« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の記事

2016年4月29日 (金)

最終遠征編、釧路ラーメンは北海道の第4の勢力になれるか

※この遠征記は2016年3月17日のものです。

網走でのおつとめを終えて、この日の目的地の釧路へ。

20160317145753
監獄の見学を終えて、帰りも路線バスに乗って網走駅にもどりました。

20160317145832
が、次の列車まで1時間半以上もあるし、どうやって時間つぶそうかと思ってたら、
携帯電話をバスで落としたことが発覚。
バス会社の営業所までタクシーを飛ばして回収にいくというイベントが発生したおかげで時間がつぶせた、あぶねーあぶねー。

20160317155243
釧路行の列車は1日5本しかないので、乗り遅れたら次2時間後だし。

20160317155347
網走駅を忘れずにゲットして石北本線をクリア

20160317160356
釧網本線の釧路行きに乗車

20160317160413
網走から釧路は「隣町」だけど、鈍行列車で3時間半。北海道ひろい。

20160317160519
北国の列車は入り口に段差があるんで、都会人はつまづいて転ぶのはお約束。

20160317162402
この時期にしては暖かい天気と温暖化で流氷は影も形もない。
最近は流氷接岸するのは年に何日もないらしいですね。
網走の流氷観光船は貴重な観光資源だけど商売あがったりらしい

20160317163033
お客は地元民を中心にそこそこ乗っている。
鈍行とはいえ、さすが幹線だけある。

20160317170518
シートのモケットには白鳥が。

20160317171549
途中の知床斜里駅で切り離し作業などで長時間停車
駅のホームをぶらつく。
切り離された車両は網走行として折り返し運行されていく。

20160317172026
ホームから日没をみる

20160317182024
釧路エリアをゲット!
503エリア目!ついに残りは2エリア。


20160317192105
塘路駅でも行き違い列車待ちで長時間停車。
ホームでタバコ吸って時間つぶし

20160317195809
釧路に到着したときはすっかり日も暮れている。

20160317200243
この日は釧路で泊まり。
例によって銭湯に行きたかったけど、ホテルの近くの店は残念ながら定休日。

20160317205046
この日の晩ご飯もラーメン!
一人旅だと気軽に食べらる地元飯だし、寒い北海道で暖まるには最適だしね。

20160317205140
北海道の3大ラーメンといえば、サッボロ味噌、函館塩、旭川しょう油であるが、
そこに4つめのラーメンとして売り出し中なのが釧路ラーメンなんだそうだ。
自分も知らなかったけど、フォロワーさんが紹介してたので食べてみることに。

20160317205448
こちらの「河むら」は釧路ラーメンの元祖と言われるお店。
あっさりしょう油に縮れ麺と、東京ラーメンにちかいですな。
旅で疲れた胃袋にやさしい味でグッドでした。

20160317221410

3月17日  

 JR石北本線
 JR釧網本線
   

ここまで368路線をコンプリート

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

最終遠征編、網走番外地に入獄

※この遠征記は2016年3月17日のものです。

みなさんもう忘れていると思いますが、最終遠征の続きです。

最終遠征6日目です。

この日は旭川→網走→釧路の移動

20160317084000
朝の旭川の気温は、見にくいとおもいますが日向では7度!
この時期としては季節はずれのあたたかさです。

20160317084052
快晴の良い天気。
おかげで歩道に残った雪がぐちゃぐちゃに溶けてスゲー歩きにくい。

20160317084445
旭川駅はスターバックスもあって大都会ですね。

20160317085409
旭川駅にはホームごとにこんなわかり安いディスプレイがあります。

20160317102756
網走まで特急でも4時間近くかかる。

20160317102613
途中の景色は例によって基本的に真っ白なので、あんまり見るモノなし。

20160317095950
クルミ餅、包み紙がとれねーと思ったらオブラートだった。

20160317110948
遠軽のスイッチバックするので、座席をみんなで回転させる恒例の儀式。

20160317115653
北見にきたみたい。

20160317110406
アイモバエリアとりを忘れずに!
502エリア、のこり3エリア!


20160317124054
網走湖は凍結して、ワカサギ釣りのテントが見えます。

20160317124731
網走到着!

20160317125232
前回に来たときは6時間ちょっとの滞在でしたね。
エクストリーム北海道編、道東を鉄路で旅して、流氷やSLを見たよ!!

20160317125435
駅から路線バスに乗って、

20160317130836
やって参りましたのは網走刑務所

20160317130436
正式名称は「博物館 網走監獄」

20160317144334
ムカシの刑務所を見学できるようにしてる施設。
ちなみに、現在の網走刑務所は新しく別の場所にできてます。

20160317131014
オフシーズンなので観光客は少なくて閑散としてるけど、ちょうど到着した観光バスの団体のガイドツアーに便乗してくっついてまわる。

20160317131611
昔使われていた独房

20160317131831
風呂場
通路や廊下にあちこち段差があるのは、走って逃走されるのを邪魔するためなんだとか、へー、

20160317132652
木造の放射状監房

20160317132704
真ん中の監視所からすべての通路が見える

網走監獄放射状獄舎 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


放射状監房のパノラマ

20160317133115
そして、これが見たかった!

20160317133027
ドラマにもなった吉村昭の小説「破獄」のモデルになった昭和の脱獄王が実際にいた監房

20160317133249
独居房内部

網走監獄独居房 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


パノラマで見ると広く見えるけど、実際はかなり狭い

もし、網走刑務所にいかれる機会があるかたは、ぜひこちらを読んでから行くと面白さが倍くらいちがいますよ


破獄 (新潮文庫)

破獄kindle版

NHKのドラマは緒形拳に津川雅彦という名優でこちらも傑作
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?d...


DVDソフトは絶版のようで、レンタル屋さんで探してみてください

20160317133254
脱獄のときにこの鉄格子をどうやって外したのか?
ぜひ原作を読んでみてください。

20160317133735
冬期なので一部施設は閉鎖

20160317134827
刑務所と北海道開拓の歴史の史料館も見学。

20160317134907
囚人が使役されてとはいえ、人死にすぎだよ

20160317135017

そして網走の名前を有名にしたこの映画ですね

20160317135315
そしてこちらは、現代の網走刑務所の個室房を再現したもの。

20160317135249
トイレが室内にあるのをのぞけば快適そう。

20160317135305
「刑務所の中」とおんなじだ!

刑務所の中 (講談社漫画文庫)


刑務所の中 特別版 [DVD]

こちらはたしか札幌刑務所がモデル。マンガも映画も面白いですよ!

20160317140613
見学をおえてショップで、いかにもなTシャツをみる。

20160317140449
流氷カレーは気になるな。ビジュアルインパクトがスゲー
(この旅行では荷物を減らすため、土産とかは極力買わないので、パスした)


オホーツク流氷カリー【カレー レトルト 簡単 手軽】【チキン 鶏肉】【クリシュナ監修】


20160317142256
ちょっと遅くなったけど、せっかくなんで刑務所の「臭い飯」を食いますか。
食堂で、刑務所の食事を再現した定食をいただきます。

20160317142652
うん、これ普通に美味いよ!ヘルシーだし。
網走刑務所は北海道の食物が豊富だったので全国の刑務所でも食事が美味しいことで、囚人の間では有名だったと本で読んだな。
でも、冬がハンパなく寒かったのと労働が過酷だったので人気なかったそうで。

20160317142317
ビールはさすがに囚人は飲めなかったけどね。

 

といった感じで、網走でのおつとめを終えてシャバに戻ります。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

最終遠征編、最北へ

※この遠征記は2016年3月16日のものです。

最終遠征5日目です。

ところで、みなさんご存じのとおり北海道は広い。
鉄道で道東のほうの残りエリアををまわるんですが..

20160310235926
稚内→旭川→釧路→根室→帯広→苫小牧
といった感じのコースなんだけど、都市間を移動するだけで3時間とか4時間かかるので、ほぼ半日。
1週間の日程といってもほとんどの時間が鉄道に乗っているだけという感じ。
まあ、列車旅は好きなんで良いんですけどね。

で、札幌で一泊したあとにこの日は稚内まで飛行機
アイモバ的には稚内エリアは取得済みなんだけど、なんで稚内に行くかというと、以前の北海道遠征で、稚内空港行きが欠航になって飛べなかったことがあるのでリベンジ
エクストリーム北海道編、アイモバ遠征初の敗北の味を知る。

あと、特典航空券が1区間あまっているのと、
駅メモの宗谷本線完乗のため。

それと石垣空港から稚内空港と日本の最南端と最北端の両方の空港を1回の旅行で経由したかったら
(実際の日本の最南端空港は波照間空港だが現在は定期便が運行されていない)

20160316074549
この日の札幌は快晴。

20160316074259
3月とはいえ裏道は歩道に残った雪がガチガチに凍結して歩きにくい。

20160316080810
満員のエアポート快速で昨日ついたばかりの新千歳空港に

20160316091747
時間あるので空港のラウンジでコーヒーなど飲みながらまったり

20160316093612
頻繁に離着陸する飛行機をノンビリ眺める。

20160316093632
お、あれが折り返しで自分が乗るヤツかな?

20160316100658
まったりしすぎたら、ついフライト時間が迫っており、
ゲートで名前を呼び出されるはめに。

20160316100806
15分前までって、まだ3分余裕あるから一応セーフ。
(最後から3人目だった)

20160316101521
ゲートからバスで機体へ

20160316101602
国内短距離便でおなじみのボンバルディア

20160316102110
ジェット機と違って主翼が上についてるので
窓際席ならどこでも眺めがいい。

20160316102859
離陸してすぐ旋回するので、新千歳空港が一望にできる。
奥側が民間機で、手前が自衛隊の基地エリア

20160316103056
平日だからか出張風情のビジネスマンで7割ほどの搭乗率。

20160316111551
座席は小型機なのでペラペラで狭い

20160316103201
いかにも北海道という感じの1エリアが広い開拓地の農場が広がる

20160316103944
暑寒別岳

20160316104303
留萌市街が一望に望める。
去年の春に行ったけど、廃止になる留萌~増毛間は結局乗れないで終わりそうだな。
北の大地編、留萌で数の子もえー

20160316110928
稚内空港へはぐるっと北側から回り込んで着陸。
ロシア側に侵入するんじゃないかと心配。

眼下に日本最北の宗谷岬が見える。

北の大地編、稚内に上陸して最果ての宗谷岬へ

稚内空港着陸 from アニマルさん on Vimeo.

20160316111712
稚内空港到着
気温はさほど低くないけど風がある

20160316111944
地方空港らしいこじんまりとした建物。

20160316112037
空港から稚内駅まで連絡バスで移動。駅までは30分くらいと結構かかる。

20160316115135
稚内駅は3年ぶり。
北の大地編、稚内に上陸して最果ての宗谷岬へ

20160316115146
最果ての線路止めは雪に埋っている。

20160316120621
昼飯は、アイモバPのあいだで有名なラーメン屋「青い鳥」に。

20160316120649
残念!定休日だった!

20160316125836
もどって駅前の食堂「ひとしの店」で北海道らしいものということで、かに飯を頼んでみた。

20160316122900
あんまり期待してなかったんだけど、なんだこれすげー美味い!

