« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ! | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その3、尾道ラーメン食べて復路へ »

2014年12月 9日 (火)

四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ

※この遠征記は2014年11月29日のものです。

四国漫遊編、しまなみ海道原付の旅の第2弾です。
Guide
地図画像はこちらのサイトから

つづいて、4つめの橋

多々羅大橋へ

20141129114015
橋を渡る前に、近くの展望台へちょっと寄り道

20141129113906
なんか、自衛隊の救難ヘリが展示してありました。

20141129114802
高い主塔を誇る、すばらしい大きさの橋ですね!

しまなみ海道5 - Spherical Image - RICOH THETA

展望台からの眺め

20141129114818
日本最大の斜張橋だそうです。
斜張橋といえば、地元神奈川の横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋は有名ですが、あちらは首都高速の自動車専用道路なので、橋の真ん中で停車なんかできませんからねぇ。

20141129114820
橋に向かってのアプローチ部。

20141129114857
原付専用道の細いループを登っていきます。

20141129115020
おお!主塔がめちゃ高い

20141129115025
ここは原付専用道路になっていますが、あまり幅は広くありません。

20141129115040
この橋を渡っているとビル風みたいに島の間を抜ける強い風にみまわれます。
走っていて、スクーターがふらつくぐらいの強風です。
そして、柵がさほど高くないうえに、真下は数十m以上の高さの海。
高いところは全然平気なはずのアニマルさんですが、おもわずキ〇タマがキューっとなります。
すげー怖いよ!

スクーターでこの怖さですから自転車だと、もっと怖いんだろうなぁ。
ちなみに、しまなみ海道の各橋は風速15m以上で、原付・自転車道は通行止めになるそうですが、このときは確実に10m以上の風速吹いてましたね。

20141129115454
渡りきって、反対から撮影。
ちょっと雲が多くて暗い感じの写真ばかりなのが残念。

20141129115624
多々羅大橋を渡ると、広島県に入りました。
急に道路の広告が増えて賑やかに。

そして次の橋の生口橋に。

20141129121239
こちらも斜張橋ですが、多々羅大橋よりやや小ぶり。

20141129121418
紅葉し始めた山と橋。

20141129121441
ここも、原付と自転車は別道路。

20141129121528
ここも風が強かったですが、原付道の外側に斜張橋のケーブルスペースがあって、柵が二重になっており、すぐ海というわけでは無かったので走っていて怖いということはなかったです。

しまなみ海道6 - Spherical Image - RICOH THETA

 

橋の中央部付近。

20141129121824
橋を渡って、反対側から撮影。

さて、次はいよいよ、しまなみ海道でもっとも雄大で美しい橋である
因島大橋へ向かいます。

因島大橋は昨年の2013年3月に1周目のエリア取りのときに、路線バスで訪れています。
(以前の日記)
西域制覇編、しまなみ海道の因島大橋。西エリアをクリアー!

20141129123219
さてそれでは、まいりましょう!

20141129123425
原付道は橋の下なのかーーー!!!

しまなみ海道7 - Spherical Image - RICOH THETA

鉄骨の構造などの橋の基部がよく分かってそれはそれで面白いんですが、
眺め的には大変残念な感じですね。

しまなみ海道8 - Spherical Image - RICOH THETA

くやしいので、反対側に渡ったところで、パノラマ撮影。

ところで、どの写真も自分以外の他のバイクや自転車、クルマはほとんど写っていませんが、狙ってやったわけではなく、実際にこの日は交通量がかなり少なめでした。
おそらく午前中の天気予報が前日まで悪かったためだと思われます。
みかけた原付は地元民がほとんどで、ツーリング風は数台だけでした。

20141129124003
この翌週に四国は山間部で大雪になりますが、この日は雲が多いものの、気温は高い小春日和。

20141129124552
最後の尾道へ向かう途中に、しまなみ海道のルートではないですが、
向島と対岸の岩子島を結ぶ、向島大橋
 
トラス構造とアーチが複合したような不思議な構造ですね。

20141129144003
よくみたら2本の橋が重なって見えていただけでした。

20141129124621
鮮やかな赤に塗られた橋と、鮮やか紅葉

20141129125835
そして、最後に本州にわたるのは尾道大橋。
2本の橋がありますが、手前側が有料道路の新尾道大橋、向こう側が原付も渡れる旧橋。
橋は道幅も狭く、原付・自転車の専用道や歩道があるわけではないので、途中で停車して写真撮るのは困難なので、渡ったあとに撮影。

20141129131148
といった感じで、10時半くらいに今治を出発して、往路は飛ばして2時間くらいで行くつもりだったのですが、途中で撮影したり展望台に寄り道したり、道の駅でトイレ休憩したりして、3時間以上かかってしまっていますが、広島県は尾道に上陸です。

次回、復路編につづきます。

おまけ
20141129140503
今治市の原付ナンバープレート。
しまなみ海道と自転車がデザインされています。
なかなか格好良い。

|

« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ! | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その3、尾道ラーメン食べて復路へ »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60780694

この記事へのトラックバック一覧です: 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ:

« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ! | トップページ | 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その3、尾道ラーメン食べて復路へ »