« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の記事

2015年7月 7日 (火)

東日本秘境編、最新のハイテク電車、烏山線のACUMMに乗ってみた

※この遠征記2015年6月28日のものです。

秘境遠征2日目の続きです。


20150628132059
東武宇都宮駅からJR宇都宮駅まで歩いてきました。
JRの宇都宮は北関東の大ターミナルだけあって大きい駅ですね。

20150628133150
で、本日の目的はこちらの電車に乗ることです!

20150628133204
ACCUM! (アキュム)

20150628133227

20150628133954
この電車は架線から充電して非電化区間はバッテリーで走るという最新のハイテク車両!(あくまでも電気のみで走るのでハイブリッドではありません)

20150628133326
これで烏山線を攻略しましょう。

20150628135545
ちなみに烏山線は駅メモ的には末端の烏山駅まで東北本線からレーダーが届かないので必ず乗る必要がある路線です。

20150628133335
車内にトイレのスペースかと思ったら巨大な機械室が鎮座しています。
バッテリーが床下にあるので、追いやられてきた機械が入ってるのかな?

20150628135718
車内の液晶モニターでこのような走行モードの表示が

20150628141453
減速時には回生充電もしますよ。

20150628143326
わりとあっという間に終点の烏山駅に到着。
終点の烏山まで乗車した乗客は数人だけ。

20150628143238
烏山駅にはACCUMに充電するための、専用の架線設備があります。

20150628143249
まだ1編成しかないし、すぐに量産するわけではなく、あくまでも実験的な運用の感じなんでしょうか。

20150628143508
バッテリーの走行距離の関係であまり長い路線に導入出来なそうなのもネックなのかもしれません。
(使えそうなJR東日本の路線で思いつくのは、左沢線か大湊線くらい?地方私鉄には導入費用が高そう)

20150628143641
ローカル線のわりに立派で新しい駅舎です。

20150628143617
烏山駅からは折り返さずに、路線バスで移動します。

20150628144003
すぐにやってきた市営バスで真岡鐵道の駅まで移動。
こういう盲腸線を短絡してくれるバス路線は駅メモ攻略の大きい味方です(*^_^*)

20150628144121
乗客は終点まで自分一人だけ、しかもかなりボロい車両ですね。

20150628152643
40分ほどで、真岡鐵道の市塙駅に到着。
木造の凝った造りの駅ですね。

20150628152915
赤と緑の派手な列車です。

20150628152951
単線でのんびりした景色のなかを進む




真岡鐵道 from アニマルさん on Vimeo.

20150628160712
SLのカタチを模した真岡駅を通過

20150628162047
途中でSLとすれ違いました!
ナイス目線w

20150628163601
終点の下館に到着。

20150628164226
ここからはさらに関東鉄道の常総線に乗ります。

20150628164955

20150628163619
こちらも一両編成の気動車。

20150628164351
そんなこんなで、駅メモで初めてのマスター称号である、
マスターオブ栃木をゲット(栃木県の全駅制覇)
地元の神奈川や東京ではなく、最初が栃木というのもアレですな(^^;)

20150628173745
茨城、福島、新潟の猛者称号(50%達成)もゲット!

20150628165610
しかし地方私鉄は料金高い。
せっかくJRのフリー切符なのに、今日は私鉄ばっかり乗ってるなぁ。

20150628170435
この週末きっぷってJR以外の私鉄でも一部使えるけど、真岡鐵道や関東鉄道は対象外なんだよね。旧国鉄路線は使えるというわけじゃないみたいだし。

20150628180738
途中で筑波サーキットからのイベント客が乗ってきて結構混んだりしたけども、守谷でほとんど乗客が降りていきます。
都内へ向かうひとは筑波エクスプレスに乗り換えるようですね。

20150628184141
で、終点の取手まで常総線を完乗して、常磐線に乗り換えて帰宅しました。
上野東京ラインのおかげで、グリーン券が東海道線の乗り継ぎで使えるようになったのは嬉しいですね。

6月28日
 
会津鉄道
 野岩鉄道会津鬼怒川線
 東武鬼怒川線
 JR日光線
 東武宇都宮線
 JR烏山線
 真岡鐵道
 関東鉄道常総線 

ここまで239路線をコンプリート

20150628182507
だいぶ北関東方面も埋ってきた感じですが、まだまだですね。
総合ランキングは久々の3ケタ復帰。

Map2
この日のルート

次回は四国攻略の予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

東日本秘境編、会津から宇都宮へ餃子を食うぞ!

※この遠征記2015年6月28日のものです。

遠征2日目です。
本日は会津から南下して栃木県方面の攻略となります。

20150628065036
例によって朝早くから行動開始。
会津若松駅から、会津鉄道のAIZUマウントエクスプレスに乗ります。

20150628065341
たいそうな名前の列車ですが、ほぼ各駅停車の快速列車で別料金もいりません。

20150628065446
座席は転換クロスシートで日曜にもかかわらずガラガラ。

20150628091018
窓と座席の位置が全然あってないのはご愛敬ですね。

20150628071354
元JR路線だった関係か、途中の会津田島駅まで週末パスが使えます。

20150628073604
この辺は味のある駅舎が多いですね。景色もいいですし。

20150628075747

20150628085408
ただ、トンネルが多いので電波が入りにくいし位置ゲームにはツライです。
福島を抜けて栃木にはいったとたんに快晴に

20150628102835
3セクなので栃木県に入ると野岩鉄道という路線に変わります。
さらに東武鬼怒川線に直通します。

東武鬼怒川線までをコンプ
(JR日光線もレーダーでコンプ)

20150628091237
会津若松から2時間ほどかけて、終点の鬼怒川温泉駅に到着。
特急きぬが停まってますね。

20150628091406
鉄道むすめがお出迎え

20150628092431
駅メモのイベントをクリアして

20150628091740
鉄道むすめスタンプもゲット!(まだ3つめ)

20150628092906
グッズはあんまりなかったですねぇ。売店で売っていたのはこのサイダーくらい。

20150628093331
とりあえず駅前をぶらついたりしてから、温泉には行かずに再び移動。

20150628094220
区間快速の浅草行きに乗車

このまま乗って入れば帰京できるが...

20150628110606
途中の新栃木駅で下車して乗り換え。

20150628110548
東武のなかでもマイナーさではURくらいのレアさの東武宇都宮線に乗って宇都宮まで行きましょう!
沿線には「おもちゃのまち駅」もありますよ!(今知った)

20150628120024
JRの宇都宮駅は何度も来ているけど、東武宇都宮駅は生まれて初めてきましたね。

20150628120204
ちょうど昼時だし、宇都宮といえばアレでしょう!餃子でしょう。
なんなんでしょうかね、宇都宮来たら餃子食わなきゃとかいう安易な発想はあきれますね。

20150628120640
というわけで、駅でマップも入手して、よさそうな店でも探すか!

20150628123638
と、思ったけど空腹に負けて駅を出て目の前にあった店にすぐ入っちゃった。

20150628121241
なになに、12種類の餃子とな、

20150628121439
美味しいけどハズレのもあるな。

チーズ餃子は人気とか書いてあったけど、ダメだよこれ


宇都宮餃子館 味わい5色餃子セット 5種類x8個 40個入

20150628120809
ちなみに、アニマルさんは餃子+ご飯は認めない派。
やっぱりビールでしょう!色々食べて満足

20150628123646
宇都宮中心街のアーケードをJRの駅方面にぶらぶら

20150628124150
そうか、鮫ちゃんは宇都宮出身なんだね。
なでしこ決勝進出おめでとう!
安藤選手は骨折してしまって残念。

20150628132559
もう一軒くらい餃子食おうと思ったけど、スタバでチョコフラペチーノ食ったら腹一杯になってしまった。これって凄いカロリーなんだよね。

20150628125713
二荒山神社を見ながらJR宇都宮方面へ、思ったより距離あって暑くなってきたなー

20150628125150
最近地方に増えている、典型的なヲタ集積ビル。
アキバのほうがなんでもあるけどオッサンは巡回は時間かかるし疲れる。普段の買い物ならこれくらいコンパクトにまとまってるほうが便利。
ちなみに、となりはデカいドン・キホーテ

20150628143249
次回はアレにのるぞ!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

東日本秘境編、只見線の旅で会津若松へ

※この遠征記は2015年6月26日のものです。

群馬から新潟に抜けて、秘境路線の只見線の旅です。

20150627105604
SLレトロみなかみ号を降りて、渋川から上越線の普通列車で水上へ。

20150627113608
水上で上越線普通列車に乗り換えてさらに北上して、新潟県を目指します。

20150627113753
車両は見慣れない「新潟色」に。

20150627114430
国境の山をトンネルで越えるのですが、このあたりには珍しい地下トンネル内に駅があります。
まずは湯桧曽駅。

20150627114354
そして、有名な秘境トンネル駅の土合駅

なかなか面白い駅なのですが、今回は停車時間にホームで写真を撮るだけ。

20150627114922
結構降車するひとがいますね。

20150627122940
列車はトンネルを抜けて新潟県へ、あれは鳥海山かな?

20150627130136
新潟県に入って、越後湯沢を過ぎた小出駅で下車します。

20150627130511
ここからは、JR東日本でも屈指の秘境路線である只見線に乗車します。

20150627130423

なんと、列車は1日4本!
朝昼夕夜にそれぞれ1本。
寝坊したら遅刻どころの騒ぎじゃないですね。

20150627130117
2両編成の気動車に意外と多い20名ほどの乗客を乗せて出発。

20150627133813
最初は田園地帯を抜けていきますが、しだいに山奥に。

20150627134655
雪深いところらしく、道路がずっと屋根に覆われてますね。

20150627142744
1時間強で列車は只見駅に到着

20150627143030
ここから先の路線は、実は2011年夏の集中豪雨で橋梁が流されたり、土砂崩れなどで路線が寸断されたために不通となっており、代行バスの輸送となっています。
Wikipedia(平成23年7月新潟・福島豪雨)

東日本大震災の直後だったために、あまり知られていないのですが大災害でした。

20150627143041
バスは列車から乗り換えた14人の乗客を乗せて出発。
代行バスなのでJRの切符があれば乗れます

20150627151626
途中で水害でまるごと鉄道橋が流されていました。
ダムを越えた激流で橋桁ごと完全に消失してます。

20150627144310
残った線路も4年間放置されて草にすっかり覆われており、ところどころ線路がどこか分からなくなるくらい。(画面の左のあたりは線路のあるところ)

地元の人も代行バスで困ってないみたいだし、岩泉線みたいに、このまま復旧されないで、廃線になるコースかもしれませんね。

20150627152358
1時間ほどバスに乗って、会津川口駅からふたたび列車の旅

20150627154845
急流の只見川沿いの山奥をさらに2時間ほど進みます

20150627172051
小出から4時間、代行バスも乗り継いで只見線を完乗!
本日の目的地の会津若松に着きました。

20150627172701
時間もあるから鶴ヶ城でも見にいこうかな、でも天気がイマイチだなー
と思ったら....

20150627172912
なにやら、駅前の広場で地酒のイベントが!

20150627173130
500円で5種類の福島産の地酒が飲めるというシステム
これは飲むしかないでしょう!

20150627173300
食べ物の屋台も色々出てますが、串かつをチョイス

20150627173548
串揚げは豚肉とささみも美味いし、アスパラ(地元名産らしい)の1本揚げが最高

20150627175849
日本酒も2周目に突入。
いっぺんに飲んだので銘柄とか全然覚えてないですけど、どれも美味かったです。

20150627175900
イワナの塩焼きと、朝どれトウモロコシ焼きを追加。
これは観光どころではありませんね。

20150627193101
日本酒も堪能したので、ホテルにチェックインしてから、駅近くの温泉施設に。
土曜の夜で人多かったけど、浴室がすごく広くて全然混んだ感じでなくて良かったです。

20150627205545
で喜多方ラーメンを食べて

20150627204017
喜多方ラーメンといえば、とろとろのチャーシューですね。
あんまりお腹すいてなかったけど、やっぱりチャーシュー麺たのめば良かった。
会津の夜を満喫して明日も朝早いので早めに就寝

Clip_4
この日のルート

6月27日
 
JR信越本線
 上信電鉄
 JR上越線
 JR只見線

ここまで231路線をコンプリート

一ヶ月ぶりに新しい路線が増えました(^^;)

二日目に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

東日本秘境編、SLレトロみなかみ号に乗る

※この遠征記は2015年6月26日のものです。

高崎駅に戻って、SLレトロみなかみ号に乗りますよ!

20150627095022
世の中にはSLマニアという人たちがいますが、アニマルさんは鉄道であちこちに良く出かけて列車に乗るのは好きなんですが、蒸気機関車(SL)には特に強い思い入れはなくて、ディぜール機関車も電気機関車も同じような好きレベルの感じです。

20150627094940
高崎から、さらに奥に向かうためにダイヤ的にちょうど乗り継ぎがよかったので、SLみなかみ号に乗ってみることにします。
指定券をえきねっとで別途510円で購入済み。

なんだかんだ言ってもホンモノは迫力あっていいもんですね。


プラレール S-29 ライト付C61 20号機蒸気機関車

ホームは乗客以外にも見物客や写真を撮る人で混雑してます。

20150627095337
けん引される客車もクラシカルですね。

20150627095515
乗客は8割方うまっている感じでけっこうな人気です。
台湾?からの中国系の人もいっぱいいました。外国の人にとってもSLはやっぱ珍しいんでしょうか。

20150627103744
車両の銘板をみたら昭和30年製造
たしかにレトロで古いですが、60年以上たっているとは思えないほど綺麗に手入れされています。

20150627095452
椅子も木製で超レトロ。

20150627104719
クーラーがないので窓をあけていると、石炭の煙が入ってきて、いかにもSLらしい匂い。

20150627100255
検札のスタンプもSL

20150627100746
車内販売でアイスを買うはずが、条件反射で酒を買ってしまう。
マイ旅行ルールで、午前中は酒は飲まないことにしてんだけど

20150627103147
ほどなくして、途中の渋川駅で停車。
撮影タイムで30分以上停車します。

20150627103341
みんなホームに降りて撮影するので人おおすぎ

20150627103417

20150627103409
SLといえばこの機械むき出しのメカニカル感ですよね。

20150627104051
引きで撮ると人とかぶってしまうのでアップで撮影

20150627104647

20150627104143
ホームでは特産品の土産の販売も

20150627103542

20150627103644

20150627103556
自分の乗ってる1号車の客車は半分が荷物室になってます。

20150627103603
荷物室は車内販売のストックルームとして使用

20150627103449
人が減ってきたので機関車をとる。

この機関車は引退して公園においてあったのを走れるように復元したんだって。
(Wikipedia)国鉄C61形蒸気機関車20号機
そういえばテレビかなんかのドキュメンタリーでみた記憶があるな。

20150627095252
お昼ご飯は出発前に高崎駅で買ったSL弁当。

20150627115212
「SL C61 物語」

D51弁当が和風でうまそうだったけど、今回の機関車にあわせてC61弁当をチョイス

20150627115311
機関車の先頭を模した立派な容器とお箸がついてます。
(容器とお箸はもちろんお持ち帰り)

20150627115715
中身は焼き肉ビビンバ丼。なぜに韓国風?
でも、なかなか美味しかったですね。


20150627104708
乗り継ぎの時間の都合で、SLとはここでお別れして、先行する上越線の普通列車でさらに北に向かいましょう。

20150627105206
渋川はへそ踊りが名物なのか

20150627104943
お!こんなお得が切符があるんだね。群馬の路線をまとめて乗りたい駅メモ勢にはいいかも。
地方の私鉄は料金が高いからねぇ

20150627104947
これは、鉄道むすめならぬ「鉄道アニキ」
車両の擬人化という方向は駅メモの「でんこ」に近いか?