よく考えたらかに飯って、駅弁で何度も食べているけど、そんなにスゴいものと思ってなかったんだけど、出来たてを食べるとこんなにも美味いのか!
冷めた駅弁とちがって暖かいカニの汁と香りが食欲をそそる

20160316122652
アイモバ的には取得済みのエリアだけど、ちゃんと営業。

20160316122729
在住Pが不在のエリアなので20件近くたまっている代行を消化。

20160316132905
で、お昼も食べたので移動のため稚内駅にもどる

20160316132656
以前は稚内駅の駅弁は予約販売しかしてなかったのに、普通に駅売りもするようになってた。
宗谷本線は乗客少ないのに、こんなにいっぱい売れるのか?と思ったら地元民が家で食べるように買って帰っているようでした。

20160316133205
そういえばこの2週間前には枕崎にいってたんだよな
南九州編、鹿児島県内を鉄道とバスでぐるっと回る。

20160316133140
特急サロベツは古い車両です。

201603161333071
5時間半もかけて札幌まで行く列車ですがが、自分は旭川まで。

20160316134331
以前は無かったはずなのに、魔改造されて立派なコンセントが全席ついてるのはよいね。

20160316134959
移動中は酒飲んで本を読んだりツイッターしたりとまったり。
セイコーマートのオリジナルブランドの酎ハイ。

20160316142120
外は一面雪景色。なんで、外見ててもすぐあきる。
駅間は所々ケータイの電波も圏外になる。

20160316143823
留萌エリア(既取得済み)
在住Pがいるのか代行は数件しかなかった。

20160316172701
北の大地に日が沈む

20160316173546
4時間かけて旭川到着。

20160316173038

3月16日  

 JR宗谷本線
   

ここまで366路線をコンプリート

20160316173849
旭川駅は日本の駅でイチバン雰囲気が好き。

20160316174320
やっぱり、北海道は日が沈むのが早いな。

20160316174230
駅近くのホテルへ。

20160316194400
この日も広い風呂に入るために、市内の銭湯であたたまる。
レトロな昔ながらの街の銭湯という感じで良い雰囲気でした。

20160316203521
晩ご飯は旭川ラーメンといえば山頭火の本店
日本中どころか海外にも店があるけど、よく考えたら一度も食べたことなかったので、どうせなら本店で初体験。

20160316204240
濃厚で美味しかったです。

20160316203933
あと北海道にいるあいだはサッポロクラシックばっか飲んでるな。
この日もセイコーマートで酒を買ってホテルで飲みながら就寝。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

最終遠征編、北海道上陸

※この遠征記は2016年3月15日のものです。

みなさんもう忘れていると思いますが、最終遠征の続きです。

4日目に、いよい赤505エリア達成の目的地の北海道上陸です。

20160315160745
新千歳空港の国際線ターミナル。
道民以外が使うようなとこじゃないので、もちろん初めて。

20160315162930
日本人のなのでイミグレはパスポートみせてさっさと通過。
しかし税関でひっかかる。

海外からの男性一人客で荷物が少ないのは目立つ。
(遠征中は飛行機で預け荷物がないように手荷物だけで移動するので)
係員「住所は神奈川なのに北海道に帰国?出国は沖縄?」
アニマルさん「これから鉄道で北海度一周するんですよ!一人旅だけどね!観光シーズンじゃないけどね!」
とさわやかな笑顔で切り抜ける。

なお、ジャケットやダウン、靴などの冬装備は荷物軽減のために、すべて札幌のホテルに送付済みであり、薄着で、足元はサンダルという南国スタイルなのも怪しい。

20160315164007
ちょっと距離のある国内線ターミナルに移動。
寒いし新千歳空港の温泉に入っていくかと思ったら、運悪くメンテナンスで休業。

20160311204645
今回の北海道内の移動は1週間道内の特急乗り放題というまさにこの遠征のために用意されたようなフリーパス。
指定席も6回まで利用可能。

20160315165649
とりあえずエアポート快速の指定席をゲットして札幌駅へ。

20160315192906
去年の6月に野球の交流戦を見に来て以来の札幌。
札幌観光編、梅雨を逃れて北の大地へ飛び立つのだ!

気温が0度近く、道路は裏道は雪が残るけど、電車内と地下街は暖かいので問題なし。
ホテルは駅の近くなので地下街出口から3分だけ寒さに耐えて、ホテルにチェックインして荷物を受け取り冬装備にチェンジ。
かわりに台湾で買ったお土産や着替えなどを箱詰めして自宅に送り荷物を減らす

20160315202742
札幌駅にもどってJRで1つとなりの桑園駅に。
ついでに明日のエアポート快速の指定券も発券しておく。

20160315201814
さっき空港で温泉はいれなかったので、こちらのスーパー銭湯で温まる。

20160315203922
北海道は新幹線開業をひかえて色々盛り上がり中

20160316072219
きっぷ袋も新幹線

20160316075826
あとやっぱり函館と言えばGLAYだね。
そういえば以前の遠征で函館でGLAYのライブとかちあって宿が取れなくて江差で泊まったなぁ。
青函編、さよなら江差線、廃止間近の江差線の旅

20160315204332
札幌駅ビルににあるナムコに寄ったり。
ここも去年のデレマススタンプラリーのゴール地点の思い出深い場所。
北の大地編、デレマススタンプラリーの最終日にゴールイン!

20160315212123
晩ご飯はホテルの近くで適当にみつけたラーメン屋「一粒庵」

20160315205916
まずはビール!

20160315210010
札幌といえば味噌ラーメンだろということで、
「元気のでるみそラーメン」

20160315210533
ラーメン美味しかった。体があったまる。
餃子はイマイチ。

市電の新しくできた駅(狸小路駅)を見にいこうかと思ったけど、疲れたのと寒いのでやめる。

20160315180013
やっぱり北海道といえばセイコーマートですな。
酒を買ってホテルに戻って寝る。

5日目につづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

福島編、飯坂温泉と菜七子フィーバーの福島競馬場

※この遠征記は2016年4月10日のものです。

福島遠征の続きです。

20160410104659
福島駅到着して、乗り換えの合間に駅前広場でイベントをやっているので覗いていきますか。
福島は「円盤餃子」というのを売り出していく方向性らしい。

20160410104628
巨大鍋で600個の餃子を焼く。
食べたかったけど、焼くのに時間がかかるということで、温泉に入るために移動再開。
餃子は帰りにでも食べよう。

20160410104711
JR東日本の福島地区のローカル萌えキャラ「福島ももか」

20160410174905
社内のデザインなのか、微妙に垢抜けない感じなのが田舎娘っぽくて、むしろよろしい。

20160410105350
福島駅から飯坂線というローカル私鉄にのって、飯坂温泉まで行きます。
車両は地方ローカル線ではおなじみの元東急の電車
しかしなんで東急ばっかり地方で人気あるんだろう?そういや海外でも走ってるんだっけ。

20160410110939
単線をで20分ほどかかけてノンビリ走る。

20160410111005
距離のわりに駅数が多いのがローカル私鉄らしい。

20160410111902
90周年とは歴史ありますな。

20160410111805
飯坂線コンプ

4月10日  
 阿武隈急行線
 福島交通飯坂線
 

ここまで376路線をコンプリート


でもこの2路線は東北本線からレーダーでとれるんですけどね。
まあ、乗って見ると楽しいんでね。



20160410112129
飯坂温泉は、ものすごくムカシに来たことあるけど、駅はすっかりきれいになってまったく記憶の面影がない。

20160410115756
川沿いに小規模ホテルがならぶ典型的な昭和の雰囲気の温泉地。

20160410115606
セットの入浴券はいろんな宿を選べるけど、とりあえず駅からイチバン近くて昼前から入れる、小松やというところに。

20160410112543
浴場はフロントから地下二階へ。
地下といっても川沿いにあるので窓はあります。

20160410112749
午前中なので貸し切り。浴室はあんまり広く無いけどひとりなのでのんびりできる。
源泉掛け流しで透明度の高いお湯。

20160410112937
窓をあけると飯坂温泉駅が川の向こうの真正面にみえる。

20160410115013
宿全体がレトロないかにもな、ふるびた温泉ホテルでしたね。

20160410115618
ちなみに日帰り入浴は大人500円(タオル別)

20160410115927
駅前にはきれいなアーチ橋が

20160410120000
十綱橋は由緒あるものらしい

20160410123639

20160410124237
温泉も入ってふたたび飯坂線で福島駅まで戻って、今度は路線バス。

20160410125654
やって参りましたのは福島競馬場。
久しぶりですが、すっかり改装されてきれいで巨大なスタンドができてます。

20160410130757
福島は相馬の野馬追いで知られるように、非常に馬文化が根付いたところで、福島競馬も地方の競馬場とは思えないくらいすごく人が集まります。

20160410130434
混雑を予想してネット予約で指定席を確保済み。便利な時代ですね。

20160410133212
指定席エリアはかなり見やすい。
A指定席は座席のモニターとコンセントも完備。

20160410133232
3階A指定席のパノラマ

20160410130549
パドックも立派です。

20160410085737
お目当ては、JRA久々の女性騎手の藤田菜七子ちゃん(18歳)
パドックでもイチバン注目をあびてます。
この日は有力馬に乗るので初勝利が見れるかもしれないということで、ミーハーなおっさんはわざわざ福島まできたというわけです。

20160410132042
みんなカメラで菜七子ちゃんを狙う

20160410132903
応援馬券を買って見守りますが、8Rは残念ながら勝てず。

20160410140736
そして続く9レースはこの日イチバン勝てそうな馬で2番人気。
逃げ馬をマークして2番手から直線抜け出して見事JRA初勝利!

20160410141946
場内では、競馬場特有の怒号ではなく「おー、ついにやったか!」という感じの暖かい応援の歓声がわくという、なかなか見ない光景が。

20160410140843
馬券の方は、菜七子ちゃんから買った三連複が3着に人気薄がきて高配当になって、
見事に今回の遠征代の回収も成功!
(このあと桜花賞でだいぶ負けたけどな)

20160410141236
表彰式はスゴい人集まってる。
スタンドからだと角度的に見えないw

20160410141519
インタビューでは感激で涙ぐむシーンも。
おめでとう!これからも頑張ってね!

20160410143129
競馬場といえばB級グルメ。
もつ煮はどこの競馬場でもうまいね。
あと、キュウリ一本付けと味噌田楽でビールを堪能

やっぱ福島競馬は雰囲気いいから好きだわ。秋開催にまたこよう。

20160410171033
競馬も見て、福島駅に戻ってきました。

20160410170911
福島駅にある餃子が有名な店で食って帰ろうかと思ったら、ものすごい待ち客で2時間くらいかかりそうなので、やめて、予定を切り上げてかえることに。
いや、だっていくらなんでもそんなに待ってまで、たかが餃子を食べたいってことないでしょう?
そんなら、帰りの新幹線で宇都宮で降りて食べるよ。

20160410175353
指定券を1時間早いつばさに変更。
福島と東京間はつばさの車両を指定すると、2+2列なので、2+3列のやまびこのE2系よりもゆったりしていていいぞ。

20160410181745
福島駅で買った駅弁。
山形の牛肉どまんなかが山積みだったけど、せっかくなんで、あえて福島製の弁当をチョイス

20160410181813
(素直にど真ん中にすればよかった)

20160410184041
土産はままどおるゆべし、ゆべしは東北や日本中に売ってるけど、福島のがイチバン美味いね。

20160410194844
といった感じであっというまに東京駅に。
福島は近いし日帰りでも楽しめるので復興応援もかねてみんな行くといいと思います。

20160411080214
翌日の新聞は菜七子ちゃん一面でした!

