« 鳥羽名古屋編、2周目の赤505に向けてラストスパートを開始!まずは伊勢へ | トップページ | 鳥羽名古屋編、近鉄特急しまかぜに乗って手羽先を食べる »

2016年2月24日 (水)

鳥羽名古屋編、水族館で伊勢うどんソフトを食べる

※この遠征記は2016年2月20日のものです。

伊勢遠征のつづきです。

20160220114004
というわけで、フェリーで鳥羽に到着。
雨が強く降っていますが、フェリー乗り場に隣接する鳥羽水族館にレッツゴー!

20160220114534
鳥羽水族館は子供の頃に家族旅行で来て以来。
その時はなんか薄暗くて貝殻がいっぱいあって、巨大な生き物がいたくらいの記憶しかありません。

20160220114659
当然、今ではきれいに改装されて最新の設備になっています。
近年はやりの大水槽とかはないですが、なかなか企画力のある展示で定評があり、見学順路をもうけずに好きな順番で見て回るという造りになっているのもユニーク。

水族館といえば、もちろんあの大スターをまずは見ないといけませんね!

20160220120714
そう、みんな大好き ダイオウグソクムシちゃん!

20160220120839
しかもネットニュースでも話題になったのでご存じの通り、この日は一匹が脱皮中という貴重なタイミング。

20160220121132
で、脱皮中のやつは恥ずかしいのか右の穴にこもっていてよく見えませんね。
うーん、残念。
それでも水槽の前は順番待ち列が出来るほどの大人気。
さすが水族館の花形ですな

ハムさんからツイートが。

「伊勢うどんソフト」
ググったら、水族館のレストランで売っている地元名物を盛り込んだ画期的デザートらしい。

食事するほど腹は減ってないけど、ちょっと一休みがてら甘い物をいただきますか。
まあ、寒いからあんまりアイスって気分でもなかったけど、面白そうだしね。

20160220130127
ソフトの上には醤油だれに、ネギ(ホンモノ)とカマボコ(ホンモノ)

20160220130506
そして下には、まごう事なき伊勢うどんがたっぷり。

醤油は甘いものとあわせると「みたらし」のような味になって、結構いける場合があるのですが、この場合はバニラの風味が対立しております。
そして皆さんにお伝えしたい重要な点として、青ネギの風味はバニラアイスとはまったくマッチしないということです。
そして、底のうどんは溶けたアイスと絡まり、なにか面妖な状態となっております。
食べて見ますとバニラ味のうどんです。それ以外なにものでないです。もちもちした感じは雪見だいふくっぽい感じがしないでもないかなと、無理矢理脳に指令を送って口に運びますが、完食できずギブアップ。

20160220125953
というわけで、まったくもって「ネタメニュー」以外のなにものではないですな。
注文したとき店員に怪訝な顔されたし、オレ以外だれも頼んでいないから怪しいとは思ったんだよね。まあハナシのネタにはなったけどな。

あとは、適当にぶらぶらと観てまわります

20160220121221
多足タコ(突然変異)
ラスボス感がハンパない

20160220121825
寿司のような黒白のなまこ

20160220115439
スナメリ(小型の鯨の仲間)
そうそう、この日はデジカメも持ってきたはいいけど、バッテリーの充電を忘れるという致命的なミスがあって、ほとんどをiPhoneで撮っているので、動きの速いものや暗いものは、かなりイマイチの写真なのでご了承ください。

20160220115612
伊勢エビ(ご当地物、うまそう)

鳥羽水族館ペンギンウォーク from アニマルさん on Vimeo.

ペンギンウォーク(大人気)

20160220124135
マナティ(子供の頃の記憶にあるやつ)

20160220124901
スナドリネコ、漢字で書くと漁り猫
ほかにも魚以外に、フラミンゴとかの鳥やビーバーなど動物もいるよ。

20160220132431
サメ水槽(サメってやっぱりいいよね!)

20160220132730
アシカ(スゴく早く泳ぐので写真撮るのに一苦労)

20160220132345
オウムガイ、食べると美味いらしい

20160220133146
鳥羽名物の貴重な貝のコレクション

20160220133214
世界に4つしかないとか

20160220124400
この後、ミキモト真珠島か鳥羽駅方面でも行って赤福でも食おうかと思ったけど、外に出たら酷い豪雨だったのでやめて、もうしばらく水族館内をまったりします。
写真のように、所々に水槽前にベンチがあってのんびりと魚を眺められたりしてよいですね。

20160220140600
水中にいる気分

鳥羽水族館大水槽 from アニマルさん on Vimeo.

熱帯水槽動画

そうそう、水族館に夢中になってたけど、忘れずに アイモバのエリア取りも

20160220131957
482エリア!

20160220132044
三つ目とんなる上方の夢トロフィーもゲット!2年越しの悲願達成!
本日の遠征の主目的は完了。

20160220132252
団体バスが到着したのか、館内は結構混雑してきたので展示を見るのも一苦労な状態に
アジア系の旅行者も多かったけど、ほとんどが関西方面からのひとのようです。

20160220133445
こちらも次の目的値に向けて移動開始します。

20160220142137
で、移動のために水族館をあとにしたら、駐車場は長蛇の大渋滞。
まあ、この雨で観光客が集中しちゃったんだろうね。

20160220141607
それでは、近鉄電車に乗って賢島に。

つづく

|

« 鳥羽名古屋編、2周目の赤505に向けてラストスパートを開始!まずは伊勢へ | トップページ | 鳥羽名古屋編、近鉄特急しまかぜに乗って手羽先を食べる »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63259027

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥羽名古屋編、水族館で伊勢うどんソフトを食べる:

« 鳥羽名古屋編、2周目の赤505に向けてラストスパートを開始!まずは伊勢へ | トップページ | 鳥羽名古屋編、近鉄特急しまかぜに乗って手羽先を食べる »