« 北陸編、グランクラスでGO!東京駅ビューゴールドラウンジも探訪 | トップページ | 北陸編、富山ブラックラーメンと白えび天ぷらに富山電鉄 »

2015年12月31日 (木)

北陸編、富山の路面電車周遊ルートでフェリーの船旅も満喫

※この遠征記は2015年12月27日のものです。

北陸新幹線で富山に到着しました!

それでは、アイモバのエリア取りと駅メモの路線埋めをスタート!

20151227123719
新幹線ができて、富山駅はすっかりきれいになっています。

3年前に来たときはこんなでした。
(過去日記)
北陸特急街道編、富山で白エビびの天ぷら&LRTに乗る

20151227125024
なんと言っても、路面電車が新幹線の高架下まで延長されていてスゴく便利!

20151227125201
乗り換え時間もわずかで、雨にも濡れないし最高です。

20151227124851
それでは、ちょいと路線埋めに路面電車で出発。

20151227130734
大学前駅までいって折り返し。
ほんとは、ここはレーダーでも獲れるんだけど次に乗る予定の時刻まで時間があったんでちょっと乗ってみたというところ。

20151227133613
富山駅に戻って、地下通路を通って北口に移動します。
うーん、距離があってちょっと面倒。

20151227133744
次に乗るのは富山ライトレール。

北陸の駅メモ路線埋めで悩ましいのが、盲腸線の多さ!
レーダーでも終端が獲れないし、単純な往復は面白くないし、時間もかかるばかり。
で、ルート検討をしていたときに見つけたのがこちらの情報。

Clip_2
富山ライトレールと万葉線を結ぶバスを使った循環ルート!
このバスは土日限定ということで、これは乗ってみるしかないですね。
なお、バスの時間は季節によって変わりますので、必ず確認のうえご利用ください。
(こちらの万葉線のHPの下からリンクがあります。沿線情報の万葉線・富山ライトレール周遊ルートを参照。)

20151227134239
天気は軽く吹雪いてきて寒いですが、がんばって行くぞ!

20151227134338
車内は地元のお客さんでそれなりに混雑しています。

20151227140454
途中で、鉄道娘ラッピング車両とすれ違いました。

20151227141227
ライトレール終点の岩瀬浜駅で下車。寒いバス停で待ちます。

20151227141424
5分ほどで「きときとバス」が登場

20151227141505
こんな季節なのに自分以外の乗客がいたのはむしろ意外。
地元の人で途中のバス停で下車していきました。

20151227143932
20分ほどで「堀岡発着場」の前のバス停で下車。

20151227144058
バスで終点まで乗ってもいいのですが...
あれに乗りましょう!

20151227144210
やっぱりアイモバ遠征といえば、船旅は欠かせません!
港の対岸を結ぶ県営のフェリーに乗ります。

20151227144435
元々は道路のかわりのフェリーだったのですが、新湊大橋が完成しても廃止されることなく、なぜか存続しています。
なお、料金は無料と太っ腹。

20151227144628
バスを終点まで乗って、新湊大橋の歩道を渡るルートもあります。
橋の両端にはエレベーターもあります。

20151227144535
高い主塔の美しい斜張橋のむこうに、海王丸パークが見えます。
天気がどんよりで暗い感じの眺めなのが残念ですが、冬の日本海らしいとも言えますね。

20151227144823
いおりん、寒くないの?

20151227144927
5分ほどの航海で、対岸の船着き場に到着です。

20151227144945
ここからは万葉線に乗り換えますが、時刻表だと1分しか接続時間がありませんが、船着き場の目の前が停留所で、ちゃんと接続を待ってくれています。

20151227145540
そうそう、忘れずにアイモバのエリア取りも忘れずにね。
467エリア!

次回は、富山エリアの続きです。

|

« 北陸編、グランクラスでGO!東京駅ビューゴールドラウンジも探訪 | トップページ | 北陸編、富山ブラックラーメンと白えび天ぷらに富山電鉄 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/62970607

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸編、富山の路面電車周遊ルートでフェリーの船旅も満喫:

« 北陸編、グランクラスでGO!東京駅ビューゴールドラウンジも探訪 | トップページ | 北陸編、富山ブラックラーメンと白えび天ぷらに富山電鉄 »