« 駅メモ激闘編、東京マスターとアイマスバナパスとアイモバオフ会 | トップページ | 東京外郭放水路編、首都圏を守るうわさの地下神殿を見学 »

2015年11月13日 (金)

川口編、あそぶゲーム展でレトロゲームとオートレースもいったよ

※この遠征記は2015年11月7日のものです。

今回は川口でレトロゲームやオートレースを堪能したりとかです。
(駅メモの路線開拓やアイモバの新エリアはありません(^_^;)

アニマルさんの趣味のひとつとして、むかーしのゲーム、なかでもゲームセンターのアーケードゲームを遊ぶというのがありまして、過去にも遠征であちこちと行っております。

(過去の関連日記)

近畿編、大阪のアタリアップライト専門ゲーセン「KINACO」に行ってきた
近畿編、大阪のピンボール専門ゲーセン「シルバーボールプラネット」に行ってきた
西域制覇編、大阪のゲーセンめぐりとレトロパチンコ店
九州満喫編、ハウステンボスのゲームミュージアムで、なつかしのレトロゲームを堪能せよ!!
九州満喫編、ハウステンボスで家庭用ゲーム機の歴史に触れたり、佐世保バーガー食べたり

20151107110815
今回は川口で開催されている「あそぶゲーム展」というのに行ってきました。
(あそぶゲーム展 公式サイト)

20151107104243
川口は東京から近いですが、駅を降りたのは初めてですね。

20151107131548
場所はSKIPプラザという駅からバス10分+徒歩5分というへんぴな場所にある典型的巨大ハコモノ。
休日なのに閑散とした科学館などがあります。

20151107110959
そのなかのNHKがらみ?の映像ミュージアムというところの企画展として開催中。
入場料はミュージアムの510円。
午前中で人が全然いない感じでしたが、中はそこそこいました。

結論からいうと、なかなか充実して展示内容で、しかもすべての筐体がプレイアブルで遊び放題と素晴らしい!
博物館の展示なので、ちゃんと学術的解説があるのもグッドでした。

それでは、展示をどどーんとご紹介。

※相変わらず写真が雑なのはご容赦ください

なお、展示物の撮影は私的利用に限り自由ですが、動画撮影は不可となっておりました。

20151107111303
ビジュアルプラザは映画や放送の仕組みや歴史が学べるミュージアムで、それらの展示や体験コーナーが充実していますが、時間の関係でスルーして、ゲーム展へ。

20151107111552
特別展示室入り口

20151107111633
口上
今回は「STAGE1 デジタルゲームの夜明け」のサブタイトルとなっています。;

20151107111847
年代別にビデオゲームの歴史を黎明期からたどっていく構成
「テニスフォーツー」
世界初のテレビゲーム。ちゃんと遊べるのがすごい

20151107112015
家庭用ゲーム機、オデッセイ
の試作機(復元)

20151107112032
オデッセイ量産機

20151107112207
ミニコンPDP-11(実物ではなく模型)

20151107112436
「スペースウォー」
プレイ画面、操作が右方向と前進なので難しい

20151107112327
世界最初のアーケードビデオ機、
「コンピュータースペース」

20151107112101
そして基板の展示も。
長崎にいっぱいあったのを持ってきたのかな?

20151107112042
当時の広告チラシ

20151107112509
「PONG」
この辺からは稼働当時に見たことあるモノが出てくる。

20151107113238
初期の筐体は内部に日立製のテレビが入っていた!

20151107112600
アタリの歴史、アタリがなければゲーム業界の発展はなかった。

20151107112633
「ブレイクアウト」
いわゆるブロックくずし。
オリジナル筐体ではなくセガのアストロシティに入ってた

20151107113106
「スピードレース」
タイトー製、当時大ヒットして本社ビルが新築された

20151107113354
「マンイーター」
ジョーズブームに便乗したゲーム。初めて見た
中村製作所(ナムコ)が輸入販売してたそうだ、初耳

20151107113740
のちの「海底宝探し」の原型?

20151107113917
「デスレース」

20151107114041
クルマで人をひき殺すゲーム。
社会問題になって回収騒ぎになって現存筐体はわずかだそうだ
これも初めて実物みた。

20151107114941
「スペースインベーダー」

20151107114346
もちろんご存じですね。テーブル筐体もあります。

20151107114444
開発当時の資料も展示

20151107114121
開発当時の秘話なども色々。
西角さんは以前、仕事の関係で色々お世話になった方。
スクリーンタッチペンを開発していたとは初めて知った。

20151107114539
「アステロイド」
ベクタースキャンの名作だが、この当時のアメリカ製ゲームは自機移動が、左右+前進というのが主流で、のちのジョイスティックで移動にくらべて格段に難易度が高いのだが、これは前出のスペースウォーの影響だと思われる。
テーブル筐体は日本オリジナル。

20151107114550
「フットボール」
すげー久しぶりに実物見た!