次回最終遠征編を再開、北海道へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

福島編、桜と快速レトロふくしま花見山号

※この遠征記は2016年4月10 日のものです。

4月10日に福島に行ってきたおはなしです。

アイモバのサービスが終わったら遠征はもう当分は行かない、そう思っていた時期がボクにもありました。

3月の最終遠征の日記がまだ途中ですが、東京の桜が散り始めて葉桜になりつつあるころ、東北の福島は今が満開ということで駅メモ遠征もかねて前々日に思い立って出かけてみましたので、そちらの遠征記です。

20160410045442
アイモバPの朝は早い。
地元駅から東海道線の始発で東京駅に。
18きっぷシーズンのせいか、早朝にもかかわらず満席状態。

20160410055245
しかし、上野東京ラインが出来たおかげで早朝の列車が東京どまりでなくなって、うっかり寝過ごすと東京駅をこえて高崎まで行ってしまうワナ。
まあでも日帰り旅行を満喫するコツはできるだけ朝早くでかけて、現地の滞在時間を長くとることですからね!

 

20160410060241
というわけで、東京駅06:04の始発やまびこに乗車。

20160410060326
この日はチケット屋で買ったバラ回数券。
東京→福島が片道8300円

20160410061340
東京駅地下の駅弁屋が早朝からやってるのは嬉しいけど、大混雑でレジが行列であわや乗り遅れるとこだった。

20160410061400
秋田比内地鶏のいいとこどり弁当
つい朝っぱらからビール買っちゃったけど、日曜だからいいよね。

20160410063425
恒例の #シンカンセンスゴクカタイアイス
この日は相馬のイチゴジェラート

20160410074624
1時間半ほどで福島駅に到着。近いよね。

20160410074713
福島駅近くの、花見山公園というとこが名前のとおり花見の名所らしくて、駅前からバンバン臨時バスが出ています。

20160410074810
それを横目に阿武隈急行というのに乗ります。

20160410075314
阿武隈急行と福島交通の両方のフリーきっぷと、飯坂温泉の入浴がセットになって1500円という超お得な切符を購入。

 

20160410075700
今回は駅メモ的には未乗車の阿武隈急行と福島交通飯坂線に乗るのも目的なので、
まさにこの遠征のために最適なきっぷ。
阿武隈急行を往復するだけで元が取れますね。

20160410075607
阿武隈急行と飯坂線は同じホームを共有してて、右側が阿武隈急行。

20160410091054
沿線ではあちこちで桜が満開です。

20160410084140
しかし、それを横目に車内で競馬の予想にいそしむアニマルさん。

20160410091430
1時間20分かけて終点の槻木まで乗車して阿武隈急行コンプ。
ちなみに東北本線からレーダーで取れるので、駅メモ勢でも乗るのは物好きだけの模様。

20160410092645
なんかアニメ調の武将を書いたラッピング車でしたね

20160410092551
槻木駅はJRとの接続駅なので、結構立派な駅舎。

20160410092741
福島までの帰りは、そのまま阿武隈急行で折り返さないで、JRの東北本線普通列車の白石行に乗車。

20160410093457
途中にものすごい延々と続く桜並木があって、そこで列車は減速してくれて、たっぷり桜をたのしめました!

20160410093731
一目千本桜というらしい。

20160410094155
みんなこちらの花見が目的らしくほとんどが降りてしまった。

一目千本桜 from アニマルさん on Vimeo.

20160410095234
終点の白石駅で下車

20160410095909
白石から福島まで乗るのはこちら!
臨時快速ふくしまレトロ花見山号。

20160410095937
電気機関車で古い客車をひっぱるという観光列車で、春の花見シーズンのみの運行。

20160410095935
仙台からの列車に途中乗車です。

20160410100042
車内はほとんどが鉄マニアのようでしたね。
みなさん桜よりも車両に興味津々のようです。

20160410103712

20160410103707
すごい古い車両だと思ったら、なんと大正時代に作られた車両とは!
これはすごいですね。

20160410100000
以前、大井川鐵道でも古い客車に乗ったけど、こちらもなかなか良かった。
静岡奥地編、大井川鐵道のSLに、天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道で静岡エリア埋め

20160410102607
車内では福島の観光パンフなどが配られる。
へー、福島は餃子が有名なのか。

20160410102622
JR東の萌えキャラも。

20160410100658
検札は、スタンプと一緒にきっぷの隅に昔ながらの型押しみたいなヤツで「ふ」の文字を。

20160410103928
30分ちょっとで福島駅にもどってきました。

20160410104035
鉄道マニアに混ざって写真を撮りまくってみたり。

20160410103821
駅で福島の観光協会がおみやげを配っていました。
梨ジュース。

20160410103831
自分の乗った1号車は半分が荷物室になってます。

20160410104356

20160410103857
結構楽しかったので、また乗って見たいですね。
それでは、次は飯坂温泉に行きましょう。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

仮想現実編、お台場のVR ZONEで未来体験をしてきた

※この遠征記は2016年4月17日のものです。

今回の遠征の行き先はは仮想現実世界!

先日オープンしたバンナムのVR体験施設、お台場のVR ZONEのレポートです。

場所はお台場のダイバーシティ。
あの巨大な実物大ガンダムが置いてあるところですね。

どんなところかはこちらの公式サイトでもみてください。
https://project-ican.com/
店舗運営はナムコです。

4月8日の予約開始日の夕方に、サイト覗いてみたら17日の昼に1名分だけ空きがあったので、ぽちってみました。
同行者の予約もできるけど、枠があいてないのか、一人しか予約できなかったので、
いつものアニマルさんらしくぼっちでいってきました。
あたりまえだけど、一人で行くよりも友達やカップルで行くのが面白いと思うよ。

20160417121556
で、久しぶりのお台場だったんだけど、日曜日はご存じのとおりの強風で、ゆりかもめ運休!新橋まできたのに、逆戻りして大井町からりんかい線へ深い地下へ。

20160417122818
りんかい線も埼京線の強風の影響で遅延しているし。

20160417122223
りんかい線は久々に乗ったけど、品川シーサイド駅は楽天前からビッグローブ前になってたのね。

20160417130203
多少余裕を持って出てたので、迂回したものの、なんとか予約時間ギリギリにダイバーシティに到着。
スゴい雨なので、ガンダムは屋内から後ろだけ撮影
台場は日曜で、ゆりかもめ止まってるのにスゴくひと多い。
日本人が半分であとは、アジアや欧米人の観光客という感じ

20160417130624
VR ZONEの店舗は3階の入ってすぐの場所で結構人通りも多い好立地。
興味深げにのぞき込んだりしている人が多いけど、あいにく完全予約制で当日受付無しなので、あきらめて立ち去るひと多数。

20160417130631
現状、広報効果もあって予約がすごい順調みたいで、平日でも瞬殺の状態。
この日はまにあったけど、交通事情で遅れたときに予約がどうなるか聞いておけばよかった。

20160417130924
特に、外国人観光客が強い興味をしめしていたので、彼らのインバウンドにおける口コミ効果は大きいので、当日受付の限定枠などつくっら良いのにね。
たとえば、外国人観光客向けにパスポート必須とかで。

20160417131746
受付番号のメールを見せ予約確認して、時間になったら入り口で簡単なガイダンス
一般的なVR注意事項についてと、支払いに使うバナパスカードとバナコインの料金支払いについてがメイン。

20160417131950
バナパスポートカードが必須になるので、カード自販機も置いてある。(300円)
売ってるバナパスカードはノーマルデザインなんだけど、せっかくだから限定デザインとかにすればいいのにね。
バナコインのチャージ機は現金(千円札と百円)のみ対応。両替機あるけど、旅行者や外国人対応を考えるとクレカ対応はしたほうがいいね。

20160417132343
いつもバナパスとして使っているAndroidケータイを、チャージ機にかざして入金しようとすると、「携帯電話は使えません」とエラーになるので、係員にきいたらチャージ機はケータイ非対応とのこと。
じゃあ、これは使えるのか?とアイマスタグを見せると、「なんですかそれ?」という反応。
いちおうナムコ店舗でも売ってたんだけどね?
http://idolmaster.jp/blog/?p=4431

20160419075121
実は、その場で現金チャージじゃなくても、すでにネットゲーとかでバナコインを持っていれば、チャージしなくても遊べるんだけどね。
アニマルさんはコンビニ(ローソン)でバナコインのプリペイドを購入してチャージしてあったんだけどね。(クレカや他の電子マネー、携帯支払いなどでもチャージ可)

20160417132430
だけどせっかくなんで一応千円だけ追加でチャージしておく。

ということなので、すでにバナパスカード持っている人は、サイトで登録してバナコインをクレカやプリペイドでチャージしておくとスムーズにスタートできますよ!
カード登録サイトはこちら

20160417133624
受付後に場内では客は常にこのタグをぶら下げることに。

20160417132517
荷物は無料ロッカーがあるので、そこに入れられる

20160417134720
ララビットのパックマングッズとか置いてあったけど、
特にVR ZONEがらみのグッズとかなし。
記念の土産になる、VR ZONE限定品とかは欲しいところ。
「仮想現実に行ってきました饅頭」とかね。
(一応VR ZONEオリジナルフレームプリクラがあったな、だれもやってなかったけど)

20160417135052
入場後に適当に遊びたいところに並ぶシステムで、待ち人がいなければすぐプレイ可能。
なお、1回の予約枠は10名くらいなので、均等に散ればほぼ待ち時間無しになる計算。
支払いはその都度。チャージ機は場内にもあるので安心。

ここから各コンテンツ(アクティビティという)の感想。
以前ロケテでプレイしたことがあるリアルドライブをのぞき、5つのVRアクティビティを体験してきました。(紹介は体験した順)

なお、もっと詳しい内容についてはネットニュースとかで体験会の記事とかいっぱい出てるんで、それらを読んでくれ

〇トレインマイスター
VR版電車でGO!だね。
首を回すと運転席全体や、横を見渡せるのが新鮮。
ただ、プレイ中はあたりまえだけど前方を注視しているのでVRである意味は薄い。
いくつかプレイ難易度を選べるなかで、イチバン最初の初心者コースを選択。
コースは山手線外回りの東京→有楽町→新橋
ゲーム内のグラフィックがリアル感がなく全体的にかなり物足りない。
自車以外に動くものがなく、ホームの乗客は棒立ちのマネキン。
この区間は併走する京浜東北線や東海道本線、上野東京ラインに、新幹線と、
多数の列車がひっきりなしに走っているはずなのに、それらが皆無。
まるでゴーストタウン東京。
運転自体は電GOでさんざん鍛えた身としてはとっても簡単(でも新橋でオーバーランして減点くらった)
なんだかんだ、他のコースがどんな感じかぜひ再訪してやってみたい。

