずしおで、ようやく高松に戻ります。

20140302200251
四国半分制覇して、F版がようやく161エリアに。

20140302210940
この日は、どうしても大きいお風呂に入りたかったので、ホテルからかなり離れた銭湯までいきました。やっぱり広い風呂だと疲れがとれます。

20140302214909
おまけ、風呂屋の三毛猫。もふもふ。

明日につづく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

四国進撃編、高松で記念ICOCA買って、金毘羅さん参りして、しょうゆソフトを食べる

※この遠征記は2014年3月1日のものです。

昨日からの続きです。
いよいよサンライズ瀬戸で四国上陸です。

20140301_065227
あいにくどんよりした曇り空で、楽しみにしていた瀬戸大橋での日の出は見えず。
瀬戸大橋はずっと橋げたがあるので、眺めはイマイチですね。

20140301060424
サンライズのシャワー室はこんな感じ。
結構ゆれる車内でシャワーを浴びるのはコツがいります。

20140301060503
車掌から購入したシャワーカードを入れると6分間お湯が出ます。

20140301_073002
瀬戸大橋を渡ったら、あっというまに高松に到着です。

20140301130706
うどん県上陸

20140301090454
で、今日の目的の一つである、この日からJR四国で利用開始になった、ICOCAの記念カードを購入しましょう!
わざわざこれを、買うためにサンライズに乗ったわけではないのですが、ちょど良いタイミングだったということで。
事前情報になかったのですが、早朝に整理券が配布されているとのことで、それ以外の整理券無しの人の列が形成されていますが、50人程度しかならんでいないので、余裕で買えそうですね。
10時からの発売なので、まだ2時間以上ありますが、この状況なら11時ごろには買えると予想。

しかし、10時になって販売開始されても、まったく列が消化される気配がありません。

なんか列形成もいいかげんで、割り込みなどもところどころに発生。

いいかげんうんざりしたとこで、整理券組の500人を消化するのに4時間ちかくかかって、買えたのは待つこと6時間近くたった14時前。

20140301_125827
窓口に案内されても、まだ待たされる。
それもそのはずで、窓口は1箇所で販売するカードをわざわざ1枚づつチャージ処理を窓口でしている..
5000枚もその日のうちに売れるとは思ってなかったんでしょうか?
あまりの段取りの悪さにあきれますが、こういったイベントごとに慣れてないJR四国だからこんなもんなんでしょうか。

20140301_131003
ようやく手にしました。
こんなに並んでまでもほしかったのか?と言われるとアレな感じですが...
あんだけ待って、1枚だけ買うのもなんだったので大目に購入したので、もしほしい人いたら、ツイッターのフォロワーさん限定でDMください。

予想外に時間を食ってしまいましたが、観光に出発。

20140301133542
琴電の高松駅に移動。

20140301_134340
琴電のICカードはIruCa。
すでに高松市民にはおなじみで、20万枚も発行されています。
ただしICOCAとの相互乗り入れはなし。

20140301135928
2両編成のかわいい電車で、金毘羅参りに。

20140301_151205
いかにもな、土産物屋がならんだ参道を登っていきます。
本宮までは、階段が全部で785段あります!
正直しんどいですが、日ごろの運動不足解消のために頑張ります!

20140301_152512
最初のうちは緩やかな石段もどんどん急になってきます。
参道を抜けて、神社の境内に入りましたが、まだ半分も来てません。

20140301_153538

20140301154019
巨大な船のスクリューが!
金毘羅さんは海の神様ですからね。

20140301_154429
ようやくついた!と思ったらまだこちらは本宮の手前。
このあたりから足の疲労よりも腰にダメージがきて、かなりの苦戦。

なんせ、6時間も行列してたあとで、変な疲労がきています。

20140301_155356
本宮前の、ラストの心臓破りの急階段。青息吐息で上がる。

20140301160621
よっしゃー!!ついたー!!

雨が強くなってきって、寒さが効いてきたのと、腰がやばい感じなので、早々にお参りしてお守りを買って帰路へ。
おみくじは大吉。

20140301_160147
天気が良ければ、最高の眺めなんだろうなぁ。

20140301_162704
下りのほうが腰にくるのと濡れた階段が危険なので、ゆっくり降ります。
ガイドブックで往復45分と書いてあったところを、1時間以上かけてクリア。

20140301_164036
こんな歴史ありそうな古い建物も。

20140301_164117
疲れたので、糖分補給しましょう!
かまたまソフト...は店がもう閉まってました。

20140301164925
別の店で、しょうゆソフトにチャレンジ。

20140301_164551
色がうっすらと茶色いのがお分かりいただけるだろうか?
味はしょっぱさは無く甘い、豆の香りというか、麹の風味。
正直微妙だけど、ネタ食品としてはアリというところ。

20140301165930
帰りも琴電で高松まで帰ります。

高松のビジネスホテルにチェックイン。
くたくたになった体のリフレッシュに温泉へ!

20140301_200053
事前に調べていた温泉(銭湯)が2件とも閉店していた!
なんてこったい!

まだ胃腸が本調子でないので、飲みは控えてホテルに帰ります。
そういや、朝にドーナツ食べただけで、まだうどんも食べてなかったな...

明日も天気は悪そうなので、1日乗り鉄する予定。
つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »