« さよならアイモバ編、東京代行争奪戦オフ会と最後の集計 | トップページ | 鳥羽名古屋編、水族館で伊勢うどんソフトを食べる »

2016年2月23日 (火)

鳥羽名古屋編、2周目の赤505に向けてラストスパートを開始!まずは伊勢へ

※この遠征記は2016年2月20日のものです。

アイモバF版の赤505へ、ラストスパート開始!

20160116180405

Cz4umiuucaaeknv
先日1/18のアイモバiの終了の直後についにF版(ガラケー)のアイモバ3/31までの終了が発表されてしまいました。

この時点でアニマルさんの取得エリア数は、481エリア。

残りは24エリア

20160223201449
北海道東部
(網走/北見/紋別、釧路、根室、浦河/日高)

20160223201440_2
南九州
 (大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の全エリア)

そして
伊勢/志摩/鳥羽
隠岐

北の端から南の端まで、離島もありますし、どう考えても無理ですね。

20070902143927

実質、動けるのは2月末からの週末だけですが、ぼんやりと、遠征プランを考えてみます。

※アニマルさんの職場はリフレッシュ休暇という一週間以上の長期休暇を年に一度使える権利があるけど、今期はまだ行使していない。

※ANAのマイルが海外往復できるくらい、結構たまっている。

これはなんとかいけるのではないか?

Maxresdefault

ざっくりとプランを組むと
1回目 伊勢
2回目 隠岐
3回目 大分、宮崎、鹿児島
4回目 沖縄+北海道
  ※4回目は特殊な行程なので後日くわしく解説します。

いやあ、でも一ヶ月でこんなに遠征したらお金がスゴいことになるしねぇ

Index
そうじゃなくて、どうしたいか、だけでいいんだよ?

「わたし!遠征したいです!」

前置きが長くなりましたが、そういうわけでアイモバF終了までに、赤505を目指すことを決意しまして、アイモバ戦記としては最後の遠征記シリーズがはじまります。

まずはラスト遠征1発目、伊勢/志摩/鳥羽エリアを埋めに行きます。

20160223194500
ざっくりルートはこんな感じ
愛知からは伊勢湾を渡って鳥羽に行って、帰りは名古屋に寄って日帰りの日程です。
伊勢湾をぐるっと一周。

このエリアは、以前紀伊半島に行ったときに台風に阻まれて取得を逃した因縁の地。
まあ、行こうと思えば関東から十分日帰りできるってことで、ずっとそのままになってたんですが、まずはこいつから片付けます。
(以前の遠征記)
関西紀伊半島編、台風から逃れて三重県北上

目的は、鳥羽水族館と名古屋のアイモバ手羽先オフ会。
あと駅メモの路線埋めも少々。

20160220060059
アイモバPの朝は早い
朝早い5時台に地元駅にいったら、なんか行列?
この日発売のカシオペアの最終電車のチケット待ちでした。

20160220065307
東海道線で小田原まで行って新幹線に乗り換え

20160220065257
小田原といえば北条さんですね。

20160220065725
湘南地域から西へ新幹線で行く場合は、実は品川まで出て、そっから乗る方が便数も多いし、のぞみに乗れるので早くて便利なんですが、気分的に行って戻るのがイヤなのと、ちょっとでも運賃の節約になるので。

20160220072225
新幹線からも静岡の代行をポツポツと広いながら西へ。

20160220075911
小田原からノンストップで1駅で1時間もかからずに豊橋へ、
もはや愛知県は近所と呼んでいいでしょう。

20160220080425
こういう看板をみると、愛知に入ったという実感

20160220080621
豊橋からは豊橋鉄道渥美線というのに乗ります。

20160220080950
愛知出身の人間でも乗ったこと無い率ベスト3に入る路線です。

20160220081024
きっぷは目的地の鳥羽までのフェリーもセットになったものを購入。
相当にお得な割引きっぷなのでオススメです。

20160220083741
いかにもローカル地鉄といった単線ののんびりした雰囲気。

20160220083830
土曜日ということもあってか、乗客は少なめ。

20160220085053
30分ちょっとで電車の終点の田原駅に到着

20160220110105
駅メモの渥美線をクリア

20160220085303
地方鉄道なのに新築っぽい立派な駅舎

20160220085425

20160220085947
ここからは伊良湖方面に、さきほどのきっぷで路線バスに乗り継ぎます。

20160220091941
雨が降り出してあいにくの天候ですが、車窓から三河湾が見えたりして良い感じ

20160220095047
45分ほどで、バスの終点の伊良湖フェリーターミナルに到着。

20160220095703
伊良湖岬の灯台でも見にいこうかと思ったけど、雨が降っているので断念。

20160220100554
フェリーの時間までは小一時間ほどあるので、遅い朝飯といたします。
伊勢うどんもあったけど、やっぱり名古屋はきしめんだぎゃーね。

20160220100845
名物の大ハマグリもいただきます。とても美味しいです。

20160220101637
このへんは貝が有名らしい、
そういえば桑名の焼きハマグリも伊勢湾だよね

20160220102657
まだ時間があったので、フェリーターミナルの謎の「やしの実博物館」
入場無料です。

20160220102907
名前のとおり、やしの実がありますね。

20160220102712
でっかい鯨の骨

20160220102814
近くの遺跡から出た土器

20160220102844
地質模型とか、ほかにも船舶模型とかよくわからんコンセプトの展示
一応まじめな博物館なんだけど、謎のB級スポット臭がするとこだな。

20160220103308
そんなことをしてたら、時間になったのでフェリーに乗船
これで伊勢湾を横断して三重県に向かいます。

20160220095745


なお、駅メモ的にはすでに鳥羽に上陸済み(^_^;)

20160220103339
雨降りだけど、ボーディングブリッジはないので濡れながら徒歩で乗船。

20160220103526
クルマは10数台ほどいましたが、徒歩乗客は少ない。

20160220104456
せっかくなので、景色を見るために寒いけど後部デッキに。
出港!

20160220104841
山の上のあのデカいのが伊良湖灯台かと思ったら、違って、下にある小さいヤツでした。

20160220105639
天気悪いけど、湾内だけあって波はほとんどなくて穏やかな航海。

20160220110749
伊勢湾は島や行き交う船も多く退屈しない。
船旅楽しい!
しかし、アイモバカメラが使えない悲しみ。

20160220113522
小一時間ほどの航海で対岸の鳥羽港に到着。
こちらはボーディングブリッジがあるので濡れないで下船できます。

20160220113603
やっぱ船はいいよね。

20160220113759
それでは、鳥羽のフェリーターミナルに隣接してる水族館へGO!

つづく


|

« さよならアイモバ編、東京代行争奪戦オフ会と最後の集計 | トップページ | 鳥羽名古屋編、水族館で伊勢うどんソフトを食べる »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63249622

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥羽名古屋編、2周目の赤505に向けてラストスパートを開始!まずは伊勢へ:

« さよならアイモバ編、東京代行争奪戦オフ会と最後の集計 | トップページ | 鳥羽名古屋編、水族館で伊勢うどんソフトを食べる »