« 九州対馬編、対馬に上陸!なぞのセンそば食べて、橋見学 | トップページ | 九州対馬編、かつて東洋最大454mの威容を誇ったオメガ塔跡地を見にいく »

2014年12月24日 (水)

九州対馬編、ツシマヤマネコと対面して温泉に入ったり

※この遠征記は2014年12月13日のものです。

対馬観光の続きです。

20141213140813
対馬を北上して、途中で道を間違えたりしながらも、2時間弱ほどで上島の北部にある、野生生物保護センターへ向かいます。

20141213142042
ここが保護センターだね。

対馬野生生物保護センター
見学は無料ですが、入り口で住所などを記帳します。
みると韓国からのお客さんも結構おとずれているようです。

20141213142206
他にだれも見学客がいません。ヒマなのか?係の男性がつきっきりでアテンドして説明してくれました。
ツシマヤマネコは全長80cmくらいと家猫よりもちょっと大きくて、独特の模様と太い尻尾が特徴です。

20141213141923
いた!

20141213142155
眠そうですね。

20141224235108
リアルアイモバアイテムゲット!

20141213142501
野良猫観察が趣味のアニマルさんとしては、施設のなかで一匹だけで暮らすヤマネコは自由が無くてちょっとかわいそうな気もしますが、保護のためですからね。

20141213142224
名前は福馬といって、福岡の動物園生まれです。

20141213143628
ヤマネコの生態や対馬の動植物を紹介する展示コーナーもあります。

20141213143136
これは剥製。

20141225001800
記念にもらったステッカー。
保護費用を寄付してクリアファイルも貰いました。

20141225001656
交通事故による被害は大問題みたいで、レンタカーを借りたときにもこんな注意が。
なんとか保護がうまくいって生息数が増えて欲しい物ですね。

この保護センターにいる動物は、ヤマネコ一匹だけなんですが貴重な動物なので見学する価値はありますよ。


ということで、対馬訪問の目的のひとつのネコちゃんも見たので、次に移動します。

20141213145607
自然保護センターの近くに案内版があった展望台に行って見ました。

20141213145808
写真では分からないですが、設置してある望遠鏡でぼんやりとかすんだ向こうに釜山の高層ビル街がうっすらと見えました。

20141213145836
対岸の釜山までは50km

20141213150455
画面の左上に注目。

ドコモの電波が弱いと思ったら、電波が韓国のキャリアのローミングに切り替わりました!
日本にいながらにして、すでに海外という状況。

20141213150414 対馬海峡が広がり眺めは最高ですね。

対馬3 - Spherical Image - RICOH THETA

絶景

20141213150818
眺めが良いところって楽しいよね!

Map2
こういった展望台は対馬の各所にあるのですが、とても全部まわっている時間はありません。

次の目的地の温泉へGO!


20141213151012
またもや山道をぐねぐねとかっとンで行きます。
レンタカーのヴィッツの足回りが悲鳴をあげますが無視。

20141213153311
ガイドブックで最もオススメだった「渚の湯」に来ました。


20141213155233
海の近くにあり、玄界灘を行き来する船も見える眺めの良い温泉。

20141213154316
浴室も広く清潔で快適でしたが、この日は設備の関係で露天風呂が閉鎖されていたのが残念でした。
空いていて地元民が数名いただけで、途中から貸し切り状態に。
あちこちにハングルの注意書きが貼られていましたので、韓国人の観光客も多く訪れるのでしょう。

次回は、対馬訪問の最大の目的のオメガタワーに向かいます!

|

« 九州対馬編、対馬に上陸!なぞのセンそば食べて、橋見学 | トップページ | 九州対馬編、かつて東洋最大454mの威容を誇ったオメガ塔跡地を見にいく »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60860517

この記事へのトラックバック一覧です: 九州対馬編、ツシマヤマネコと対面して温泉に入ったり:

« 九州対馬編、対馬に上陸!なぞのセンそば食べて、橋見学 | トップページ | 九州対馬編、かつて東洋最大454mの威容を誇ったオメガ塔跡地を見にいく »