次回さらに、奥地の秘境線へ


オススメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

東日本秘境編、秘境群馬で上信電鉄に乗りました。

※この遠征記は2015年6月27日のものです。

アニマルさんが今年になって、ずっとやってる「駅メモ」というゲームをおさらい。
20150104162616
簡単に説明すると、いわゆる「位置ゲー」というスマホのGPSを使ったゲームで全国の駅をユーザー同士で奪い合って競うゲームです。

より多くの駅数や路線を巡ると有利になるので、廃人は当然のように週末は各地に乗り鉄に出かけることになるという。
ちなみに、日本中にある駅は9183駅と605路線。

これのコンプを目指すとか、まったく狂気の沙汰ですね。
(公式)http://www.mobilefactory.jp/service/ekimemo

Aplistyle
(紹介記事、アプリスタイルから引用)

で、関東地方の駅はだいぶ埋ってきましたが、あまり行く機会がない、群馬&栃木方面の残り路線を埋めに向かうことにしました。

土曜日に日帰りで行こうと思ったけど、JR運賃を計算したら、週末パスという土日乗り放題の切符を使うほうが安いということがわかって、それなら日曜日も使わないと損じゃん!
てなわけで、安宿を確保して一泊の土日小遠征となりました。

20150627045753
まずは、例によって始発列車でスタート。
前日いろいろあって3時間弱しか寝てない(-_-)

20150627050303
夏至の直後だけあって、朝5時でも十分に明るいですね。
天候はあいにくの雨。

20150627055925
東京駅から新幹線に乗ろうと思ったら、
乗り過ごして目が覚めたら上野!!
いままでは東海道線は東京駅が必ず終点だったので、朝早い電車は爆睡できたのですが、上野東京ラインができてからこんな弊害が(T_T)

20150627060333
まあ、時間に余裕をみておいたので、新幹線は上野から乗ることにします。
赤羽まで乗り過ごさなくてよかった。

20150627061010
いやー、しかし上野駅の地下駅が遠い!

20150627060703
時間に余裕あるはずだったのに、結局、最深部の新幹線ホームについたら、東京駅から乗るはずだった列車がちょうど入線してきてギリギリ乗車。

20150627061210
どうにか自由席も確保して座れました。

上野東京ラインができて、東京駅のアクセスが改善した今となっては、上野に新幹線とまる意義ってほとんどないよね。使うのは京成沿線のひとくらい?

20150627065850
45分ほどで、ディープ群馬の入り口である高崎へ。

20150627065926
南関東の人間からすると、高崎はギリギリで関東で、その先は秘境というイメージですね。



↑このマンガ面白いです。オススメ

1b5ef4c6

(画像はイメージ)

20150627070205
高崎といえば達磨まつり、なのか?

20150627070509
とりあえず、駅のなかにある立ち食いそばで朝飯。
店の前のテラス席に陣取る。

20150627070539
この駅そば、立ち食いそば屋にも関わらずラーメンが美味しいらしいので注文しようとしたら「ラーメンは8時から」とのことで、やむなくゴボウ天そば。
でかいゴボウ天に、そばは大盛かとおもうほどいっぱいに濃い関東風つゆ。
味はいたって普通レベル。

20150627071600_2
それでは、たぶん地元民以外は乗ったことない秘境電車の上信電鉄に乗ります。

20150627071546
そういえば、世界遺産になった富岡製糸場が沿線にあるんだね。

富岡製糸場は以前に、クルマで見にいきましたね。20140629091420
圏央道編、群馬の世界遺産になった富岡製糸場へ

20150627071716
まあ、地元民以外ほとんど使わない路線だよね。
自分も駅メモやってなかったら一生乗ることなかったはず。

20150627073604
朝早いせいか観光客のすがたはなく、地元民のみ。

20150627072243
終点までの往復きっぷより一日券を買う方がちょっとだけ安い

20150627081422
なんじゃい

20150627082557
一時間ほどで終点の下仁田に到着。下仁田ねぎと蒟蒻で有名(らしい)

20150627082639
味わい深い歴史ありそうな古い駅舎をながめて、特に用事もないので来た列車で折り返してもどる。


ここからバスで横川あたりにいけると便利なんだけど、そんなモノは無い。
地方の盲腸線の往復は時間かかるし面倒だね。

20150627082753
上信電鉄は、地方私鉄にしては距離と時間がある、1時間あれば高崎から新幹線なら余裕で東京までいける。
「信」の文字が入っているのは昔は長野方面まで伸ばす計画があったためだそうだ。

20150627083018
しかし、ボロい車両に単線の線路なのに、結構スピード出すので新聞読んでると気持ち悪くなるくらい揺れるんだよね。

20150627084127

雨のなか田園地帯を走って高崎駅に戻ります。

20150627095101_2  
次回はSLに乗ります。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »