« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ | トップページ | 四国漫遊編、松山で市電に乗って道後温泉に入る »

2014年12月10日 (水)

四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その3、尾道ラーメン食べて復路へ

※この遠征記は2014年11月29日のものです。

まだまだつづく四国漫遊しまなみ海道の旅です。

さて、そんなこんなで3時間くらいかけて尾道につきました。20141129130456
前回のブログで自転車が少ないと書きましたが、因島から尾道にかけては結構走っていました。
やっぱり尾道を起点に走る人が多いみたいですね。

20141129132401
お昼時もだいぶすぎて、お腹がぺこぺこなので腹ごしらえに。
やっぱりここは尾道ラーメンでしょう!
尾道駅周辺は観光客が多くて、有名店は結構長蛇の列でならんでますが、あまりガラガラの店に入るのもヤバい感じ。
とりあえず、バイクが駐車できて、行列の長さもほどほどの壱番館という店に

20141129133145
並んでいる人の話によると、かなり有名店らしい。
ボリュームがあってオススメの角煮ラーメンを注文。

20141129134319
角煮はやわらかくて美味しいですが、ネギやら野菜もいろいろのっているけど、ちょっと味がぼやけた感じ。なんかスープもぬるいし。
尾道ラーメンはあんまりトッピングするよりもシンプルなほうがいいですね。

20141129134531
餃子美味しかったです。


尾道は有名なラーメン屋さんがいっぱいあるので、また食べに来たいですね。

20141129142847
お昼も食べたし、それでは今治まで戻りましょう!!
そのまま同じルートを戻るのも芸が無いので、尾道港から対岸の向島まで渡船に乗ってみました。(乗り場がわからずにだいぶ迷ったけど)

尾道渡船 - Spherical Image - RICOH THETA

船内の様子。対岸までは5分ほど。原付は80円。
乗ったあとにオッサンがお金を集めにきます。

20141129143130
こちらの渡船は自転車の場合は推奨ルートになっています。
尾道大橋は路肩が狭くて自転車は危険ですからね。
ちゃんと渡船乗り場まで青いラインがつづいています。

Guide_2
こちらのサイトでも渡船がルートになってます。

ふたたび走行開始、適当に橋の写真を撮ったりしていきます。

しまなみ海道9 - Spherical Image - RICOH THETA

因島大橋をのぞむ海岸。

暗くなる前に今治まで帰りたいので、基本はノンストップ。
復路もトイレ休憩以外はなしでひたすら走り続けます。


20141129144614
橋のアプローチは基本急勾配。
自転車だと結構大変ですが、125ccのバイクならグングン登ります。



20141129145313
因島大橋

20141129145209
再び因島大橋の下を通ります。

20141129153147
往路で吹いていた強風は収まってきてます。

しまなみ海道復路1 - Spherical Image - RICOH THETA


往路では余裕がなくて、パノラマを撮影できなかった、多々羅大橋

しまなみ海道復路2 - Spherical Image - RICOH THETA

多々羅大橋の展望台

20141129154406
高い主塔が晩秋の夕日に染まり初めてきています。

20141129154440 展望台からのパノラマ

20141129160015
大三島橋

しまなみ海道復路3 - Spherical Image - RICOH THETA


秋の陽はつるべ落としなので、追い立てられるようにペースアップ。


20141129161443
伯方大島大橋

しまなみ海道復路4 - Spherical Image - RICOH THETA

20141129161945
このルートは、片道76km。

20141129163302
そして今治へ、最後の来島海峡大橋。
すっかり夕日にそまってきています。

20141129163042
さて行きますか!

20141129163047
アプローチ部

しまなみ海道復路5 - Spherical Image - RICOH THETA

来島海峡大橋のうえ


20141129163933
日没直前の夕日が真正面で目に入って、まぶしくて走りづらい。

しまなみ海道復路6 - Spherical Image - RICOH THETA

最後に展望台からもう一度撮影
20141129164940
船と比べるといかに巨大な橋なのか分かります。

20141129165009_2 パノラマ

ちょっと慌ただしかったですが、1日かけてしまなみ海道の全行程を往復しました。
天気も心配していた雨にならず、この時期にしては気温も高くて快適。


大きい橋からの雄大な瀬戸内海の素晴らしい眺めを堪能して最高に楽しいツーリングでした。
またぜひ来てみたいですね。

20141129161021_2
日没直前にバイク屋に到着。
ガソリンは空になる直前で、4.5リットルほど消費。
さすがに燃費いいですね。
走行距離は往復で180kmほど。

7時間以上走りましたが、このバイク(PCX125)はシートが薄くて固くてイマイチでしたね。
シート下のトランクスペースも小さくてあまり荷物入らないし。


20141209191835
GPSロガーでとった今回の走行データ

20141209191734
GPSの走行データ。
あまり寄り道はしてないですが、途中で道間違えたりしてますからね。

需要があるかわからないですが、KMLデータをアップしておきます。

レンタルバイクを返却して、今治駅までタクシーで戻り、この日の宿泊場所の松山までの特急に飛び乗ります。

つづきます。

おまけ
20141129160514
台湾の観光客向けのポスター。
海外からのツーリストもいっぱい来て欲しいですね。

|

« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ | トップページ | 四国漫遊編、松山で市電に乗って道後温泉に入る »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60785425

この記事へのトラックバック一覧です: 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その3、尾道ラーメン食べて復路へ:

« 四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その2、今治から尾道へ | トップページ | 四国漫遊編、松山で市電に乗って道後温泉に入る »