20151107114652
世界初のトラックボール採用ゲーム。
トラックボールで最後にヒットしたゲームといえばサイヴァリオンかな。
最近はとんと見かけなくなったデバイスです。

20151107114957
「ジービー」
ナムコ初のビデオゲーム
貴重なオリジナル筐体。パドルが小さくてプレイしにくいね。
今でも十分遊べる完成度。

20151107114731
「スターファイヤー」

20151107115422
エキシディ製、タイトーがライセンス生産してた疑似3Dゲーム。
スターラスターのご先祖みたいなゲーム。
この筐体は初めてみた。

20151107115530
「平安京エイリアン」
東大生が開発したと当時話題になってましたね

20151107120540
「パックマン」
特設展示コーナー。当時のグッズなども

20151107120429
基板や開発資料

20151107120525
パックマンは日本以上にアメリカ大ブームになって
生産台数世界一位のアーケードゲームのギネス記録も持っているんですよ

20151107120152
「ギャラクシアン」

20151107120036
「スプライト」の技術採用例として紹介だけど、世界最初のスプライトのゲームはアタリの「タンク8」
このように、ただゲームを展示するだけでなく、技術や時代背景といった解説をちゃんとしてあるのはミュージアムならでは。

20151107120049
基板、CPUはZ80。
当時のほとんどのゲームはZ80だったけど、任天堂はモトローラ系を使ってた。

20151107120832
「ドンキーコング」

20151107120733
今も看板キャラの、マリオやドンキー、ピーチ姫が初登場。

20151107121124
宮本茂+横井軍平コンビ
このゲームがなければ今の任天堂は存在しなかった

20151107121132
このように、各ゲームのインストラクションカードも当時のものを再現している。

20151107122711
横井軍平氏の最大の発明といえば十字キー。
「ゲーム&ウォッチ」

20151107122130
「クレイジークライマー」

20151107122556
音声合成で「しゃべる」ゲームの先駆け
レバーが当時と違って水平なので遊びにくい

20151107124425
「ニューラリーX」

20151107122736
BGMをゲームに取り入れた先駆けとして紹介。

20151107121230
ところで「NEW」じゃないラリーXってほとんど存在してないから、
今じゃ貴重品だけど、どっかに残ってないのかな。

20151107122852
「ザクソン」
ナナメスクロール疑似3Dクォータービューで独特のグラフィック

20151107123740
「スクランブル」
グラディウスにつらなる横スクロールシューティングの始祖
横スクロールなのに縦画面なのが珍しいが、
インベーダーの筐体を流用するため当時のゲームはほとんどが縦画面である。

20151107125017
「ジャンプバグ」
なぜか筐体のボリューム設定が爆音で会場中にBGMが鳴り響いていた

20151107123213
「スペースフューリー」

20151107123201
話はきいたことあったが初めて実物みた。

20151107123200
日本ではセガが輸入してたらしい
カラーベクタースキャンの例として紹介されてたけど、
結構面白いゲームだった

20151107130040
「ディグダグ」

20151107130257
「ムーンパトロール」
アイレム製、多重スクロールの元祖として紹介。

20151107130715
といった感じで展示機種をすべて遊んできました。
今回は「第1弾」ということで1982年までなので、ファミコンやゼビウスの登場前までという感じ。

設置機械が、有名タイトルだけでなく、マイナー既や希少タイトルもあってバラエティあってよかった。是非第2弾にも期待しましょう。
ちょっと場所が不便ですが、クラシックゲーム好きにはオススメ

20151107133230
さて、川口といえば名物は風〇街とオートレース。

20151107133257
というわけで、開催中のオートレース場でも遊んでいきましょう。
SKIPシティからタクシーで行こうかと思ったけど、タクシーどころかクルマすら滅多にとおらない...
まあ、思ったより近くて徒歩15分少々で到着

20151107134209
オートレースははじめてですが、なかなかコースも広くて気持ちいい

なんといっても大音量で駆け抜けるバイクの迫力が凄い!

   

川口オート from アニマルさん on Vimeo.

20151107133402

この日は一般戦なので、有名な選手はあまりいなくて、オートは詳しく無い自分が知っている選手といえば、元SMAP森くんくらいです。

20151107144404
10レースで本命になっているので買って見ましたが、森君は見事1位だったけど、相手選手がハズレ

20151107151930
バイクは独特のフォルムですが、結構なスピードが出ますね

20151107133911
あとギャンブル場といえばB級グルメ。

20151107134243
牛モツは謎の内臓(フワ→肺ですかね)

20151107140624
イカげそは唐揚げでなくフライなのが珍しい。
焼きそば100円タイムセールとか激安

20151107151935
レースの方はあまり知識もないので車券は1回しかあたりませんでしたが、楽しめました。
今度は船橋か伊勢崎でも行きたいですね。

20151107152524
ということで、オートレース場をあとにして、西川口駅までは無料バスで戻ります。
帰り道なのでアキバに寄っていきましょう。

20151018145105
そうそう、レトロゲームといえば、最近アキバにオープンしたこちらのお店もオススメです。

20151018143925
「BEEP@秋葉原」
(写真は先月末に行った時に撮ったものです)

20151018144230
アキバにはファミコンなどの家庭用ゲーム機の古いヤツを扱う店はいくつもありますが、この店の特徴はPCがメインなところ。
こちらはMSXのソフト

20151018144529
PC98のゲームや、海外のPCなども。

20151018144444
カタログとかパンフレット、ポスターなども扱っています。

20151018144850
もちろんハードもありまs。
アキバへ行くときはちょくちょくチェックしたいと思います。

ということで、次回こそはアイモバ遠征に行きたいな。

おまけ

20151107132532

20151107132449
川口怖すぎ!
こんなに浸水したら全滅ですよ!

     川口やばすぎ、あんなとこまで水来たらみんな死ぬ
    ふつうに住宅の2階まで浸水する

    アキバの路上でなんか無名アイドルのライブやってた


|

« 駅メモ激闘編、東京マスターとアイマスバナパスとアイモバオフ会 | トップページ | 東京外郭放水路編、首都圏を守るうわさの地下神殿を見学 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/62646519

この記事へのトラックバック一覧です: 川口編、あそぶゲーム展でレトロゲームとオートレースもいったよ:

« 駅メモ激闘編、東京マスターとアイマスバナパスとアイモバオフ会 | トップページ | 東京外郭放水路編、首都圏を守るうわさの地下神殿を見学 »