« 上野編、都営上野懸垂線とパンダと兵馬俑展 | トップページ | 北陸編、富山の路面電車周遊ルートでフェリーの船旅も満喫 »

2015年12月29日 (火)

北陸編、グランクラスでGO!東京駅ビューゴールドラウンジも探訪

※この遠征記は2015年12月27日のものです。

アイモバiにとっては年末のお休みの時期となれば遠征の季節。

ほんとはお出かけは自重しようとも思っていたのですが、アイモバiのサービス終了も近いということもあって、フォロワーさんのTLはあちこちへのお出かけ報告がいっぱい。
いてもたってもいられなくて、負けてはいられない!
急遽、前日にプランをたてて、アイモバ2周目と駅メモの路線埋めで北陸に行くことにしました。

 20151228221217_2
現状のアイモバ2周目の残りエリアはこんな感じ。
石川と富山がごっそりと残っております。
福井は昨年のムビマスイベントで行ったのでクリアしてますが、駅メモの路線埋めもあるのでついでに行っておきます。

Screenshot_20151228222820_2
北陸に行くなら、やっぱり今年開業した北陸新幹線には乗っておきたい!
アニマルさんは既存の新幹線にはすべて乗っておりますが、今年開業の北陸新幹線はまだなのでぜひとも乗っておきたいというのもありまして(^_^;)
チケットは前日夜に予約したので、指定席が満席。なので空いてるグランクラス。
モバイルSuicaの特急券は、紙チケット無しでタッチだけで改札通れるので便利。

20151227080430_2
それでは、朝の東京駅から遠征GO!
と、その前にちょっと寄り道していきましょう。

20151227081340_2
まずは東京駅地下の駅弁屋に。
ワオ!すごい混雑!
前日にテレ東のアド街で東京駅の駅弁が紹介されたせいでしょうか。
すでに帰省シーズンに入っているので行き交う人の半分がキャリーバッグを牽いている状態なのが混雑に拍車をかけています。

20151227_082055_2
そしてジャジャーン!
こちらが、12月21日にオープンしたばかりJR東日本のビューゴールドラウンジ

20151227082139_2
グランクラスのチケットを持っていればビューカード会員でなくても利用可能。
詳しいことはこちらのページに

アニマルさんはモバイルSuicaチケットなので、携帯の画面を見せて無事に入場。
ちなみに、利用は持っているチケットの発車90分前から。空港と違って長時間滞在は想定してないんですね。
場所は八重洲中央口を出てすぐ(アニマルさんは八重洲地下口で出てしまって迷った)
改札外なので途中下車できないチケットだと使えません。

20151227082838_2
内部はこんな感じでちょっと大きめの喫茶店みたいな雰囲気。
(他のお客さんが写らないようにとったらよくわからない写真になってしまった)
席へは女性の係員が案内してくれます。

01_s
公式の画像のほう

20151227_085133_2
右側はカーテンになっていて八重洲口の駅前。

20151227_082931
飲み物は係員が注文を聞きに来て席まで持ってきてくれます。
ますます喫茶店みたい。

20151227_090437_2
飲み物のメニューはこんな感じ。
アルコールはなし。

20151227083315_2
お菓子は東京駅の有名なお店のらしいチョコケーキ、美味しかったですう。

20151227_082748_2
置いてある新聞はスポーツ新聞は無し。
有馬記念の日だから競馬の予想が見たかったのに...

20151227_082801_2
雑誌もお堅いビジネス系のみ。
週刊文春とか新潮はありません。

20151227082717_2
コンセントがあるのは壁際のパソコン用席のみ。
いまどき全席装備じゃないのはマイナスポイント
(無料WI-FIもあるけど、使わなかったので詳細不明)

20151227_090346_2
壁には鉄道の歴史関係のパネルも。
できたばっかなんで、知名度もないしガラガラと予想してたけど、小一時間滞在してたあいだには常に半分くらい席が埋っていて、まずまず予想外の盛況。

20151227_092852_2
男子トイレ

20151227_092857_3
できたばかりなので、当たり前だけどすごくきれい

20151227_092919
隔離された喫煙スペースもあります。

20151227_082052_2
というわけで、ちょっとリッチなビューゴールドラウンジの紹介でした。
帰り際にみたら「四季島」名前も。来年から運行開始の豪華特急寝台ですが、そちらの乗客のためにも使われるのでしょう。

で、営業時間がちょっと短かいのはいただけませんね。少なくとも新幹線の始発から終電まではカバーできないとダメじゃないですかね?

あと、食べ物関係ももっと充実してほしいところ

ラウンジも堪能したんで、じゃあ、新幹線のりますか。

20151227093411
新幹線改札には北海道新幹線のカウントダウンが。

20151227093302
乗り換え看板の空いているスペースは「北海道」の文字が入るのでしょう。
来年の夏には函館競馬の観戦に行きたいですね。
(過去日記)
青函編、函館競馬場で一勝負

20151227093934
E7系は北陸新幹線の開業前の3月に長野新幹線で乗ったことはすでにありますが、
(過去日記)
信州温泉編、3日目後編、豪華列車ろくもんと最後の長野新幹線

20151227_094115
速達の「かがやき」ではなく停車駅の多い「はくたか」を選ぶのはアイモバPのたしなみ、エリアが取りやすいからね。
あと、駅メモ営業も捗ります。

20151227114304
久しぶりのグランクラス。E7系はエントランスが豪華。

過去のグランクラス乗車記はこちら。
東日本大遠征編、E5系のグランクラスで青森へGO
青函編、グランクラスで青森に、八甲田丸を見る

20151227094421
3列シートの広々とした車内。
うむ、いつ乗っても素晴らしい!
贅沢と思われるかもしれませんが、飛行機のビジネスやファーストクラスに比べれば差額の料金はむしろ破格と思えます。

20151227_094157
シートは広々、体格が日本人としては大きめのアニマルさんにとってはこれが最大のメリット。

20151227_094205
もちろん足元も広々。

20151227100317
東京駅を発車すると、アテンダントが軽食と飲み物の注文をとりにくるので、和軽食とビールをオーダー。
飲み物は無料でアルコールも含めておかわりも自由。

20151227_100517
量は「軽食」ということで、普通の駅弁の半分くらいの大きさですが、内容は駅弁レベルを凌駕。

20151227100434
この日のメニューはこんな感じ。

20151227213526
お菓子は「信州産りんごとくるみのパウンドケーキ
(持って帰って食べた、なお飲み物持ち帰りは不可)

20151227102434
軽食レベルだと満腹にならないので、東京駅で買っておいた「信州名物 野沢菜入り かつサンド」もいただきます。日本酒も追加。

20151227102325
お酒は石川の「宗玄」の純米。うめーな!

20151227102830
野沢菜かつサンドはマヨネーズがついてます。
カツと野沢菜のマッチングは意外にも美味しい!

20151227105541
白ワインも追加!!!

20151227105615
ワインは沿線の長野製
まだ午前中なのに明らかに飲み過ぎだけど、このお酒飲み放題だけでグランクラスの料金分の元は十分とれますね。

20151227105505
沿線はいつしか雪景色。

20151227_114928
上越妙高駅では接続の在来線遅れのために4分遅れで発車。
横殴りの吹雪がホームにも吹き込んできます。

20151227113559
駅メモ的には、長野電鉄はレーダー使って全部とれました。
(たぶん、かがやきでは無理)

長野電鉄は以前乗ったことあるので、既に乗った路線は無理せずにレーダーで埋めていくスタイルでいきます。
(過去日記)
信州編、温泉に入って、都落ちした花形車両の栄光にひたる

20151227114322
グランクラス常備の新聞は、ちゃんとスポーツ新聞もありますよ。

20151227_120501
いつの間にやら糸魚川すぎて日本海も見えてきました。
天気はあいにくと、雲が低くてどんより。

20151227123449
金沢までは行かずに富山で途中下車。

20151227124851
次回、富山でアイモバ&駅メモ活動!

おまけ

20151228221235
アイモバの立山エリアは、北陸新幹線もほんの一瞬だけかすめるけど、さすがに無理でしたw


|

« 上野編、都営上野懸垂線とパンダと兵馬俑展 | トップページ | 北陸編、富山の路面電車周遊ルートでフェリーの船旅も満喫 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/62957735

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸編、グランクラスでGO!東京駅ビューゴールドラウンジも探訪:

« 上野編、都営上野懸垂線とパンダと兵馬俑展 | トップページ | 北陸編、富山の路面電車周遊ルートでフェリーの船旅も満喫 »