« 四国漫遊編、アンパンマン列車にホビートレイン、そしてニセ新幹線と再開 | トップページ | 四国漫遊編、高知の巨大龍馬像をみて路面電車に乗って帰る »

2014年12月17日 (水)

四国漫遊編、しまんとの奥地の海洋堂ホビー館を再訪

※この遠征記は2014年11月30日のものです。

四国漫遊編のつづきです。
高知の四万十川の奥地にある、海洋堂ホビー館訪問です。

ちなみに、前回は2013年の1月に訪問しています。
(前回訪問時の日記)
南国麺紀行編、番外・四万十の奥地の海洋堂ミュージアム

海洋堂ホビー館四万十
(公式HP)

20141130114008
前回は、クルマで訪問しましたが、今回は鉄道とバスで行くことによっていかに僻地なのかを存分に味わいます。
最寄りの予土線の打井川駅から路線バスで、山道をどんどん登ります。
途中は携帯が圏外になりますが、10分ちょっとで到着。

20141130114047
途中はクルマのすれ違いが困難なくらい細い道ですが、道路を大拡張工事中です。
これはホビー館のためでしょうか?
さすが、このあたり唯一の観光資源だけのことはあります。

20141130115924
ついたー!
この日は天気はイマイチですが、結構お客さんきています。
バスで来ている年配のグループや、自家用車が7-8台が駐車場に。

20141130124925
右側が前回訪れたときに工事していた拡張された部分。

20141130115546
それでは早速入場します。
大人800円。

20141130115725
若干展示品やレイアウトも変わってますね。

20141130115823
よつばとダンボーの等身大がお出迎え

20141130120050

よつばとリボルテック【お化粧なおしBOX】
もちろんリボルテックも販売しています。

20141130120318
前回紹介した部分は若干割愛しときます。


海洋堂ホビー館1 - Spherical Image - RICOH THETA

日本のミニチュアコレクションのコーナー。
この建物が小学校の体育館だったときに講堂のステージだったところですね。

20141130120444

20141130120437
和風のプラモって昔は色々ありましたよね。

20141130120850
ガレージキットもいっぱい。

それでは増築された新しい部分の建物へ。

20141130121011
高知ゆかりの漫画家をメインにしたマンガコーナー。
結構いっぱいありますね。

20141130121148
この日に行われていた企画展。

友永詔三作品展

9月13日~1月12日
人形劇『プリンプリン物語』の人形美術を担当した友永詔三さんの作品展。

20141130121302
プリンプリン物語はリアルタイムで見ていました!(再放送だったかな?)
おっさん世代ですね....

20141130121353
なんでもNHKにもビデオテープは残っていないため、幻の作品。
当時のビデオテープは高価だったので、再利用されてしまったのです。

20141130121406
人形の保存状態は、おどろくほど良好です。


保存状態よい

20141130121359
ルチ将軍!!

20141130121708
トラウマになるくらい強烈なキャラでしたね。

20141130121648
他にもデザイン画も多数。

20141130121225

20141130121635

20141130121626

20141130121731

プリンプリン物語以外の絵画や造形物も展示されています。

一通り他の展示も。

海洋堂ホビー館2 - Spherical Image - RICOH THETA

海洋堂ホビー館3 - Spherical Image - RICOH THETA


フロアの真ん中の海賊船の上部からパノラマ撮影。

20141130122358

20141130122412
あとやっぱりお気に入りのチョコエッグをはじめとした食玩コーナーが好き。

20141130122308
かつて日本中が熱狂した大ブームでした。
海洋堂がここまでビッグになったきっかけでしたね。

20141130122107
ハムスターとかもありました。

20141130122021
チョコエッグも良かったですが、こちらの海洋生シリーズが好きでした。

20141130122945
日本の物産シリーズも面白かった。

海洋堂ホビー館4 - Spherical Image - RICOH THETA

いつか自分でもこんな、コレクションルームを造ってみたいものです。
大量に集めた食玩も今は箱にしまってあるだけですからねぇ。

お土産に海洋堂のフィギュアなどを購入できます。
20141130124504
フロイラインにアイマスシリーズ!

あまり売れなかったみたいで、全キャラ出る前にシリーズが打ち切りにorz

     
フロイラインリボルテック 006 双海真美

      
フロイラインリボルテック 006 双海真美 スノーストロベリー (フレンドショップ限定)

真美フィギュアは今でも買えますよ。
可動範囲も広くて良いできですのでオススメ!
いまならバーゲンプライス!!

もちろん、亜美もセットで買いましょう。

大正義主人公の春香さんもね。

ガチャコーナーも充実!!
20141130124109
これは!
出回りが少なくて見かけなかった、諸星大二郎コレクションが!
さっそく回さないとね!

20141217201036
稗田礼二郎先生と斉天大聖をひきました。アタリですね!

20141130125014

ヴィニイルファクトリー カツオ人間


高知の不気味なゆるキャラ「カツオ人間」
アタマの断面がグロイ。

20141130114335
こんなものも売ってます。
1/2.4スケールの3号F型戦車。140万円。

20141130124920
外には子供があそべる遊具も充実。

名残惜しいですが、ホビー館をあとにして、高知に向かいます。
予土線のダイヤの関係で1時間ちょっとしか見学できないのは残念ですが、また再訪したいと思います。
何度きてもイイ場所です。

来たときと同じ路線バスに乗って、打井川駅に戻ります。

四国漫遊編はあと一回だけ続きます。


今回の遠征のタイムスケジュール。

Yoteilip_1
やはり四国の鉄道移動は予土線の本数の少なさが色々とネックですよね。

|

« 四国漫遊編、アンパンマン列車にホビートレイン、そしてニセ新幹線と再開 | トップページ | 四国漫遊編、高知の巨大龍馬像をみて路面電車に乗って帰る »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60825406

この記事へのトラックバック一覧です: 四国漫遊編、しまんとの奥地の海洋堂ホビー館を再訪:

« 四国漫遊編、アンパンマン列車にホビートレイン、そしてニセ新幹線と再開 | トップページ | 四国漫遊編、高知の巨大龍馬像をみて路面電車に乗って帰る »