« 東京大回り編、後編は弥生軒のからあげそばを食べる | トップページ | 青函編、グランクラスで青森に、八甲田丸を見る »

2014年4月26日 (土)

伊豆半島編、伊東の温泉と競輪、あと世界遺産(候補)も

※この遠征記は2014年4月26日のものです。

20140425_184516
今日からGWということで、前日の夜からクルマを飛ばして準地元ともいえる伊豆にやってまいりました。

20140426_103347
目的は、こちら
伊東温泉競輪場

20140426_104554
伊東というと海のイメージですが、駅からちょっと離れた山の中にあって、緑にかこまれた雰囲気のある競輪場です。
(伊東駅から無料バスあり)
客層は地元客メインで、競輪場特有の殺伐とした場末のイメージが薄く、家族連れや若者グループなども多いのが特徴で、競輪初心者の方にもオススメとなっております。

20140426_103315
この日は共同通信社杯というGⅡレース(有力選手があつまる)が8年ぶりに伊東で開催ということで、ひさしぶりに来てみました。
GW開催で天気も良いということで、かなりの盛況で、屋台などの店も増設されてお祭りムード。

20140426_125022
出店の浜松餃子をつまみに、生ビールをいただきながら、最上階の指定席で優雅に観戦しましょう。
昔は競輪場は酒の販売は禁止だったのですが、最近は普通に売っているのでうれしいですね。
車券は外れたり当たったりで、トータルでプラスになったのでオーケー!

20140426_104224
1日のんびりすごせて、お金も増えて楽しいね!
※真美は未成年なので車券の購入はできませんよ

伊東での共同通信杯は29日(祝)まで開催しておりますので、ぜひどうぞ。

あと伊東といえば、やっぱり温泉でしょう!

伊豆の伊東は温泉で知られた街。有名なハトヤホテルを筆頭に大小の温泉宿がひしめきます。

そんな伊東の町中には小さい公衆浴場がいくつもあり、地元の人で賑わっています。

どこもレトロな建物ですが、レジャーランドのような日帰り温泉よりも風情を味わいたい向きにいかがでしょうか。

七福神の湯と市内共同浴場

観光客向けではなく、あくまでも地元民のための共同浴場なのですが、レトロな雰囲気と手頃なお値段で、伊東市内散策も兼ねて入浴するのがオススメです。
場所は上記リンクの観光協会のHPを参照ください。
七福神の湯と言いながら、八カ所ありますけどね。

Photo
イチオシはこちらの小川布袋の湯
駅からはちょっと離れていて歩きますが、その分穴場で観光客はほとんどいません。
(駐車場ないので、クルマの場合は近隣の有料Pへ)

Photo_2
なかも昭和レトロ!

Photo_3
近くにある、岡布袋の湯もなかなか良い。
ごらんのように料金は、通常の銭湯よりも更に安い。
お湯はどこも源泉掛け流し

Img_2897
和田寿老神の湯
こちらは建物は新しめで、駅から歩くとちょっと遠いですが、駐車場もあります。

なお、これらの公共浴場ですが、サービスが行き届いた日帰り温泉と違って、以下の注意が必要。
・タオル、石けん、シャンプーは無いので必ず持参。
・お湯は熱い。42度くらい。長風呂無用。
・地元の人の憩いの場なので、アウェー感あり。


何回かにわけて、ハシゴしながら全8湯の制覇を目指してはいかがでしょうか。

Youkai
途中の松川沿いにある、東海館もなかなか良い建物。
昔の旅館を市の施設として公開しています。温泉もあります。

そういえば、富岡製糸場の世界遺産登録が話題になりましたが、伊豆にも世界遺産候補があるんですよ!

Imgphp
「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして、ユネスコに登録申請中。
有名な長崎の軍艦島(端島)や、長崎造船所とか、いかにもなところに混ざって、
中伊豆にある韮山の溶鉱炉跡がはいってる!

ここって地元の小学生が体験学習に来るのが関の山の、とても地味なとこなんですよね。
一応展示施設とかもあって、お台場に設置された大砲はここで作られましたとか、へーそーなんだーというような知識も身についたりはします。

さて、世界遺産に登録されたら、こんな地味なところも観光客が押しかけたりするんでしょうか?

めぼしい観光施設が無い伊豆の国市にとっては救世主になるのか?
いまなら、観光客もほとんどいないんで、ゆっくり見学できるチャンスかもね。

Img_2853
そうそう、となりにある地ビール工場のビールは美味しいですよ。オススメ。

といった感じで伊豆の情報も時々紹介していく予定

|

« 東京大回り編、後編は弥生軒のからあげそばを食べる | トップページ | 青函編、グランクラスで青森に、八甲田丸を見る »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59536664

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島編、伊東の温泉と競輪、あと世界遺産(候補)も:

« 東京大回り編、後編は弥生軒のからあげそばを食べる | トップページ | 青函編、グランクラスで青森に、八甲田丸を見る »