« 隠岐山陰編、境港の水木しげる記念館で妖怪とふれあう | トップページ | 隠岐山陰編、サンライズ出雲とアイモバ思い出集め »

2016年3月27日 (日)

隠岐山陰編、松江市内を観光しよう

※この遠征記は2016年3月6日のものです。

隠岐山陰遠征のつづきです。

境港を堪能したので、松江に移動して観光します。20160306131328
米子からは特急やくもで松江に移動。

20160306120304
たした距離ではないのですが、普通列車の本数が少ないので素直に特急に乗ります。

20160306134054
20分ほどで、あっというっ間に松江に。

20160306134954
松江の観光はレンタルサイクルでまわろうと思ったけど、残念ながら雨がまだ強いですね。

20160306135725
なので、しょうがないのであきらめて循環バスで回ることにします。

20160306135939
乗り放題のフリーチケットを購入。
市内の観光スポットを20分間隔でぐるぐる回っているので、大変便利です。
(松江レイクライン循環バス)

20160306141258
松江名物の堀川巡りの遊覧船の乗り場に来てみましたが、
あいにくの悪天候で乗る客もいないくて、とってもヒマそうです。

20160306141547
でも、こういうときこそ空いてていいやということで、乗ってみます。

20160306141807
客はアニマルさん一人なので完全に貸し切り!
大名気分で舳先に陣取って景色を満喫。

松江堀川巡り1 from アニマルさん on Vimeo.


20160306142501
ちょうど出港したら雨もあがって良い天気になってきました!
これはラッキー!

船頭さんの案内を聞いたり、世間話をしたり。
神奈川から来たといったら、船頭さんもこないだ横浜と江の島観光に行ったんですよとかいう話になって地元話題で盛り上がる。
最近観光客が外国からも増えてるけど、タモリさんに紹介されて更に客が増えたんですよとか。
そうです、自分もブラタモリでみて乗りに来ました。

松江堀川めぐり暗渠 from アニマルさん on Vimeo.

こんな狭い暗渠をくぐったり

松江堀川めぐり屋根可動 from アニマルさん on Vimeo.

低い橋をくぐるときに船の屋根が下がるギミックは面白かったです。

20160306143355
城下町はどこもそうですが、かつての城内や大名屋敷のあたりは官公庁街になってますね。

20160306145442
1まわり50分のコースをたっぷり堪能。橋も新旧いっぱい観られました。
なかなかに面白く、乗り物好きとしても歴史好きとしても満足いたしましたです。

つづいては、松江観光のメインディッシュの松江城に!

2016030615065920160306150708
まずは、予習。
このひとが建てたらしい。

20160306151009
荷物は入り口近くの観光案内所で無料で預かってくれます。
お城見学はアップダウンが激しいので、できるだけ身軽にしておきます。
観光ガイドやお土産もあります。

20160306151632
天守閣に入るにはチケットが必要。
さきほどのバスチケットで割り引きがあるのでとってもお得。
(お城の往復と入場券で1日券の元がとれます)

20160306154655
先日国宝に指定されたばかりの立派な天守閣
(ブラタモリ知識です)

20160306154608
それではさっそく内部に。

20160306152217
鴟尾。

20160306152356
甲冑や歴史紹介など、城内はミニ博物館になっているのは、どこの城も同じですね。

20160306153838
ここが天守閣の展望!素晴らしい!

20160306153439
パノラマ.、城下町とむこうにのぞむ宍道湖の景色。

松江城天守閣 from アニマルさん on Vimeo.

眺めが最高である

20160306154730
今でもこんな素晴らしいお城が残っているのは貴重なことです。

20160306151928
ということで、小鳥さんもおすすめの松江城でした!

20160306155120
城内には、明治に建てられた洋館や、

20160306151334
神社などもあって見所いっぱい

20160306163735
それでは、まだまだ松江を味わうために再度バスへ。

20160306164157
バスは内装もウッディーでレトロ調。

20160306162038
「地ビール」という言葉にひかれて、ついつい途中下車してみたり。

20160306164940
温泉にも入りましょう!

20160306171723
こちらの温泉には、以前に松江に来たときにも入りました。
なかなか良いお風呂です。
(以前の日記)
西域18きっぷ編、一畑電車に乗ってサンライズ出雲で帰京します。

20160306173623
ホテルの前の湖岸から夕日をみたり

松江宍道湖 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

20160306175058
再びバスに乗って夕日を観るコースへ。
この日は雲があってあんまり見えませんでしたが、湖畔の景色は良かった。

20160306180125
しかし、松江は女性観光客が多い。
お一人様だったり、2-3人のグループだったり、若い女性が目立ちます。
やっぱり出雲の縁結びブームなんでしょうね。
循環バスの運転手さんも女性でした。

20160306181547
日が暮れたので、松江駅に戻ります。

20160306182116
たっぷりと松江観光を堪能したので、そろそろ帰京しますか。

20160306191800
帰りはサンライズ出雲で。もう一回だけ続きます。

|

« 隠岐山陰編、境港の水木しげる記念館で妖怪とふれあう | トップページ | 隠岐山陰編、サンライズ出雲とアイモバ思い出集め »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63403637

この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐山陰編、松江市内を観光しよう:

« 隠岐山陰編、境港の水木しげる記念館で妖怪とふれあう | トップページ | 隠岐山陰編、サンライズ出雲とアイモバ思い出集め »