« 最終遠征編、台北101に登ったり牛肉麺食べたり | トップページ | 最終遠征編、桃園空港→新千歳空港 »

2016年4月15日 (金)

最終遠征編、台北のアニメイトとゲームセンター

※この遠征記は2016年3月13日のものです。

台湾の2日目の続きです。

最終遠征編ですが、まだまだ、だらだら続きます
(ていうか、まだ全部で11日間の遠征の3日目なんだよ!)

20160314175948
台北101の見学を終えて、地下鉄でやってきたのは西門町という、渋谷とアキバを足したような台北随一の若者向け繁華街。
こちらは街のシンボルの旧市場の建物。

20160314175601
平日なんですがひといっぱいで、すごい賑わい。新宿みたいな感じともいえます。

20160314181209
で、とりあえずアニメイトに行ってみました。
公式HPだと地下鉄駅から徒歩1分とか書いてあったけど大嘘で10分くらいかかる。
西門町のメインからはずれた地域にあるけど、きれいで店も広い。
(アニメイト 台北総店 公式HP)

20160314181627
商品構成は日本と同じような感じで、マンガ、雑誌、ラノベ、グッズ、CDやソフトといった感じ。
女性向けが多めなのも日本と同じ。

20160314181636
コミックはほとんどが翻訳もので、人気スジも日本とあまりかわらないですね。

20160314182530
値段は現地にあわせてか若干安めだけど、物価差を考えると学生さんとかにはちょっと高価かも。

20160314182008
雑誌は日本ものが、そのままほぼリアルタイムではいってる。

20160314182234
面白かったのは、台湾では日本でいうとこの成年マークのエロマンガは売って無いんだけど、独特のゾーニングで暴力や性描写のあるマンガは年齢制限コーナーにわけられてる。

20160314182131
まあ、これはエロいからアウトだよね。っていうのもあるけど、
え、これもアウトなの?
みたいなのもあって基準がよくわからんす。

20160314182102
おやすみプンプンは殺人描写があるからか?

20160314182236
影崎さんはそんなにエロくないよね?

20160314182304
黄昏流星群もダメなのか。
映倫やCEROみたいな審査機関とかあるのかしら?

20160314182327
フィギュアは高価ものはなくて、日本製の安いプライズモノやねんどろがメイン。
ラブライブがやっぱり人気で次が艦これ、アイマスはあんまりなかった。

20160314182352
プライズフィギュアが1500円くらい。会員だとちょっと安い。
ちゃんと香港経由の正規輸入品ですね。

20160314181657
あと、中古ショップのらしんばんも併設されてます。
商品少なめで、中古流通は確立してない感じ。
(中国系のひとは中古製品は好まないと聞いたことあるけどそのせいか)

20160314182723
1階にはアニメイトカフェも併設。
オープンカフェ(吹きさらし)だけど、ラブライブ!コラボメニュー展開中。

CDや映像ソフトは日本に比べると少ない感じだったけど、やっぱネットの配信やYoutubeとかがメインなのか。


20160314183649
アニメイトを見て西門町のメインストリートに戻る。
右側は西門町のイメージ萌えキャラ

20160314195924
通りがかりに見つけたアニメグッズショップ。
ラブライブ!と黒子のバスケが人気だった。

20160314195626
アニメイトの次はゲーセンに行きます。

海外にいっても日本とおんなじ行動してるヤツですな。

20160314185814
西門町の中心にある、萬年商業大樓というビルに向かいます
1階はケータイショップがならんでいます。

20160314185443
かつてのアジアの携帯ショップといえば、香港や中国本土製のあやしいSIMフリー端末や、謎のグッズとかがあって面白かったのですが、最近は普通のメーカー品ばっかで健全になって、面白く無いですね。

20160314190527
ゲーセンは5階に「楽しさ満点」 
ビルの奥のほうにあるあやしいエレベーターで登る。
トムズワールドという台湾で60店舗くらい経営している最大手のオペレータの台北旗艦店です。(営業時間などは画像参照)

TOMS WORLD 公式HP

20160314190844
5階の1フロアがすべてゲーセンでかなり広い。
湾岸の8シート設置は国内でもそうないですね。
ドライブゲームはアジアの若者に大人気でプレイヤーのレベルも高い。

