« 信州温泉編、3日目前編、馬肉うどんと上田電鉄で別所温泉に | トップページ | 駅メモ激闘編、鹿島臨海鉄道イベントでガルパン聖地大洗に »

2015年4月14日 (火)

信州温泉編、3日目後編、豪華列車ろくもんと最後の長野新幹線

※この遠征記は2015年3月8日のものです。

信州温泉編のラストです。

温泉も入ったので、それでは帰路につきましょう。

20150308135011_2
帰りも別所温泉駅から上田電鉄に乗ります。

20150308153111
こちらも色違いのラッピング。

20150308153134
車体に森の生き物が描かれたバージョン

20150308154620
今回の遠征は天気は雨はほとんど降られませんでしたが、曇りがちで今ひとつでしたな。

20150308161128
上田駅に到着。
地方私鉄は昨今は、どこも萌えキャラにちから入れてますよね。

20150308161238
自販機も萌えキャラ。

さて、それでは帰りのルートですが、長野から新幹線に乗る予定ですが、

その前にこいつに乗って行きます!!

20150308162639
しなの鉄道の豪華列車「ろくもん」

こちらは今年新登場した、いまはやりの「レストラントレイン」というやつです

20150308164124
キタ━(・∀・)━!!!!

(公式HP)
http://www.shinanorailway.co.jp/rokumon/

軽井沢と長野間を豪華な食事を楽しみながら走るのが売りで、
料金は食事フルコースこみで12000円もしますがチケットは即日完売です。

でも、1日1往復半あるうちの、最終の3号は食事はなしで1000円の指定席券だけで乗車できる列車で、団体のツアーとかがいないので、余裕で前日に指定席予約できました。

ということで、上田から長野まで乗車します。

20150308164158
ベースは古い電車ですが、大改造されて外観きれいです。

20150308164229
内部も驚くほどの豪華なデザイン。
まずは、個室のコンパートメントが並びます。

ちなみに「ろくもん」は地元の武将の真田幸村の旗印の「六文銭」が由来ですけど、六文銭は元々三途の川の渡り賃の意味なんだけど、列車の名前としてはあんまりふさわしくないような気がするんですけど、どう?

 

20150308164345
テーブルや床材などにふんだんに地元信州の木材が使われています。

20150308164401
こちらは景色を眺められるソファー席

20150308173450
こちらはカウンター席。今回あにまるさんが予約したのはこの席。

デザインはJR九州の特急などをてがけて有名になった水戸岡氏。
さすがの仕事です。

20150308165156
食事はつきませんが、車内の売店で、コース料理の内容をイメージした、
オードブルセット1200円というのを、つまみに購入して、
地元産のビールをいただきます。
オードブルは、なんか残り物をつめた、まかないみたいな感じですが、
これがウマイ!!美味い!
一品一品が手が込んでいて、かなり高級なお味。

ビールは信州の地ビール2本セット。こちらも美味しく堪能しました。

路線は元信越本線で線形がいいのであまり揺れずに乗り心地もいいです。

20150308164515
で、コース料理つきの1号と2号は常時満席なんですが、こちらの3号はがらがら、3両編成で10人も乗客がいない状態で2号車をほぼ貸し切り状態であちこちうろうろ。

上田からの途中乗車なので、わりとあっというまに長野到着。
ぜひまた乗ってみたいですね。

20150308174656
長野駅は、北陸新幹線開業を翌週にひかえて駅ビルが新装されており、駅の景色が一変していました。

20150308174025
あの日本一おいしいといわれた駅蕎麦がなくなった!

20150308174051
とおもったら、別の位置に移動しただけで、無事につづいていて安心。

駅ビルでお土産物を買ったら、新装セールでいっぱいおまけをもらいました。
金沢まで新幹線が伸びたら、長野は素通りされる危機なので、地元は頑張っているようです。

 

20150308175737
さて、それじゃあ帰りは長野新幹線!
来週からは北陸新幹線なので、長野新幹線としては最後の週末。

20150308175902
最新のE7系は初めて乗ります!

20150308175941
E7系の「あさま」が見られるのはいまだけ!

なお、駅メモ的には、途中の安中榛名駅を通過時にチェックインに失敗!
そこからレーダーで取る予定だった信越本線の横川までもふくめて、近いうちに再訪しないといけませんね。

20150308190511
新幹線は東京まで乗らずに高崎で下車します。

20150308190824
18切符の有効活用のために、ここからは湘南新宿ラインの直通で帰ります。
時間かかるけど、乗り換えの回数は同じだし、グリーン車でのんびり。

20150308204237
晩ご飯は高崎駅で買った「鶏めし」
高崎といえば「だるま弁当」が有名だけど、もうひとつの名物がこれ。
はじめて食べます。

20150308204317
濃いめの味付けの鶏肉がしっかりと主張しており、さすが老舗駅弁tの安定感といったところ。全国には鶏飯系の駅弁は数ありますが、上位にランクされるのは間違いなしですね。

といった感じの遠回りもふくめた、三日間の遠征でした。

Map_2

今回の移動ルート

一日目(赤色)
 小田急→横浜線→中央本線→飯田線→豊橋市電→天竜浜名湖鉄道→東海道本線

二日目(水色) 
 東海道本線→身延線→中央本線→小海線

三日目(紫色)
 しなの鉄道→上田電鉄(往復)→しなの鉄道(ろくもん)→長野新幹線→湘南新宿ライン

駅メモのまとめ

20150308225910

3月8日
 しなの鉄道
 上田電鉄別所線
 JR高崎線


ここまで140路線コンプリートを達成

20150308210036
もさもさもさもさっと、猛者称号をいっぱい獲得。

Clip_3
三日目の行程

小諸も温泉も楽しかったし、普段は一人旅ばっかなので、こんなかんじゆるくみんなとお宿で美味しいもの食べたり温泉入ったりおするのはホントに楽しかったですね。
あらためて、企画いただいたカロリにゃんPには感謝でございます

(忘れていけませんが、普通の旅行とはそういうもので、始発から終電まで列車に乗ったりしません)

次回は駅メモイベント大洗編

|

« 信州温泉編、3日目前編、馬肉うどんと上田電鉄で別所温泉に | トップページ | 駅メモ激闘編、鹿島臨海鉄道イベントでガルパン聖地大洗に »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/61418689

この記事へのトラックバック一覧です: 信州温泉編、3日目後編、豪華列車ろくもんと最後の長野新幹線:

« 信州温泉編、3日目前編、馬肉うどんと上田電鉄で別所温泉に | トップページ | 駅メモ激闘編、鹿島臨海鉄道イベントでガルパン聖地大洗に »