VR感がいかせる鉄道としては、都市部の幹線よりも、江ノ電や路面電車がいいとおもうね。瀬戸大橋線とか眺望的に最高だけど、駅がないからゲームにならんか。

評価 ☆☆ 2/5

〇アーガイルシフト
VRの未来が見えた!2次元の世界はあったんだ!
ロボットものに見えるが、実際はナビの女の子を堪能するのが目的。
きわどい衣装で一緒に狭いコクピットに乗り込み、話しかけてくるので、いやでも視線がそちらにいかざるえない。
Vrpic1
正面から顔をのぞき込むように近くで話しかけられると、
CGだと分かっているのに、どきどきする。
まさに2次元のアニメの世界に入れる体験。
これはぜひアニメ好き、オタクの人は体験してほしい。
これをアイマスのキャラでやったらと想像するだけで楽しい。
そうそう、重要なことですが「たゆんたゆんに揺れますよ!」

肝心のロボットものとしては、乗り込み→発進降下のシーンは「おお!」となるが、戦闘部分が淡泊すぎて、迫力無く、もっと演出を考えてほしい。
20160417133618
ストーリー的には、「TO BE CONTINUE」で終わるので続きに期待しとくか。

評価 ☆☆☆☆ 4/5

〇脱出病棟オメガ
VRお化け屋敷
プレイは必ず2~4人で協力プレイになるんだけど、わたくしはぼっちなので、若者男性二人組と一緒にプレイすることに。
ゲーム中にはお互いマイクでコミュニケーションをとって協力してクリアするシーンがあるんだけど、こちらのお二人が実は韓国人(留学生?)で、日本語が片言だけだったので若干コミュニケーションに苦労した。
初回プレイ中に、半分くらい進んだところで、マシントラブルのためにストップするアクシデント発生して、結局再起動して、最初からやり直すはめに。
まあ、オープン2日目だからこういうトラブルもあるよね。
20160417134802
他の方の感想を見ると「死ぬほど怖い」という感想が多く、ダイバーシティの通路にも「キャーーー!」「ぎゃーーー!!!」と絶叫が響き渡ってアイキャッチ効果は抜群である。
あいにくと私はこういうホラーものとか、作り物とわかっているやつは全然平気なほうなんで、ちょっとびっくりしたりするけど、悲鳴をあげたりとかはなし。
むしろあからさまな演出が多くってちょっとなぁと思ったり。
20160417135026
VRらしくゲーム性を付加してるんだけど、怖がりたいならリアルお化け屋敷でいいじゃんと思う。
だって、カップルで手をつないでドキドキしてキャー!とか抱きつかれたりで、吊り橋効果でラブラブとかそういうのがないとね(ぼっちのアニマルさんに関係ないハナシ)

評価 ☆☆☆ 3/5


〇高所恐怖SHOW

今回の体験でイチバン面白かった!まさに仮想体験というのが味わえる。
ヘッドセットに、腰と両手足もセンサーをつけて、完全に仮想空間の中に入り込めるという部分では、イチバンVR感がある。
20160417141724
自分は高所恐怖症ではないし、むしろ高いところに登るのは大好きだけど、マジでこれは怖い!キ〇〇マが縮み上がるぜ!
いやホント、CGだとわかっているのに膝がガクガクで足をなかなか踏み出せない。
ホンモノの高所恐怖症の人なら一歩も動けずに悶絶するレベル。
20160417143517
足元の板が絶妙にグラグラするのもいい演出である。
祖谷渓のかずら橋よりも怖かった。
ゲーム的には救出完了で終わりなんだけど、ちょっと物足りない。
下りのエスカレーターでなぜかビル崩壊するとか、もっと演出ほしい。
あと、CGのネコがあんまり可愛くないぞ!

評価 ☆☆☆☆☆ 5/5

〇スキーロデオ
スキーで滑降するゲーム。
筐体部分はアルペンレーサーのもので、実際にスキー板でエッジをきかせてターンする。
現実のスキーはほとんどやったことない人間なので、エッジを立てるのは難しかった。
それよりも、現実の雪山もそうだけど、視界が白色系統一色になるので、VRの立体視でもコースの奥行きや細部がつかみづらい。
また、結構なスピード感なのにコースに次のターンが左右どっちかの看板とか、
コースアウトを示す旗とかがいっさいないので、非常に難しい。
すぐにコースアウトで崖からおちたり、岩に激突してしまい、爽快な滑りやジャンプを堪能とは、なかなかいかないのが残念。
もっと簡単な初心者コースとかで難易度を分けるとか、コースのガイドを充実させるなどの工夫をしないと理不尽な難易度で楽しめない。
でも、迫力はあるので、時間があれば何度かトライしたかったね

評価 ☆☆ 2/5

20160419193826
ちょうどここで予約時間の1時間半が終了。
出口でQRでアンケートに答えるカードを貰って帰宅。

まだ本稼働2日目ということにあって、多少の機材トラブルありましたが、スタッフの対応もスムーズでとてもよろしかったですね。
トータルで4000円弱がかかりましたが、1時間半という時間はあっという間で、「え?もう終わりなの?」という感じで、まさに時間を忘れる仮想空間体験

感想は辛口のコメント書いてあるけど、それは今後の期待ゆえ。
結論として、かなり楽しいので、予約大変だけどみんなもぜひ行くべし!

アニマルさんも、ぜひもう一回行ってみたいと思わせる内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

最終遠征編、桃園空港→新千歳空港

※この遠征記は2016年3月14日のものです。

台湾の3日目、この日は移動日。

寄り道の台湾滞在を終えて、いよいよラスト遠征編の北海道に移動します。

20160315070157
朝ご飯はホテルで、昨日と同じくお粥。
オカズが昨日と若干変わって卵炒めと空心菜に。
疲れた胃にお粥は嬉しいですね。

20160315074127
朝ご飯を食べたらチェックアウトして空港に向かいます。
台北から桃園空港へはバス移動が定番のようなんですが、平日朝はラッシュに巻き込まれることもあるということなので鉄道移動。

20160315084730
地下鉄で台北駅まで。朝のラッシュ時間なので心配したけどあんまり混んでなかったな。

20160315075228
地下鉄に、路線バスに、タクシーに、コンビニと大活躍したICカードですが、3000TWDを空港でチャージしたけど、料金が安いこともあって半分くらい残りました。
払い戻しもできるけど、また台湾に来たいのでそのときのためにとっておきます。

20160315075916
来たときと同じく桃園駅まで高鉄(新幹線)で。
指定席乗車率は満員に近い。

20160315081008
車内は日本と同じように、ワゴン販売もありましたが、乗車時間が少ないのでスルー。
コーヒーや御弁当など売ってました。(#シンカンセンスゴクカタイアイス は未確認)

20160315084622
桃園駅から空港までのバスは行きの路線バスタイプとちがって、ハイデッカーの観光バスタイプ。
いろんな車両が充当されるみたいだね。

20160315093629
空港についたら、ラウンジで一休みしましょう。

20160315094139
某カードの特典で上級ラウンジなんだけど、さすが上級!
ハーゲンダッツが食べ放題だぜ!

20160315095653
こちらは食事するひとがメインの椅子席、ゆったりできるソファー席もありました。

20160315095916
ビールも酒も飲み放題だぜ!
ワインも白と赤あり。

20160315094226
生ビールは台湾ビールではなく、チンタオ(中国ブランド)でした。

20160315095923
ラムをコーラで割って飲む。

20160315094004

20160315094311
点心や食事も充実してます。
貧乏人なので、当然ながらむさぼり食って酒も飲みまくります。
お粥や肉ご飯、パン、スナックなども豊富。
ホテルで朝飯を食べたのに、あきらかに食べ過ぎ。

20160315101408
無料PCやシャワーなどもありましたよ。
WindowsだけでなくMacもあるのは珍しい。

20160315102937
そうこうしていると、時間になったので搭乗します。
気温18度の台湾から雪の北海道へ。

20160315113134
帰国便はまたエバー航空。
乗客の日本人は数名でほとんど台湾人。

20160315103929
ところで、日本の航空会社だと搭乗は「後ろの列のお客様から」という案内だけど、エバー航空ではチケットに書かれた「ゾーン番号」の順番に搭乗。
自分は前方の窓際席だったけど、ゾーン3番だったんで後ろからとか窓側といかいうわけでもないらしい?

20160315122527
さよなら台湾、楽しかった!また来るぜ!
滞在中はずっと天気がイマイチだったな、でも夏とかだと天気良すぎても暑いんだろうな。

20160315120048
機内食。チキンとエビ炒飯の選択でチキンをチョイス。
まあ、味はこんなものかな、さっきラウンジでアイスとか点心食いまくったのでちょっとだけ食べる。

20160315120335
台湾ビールも飲み納め。

20160315122700
アルコールメニューも国際線なので無料。
アニマルさんはタダ酒には目が無いのです。

20160315123537
エバー航空オリジナルカクテルがあったのでチョイス。
メロンリキュールベースでした

20160315140159
おつまみの、おかき。

空から日本を見てみよう!スペシャル!

台湾から北海道まで4時間半のフライト

20160414120728
こんな航路で日本列島をつっきる

20160315124043
台湾は曇りだったけど、九州に近づいてきたら良い天気に。
甑島

20160315133158
エバー航空は機内LANとかないので、地図はキャッシュしたものを表示しています。
写真はコンデジなので、画質イマイチだけど勘弁。

20160315134531
八代のあたり。
先日、大地震がありましたが、被害心配です。

20160315135904
大分湾

20160315140343
南予の宇和島のあたり。

20160315140652
松山空港

20160315141021
しまなみ海道

20160315141356
瀬戸大橋

20160315142426
大山

20160315142840
天橋立

20160315144738
能登半島先端

20160315145656
1月に遠征にいった佐渡上空を通過。

信越佐渡編、佐渡に上陸して温泉はいってカニ食べるよ!

20160315145635
大佐渡山脈
真上すぎて佐渡の島のカタチはわからず。

20160315151246
男鹿半島上空の東北あたりから雲がかかって地上が見えず

こうやって日本列島上空を見ながら飛んでいると、過去のアイモバ遠征の思い出がよみがえってきて感慨深まります。

20160315154422
北海度うが近づいて着陸態勢で高度を下げます。
苫小牧と樽前山

20160315154504
苫小牧はコンビナートなどの工業地帯。
大洗からのフェリーがきてます。

20160315160005
定刻に新千歳空港到着!帰ってきたぜ!

ターミナルは国内センターミナルの反対側にある。国際線ターミナルに。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

最終遠征編、台北のアニメイトとゲームセンター

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

台湾の2日目の続きです。

最終遠征編ですが、まだまだ、だらだら続きます
(ていうか、まだ全部で11日間の遠征の3日目なんだよ!)

20160314175948
台北101の見学を終えて、地下鉄でやってきたのは西門町という、渋谷とアキバを足したような台北随一の若者向け繁華街。
こちらは街のシンボルの旧市場の建物。

20160314175601
平日なんですがひといっぱいで、すごい賑わい。新宿みたいな感じともいえます。

20160314181209
で、とりあえずアニメイトに行ってみました。
公式HPだと地下鉄駅から徒歩1分とか書いてあったけど大嘘で10分くらいかかる。
西門町のメインからはずれた地域にあるけど、きれいで店も広い。
(アニメイト 台北総店 公式HP)

20160314181627
商品構成は日本と同じような感じで、マンガ、雑誌、ラノベ、グッズ、CDやソフトといった感じ。
女性向けが多めなのも日本と同じ。

20160314181636
コミックはほとんどが翻訳もので、人気スジも日本とあまりかわらないですね。

20160314182530
値段は現地にあわせてか若干安めだけど、物価差を考えると学生さんとかにはちょっと高価かも。

20160314182008
雑誌は日本ものが、そのままほぼリアルタイムではいってる。

20160314182234
面白かったのは、台湾では日本でいうとこの成年マークのエロマンガは売って無いんだけど、独特のゾーニングで暴力や性描写のあるマンガは年齢制限コーナーにわけられてる。

20160314182131
まあ、これはエロいからアウトだよね。っていうのもあるけど、
え、これもアウトなの?
みたいなのもあって基準がよくわからんす。

20160314182102
おやすみプンプンは殺人描写があるからか?