20160314191054

20160314191121
現地製ドライブゲームにはなぜか日本語

20160314190710
太鼓の達人も最新バージョンがオンライン設置。

20160314190616
旧バージョンの中国語ローカライズ版もありました

20160314190725
音ゲーはやっぱり若者に人気で日本製のがオンライン稼働

20160314190554
日本で見ない現地製のもありました。

20160314191024
ダライアスは漢字だとこう書くのか。

20160314190913
格闘も人気あります、バーサスマキシブースト

20160314190926
鉄拳7は英語版でした

20160314190956
KOFはアジアで根強い人気あり

20160314190804
戦場の絆はポッド1台故障中

さすが旗艦店だけあって、品揃えはカード系を覗けば日本と同じような機種がオンライン稼働していて充実しています。

20160314190522
台湾のゲーセンはトークン(メダルのようなもの)でプレイします。
プレイ料金は日本の半分から1/4以下といったところ。

メダルゲーム機もあるが、メダルではなくリデンプションに改造されてる
(払い出されるチケットを景品と交換できるシステム)

20160314192603
ゲーセンがある5階の1つ下の4階フロアは小さいオタク向けショップが充実。
こちらはゲームソフト屋。

20160314192607
フィギュアショップ。

20160314192717
ミリタリーショップ
ミニ中野ブロードウェイみたい雰囲気

20160314192943
2階から3階はおもちゃ屋や洋服屋さんなど。

20160314195409
腹が減ったので、このビルの地下に飲食店街になっていたので、老舗っぽい店が賑わっていたので適当に入店。

20160314194408
いかにも台湾の食堂という感じの店。
名物はパーコー麺らしいので注文。

20160314193650
肉かけご飯も注文。美味い。

20160314193847
パーコー麺は、肉が別皿で来た。
かりっと揚がってボリュームある排骨肉は美味いけど、麺がふにゃふにゃでスープもイマイチ。(万世のパーコー麺が10倍美味い)ご飯と肉のみを頼むのが正解だね。
ところで、例によってビールがないので死にそうになる。

20160314183937
こちらは西門で通りがかりに見つけた小さい路面店。

20160314184019
音ゲーとプライズに特化した店。

20160314184204
台湾のクレーンはクソ安そうな低品質のぬいぐるみしか入ってない。
(そのかわり1回数十円と安いけど)

20160314201232

20160314200855
繁華街は日系の飲食店がホントに多いし、お酒飲みたいならこっちのほうがいいけど、わざわざ海外まできて和民とか行くのもねぇ

20160314195947
台湾は日本語看板多かったけど、イチバン謎だったやつ

20160314195759
夜も遅くなってきたんで、相変わらず人が一杯の西門町をあとにします。

20160314183545
ヲタ系の買い物をしたいひとは、西門町だけで1日つぶせそうですね。
今回はこの後の旅程があるので荷物を増やせないんで何も買いませんでしたが、また来たいね。

20160314201803
朝から一日中観光で歩き回って足が棒のようなので、地下鉄でなくタクシーでホテルに帰還してこの日は終了。
一人だとタクシー移動はバスや地下鉄に比べて割高なんで躊躇するんだけど、タクシーは高いといっても日本の感覚の1/3くらいの値段なんだよね。
ICカードやクレカの支払いにも対応してます。

20160313223956
ところで自分の泊まったこのホテルに限らず、台湾の禁煙条例が厳しくてホテルの部屋もすべて禁煙なのは喫煙者の自分にはつらい。
ホテルの外にある灰皿で吸うしかないんだけど、夜タバコ吸ってるとポン引きのオッサンが寄ってくるのがうざい。

つづく

|

« 最終遠征編、台北101に登ったり牛肉麺食べたり | トップページ | 最終遠征編、桃園空港→新千歳空港 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63470544

この記事へのトラックバック一覧です: 最終遠征編、台北のアニメイトとゲームセンター:

« 最終遠征編、台北101に登ったり牛肉麺食べたり | トップページ | 最終遠征編、桃園空港→新千歳空港 »