« 富士山ぶらり編、くろがね四起を見にツーリング | トップページ | iエリアのはなし、アイモバ的小笠原エリア攻略、機内Wifiの検証も »

2014年4月16日 (水)

小笠原編、エリア制覇に向けて、おがさわら丸で出航!

※この遠征期は2013年7月のものです。

延々と続いておりますアイモバ戦記ですが、ついに最難関の大ボスこと小笠原諸島エリアへ遠征のハナシとなります。

以前に、このブログの開始当初にも小笠原のことは書いていますので、そちらも参考にどうぞ。

小笠原編、おが丸攻略(追記あり)
小笠原編、ケータイの電波事情とか
小笠原編、グルメ紀行でアオウミガメ

アイモバ505エリア赤埋めのためには、絶対に行かないといけない小笠原。

今回の小笠原遠征は、ソロではなく昔からの友人の、とりたろうPと一緒です。

当初は6月に行こうと思っていたのですが、GWあとで、夏休み前の時期だから余裕で行けるだろうと思っていたら、さすがの世界遺産効果。
お互いの予定を調整したりして、いざ予約しようと思ったら、完全に出遅れて、結局値段が高くなる7月のツアーになりました。
宿も狙っていたところはとれずに、一番安い民宿サンシャインになりましたが、まあいいでしょう。小笠原にいくことが最大の目的ですから。

20130703_091414
朝の東京に行くには、どうしてもラッシュ時間の電車になるので、大きい荷物を運ぶのはつらい。
ということで、仕事先から竹芝まではクルマで10分くらいなので、前日にクルマで大きい荷物を運んで、竹芝のロッカーにほうりこんでおきました。

20130703_084042
それでは、おがさわら丸で竹芝桟橋から出港します。
気合いれて、出航の1時間半前に並んで、狙いの上部Cデッキの席がとれました。
※ハムの人Pが急遽見送りにきていてくれたのですが、出港のあわただしさでばたばたして会えずでした。

20130708_150852
おが丸出航直後のハイライトといえば、下から眺めるレインボーブリッジ。

20130708_150701
天気も良く、東京湾を進みます。

20130703_111720
沖から見る横浜ベイブリッジは新鮮。

20130703_123814
三浦半島先端の城ヶ島大橋

20130703_150610
2等船室はこんな感じ。
別名、野戦病院と呼ばれるだけあって、他のフェリーなどよりもかなり詰め込まれます。
この環境で25時間すごすのは結構なストレスなので、苦手な方は上の船室にランクアップされることをおススメします。

20130703_152252
東京湾から外洋に出ると、船の速度も上がって快調に南下していきます。

混雑する船室はさけて、昼間からデッキで酒飲みながらまったり。
おが丸で、みなさん気にするのは船酔い対策。
でも、自分は船酔いしない体質なので、なんのアドバイスもできません。
たぶん、酒飲んで酔っ払えば大丈夫なんじゃないですかね(適当)
ちなみに、この時点で同行のとりたろうPは、ダウンして船室で横になっております。

この日の航海は、普段のルートとは違って、特別に伊豆諸島近海を通るルートだったため、心配していた携帯の電波もエリア取りも、まったく苦労しませんでした。
超ラッキー!

20130703_134116
伊豆大島近くを通過


20130703_133605
これくらい伊豆大島の近くを通ったので、電波もばっちり入りました。

20130703_162336
御蔵島。
お椀を伏せたような独特の断崖にかこまれたシルエット。

20130703_144549
八丈島エリアもなんなくゲット。

20130703_181522
八丈島と八丈小島の間を通過して、さらに南へ。

20130703_195804
雲が多くなってきたので、船上からの日没は見ないで夕食に。
八丈島を通過すると夜になるので、翌朝までは寝るだけ。
夜中にデッキに出てみると、満天の星がきれいでした。

20130704_082305
そして、翌朝。
デッキに出ると雲がやや多いけど、まずまずいい天気。
海も穏やかで、波もほとんどありません。

20130704_063252
まだこのあたりは電波もエリアも途絶

20130704_081233
船と並行して海鳥がついてきます。
かつて船乗りは難破したときに、海鳥を見ると島が近いサインだと知っていたそうです。

20130704_103827
10時ごろになると、聟島列島が見えてきました。
こなあたりになると、ケータイの電波をギリギリ拾うようになりました。

20130704_101324
よっしゃー!!!

ついに念願の小笠原諸島エリアをゲット!!

20130704_102024
そして、首都の夢トロフィーもゲット!!

八丈島/三宅島
小笠原諸島


2エリアを追加

ここまで503エリア
(うち黄色1エリア)

これで、アイモバ的には遠征の目的は達成しました。
あとは、小笠原での休暇の大自然を満喫するだけ!

20130704_113507
次回以降、小笠原観光の様子となります。

|

« 富士山ぶらり編、くろがね四起を見にツーリング | トップページ | iエリアのはなし、アイモバ的小笠原エリア攻略、機内Wifiの検証も »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/59479918

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原編、エリア制覇に向けて、おがさわら丸で出航!:

« 富士山ぶらり編、くろがね四起を見にツーリング | トップページ | iエリアのはなし、アイモバ的小笠原エリア攻略、機内Wifiの検証も »