20160314182236
影崎さんはそんなにエロくないよね?

20160314182304
黄昏流星群もダメなのか。
映倫やCEROみたいな審査機関とかあるのかしら?

20160314182327
フィギュアは高価ものはなくて、日本製の安いプライズモノやねんどろがメイン。
ラブライブがやっぱり人気で次が艦これ、アイマスはあんまりなかった。

20160314182352
プライズフィギュアが1500円くらい。会員だとちょっと安い。
ちゃんと香港経由の正規輸入品ですね。

20160314181657
あと、中古ショップのらしんばんも併設されてます。
商品少なめで、中古流通は確立してない感じ。
(中国系のひとは中古製品は好まないと聞いたことあるけどそのせいか)

20160314182723
1階にはアニメイトカフェも併設。
オープンカフェ(吹きさらし)だけど、ラブライブ!コラボメニュー展開中。

CDや映像ソフトは日本に比べると少ない感じだったけど、やっぱネットの配信やYoutubeとかがメインなのか。


20160314183649
アニメイトを見て西門町のメインストリートに戻る。
右側は西門町のイメージ萌えキャラ

20160314195924
通りがかりに見つけたアニメグッズショップ。
ラブライブ!と黒子のバスケが人気だった。

20160314195626
アニメイトの次はゲーセンに行きます。

海外にいっても日本とおんなじ行動してるヤツですな。

20160314185814
西門町の中心にある、萬年商業大樓というビルに向かいます
1階はケータイショップがならんでいます。

20160314185443
かつてのアジアの携帯ショップといえば、香港や中国本土製のあやしいSIMフリー端末や、謎のグッズとかがあって面白かったのですが、最近は普通のメーカー品ばっかで健全になって、面白く無いですね。

20160314190527
ゲーセンは5階に「楽しさ満点」 
ビルの奥のほうにあるあやしいエレベーターで登る。
トムズワールドという台湾で60店舗くらい経営している最大手のオペレータの台北旗艦店です。(営業時間などは画像参照)

TOMS WORLD 公式HP

20160314190844
5階の1フロアがすべてゲーセンでかなり広い。
湾岸の8シート設置は国内でもそうないですね。
ドライブゲームはアジアの若者に大人気でプレイヤーのレベルも高い。

20160314191054

20160314191121
現地製ドライブゲームにはなぜか日本語

20160314190710
太鼓の達人も最新バージョンがオンライン設置。

20160314190616
旧バージョンの中国語ローカライズ版もありました

20160314190725
音ゲーはやっぱり若者に人気で日本製のがオンライン稼働

20160314190554
日本で見ない現地製のもありました。

20160314191024
ダライアスは漢字だとこう書くのか。

20160314190913
格闘も人気あります、バーサスマキシブースト

20160314190926
鉄拳7は英語版でした

20160314190956
KOFはアジアで根強い人気あり

20160314190804
戦場の絆はポッド1台故障中

さすが旗艦店だけあって、品揃えはカード系を覗けば日本と同じような機種がオンライン稼働していて充実しています。

20160314190522
台湾のゲーセンはトークン(メダルのようなもの)でプレイします。
プレイ料金は日本の半分から1/4以下といったところ。

メダルゲーム機もあるが、メダルではなくリデンプションに改造されてる
(払い出されるチケットを景品と交換できるシステム)

20160314192603
ゲーセンがある5階の1つ下の4階フロアは小さいオタク向けショップが充実。
こちらはゲームソフト屋。

20160314192607
フィギュアショップ。

20160314192717
ミリタリーショップ
ミニ中野ブロードウェイみたい雰囲気

20160314192943
2階から3階はおもちゃ屋や洋服屋さんなど。

20160314195409
腹が減ったので、このビルの地下に飲食店街になっていたので、老舗っぽい店が賑わっていたので適当に入店。

20160314194408
いかにも台湾の食堂という感じの店。
名物はパーコー麺らしいので注文。

20160314193650
肉かけご飯も注文。美味い。

20160314193847
パーコー麺は、肉が別皿で来た。
かりっと揚がってボリュームある排骨肉は美味いけど、麺がふにゃふにゃでスープもイマイチ。(万世のパーコー麺が10倍美味い)ご飯と肉のみを頼むのが正解だね。
ところで、例によってビールがないので死にそうになる。

20160314183937
こちらは西門で通りがかりに見つけた小さい路面店。

20160314184019
音ゲーとプライズに特化した店。

20160314184204
台湾のクレーンはクソ安そうな低品質のぬいぐるみしか入ってない。
(そのかわり1回数十円と安いけど)

20160314201232

20160314200855
繁華街は日系の飲食店がホントに多いし、お酒飲みたいならこっちのほうがいいけど、わざわざ海外まできて和民とか行くのもねぇ

20160314195947
台湾は日本語看板多かったけど、イチバン謎だったやつ

20160314195759
夜も遅くなってきたんで、相変わらず人が一杯の西門町をあとにします。

20160314183545
ヲタ系の買い物をしたいひとは、西門町だけで1日つぶせそうですね。
今回はこの後の旅程があるので荷物を増やせないんで何も買いませんでしたが、また来たいね。

20160314201803
朝から一日中観光で歩き回って足が棒のようなので、地下鉄でなくタクシーでホテルに帰還してこの日は終了。
一人だとタクシー移動はバスや地下鉄に比べて割高なんで躊躇するんだけど、タクシーは高いといっても日本の感覚の1/3くらいの値段なんだよね。
ICカードやクレカの支払いにも対応してます。

20160313223956
ところで自分の泊まったこのホテルに限らず、台湾の禁煙条例が厳しくてホテルの部屋もすべて禁煙なのは喫煙者の自分にはつらい。
ホテルの外にある灰皿で吸うしかないんだけど、夜タバコ吸ってるとポン引きのオッサンが寄ってくるのがうざい。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

最終遠征編、台北101に登ったり牛肉麺食べたり

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

台湾の初日の続きです。

20160314150647
故宮博物館を堪能して、ふたたび路線バスで地下鉄駅まで戻ります。

20160314150243
すっかり昼飯を食いそびれてしまったけど、とりあえずここは大学も近いし、学生街だから美味い店があるだろうと、店を探して適当に目についた流行ってそうな牛肉麺の店に。

20160314150105
メニューでイチバン高い肉3種入り(200NTD、700円くらい)を注文。

20160314144640
ロース、ソーキ、胃袋の煮込み。野菜もいっぱい乗っていて、かなり美味いね!
好みの味で日本にあったら通いたいレベルの店。
しかし、ビールが飲みたいが置いてない!水もないし!
台湾の人は食事中に飲み物を飲む習慣がまったく無いらしい。(その分料理全般の味付けは日本にくらべると薄味だな)

20160314154434
牛肉麺に満足して、地下鉄に乗ってこちらも台北観光では鉄板の台北101に来ました。

20160314154740
駅を出ると、どーんとそびえ立ってますな!
天気が悪かったら行くの辞めようと思ったんだけど、薄曇りくらいまで回復したので来て見たました。

20160314155040
展望台の入り口は4階なのでショッピングセンターをぬけてあがっていきます。
自分には縁の無い高級ブランドのお店がいっぱいがならんでいます。

20160314155635
入場券はNTD500のところJCBカード割引でNTD450(1500円くらい)
それでも台湾の物価を考えると結構高いですね。

20160314160007
この日は平日の月曜ということもあって、さほど混んで無くて5分ほどならんでエレベーターへ。建造当時は世界最速だった日本製のやつ。

20160314160043
あっという間に89階へ。

20160314160157
まずは階段で91階にある屋外展望台へ。

20160314170345
風が強いためか一部しか開放されてませんでしたが、この高さで吹きさらしはなかなかのもの。

20160314170650
この上はなにがあるんだろう?
通信設備とかかな。

20160314170622
雨上がりで湿度があるので全体的にもやっていますが、視界は思ったほど悪くありません。


20160314160437_2
台北市街が一望

20160314172227
台北は近代的ビル群と古い地区が混在しています。

台北101展望台 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20160314172300
ガラス張りの展望フロアへ移動。
こちらはガラス張りでカップルとか家族連れ、外国人観光客でいっぱい。

20160314172302
台北の学校は校庭を校舎が囲むかたちになっているのが標準らしい。

20160314173054
大都市だけど、以外に山が近くにあるのが札幌みたい。
動物園とかあるあたりかな?

20160314164259
展望フロアのカフェでビール発見!

20160314164600
マンゴービアフロートなる謎の飲み物をゲット。
台湾のビールはアメリカビールみたいな薄味でソーダっぽいなので意外に悪くないぞ。
でも、値段みたらこれって結構高いね。
入り口で1杯頼むともう1杯プレゼントとかやってたけど、さすがに一人で2杯も飲むと冷えそうだから貰わなかったけど、2杯分の値段と思えば妥当か。

20160314163525

20160314165800
展望フロアから1階おりた、このでかい球体はビル上部に設置されたウインドダンパーという巨大免震装置。これで揺れを相殺するわけですね。
横浜のランドマークタワーにも似たものがあります。

20160314163649
ゆるキャラもいるよ

実際に作動しているのがこちらの公式動画で見れます(1:00ごろから)
https://www.youtube.com/watch?v=bFO4pANFXP0


台北101ダンパー #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20160314170219
下りはエレベーターが行列で混んでいて30分以上待ちました。
待機フロアで売ってた天然珊瑚。何千万円するのとかもありました。(中国船の日本近海での密漁が話題になってましたな)

旅行における「高いところに登る」という欲望が見たらされたので、台北101をあとにして、繁華街に観光にいきます。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

最終遠征編、台北の雙連朝市と故宮博物館

※この遠征記は2016年3月14日のものです。

最終遠征3日目(台北2日目)のスタートです。

この日は、普通に台北市内の観光をしたいと思いますよ。

20160314082329
前日の疲れから、ゆっくり寝ようと思ったらホテルのすぐ隣で重機がうなりをあげて工事が始まってたたき起こされる。

20160314084514
ちなみにこちらのホテルは日本人客が多いのでとなりに家系ラーメン屋があったり、近くに日本式の居酒屋や焼き鳥屋、カラオケパブとかがあります。

20160314073609
ホテルの朝食は和式と洋式と台湾式が選べたので、台湾風のお粥にしてみました。
オカズはたくあんのようなもの、鯵みたいな魚、キャベツのいためもの、豆腐よう、卵焼きなど。オカズは作り置きでしたがまあまあ美味しい。

20160314084919
朝飯を食べたので、お出かけしますか。
台北の市街はコンビニが、それこそ50mごとぐらいにたくさんありますので、とっても便利。
最大勢力は、セブンイレブンとファミリーマートですが、こちらは原地のOKストア。

20160314084646
Pontaと提携してるということはローソン資本入っているのかな?

20160314084807
ところで、有名な話でアジアのお茶のペットボトルは砂糖が入っているのが普通です。
「日本式緑茶」とか書いてあっても油断できません「微甜」とあれば砂糖入り。

20160314084813
こちらの「無甜」というのが、日本と同じストレートの緑茶です。
あと、食べなかったけどおでんとか売っていて美味そうだった。

20160314090210
この辺は商業地区と住宅が混在する界隈で、散歩がてらに公園を歩いたり。

20160314091142
ガイドブックによると、もよりの地下鉄の雙連駅というところで、朝市をやっているというので行ってみることに。

20160314091246
台湾といえば夜市が有名ですが、朝市も賑わっていますね。
狭い路地のようなところに、数百メートルにわたってたくさんの露天が並んでいます。
夜市と違ってほとんどが地元の買い物客で、観光客はちらほら見かける程度。

20160314091201
野菜や雑貨、衣類、海産物など色々。
海産物と同じ店で女性下着を売っていたりとなかなかカオス。

20160314094426
日本ではみたことない野菜も売ってます。

20160314091429
食べ物も色々売ってるので買い食いしましょう!
こんなことならホテルで朝飯食わなきゃよかった。

20160314091918
肉ちまき。
でかい、コンビニおにぎりの1.5倍くらい。

20160314092008
肉以外にも椎茸や栗など色々入っていて、すげー美味い。
前々日に石垣島の空港でも同じ様なモノ食べたけど、台湾とは近いから文化的につながってるんだろうね。

20160314091543
市場の真ん中あるお寺。

20160314093627
向こうの寺院はLEDとか電飾が派手である。
詫びさびとは遠い世界。

20160314093638
絵馬が並んでいるけど、絵馬って元々日本の文化だから輸入されたのか?

