« 四国漫遊編、鳴門の渦潮と淡路島のエリア取り | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ »

2014年12月 8日 (月)

四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ!

※この遠征記は2014年11月29日のものです。

四国遠征2日目です。

この日は今回の遠征のハイライトといえる「しまなみ海道」エリアです。
20141208185032
このエリアは、愛媛県と広島県にまたがっています。
原付二種(125cc)をレンタルして今治から尾道までを1日かけて往復します。



しまなみ海道といえば、日本全国8000万人の橋梁マニアのあこがれの聖地!!

橋を中心とした、パノラマなど画像がかなり多めで、何回かに分けてお送りします。


高松駅 - Spherical Image - RICOH THETA

四国にだって高層ビルくらいあるんですからね!
まずは、朝の高松駅からスタート!
夜に強い雨が降ったものの、どうにか上がって、予報では天気は回復するとのこと。

20141129072137
香川なら、やっぱ朝からうどんでしょう!
駅前のバスターミナル前の店に。
7:00の開店と同時に入店しましたが、あっというまに行列が形成されて、かなりの人気店のようです。

20141129070652
ぶっかけうどん(温)+大穴子天
うん、うどんは美味しいが天ぷらがイマイチ。
どうも、讃岐で美味しい天ぷらに出会ったことがないなぁ。
コロモがもっさりしていて、もっとカラッと揚げて欲しいものです。

20141129072637
朝ご飯も食べたので、特急いしづちで西へと向かいます。

20141129072722
新幹線風の流線型で格好良いですが、2両編成。

20141128084447
今回の遠征は四国内の移動は鉄道がメインになるために、こちらの「四国フリーきっぷ」を購入。
16,140円で三日間特急自由席が乗り放題となります。
関係ないですが、JR四国のチケット袋のデザインかわいいですね。

20141129092717
2時間ほどで今治に到着!

20141129094427
今治といえば、バリィさんだよね!
なんとなく、色が真美とおそろいっぽいよね!

20141129102300
駅前に良い感じの廃墟があるのが素晴らしい。

Mape2757
しまなみ海道は自転車で走るのが人気ですが、いかんせん距離があります。
クルマ道路だと高速道路をあっという間に渡るだけなので、
原付のレンタルバイクで走るのが実は一番楽しくて効率的なんです!

Image1

今治駅からレンタルやってるバイク屋までは距離があるのでタクシー移動。
今回お世話になったのはこちらのお店
愛媛オートセンターのHP
バイクレンタルサービスB.Rentaのページ

今回レンタルしたのはHONDA PCX125という小型(原付二種)のスクーター。
8時間で4,800円とお安い。

なお、今現在では、しまなみ海道の今治側でレンタルバイクを扱っているお店はこちらのみになります(広島側は数件ある)
対応は迅速かつ親切だったのでオススメです。

20141129103701
さて、それでは準備を整えてスタート!
うっすらと日も差してきて、革ジャンに防寒装備では暑すぎてインナーはすべて脱いでTシャツのみに。

20141129103145
バイク屋でしまなみ海道までのルートを聞いたら
「とにかく道の青いラインに沿って行け」
とのことで、たしかに今治駅からずっと路肩に青いラインがつづいています。


このラインは、実に70km先の尾道までずっとつづいており、自転車とバイクは絶対に道に迷わないようになっています。
(逆に、青いラインを見失ったら、道に迷っているということ)

それでは、ブリッジヘヴン(橋天国)しまなみ海道に突入!
20141129103711
まずは来島海峡大橋

しまなみ海道1 - Spherical Image - RICOH THETA

渡る前に近くの展望台からの眺めを堪能します。

20141129104317

20141129104506_2
長大な吊り橋の主塔が連続するさまには、思わずうっとり。

20141129105053
こちらが、橋の原付専用道の入り口。
この来島海峡大橋では、歩行者・自転車とは別ルート。

20141129105206
こちらが橋の上の眺め。
実に4km以上と、かなりの長さがあります!

あまり道幅は広くありませんが、対面通行なので注意が必要。

しまなみ海道2 - Spherical Image - RICOH THETA

橋の真ん中編
一つの橋に見えますが、実際は第1から第3の3つの橋に分かれています。

20141129105823
下を見ると、凄い高さと、柵もそれほど高くなくて、身を乗り出せるくらいなので、びびります。

20141129110109
橋を渡りきっての下り道。
積もった落ち葉が朝の雨でしめっており、めちゃくちゃ滑りやすくて、超怖い。

つづいて二本目の橋。
伯方・大島大橋
20141129111857
原付道の入り口

20141129111807
来島海峡大橋と比べてしまうと小降りに見えますが、十分大きいスマートなフォルムの吊り橋です。

20141129112057
こちらの橋は原付道は自転車や歩行者と共用です。
十分注意が必要ですが、全然自転車とか走っていませんね。皆無です。
しまなみ海道は自転車が凄く多いと聞いていたので、ちょっと拍子抜けです。

しまなみ海道3 - Spherical Image - RICOH THETA

橋の上のパノラマ、対岸の島の造船所がみえます。

20141129112014
ちなみに、各橋は通行料金50円がかかります(来島海峡大橋のみ200円)
自転車も本来は有料ですが、無料キャンペーン期間中。
料金所は無人なので、自己申告性というか良心に任せる方式。
(途中まではちゃんと入れてましたが、小銭が尽きたので後半はいい加減でしたけど)

つづいて三番目の端

大三島橋
20141129112809
路肩の青いラインに沿って走れば、原付・自転車道へ。

20141129112856
こちらの橋も自転車と原付は併用になっています。

20141129112930
鉄骨構造の美しいアーチがすばらしい!

しまなみ海道4 - Spherical Image - RICOH THETA

アーチのなかでパノラマ撮影。

Mape2757

えーと、まだ往路の半分も来てないけど、つづきます。

おまけ

20141129064348
タバコ屋なのか?カマボコ屋なのか?
(蒲鉾屋さんでした)

|

« 四国漫遊編、鳴門の渦潮と淡路島のエリア取り | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60764788

この記事へのトラックバック一覧です: 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ!:

« 四国漫遊編、鳴門の渦潮と淡路島のエリア取り | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ »