« 信越佐渡編、飯山線に乗って新潟でたれかつ丼食べる | トップページ | 信越佐渡編、金山に朱鷺に、寒ブリにノドグロと観光を堪能 »

2016年1月14日 (木)

信越佐渡編、佐渡に上陸して温泉はいってカニ食べるよ!

※この遠征記は2016年1月9日のものです。

最後のアイモバi遠征の信越佐渡編の2日目。
長野から大回りして新潟に、いよいよ佐渡に上陸です。

20160110061921
アイモバPの朝は早い。

本日は旅の目的地の佐渡に向かいますよ。

元々今回の遠征はアイモバマンガの第一人者であらせられるカロリにゃんPが、アイモバiのサービス終了直前に最後の未踏エリアの佐渡エリアを赤埋め行くのでだれか一緒にいかない?ということで、アニマルさんも2周目の佐渡はまだ行って無いのでお誘 いにのったというもの。
人数は多い方が楽しいだろうということで、自分の古くからの友人で旅好きでアイモバもやってるヒデ!Pと、奈良県から参加のきゃみP(若者)の4人という、アイモバPという以外は共通点がない、よくわからん4人のご一行珍道中となります。

佐渡の宿はこちらのツアーで申し込み
http://www.sado-ryokou.com/plan/info.html?cd=99&pg=1
自治体から7100円の補助が出ていて、宿と往復フェリーチケット(5760円相当)にさらにタラバカニまでついて8900円という超お得ツアーです!

20160110062031
この日の予定は、昼に新潟でメンバーと合流ですが、その前に午前中は新潟県内の駅メモのJR路線埋め続きをします。

20160110064005
ホテルの朝飯は時間早すぎてやってないので6:30からやってる別の店で食べます。
バイキング形式だけど、漬け物が充実してるのとご飯が美味しいのはさすが新潟。

20160110071148
それでは移動開始。
新潟駅は全体を高架にするので絶賛工事中で、ただでさえわかりにくい構造が余計に迷宮となってます。

20160110071346
端っこの9番線から発車する、磐越西線方面のディーゼル車に。

20160110073859
会津方面にはいかないで途中の新津で下車

20160110074007
ここからは羽越本線をクリアするために新発田行に。

20160110074038
この、新津と新発田間は列車本数がすくなくて行程組むのに苦労するのですが、
別に完乗にこだわらなければ新津と新発田からレーダーでも取れます。

20160110082641
新潟らしい田んぼが広がる風景。

20160110082213
新発田で村上行に乗り換え

20160110082016
新潟地域も古い車両が多いですね。

20160110074056
ドアは手動。ボタン式でもなく、人力で開けるタイプ。

20160110085913
時間の関係で村上駅までいかないで、坂町駅で折り返し。
これで、駅メモの新潟県は米坂線と羽越本線の残りだけに。
いずれ秋田と山形の攻略のときにうめることとして、今日はここまで。

20160110090152
新潟駅まで戻る列車は新型!
でも、古い車両のほうがシートが分厚くて乗り心地はいいんですよね。

新潟駅に戻って新幹線できたヒデ!Pと合流。
集合まで時間があるので、ちょっとぽんしゅ館という日本酒の利き酒ができる施設にいきましょう。

20160110105302
越後湯沢駅にあるのが有名だけど、人気なので新潟駅にも最近できたのです。
500円でお猪口五杯のめるというシステム。

(越後湯沢のはこんな感じ)
雪国紀行編、越後の温泉と酒と肴を満喫するぞ!

20160110105457
ずらりと並んだ銘柄に迷います!

Sake
午前中から日本酒飲みまくりダメ人間!
ツマミは塩と味噌。味噌美味いね。
ここは実際に試したお酒や新潟の名産品も買えるのでオススメですよ。

20160110114646
お酒も飲んで良い気分になったので、集合場所のフェリーターミナルに移動。
カロリにゃんPときゃみPと合流。実はきゃみPとはこのときが初対面だったりします。

20160110115203
歓迎されてますw

20160110120408
チケットは飛行機みたいなQRコード方式に、Suicaも利用可能と進化していました。

20160110121849
船旅は楽しいね!

20160110122743
おけさ丸はかなり大きい船なので広い。

20160110122807
後部デッキからの眺め

20160110140907
連休とはいえ、観光シーズンではないのでお客さんは少なめ。
ほとんどが地元の住民のようです。

20160110122840
食堂も営業してます。
3年前乗ったときは早朝便だったので営業してなかったんですよね。
佐渡編、ムーンライトえちごと、おけさ丸で佐渡島へ上陸
あのときはまだ、MLえちごがあったんだよなぁ。夜行列車はどんどん減ってしまいますね。

20160110113900
お昼ご飯がわりに、新潟駅で買っておいた新津名物の三色だんごをいただきます。

20160110113824
アイモバ的にもご当地アイテムですからね!

20160110123541
串団子なのかと思ったら、こうなっているのか!?
なんか想像したのと違った。

20160110124617
小さい団子がいっぱい並んだ上に餡が乗っていてちょっと「赤福」みたいな感じ。
甘さ控えめで美味しかったですよ。

20160110135657
そうそう、ちゃんとアイモバ営業も忘れずにね。

新潟を出航してしばらくたつと佐渡エリアに入ります。

Connect_2
481エリア目!
中央の夢トロフィーもゲット!

F版は代行もいっぱいたまっていたので、ありがたくいただきます。
これでアニマルさんの、アイモバ的な今回の目標はクリアしました。

20160110140738
佐渡島は大きいので、島が見えてもなかなか近づかない。

20160110142149
この日は冬の日本海としては平均的な波高3m
大きい船なのでさほど揺れずに佐渡へ向かいます。

20160110150149
両津港に到着!

20160110150556
船をおりたら、すぐにホテルのむかえのバスに乗車。

20160110151253
われわれを歓迎するかのように港に虹が!

20160110160207
本日のお宿のホテルに到着。
佐渡グリーンホテルきらく
古い建物ですが、メンテや清掃は行き届いていてスタッフの対応も丁寧でグッドでしたよ。
部屋の写真は撮らなかったんで、HPでみてね。典型的な和室の昭和の温泉ホテルという感じ。

20160110151948
フロントでは、今晩の宴に供されるカニさんが生きたままお出迎え。

20160114234057
ホテルの部屋で、今回の旅のハイライト!
カロリにゃんPの505エリア赤埋め達成の儀式を執り行います。

終了一週間前の駆け込み達成おめでとうございます!
見事に全505エリア赤埋めです
ネタの神様に愛されているカロリにゃんPのことですから、フェリーが欠航になったらどうしようかと思ったりしましたが、無事に達成できてホントに良かった。

20160110160435
部屋に荷物を置いたら、さっそく露天風呂に!
眺めがいい!でもちょっとお湯がぬるい。

20160110162322
ついでにホテルの隣にある諏訪神社もお参り。

20160110162501
立派な能舞台があります。

20160110162915
佐渡では夏には各所で能が行われているそうで、見てみたいものです。

20160110162706
いままでのアイモバ遠征の無事の感謝と、今後の旅の平穏を祈ります、

20160110153615
日没は雲が多くて残念ながら見れず。

20160110153637
ホテルの前は汽水の加茂湖で、牡蠣の養殖筏が並んでいます。
冬はカニとブリが美味いですが、牡蠣のシーズンも楽しそう。

20160110153356
こちらは展望風呂

20160110153510
ホテルの屋上からの眺め。

20160110175053
さらに貸し切り露天風呂に。こっちのほうがお湯が熱くて良かった。

20160110165911
湖を望む休憩所。焼酎が飲み放題とうれしいサービス。

20160110190303
それでは、いよいよメインイベントの祝宴です!

20160110190200
温泉宿らしい豪華なメニュー

20160110190011
さきほど見たカニさんが、一人半杯分。
かにすきなども選べますが、今回は生のカニ刺しでいただきます。

20160110191414
地元で朝水揚げされた証のタグが。
生のカニってすげー甘くて美味いぜ!!!!
これでこの値段は神ツアーです

20160110193447
そして釜炊きのご飯がまあうまくて死にそうなんだけど、お腹もいっぱいで苦しい!!

朝早かったのと満腹で、この日はすぐに就寝。

翌日は佐渡を観光しますよ!

おまけ
20160110200048
晩飯の部屋の昭和レトロなエアコンに電話にブラウン管テレビ。



|

« 信越佐渡編、飯山線に乗って新潟でたれかつ丼食べる | トップページ | 信越佐渡編、金山に朱鷺に、寒ブリにノドグロと観光を堪能 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63061882

この記事へのトラックバック一覧です: 信越佐渡編、佐渡に上陸して温泉はいってカニ食べるよ!:

« 信越佐渡編、飯山線に乗って新潟でたれかつ丼食べる | トップページ | 信越佐渡編、金山に朱鷺に、寒ブリにノドグロと観光を堪能 »