20160314093730
野菜の天ぷらのようなもの。

20160314093821
お好み焼きというか関西のネギ焼き風。
韓国のチジミにも近い感じ。ソースを塗って食べます。

20160314093853
しっとりパリパリして、かなり美味い。見た目よりボリュームある。
他にも色々食べたいものがあったが、朝から腹一杯である。
訪れる方は朝食を食べないで行くのをオススメします。

というわけで、朝市を予想外にたっぷり堪能して地下鉄に。

20160314095121
ラッシュアワーをすぎてるので空いてる。

20160314095016
20160314095154
台湾の地下鉄は自転車も乗せられるようですね。

20160314095859
地下鉄も郊外に行くと高架を走ってます。
士林駅で降りて、路線バスに乗り換え。

20160314101254
若者でいっぱいでしたが、途中の大学前でほとんどが下車していきました。

20160314101541
こちらのバスは長距離なので後払い式。

20160314102544
乗車15分ほどで下車。

20160314102845
やってまいりましたのが故宮博物館。

20160314112649
台北観光の目玉スポットですね。

20160314103051
巨大な偉容の建物です。

20160314103339
この日は月曜日ですが台湾各地や各国からの観光客で混雑してます。
団体バスが次々到着してます。

20160314104124
入場券NTD250をクレカで購入。

20160314104944
日本語音声ガイドもNTD200で借ります。(中身はiPod Touchでした)
ガイドを借りるのにパスポートを預ける必要がありますので、忘れずに。

20160314113151
内部は撮影禁止なので写真なし

20160314132820
入り口の荷物チェックは結構厳しくて、全部飲み物とか預けさせられます。

20160314150647
音声ガイドを聞いてじっくりみていたら3時間半以上かかってしまった。
普段は全然興味ない書画や陶器とかも、どれも国宝級超一流品ばかりなのでついつい舐めるように観てしまいました。
有名な超絶技巧の工芸品とかももちろんすごい。

途中で音声ガイドのバッテリーが切れたので後半駆け足でみたので、マジで全部みたらほんとに丸一日かかっても足りないくらいですね。
団体ツアーとで駆け足で見るのは勿体無いですよ。

20160314133022
こちらミュージアムショップ全体的に値段高い

20160314133608
あの有名な白菜は台南の別館に貸し出し中で不在。
ストラップやキーホルダーを眺めます。

20160314134356
台湾の公共施設によくある孫文像。
中国本土かららしいの観光客も結構きてましたけど、どんな気分なんでしょうか?

だいぶ予定の時間をオーバーしたけど、故宮博物館を堪能したので、再び路線バスで地下鉄駅に戻ります。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

最終遠征編、台湾職業棒球、中信vs統一(オープン戦)台湾のプロ野球みたよ

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

台湾の初日の続きです。

せっかく海外旅行にきたのに、日本とおんなじような行動してるひとっていますけど、なんでわざわざ海外きたのにって感じですよね。

20160313170553
というわけで、台湾でも野球を見に来たアニマルさんです。

この日はシーズン開幕の直前のオープン戦です。
実際に「台湾でプロ野球が見たい!」と思って、そこから情報をネットで集めたりしたんですけど、なかなか有用な情報が少なくて結構難易度高かったです。
中信兄弟のHPをみて、この日に新荘棒球場でOP戦があるということがわかったのでやってきました。

中信兄弟官方網站

中信ブラザーズの公式HP、中国語わからなくても漢字でだいたい雰囲気わかりますね。

前回の日記のとおり、アニマルさんは台北駅から299系統の路線バスで来ましたが、地下鉄の新荘駅から徒歩(15分)か、無料シャトルバス(この日はOP戦なのでなかった)が一般的なようです。

20160313165622
本日は18:05開始のオープン戦。

チケットは前売りで買おうと思ってたけど、買い方がよく分からなかったので早めにきて当日券を狙います。
試合1時間半前にきたけど、けっこう並んでいます。(数百人くらい)
おまけにやんでたはずの雨がポツポツと降ってきたし。

20160313165420
無事に当日券をゲット、OP戦なので内野全席自由の大人210NTD(700円くらいと安い!)
ちなみに台湾プロ野球は4チームのリーグ戦です。
WBC予選で日本代表と台湾代表が激闘を繰り広げてたおかげもあって、最近は台湾のプロ野球人気は急上昇中らしくて、週末のチケットはなかなか取りにくかったりするらしいですよ。

20160313165454
駐車場に中信兄弟(ブラザーズ)のチームバスが止まってました。
以前は兄弟エレファンツというチームだったので象のマスコットキャラ。
色々あって、中信という金融グループに買収されて中信ブラザーズになりました。
こちらの新荘球場がホームというわけではなく、台湾のあちこちで主催試合をしていてよくわからない。

20160313165517
こちら相手の統一ライオンズのチームバス。
統一は巨大物流会社でセブンイレブンも経営してるので、チームユニフォームも緑とオレンジのセブンイレブンカラー。

20160313115750
そういえば、昨日行った空港のフードコートも統一グループの経営でした。

20160313170555
試合開始の1時間前になって、開門したので入場します。

20160313170639
こちらが球場全景。内野は二階席もあり。
全席自由席なので思い思いの席に陣取る。

20160313170643
外野席は今日は開放なし

台北新荘棒球場 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


パノラマ

20160313171532
座席の前後感覚は日本の球場と同じくらいでちょっと狭いかな。

地方の県予選の決勝をやる球場くらいの規模
OP戦ということもあってか、日曜日なのに客入りは少ないですね。

20160313171548
全景、天然芝で雰囲気は悪くないです。

Wikipediaのデータによると

収容能力
12,300人 
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 325 ft(約99.1 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)

だそうです。広さは十分。

20160313172625
ナイターなんだけど日本の球場にくらべると照明が暗い

20160313171105
統一ライオンズの監督は元西武ライオンズで活躍した郭泰源さん。
現地でもレジェンド級のヒーロー。
(こちらはホテルでもらった日本語の現地紹介雑誌、球場へのバスの乗り方が書いてあって助かった)

ライオンズはセブンイレブンがスポンサーなのでユニフォームもセブンイレブンカラーなんだけど、大昔の大洋ホエールズっぽい。

台湾球界は日本人や日本で活躍してた選手やコーチが多い
ちなみに、この日の中信の3番DHは元阪神のリンウェイツ
この前日は元横浜のゼンカイワンが投げてた

20160313172544
ブルペン観にいったらすごい近い。
監督の郭泰源さん出てこないかと思ったら投手コーチだけでした。

台北新荘某球場ブルペン #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


パノラマ

20160313174414
一応予習のためにこんな本も買っていったけど、選手名簿が昨シーズンのでだいぶ変わっていてあんまり役にたたない。
プレミア12の紹介ばっかで、球場へのアクセスや、チケット購入方法が詳しく書いてないし。

20160313175135
球場といえばスタジアムグルメ!
台湾風の屋台が並びます!


20160313175543
腸詰めいろいろ。

20160313185631
豚の血を煮こごりみたいに固めたヤツ。台湾名物ですな。

20160313175354
一口餃子。50NTD(160円くらい)で10個もはいってた。

20160313175324
これは北京ダックみたいに鴨肉と野菜をまいたやつ。
ボリュームある。

20160313175500
謎の揚げ物とか、安くて量が多い!
とても一人だと全種類食えない。

20160313175824
謎の揚げ物を買ったらキノコの天ぷらだった。
エリンギ=杏鮑菇 ということだそうです。
鮑(アワビ)って書いてあったから貝かと思ったけど、全然違うけど食感は似てるし美味い。

ここで大問題が発生!!

球場なのにビールを売っていない!!

場内の売店も水とジュースしか売ってない!なんだそりゃ!
持ち込みで飲んでいる人は見かけたけど、
台湾人は野球をみながらビールを飲む習慣はないのか?

20160313175606
試合開始が近づいて協賛企業のゆるキャラのダンスショー。

20160313175941
ダンスのあとは始球式で、さっきのゆるキャラ。

20160313180613
そんなこんなで、試合開始。
観客は思ったより入ってないなぁ。オープン戦だからですかね?

20160313180556
電光掲示板、大型ビジョンもこの右にあるけどこの日は使ってなかった。

20160313181700
リンウェイツ(元阪神)はレフト線に鮮やかな2塁打を打ってました。

20160313184425_2
2回くらいから雨が結構降ってきてしまって、観客はみんな屋根のある部分に移動します。

20160313185538
ところで、台湾も日本のプロ野球みたいに応援団がいて、内野に陣取っています。
応援リーダーがトランペットと音楽に、PAとマイクでガンガンとコールを煽っていく、日本だと社会人野球に似たスタイル。この日は登場しなかったけど、美人チアリーダーもいるらしいよ。

20160313190450
2回の裏が終わって1-1のところで雨が激しくなって試合中断。
結構な豪雨ですね。
20分くらいで、ちょっと小降りになって再開するかと思ったら、近くに落雷で再度中断。

20160313185713
コンコースでは両チームのマスコットが子供の相手を。

20160313190242
売り切れていた売店の弁当が補充されていたので購入。
ヒマなんで食うことくらいしかやること無いんでね。

20160313200632
内容は肉も多いし野菜も多い。
出来たてっぽくて、まだあったかい。
お味のほうも結構よかったですね。

ああ、しかしビールが飲みたい!

