« 雪国紀行編、三連休乗車券で雪国を鉄道大移動の旅 | トップページ | 雪国紀行編、新潟から郡山経由で山形へ »

2015年1月15日 (木)

雪国紀行編、越後の温泉と酒と肴を満喫するぞ!

※この遠征記は2015年1月10日のものです。

雪国紀行編のつづきです。

20150110152019
というわけで、ガーラ湯沢駅に到着!

20150110152129
この駅は改札を降りると駅そのものがスキー場施設。
元々は車両基地だったものをスキー場として開発したそうです。

20150110153212
湯沢といえば温泉!
ガーラにも温泉はありますが、1500円と高いのでスキー場の無料バスで別の温泉に。

20150110153434
ガーラ湯沢から数分の湯沢高原スキー場へ。

20150110153559
こちらの温泉は500円と安いうえに、あまり混んでいないので穴場ですね。
ゆっくり暖まりましょう!

20150110162428
温泉も入ったので、無料バスで越後湯沢駅にもどります。
駅前の電話ボックスの上に積もった雪がすげーですね。

20150110162756
今日の最大の目的が、駅内にあるこちらの施設。

20150110162800
500円で5種類の新潟のお酒が味わえる、利き酒コーナー。

20150110165223

うわーお酒がいっぱい!!!
500円はらってメダルを5枚とお猪口を貰います。
そのメダルを機械にいれれば1杯分のお酒がでる仕組み。

20150110163114
あくまでも利き酒コーナーであって、飲み屋ではありませんので、食べ物は売っていません。(きゅうり1本100円だけあった)
日本酒のつまみといえば、やっぱ塩だろ!!
しかもこんなに種類があります。
塩をちょびっとずつ舐めながらお酒をいただきます。

20150110164054
つまみに味噌もあります。
さすが米どころだけあって、味噌も美味いです。

20150110163015
夕方の時間なので、スキー帰りのお客などで、結構な賑わい。
椅子などのくつろげるスペースもなく、基本は立ち飲み!

20150110165239
辛味噌も美味い!
キュウリにつけて食べたら最高。

Connect_1_2
10種類を次々とテイスティング。
あれ写真が1種類たりないな?

20150110164923


さすがにこれ以上飲むと味の違いが分からなくなってくるので、10種類で切り上げましょう。
この日の飲んだ中でベストはこれ

お土産に買いたかったけど重いので断念。まだ遠征序盤ですからね。通販で買いましょう

20150110170842
温泉も入って、ちょっとほろ酔になって鉄道移動を再開しましょう。

20150110170854
上越本線で長岡行に。

20150110190500
長岡で乗り換えて、本日の宿泊地の新潟を目指します。

20150110193030
長岡から快速くびき野で新潟に到着!
特急車両をつかった豪華な快速ですね。

20150110195655
新潟についたけど、アイモバエリア取りのために、もうちょっとだけ鉄道に乗ります。
こちらも特急車両。

20150110195828
310円の座席整理券を買って新発田まで行きます。

20150110204255
428エリア目!

20150110203614
新発田で折り返し。
駅名が筆文字風で格好良いぞ。

20150110212117
帰りは快速べにばなという、ワンマンのキハ。

20150110212523
新潟に戻ってきました。これで本日の移動は終了!

20150110212936
新潟駅は絶賛高架工事中。
あと何年かするとすっかり様変わりするんでしょうね。

晩ご飯はホテルのオススメの新潟駅近くの飲み屋さんへ。

20150110214316
ビールはモルツに、突き出しは「カブとベーコンの和え物」
突き出しが美味いと、その店がアタリかどうか大抵分かりますが、これは期待できそう。

20150110215128
刺身盛り合わせ(カンパチ、ツブ貝、イカ、ソイ)
うーんんん!!美味い。特に日本海側ならではのソイがいいですね。
それににお新香もグッド。

20150110220743
肉が食いたくなったので、焼き肉(新潟牛カルビ、桜肉=馬肉、牛タン)
焼き魚は柳ガレイ。
どちらも安定のうまさ。

20150110224821
酒は佐渡の「至(いたる)」
カマンベールの酢味噌和えは面白い味だったけど、日本酒には合わないな。

カウンターで隣の席の地元の女の子と話しながら、結構な深酒てしまいました。
旅先で一人飲みしてると、大抵話しかけられるのって女性なんですよね。
日本全国47都道府県に行ったことあるというと驚かれますが、旅関連のハナシのネタは困らない人間です。

といったあまり遅くならないうちに切り上げてホテルに戻ります。

つづく

おまけ
20150110203800
あまり見たことない地元ブランド?のチューハイ。

 

|

« 雪国紀行編、三連休乗車券で雪国を鉄道大移動の旅 | トップページ | 雪国紀行編、新潟から郡山経由で山形へ »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/60974415

この記事へのトラックバック一覧です: 雪国紀行編、越後の温泉と酒と肴を満喫するぞ!:

« 雪国紀行編、三連休乗車券で雪国を鉄道大移動の旅 | トップページ | 雪国紀行編、新潟から郡山経由で山形へ »