« エクストリーム北海道編、北の大地のふたたびの洗礼、江差を前にして2回目の敗北 | トップページ | iエリアのはなし、面積がせまいエリアはどこ? »

2014年3月13日 (木)

エクストリーム北海道編、吹雪の函館観光で五稜郭へ

※この遠征記は2013年2月のものです。

北海道4日目の続き(ラストです)

Img_1287
北海道の鉄道は大雪でも平気だと思ったのに...

江差/桧山エリアの取得はあきらめて、
函館市内の観光に切り替えていきます。

20130211_141123
函館といえば市電、車両や広告のバリエーションが多いので楽しいですね。

Img_1290
それはいいですが、函館市内もすごい吹雪になってきました。
とりあえず、函館といえばここ!

Img_1292
あれが有名なラッキーピエロか!
駅弁を食ったばかりで、おなかいっぱいなので、見送ります。
また今度来た時にでも。

Img_1293
そして、函館観光といえば五稜郭。
観光といえば、高いところに登るという行動原則に基づいて、五稜郭タワーに上ります。

Img_1294
天気は吹雪ですが、意地でものぼります。

Img_1295
展望台に着いた時に、奇跡的に吹雪がやみました!!

20130211_143721
眼下の五稜郭のすばらしい眺めを堪能できます。

Img_1296
土方さんに感謝ですね

Img_1298
夏や、桜の季節にくるのもいいですね。
特に桜の時期はきれいらしいです。

Img_1304
反対側の函館港方面のながめ
一瞬だけ回復した天気ですが、このあと再び猛吹雪に。

Img_1306
写真でもお分かりいただけるように、雪が横殴りに降っています。

Img_1309
とりあえず、函館駅までもどりましょう。

Img_1310
なんか、駅前に「北海道鉄道博物館」なるものが。

Img_1312
行ってみたら、巨大な鉄道グッズ屋さんでした。

Img_1313
まあ、時間つぶしにはなりましたね。

Img_1311
同じビルにはアニメイトも。

Img_1315
帰路に着くために函館駅に戻ります。

Img_1316
北海道新幹線も、新幹線が来たらぜひ乗ってきたいですね。
その前に、今回取り逃したエリアを取りに来ないといけませんがね...

それでは遠征を終えて、北海道をあとにして帰りましょう!

Img_1319
相変わらず横殴りの猛吹雪。

20130211_162921
スーパー白鳥で新青森まで。
悪天候なので、接続する新幹線に間に合うか心配です。

なお、今回の遠征は18,000円の【三連休おでかけパス】を使いましたが、乗車した正規料金で計算すると、運賃と特急料金・指定席料金など、44,500円分と十分に元をとりました。

Img_1321
初めての青函トンネル通過です。

Img_1323
トンネル内は真っ暗なので、特に感慨は無し。

Img_1324
定刻から5分ほど遅れて、無事に新青森に到着。

20130211_192804
無事に接続して、帰りは、はやぶさで東京まで。
事前にネット購入した半額のおとくきっぷです。

Img_1329
新青森で買った駅弁。

Img_1331
まあまあかな。
いかシュウマイがついてるのが、東北っぽいかな。
この手の肉系の弁当は、どうしても米沢の「牛肉どまんなか」と比較してしまうので、評価は辛口になりますね。

北海道遠征4日目
浦河/日高
函館/渡島

江差/桧山(今回とれず!)

2エリアを追加
ここまで471エリア

(うち黄20エリア)

そしてこれが、北海道の残り状況
Nokoriclip_2
見事に、取りにくい場所を残してしまいました。

北海道は一回の遠征ですべてのエリア取得を済ませる予定でしたが、悪天候に阻まれて、稚内/宗谷と江差/桧山エリアに行けませんでした。

当初の予定では、稚内は速攻乗継で、宗谷岬も行かない予定だったし、函館観光も予定外で出来たし、次回の北海道はもうちょっと観光もする感じで行きたいですね。

とりあえず、再度の北海道は、冬が終わってからにするとして、残った西エリアと南エリアの方を埋めていく方向で。

つづく

|

« エクストリーム北海道編、北の大地のふたたびの洗礼、江差を前にして2回目の敗北 | トップページ | iエリアのはなし、面積がせまいエリアはどこ? »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59270251

この記事へのトラックバック一覧です: エクストリーム北海道編、吹雪の函館観光で五稜郭へ:

« エクストリーム北海道編、北の大地のふたたびの洗礼、江差を前にして2回目の敗北 | トップページ | iエリアのはなし、面積がせまいエリアはどこ? »