20160313192206
結局40分くらい中断して、

20160313192651
雨がやむ気配なく試合中止。

この日の試合結果(公式HPから)
ハイライト動画も見れますが、結構な雨の様子がおわかりいただけますでしょうか。


20160313193216
おいおい、この豪雨のなか帰るのかよ!
(実はちゃんと日本からカッパと傘を持ってきたけどホテルにおいてきた痛恨のミス)

20160313194406
びしょ濡れになりながら途中のコンビニで傘調達して、地下鉄の新荘駅まで歩きます。

20160313201833
すっかり体が冷えて地下鉄に。

20160313195440
なんか、試合は全然見られなくて中途半端なのでまた見に来たいな。

20160313204434
コンビニで調達したビールをホテルで飲んでこの日は終了。
アサヒビールだけど日本でみたことないヤツだな。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

最終遠征編、台北で路線バスに乗ったり

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

最終遠征2日目&台湾初日のつづきです。

20160313145240
地下鉄に乗って中山という地区の裏通りにある予約したホテルに到着。
今回のホテルは楽天トラベルで適当にみつけたこちら
グリーンピークホテル

20160313223956
お値段そこそこの朝食付きビジネスホテル
決め手は日本語の話せるスタッフが常駐していること。
お客さんも半分以上は日本人のビジネスマンという感じ。

20160315073230
地下鉄駅からホテルまでこんな感じの屋根付きのアーケードになっているので、天気悪くてもほとんど濡れないで済むというのも嬉しい。

20160313145817
お部屋の設備も古めでそんなに広くは無いけど掃除は行き届いています。
テレビがいまだにアナログブラウン管。
でもCATVでNHK国際放送とBS1が入る。
ということでこちらに2泊しますよ。

20160313150011
無線LANアダプタ無料貸し出しあり。
速度は十分出ていたのでPCもスマホも滞在中はずっとこっちにつないでました。

20160313153215
こちらがホテル前の路地。

台北市中山区 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


いかにも台北の裏通りといった感じのごちゃっとした雰囲気。
クルマは路上駐車がデフォらしい。

到着時に降っていた雨もあがって、うっすらと陽も差してきたので観光にお出かけしましょう。

20160313153625
散歩がてらに一駅分あるいてから地下鉄に乗ります。

20160313154539
ウワサに聞いてましたが、台湾はホントにスクーター天国!
町中にいっぱい走ってます。(そのかわり自転車は少ない)

20160313144121
ヤマハやホンダといった日本メーカーのものもありますが、地元台湾製や韓国製の日本ではみたことがない車種がいっぱいで見てるだけで楽しい。

20160313154625
法律の関係か大型バイクやスポーツ車は全然見かけませんでしたね

20160313144313
警察のバイクもスクーター。
ちゃんとリアに赤青灯がついてますね。

20160313155031
で、地下鉄に乗って

20160313155614
さっき通った台北駅まで戻ってきました。
ここからバスにのるので、台北バスターミナルというところを目指します。

20160313160058
こちらがバスターミナル

20160313160239
うお、なんかスゴくデカい建物!
博多のバスターミナルとかを思い出す。

20160315095645
広すぎてさっぱりわかならいので受付で「299系統のバスはどこ?」と聞いたら、ここは長距離バスの乗り場で近郊路線バスは駅の反対側と言われる。

20160313161348
しょうがないので、東京駅並みに巨大な台北駅を地下道で横断してテクテクと反対側まで戻ります。
299系統路線バス乗り場はM4出口を出たとこ。
(さっき地下鉄降りてすぐ出口出てれば近かったのに!)

20160313161530_2
巨大な台北駅の建物(改修中?)

20160313161445
ようやく目的のバス乗り場に。
台湾の人はあんまりちゃんと列を作らないでアバウトな感じで待ってます。

20160313161659
目的の299系統のバスがすぐに来たので乗車。
そこそこ混んでます。

地元民ばかりで、観光客が乗るような路線ではないですが、台湾の路線バスは行き先が漢字と英語で表示されるので、日本人でも簡単に使えます。
支払いはICカードでオーケー。
ただし、路線により前払いと後払いが混在してるので注意

20160313162019
なぜか、むこうのバスは天井に非常口があります

20160313162130
側面に普通の非常口もあるんですけどね。
横転したときとかに使うものなのか?

20160313164042
あと、全座席シートベルトあるけどだれも締めてない。

20160314101652
一応ベルトをしないと罰金らしいけど。

20160313172758
簡単に乗れると言っても路線を把握しているわけでないので、Googleマップをにらみながら自分の降りるバス停が近づくのを待ちます。

降りるときは日本のように「バスが止まるまで席を立たないでください」なんてことはなく、自分がおりるバス停が近づいたら事前に出口前に移動して待機。
バスが止まる前にICカードはタッチして料金を払っておいて、ダッシュで降車します。

20160313164402
バスは路肩にあんまり寄せて止まらないので、
横をスクーターがビュンビュンすり抜けていくので死にそうになります!

20160313164427_2
台北駅から30分ほどで、隣の新北市の新荘棒球場で下車。

20160313164705
ここは新荘体育場という、陸上競技場や体育館、公園などがセットになった複合スポーツ施設です。

20160313165254
ということで、台湾のプロ野球を見ましょう!

次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

最終遠征編、台湾上陸!桃園空港から高鉄(新幹線)に乗ったよ

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

最終遠征2日目のスタートです。

20160313073004
沖縄のエリアを取得して、那覇で一泊したあとに次は北海道ですが、
航空券の都合で途中にちょっと寄り道していきます。

20160313074522
昨日買った1日券(24時間有効)でゆいレールで那覇空港へ。

20160313080155
那覇空港の国際線ターミナルは初めて行ったけど、国内線から離れているうえに屋外をテクテク数百メートルも歩くのでやけに不便だな。モノレール延伸してほしい。
(さらにその先にLCCターミナルも作っている)

20160313080540
がらんとして、店もローソンと小さい免税店があるくらい。

20160313081939
とりあえずチェックイン手続き。
機内持ち込み手荷物重量オーバーでひっかかった!
ANAとおなじく10kgだと勘違いしてたけど、コードシェアのエバー航空は7kgまでだった!


20160405221159_2
PCや充電器など重いものをブリーフケースに移して、どうにかクリア。
(ホントは7.5kgくらいだったけどおまけしてもらった模様)

20160313092547
レアな那覇空港の出国スタンプをゲット!
海外旅行好きな人でも、これはそうそう持って無いでしょう?

20160313090027
手続きをして搭乗待ち。

20160313091834
グリーンがイメージカラーのエバー航空(長栄航空)
乗客は95%が台湾人で日本人はほとんどいない模様
でもCAさんは日本人も乗ってるので安心

20160313091237
国際線ターミナルの朝イチ便。
到着が5分ほど遅れて、同じ時間のタイガーエアの台北便が同じゲートで搭乗開始でかなり混乱してた。
なんで同じ行き先で同じゲートで同じ時間なんだよ。

飛行時間は45分となっているけど、実際は時差があるので1時間45分。

20160313103114
それでは、さよなら沖縄。

20160406182827
沖縄から台北までは、ずっと海上を飛ぶので特に面白い景色はなし。

20160313104841
短い飛行時間ですが、一応国際線なので機内食が出ました。
機内食はハムサンド。
なぜか海苔がついてる?

20160313105018
ハムサンドはパサパサして美味くなかったけど、全部食べてしまった。

20160313114807
で、ちょっとウトウトするまもなく、台湾に。

20160313110236
桃園国際空港には定刻に到着。

20160313110203
天気はあいにくの雨模様。
滞在中はずっと天気はイマイチっぽい。

20160313114629
ところで、台湾的には沖縄はまだ琉球なのか?

20160313111551
イミグレ前の銀行で両替。
多めに3万円両替したけど、台湾は物価が安くて全然お金使わなかったんですごく余った。

20160313110718
入国審査は中国本土からの団体客で混雑。
時代もかわって大陸との交流が進んでいますねぇ。

20160313112309
長い審査待ちの間にガイドブックを読んで、地下鉄地図などをあたまに入れる。
いつも遠征の時は、アニマルさんは結構ちゃんと下調べはするほうなんですが、今回は毎週の遠征続きと多忙で全然調べる時間がなくて、今回は結構行き当たりばったりのとこもあったりします。

最近はスマホの地図が便利だけど、こういう紙のガイドブックも圏外や電池切れの時に役立ちます。
あと、店とか街でこれを持ってウロウロしてれば「ああ、日本人観光客ね」と相手がイッパツで理解してくれるというメリットもあります。

20160313111818
あと、重要なネット環境についてですが、今回はこちらのiVideoという会社のLTE対応ルーターをレンタルしました。

現地のプリペイドSIMなども色々検討しましたが、PCとスマホ2台の複数端末で使うのと、値段の安さ!
一日わずか659円の安さ。今回は2泊3日ですが出発の前日に自宅宅配を依頼したので4日分で2636円という価格でした。
現地の空港などで入手するよりも、出国前に自宅でパスワードなども設定できますし、こうして飛行機を降りた瞬間から使えるというのが嬉しい。

ちなみに、台湾滞在中にずっと使ってましたが、バッテリーはフル充電で8時間くらいとほぼ1日保つ(一応予備のモバイルバッテリーは持ち歩く)地下鉄内でも使えるし、速度もまったく不満なしでしたね。
(唯一、高速鉄道のトンネルだけ圏外でした)

返却は帰国日に同梱されてきた封筒でポストに投函するだけと簡単。

20160313115750
無事入国したんで、とりあえず昼飯に空港の地下のフードコートに。

20160313121734
適当に定食的なものを頼んでみます。

20160313121848
ちくわみたいな謎のものは、ホルモンを唐揚げにして輪切りにしたものだった。美味い!
美味いのだが明らかにつまみかご飯のおかずなのだが、セットがなぜか麺2種類というのが解せないぞ。ご飯ほしい。

20160313122149
とりあえずフードコート内のセブンイレブンでビール調達して飲む。
台湾のビール事情は現地産もあるけど、アサヒやキリンといった日本製が人気のようでした。
あと、チューハイやハイボールも日本からの輸入。

20160313121038
移動を開始するまえに、台湾で過ごすのには必需品のICカードを空港のセブンイレブンで入手。
とりあえず2000NTD(6000円くらい)チャージしたけど、物価安いので半分くらいしか使わなかった。
香港や韓国もそうだけど、アジアは交通機関の料金が日本に比べるとびっくりするくらい安くて感覚が狂う。

20160313124311
よくみたら、空港の入国ゲートを出たすぐ近くでもICカード売ってた。
みなさんはこちらで入手すると良いでしょう。日本語も通じるみたいだし。

20160313125038
ICカードは乗り物だけでなく、自販機やコンビニでも使えるのは日本の電子マネーと同じ。
日本のように何種類も電子マネーがあるようなことはなくて、これ1種類なので安心。

20160313125011
ようやく空港から路線バスで移動開始。
台北市内までは観光客は直通バスで行くのが普通みたいですが、鉄道大好きのアニマルさんとしては台湾の新幹線に乗ります。
高鉄接続車という看板にしたがってバス乗り場へ。

20160313125428
このバスはICカード使えないので30NTDのチケットを購入。(100円くらい)

20160313130051
車両は普通の路線バスですが、高速道路をガンガン飛ばしていきます。
空港バスなのにトランクを置くスペースが無いので大きい荷物のときはちょっと不便かもしれませんね。
後ろ向きの座席があるのは日本と違って珍しい。乗客は自分含めて4人だけ。

20160313131009
15分ほどで駅に到着。

20160313131609
台湾の新幹線は高鉄(高速鉄道の略)といいます。

20160313131708
自販機できっぷを購入。
英語も対応。
乗る列車の時間と行き先を選ぶだけ。
指定席は日本のように細かく席は指定できません。

20160313131948
支払いはクレカ対応。JCBも使えます。

20160313132045
指定席NTD160(600円くらい)安いね。

20160313132310
桃園駅は高速タイプは止まらないので1時間に3本くらい。

20160313132456
駅には一風堂と回転寿司がありました。

20160313133814
改札内にはセブンイレブン

20160313133638
こんな弁当やビールも

20160313133643
日本式のおにぎりもあります。

20160313133730
なぜかPCのマウス売ってます。駅でマウスが必要になるのか?

