« 九州対馬編、ツシマヤマネコと対面して温泉に入ったり | トップページ | 九州対馬編、対馬→長崎→五島福江→福岡とオリエンタルエアブリッジで空の旅 »

2014年12月25日 (木)

九州対馬編、かつて東洋最大454mの威容を誇ったオメガ塔跡地を見にいく

※この遠征記は2014年12月13日のものです。

対馬観光への続きです。

次はいよいよ、対馬訪問の最大の目的地であるオメガタワー跡に向かいます。


  問題:スカイツリーができるまで、日本の一番高い建造物は?

  答え:
 東京タワー ←間違い

      対馬オメガ塔 ←正解


そう、対馬オメガタワーとは454mの東洋一の高さを誇った大鉄塔だったのです。

Wikipedia:対馬オメガ局から引用
----
1970年
(昭和45年)10月に建設工事が開始され、1975年(昭和50年)に完成。東洋一高い塔となる。同年5月から運用を開始し、GPSの普及に伴い1998年(平成10年)9月末に閉局。翌1999年(平成11年)1月に解体を開始し、2000年(平成12年)3月末に完了した。

解体開始までは地上454.83mの日本一高い建造物であった[3]。また、2010年(平成22年)9月13日東京スカイツリーが地上461mになるまでは、日本史上最も高い建造物であった[4]。現在は日本史上2番目に高い建造物である。
----

アニマルさんがオメガ塔の存在を知ったのは、若いときに船舶免許を取得時、まだ当時はGPSの普及過渡期で、必修内容としてオメガ航法に関しての内容があり、その時に講師の方がこの大鉄塔の存在を教えてくれたのでした。
そして、いつか見てみたいとあこがれていたのでした。

あまりネットで検索しても詳しい情報が無いのですがが、こちらのサイトに当時の写真があります。

Omega01

ちょっと大きすぎてスケール感がイマイチ、ピンと来ないです。
周囲に張られた多数の空中線(アンテナ線)

解体されてしまったとはいえ現地に行って跡地だけでも是非確かめてみたかったのです。

Map4
で、行き方なのですが、カーナビでいくら検索しても目的地が出てこないので、直接地図上で、船志湾の半島の先端を指定してください。
(今回の対馬観光のルート)

Map3
県道39号線からの分岐は、ややわかりにくいですがこの看板が目印。
※「オメガ森林公園」で検索してもヒットしない。

20141213161553
あとは、半島の先端へむけて細い一本道を進んでいくだけ。

20141213162115
みえた!あれです!

20141213161804
おお、これが、あの大鉄塔の跡地か!
はるばる対馬まで来た甲斐がありました。

20141213161908
概要の説明看板

20141213161902
当時の様子、大量の空中線が張られていた光景が見たかった。

Tsushima_omega_tower_1977_2
国土交通省の航空写真から

20141213162612
せっかく造ったのに、壊しちゃったのは残念だね。

20141213162404
基部には、当時の支えのワイヤなどに使われた、巨大なパーツが無造作展示というか、転がっています。

20141213162348
碍子や巨大な基部の一部。

20141213161933
そして、これが切断された塔の一部。
あれだけの高さああったのに、ずいぶんほそいんだなぁという印象。
内部にハシゴがあって、メンテのために上り下りができたようですが、450mもハシゴを上り続けるのは悪夢以外のなにものでも無いですよね(^_^;)

対馬オメガ森林公園 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ画像

20141213162518
基部のアップ

20141213162737 周りには民家とかなんにも無いです。
自分以外は人っ子一人いません。

20141213162207
夕暮れに染まる、哀愁あふれる光景

Omega32
かつてはこんな勇姿がみられました。
ハワイやオーストラリアにあったオメガ塔は現存しているものもあるそうで、壊してしまったのは本当に惜しいことです。

Map1_2
あとで地図を見ていたら、こんなものを発見。
当時は多くの職員が運用に従事していたのでしょう。

それでは、日も暮れてきたので厳原港へ戻ります。

Map2_2
帰り道は、内陸の国道ではなく海沿いの県道を南下。
狭くてくねくねの道をWRCのSS並のペースで飛ばしていきます。
予定の18時ちょうどにトヨタレンタカー厳原店に到着
走行距離は190kmほど。

ということで、対馬最大の町の厳原港の近くのホテルにチェックイン。

20141213201352
晩飯を食べに、繁華街にくりだしました。
ホテルもそうでしたが、韓国人の観光客がいっぱい来ています。
円安で免税の買い物が目当てなようです。昼間は全然見かけなかったですが...
おかげでどの飲食店も満員で入れなくて困りました。

20141213184306
ちなみに、対馬にはモスバーガーもあります。

20141213185416
コンビニもココストアとポプラ、大手家電販売店やツタヤもあります。
離島とはいえ結構発展していますね。

20141213201244
ホテルの裏手の地元民向けの小さい居酒屋を発見。
「居酒屋 汐路」

20141213191021
刺身盛り合わせに鯵の南蛮漬けにビール!!
刺身は、イカもサバもブリも超美味いです!!

20141213195928
おでんに、対馬で作っている焼酎「やまねこ」

20141214100408

帰りに空港でお土産にも購入しましたよ。


25゜720ML 対馬やまねこ 化粧箱入り

20141213182816

そうそう、対馬や五島に行く方にぜひオススメ!
こちらの「しまとく通貨」を購入しましょう。

1000円券6枚つづりを5000円で販売しており、1冊で1000円分もお得。
今回は3冊(1万5千円で1万8千円分利用可)を到着時に空港で購入。
レンタカー代(ガソリン代ふくむ)に、ホテル代、居酒屋代、空港でのお土産購入ときっちり使い切りました。

次回、飛行機のりまくりで五島エリア取り。

|

« 九州対馬編、ツシマヤマネコと対面して温泉に入ったり | トップページ | 九州対馬編、対馬→長崎→五島福江→福岡とオリエンタルエアブリッジで空の旅 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60861752

この記事へのトラックバック一覧です: 九州対馬編、かつて東洋最大454mの威容を誇ったオメガ塔跡地を見にいく:

« 九州対馬編、ツシマヤマネコと対面して温泉に入ったり | トップページ | 九州対馬編、対馬→長崎→五島福江→福岡とオリエンタルエアブリッジで空の旅 »