20160313133445
台北方面は北行き(北上)月台=プラットホーム。

20160313133947
ホームはがらんとしてなにもないですね。殺風景。

20160313135049
車両編成はすべて同じなので、乗車案内はわかりやすい。
シートの列によっても入り口が指示されてます。

20160313135211
新幹線きた!

20160313135253
日本の700系とおんなじですが。

20160313135411
車内もまったく日本とおなじなので特に感慨はないですね。
(全席禁煙)

20160313135424
普通車は2+3列。
窓の外をみなければ、これから大阪出張という気分。
乗客は8割ほどと結構混んでますね。

20160313142041
台北駅まで20分ちょっとですぐに到着。

20160313142056
グリーン車(ビジネスクラス)もこんな感じで日本と同じ。

20160313142514
とりあえずホテルにチェックインするために地下鉄に乗り換え。
さっそくICカードが活躍。カードだと料金が2割引になりますよ。
台北駅は巨大で人が多いですが案内はわかりやすいので迷うことはありません。

20160313142743
地下鉄は全駅ホームドアあり、表示も漢字と英語です。
ひとつ注意は地下鉄は日本と逆で右側通行なので反対方向に乗り間違えないように。
(高鉄は日本と同じで左側通行だった)

20160313142952
台湾についたばかりですが、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

最終遠征編、那覇で観光もしてエリア取り

※この遠征記は2016年3月12日のものです。

沖縄のエリア制覇へ、石垣から那覇に移動!

20160312140530

ということで、那覇空港にやってまいりました。

20160312141548
空港からはゆいレールで移動します。
一日乗車券が、以前の当日かぎりから24時間有効になってとっても便利!
QRコードを改札機にあてて通ります。

20160312141155
那覇空港駅は日本最西端の駅。

20160312142042
ということで、駅メモ的には海外からのアクセスが多いので駅ノートがカオスw
ちなみに石垣島からのアクセスでもここでした。

20160312141437
ゆいレールに乗ってホテルのある旭橋まで行って、荷物を置いて観光に向かいます。

20160312155009
やってきたのは首里城。
沖縄は3回目ですが、初めて来ました。

20160312155532
アジア各地を初めとして観光客がいっぱいで賑わっていますね。

20160312155332

20160312155323
首里城は戦争で破壊されてしまって、昔から残っている建物はほとんどありませんが、立派な城壁や再建された建物を観ることができます。

20160312155945
石垣の様子などは非常に興味深いし眺めもいい。
観光は高いところにいくのはジャスティス!

20160312160200_2
首里城はがっかり観光地にあげられたりすることもあるようだけど、そんなことはありません!
うん、よい眺望です。

首里城1 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

20160312161107
観光客向けに琉球舞踊なんかもやってました。

20160312161046
正殿の見学には入場券が別途必要。

首里城正殿 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

20160312161351
正殿前の広場は中国風の様式ですね。

20160312162336
内部は撮影禁止が多いのですが、こんな日本風の造りの一画もあります。

20160312162823
玉座。
派手な色彩といい、中華テイスト満載。

20160312163546
まるで、ミニ紫禁城ですね。
再建された正殿内の展示など、なかなかどうして見応えああって面白かったです。
純日本風のお城ともまた違った楽しさです。

20160312164319
というわけで、思ったより見学に時間かかりましたが、おすすめ観光スポットでした。

20160312165035
もちろん、アイモバのエリアも取得しますよ。

20160312165212
500エリア!
のこり5エリア!


20160405194823
沖縄の残る1エリアは本島の北部。

20160312172937
レンタカーという手もありますが、アニマルさんは朝から飲酒してるので、路線バスを使います。
いったんゆいレールで旭橋まで戻って、那覇の交通拠点のバスターミナルへ。
ターミナルは工事中なので横の仮設バス乗り場へ。

20160312173625
路線バスの旅開始!

Okinawa
鉄道がない沖縄はバス王国。
今回選んだのは嘉手納行きのバス。
正直なところ路線が複雑でかなり乗るバスは迷いました。
ちなみにこのルートはかつて沖縄県営鉄道嘉手納線のあとにそって走る感じ。

※このアイモバ攻略情報も、もはや参考にしてくれる人はいない(T_T)

20160312180531
しかし、沖縄は聞いていたとおり道路の渋滞がすごいな。 なかなか進みません。
というのも、クルマが多いうえに、米軍基地のせいでバイパスなどが造れずに一部国道に交通が集中するためです。

20160312175717
沖縄も難読地名が多いですが、これはスゴい。中国語読みか?

(追記)
由来を調べてみたら、「せりきゃく」→「しりちゃく」→「じっちゃく」と転訛したということこらしい。沖縄の方言むずかしいね。

20160312185701
那覇から1時間ほどバスでゆられて、すっかり日が暮れた嘉手納町役場前で下車。

20160312185057
501エリア!

20160312191021
これで沖縄県をクリアー!

20160312191057
南の夢トロフィーも獲得。
残すのは北海道の4エリアだけ!

20160312200923
ふたたび路線バスで那覇市内まで戻ります。
帰りのバスは国際通りを通るルートでした。
さすが沖縄最大の繁華街だけあって賑わってますね。

20160312202429
すっかり遅い時間になってしまいましたが、旭橋のバスターミナルに戻ってきました。

20160406004229
この日の移動ルート

20160312202217
さあ、晩飯にしますか。
なんか惹かれる名前のお店もありましたが、混んでいたのでパス。

20160312212057
晩ご飯は、那覇にきたらこれを食べないとはじまらない !
ジャッキーステーキです!
(以前の日記)
南の島編、那覇でステーキ食って、さらに南へ

20160312214644
土曜の夜と言うことで、遅い時間でしたが待ち客が多くて30分ほど待ってから入店。

20160312214809
オリオンビール!
そしておなじみの謎のスープ。

20160312215234
ジャッキーステーキでテンダーロインステーキLサイズ。

20160312215610
柔らかい赤身肉が最高です。
焼き加減もミディアムでちょうど良い。

20160312220510
わざわざこれを食べに沖縄に来たと言っても過言ではないです。
最初は塩胡椒だけ、オリジナルソースや醤油などで味の変化をつけながら完食。
お腹が空いてたのでLサイズでもぺろりといけました。

20160312223304
ホテルにもどってさっさと寝て翌日の移動にそなえます。
沖縄限定の泡盛カクテル、アルコールは12度とちょうど飲みやすいです。

20160313003722
駅メモは沖縄の2路線を埋めてマスターに。

3月12日  

 嘉手納線 ※廃線跡
 ゆいレール
   

ここまで365路線をコンプリート

20160313003519
もぼがカンスト

長い遠征のようやく1日目が終了です。
つづきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

最終遠征編、めんそーれ石垣島

※この遠征記は2016年3月12日のものです。

いよいよ505全エリア赤制覇にむけてラスト遠征編の開始!
ぼちぼちと更新していくので、ごゆるりとおつきあいください。

前回の隠岐遠征を終えて、残りは沖縄の3エリアと北海道の4エリアを残すだけに。

20160312070437
今回行程は以前書いたのでこちら参照。
(以前の日記)
アイモバ二万哩、全エリア制覇に向けてANA特典裏技で南へ北へ!

10泊11日の大遠征スタートとなります!

20160312045632
アイモバPの朝は早い。
(このセリフももはや最後だと思うと感慨深いね)
まずは早朝羽田便にのるために、地元駅朝5時発の空港バスに。

20160312045852
さすがに早い時間だけあってバスは貸し切り状態

20160312062519
羽田は朝でも人が多いね。
今回は海外経由のチケットなので、自動チェックインが使えなくて、いちいち有人窓口でチェックイン手続きで発券しないといけないのが面倒くさいです。

20160312065624
おサイフケータイのチェックインばっかだったんで、紙の搭乗券は久しぶり。
あまり時間はないけどラウンジでパンなど食べて簡単に朝食に。

20160312065039
さて、それでは行きますか。
シーズンオフですが、そこそこ客が多い。

20160312070740
アイモバのエリア的には以前行ったことがある宮古島でも良かったんだけど、石垣は行ったことなかったのでね。
(以前の日記)
南の島編、宮古島をぐるっとまわって橋を堪能

20160312093439
沖縄行きの飛行機は、基本海上を飛ぶので、あんまり景色はのぞめないし、この日は雲が多かったけど、ちょうどこないだ行ったばかりの奄美大島が見えた

20160312084725
さすがに朝からビールはあれだったので、アイスを。
新幹線と違って固くなかった(^^;)
なんかキャンペーンで付箋をくれた。

20160312104149
そんな、こんなで石垣島に着陸!
なんか大きい客船が港に泊まってる。

20160312104156
市街地がみえたけど、離島だけどけっこうな都会ですな。

20160312104245
こちらは3年前まで使っていた旧空港の滑走路

20160312105253
新空港に着陸。
滑走路が長くなって、東京からの直行便が飛べるようになりました。

20160312115309
新しい空港なのできれいで広い。
スタバとかもあるし賑わっている。

20160312104631
東京は寒かったけど、さすがに南の島は暖かい。

20160312115549
南ぬ島 石垣空港」(ぱいぬしま いしがきくうこう)と読みます。

20160312110057
ちょっと早いけど、空港でお昼ご飯。
ビールはもちろんオリオンの生。
もちろん八重山そばでしょう!ソーキ肉うまい。

20160312110509
肉ちまき。角煮が入ってる

20160312112259
「ジューシー串」というのを食べてみた。

20160312112523
かまぼこの中にご飯が入ってる!
(ご飯の味付けは三種類とも違ってました)

20160312120008
お、石垣牛とか売っているな。

20160312120005
た、高い!いつか食べてみたいものです。

20160312121942
次の飛行機までさほど時間がないので、空港内で時間をつぶします。
展望台から飛行機や海を眺める。
飛行機は島のメインの交通手段なので便数は多い。

20160312122012
この日は風がつよくてリーフの際が波立っていますね。

20160312121904
どんよりした南の島っぽくない天気。

20160312121753
海上保安庁のヘリが訓練らしくさかんにホバリングしてました。

20160312114904
それでは、アイモバのエリア取りも忘れずに。
499エリア!
あと6エリア!

20160312124334
滞在2時間ほどでしたが石垣島をあとにします。

20160312125343
例によって紙の搭乗券。
地方空港で保安検査所が少ないので混雑。

20160312125105
機内で飲むように沖縄限定チューハイをゲット。

20160312131232
さらば石垣!今度来るときがあればゆっくりしたいね。

20160312131109
フライトはANAとコードシェアのソラシドエア。初めて乗った。

20160312140404
飛行時間1時間ほどで那覇空港に到着。

 

20160312140006
久しぶりの那覇空港到着!
やっぱでかい空港ですね。賑わってます。

20160312140613
那覇では時間もちょっとあるので、観光もしていきましょう。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »