« 福島編、桜と快速レトロふくしま花見山号 | トップページ | 最終遠征編、北海道上陸 »

2016年4月22日 (金)

福島編、飯坂温泉と菜七子フィーバーの福島競馬場

※この遠征記は2016年4月10日のものです。

福島遠征の続きです。

20160410104659
福島駅到着して、乗り換えの合間に駅前広場でイベントをやっているので覗いていきますか。
福島は「円盤餃子」というのを売り出していく方向性らしい。

20160410104628
巨大鍋で600個の餃子を焼く。
食べたかったけど、焼くのに時間がかかるということで、温泉に入るために移動再開。
餃子は帰りにでも食べよう。

20160410104711
JR東日本の福島地区のローカル萌えキャラ「福島ももか」

20160410174905
社内のデザインなのか、微妙に垢抜けない感じなのが田舎娘っぽくて、むしろよろしい。

20160410105350
福島駅から飯坂線というローカル私鉄にのって、飯坂温泉まで行きます。
車両は地方ローカル線ではおなじみの元東急の電車
しかしなんで東急ばっかり地方で人気あるんだろう?そういや海外でも走ってるんだっけ。

20160410110939
単線をで20分ほどかかけてノンビリ走る。

20160410111005
距離のわりに駅数が多いのがローカル私鉄らしい。

20160410111902
90周年とは歴史ありますな。

20160410111805
飯坂線コンプ

4月10日  
 阿武隈急行線
 福島交通飯坂線
 

ここまで376路線をコンプリート


でもこの2路線は東北本線からレーダーでとれるんですけどね。
まあ、乗って見ると楽しいんでね。



20160410112129
飯坂温泉は、ものすごくムカシに来たことあるけど、駅はすっかりきれいになってまったく記憶の面影がない。

20160410115756
川沿いに小規模ホテルがならぶ典型的な昭和の雰囲気の温泉地。

20160410115606
セットの入浴券はいろんな宿を選べるけど、とりあえず駅からイチバン近くて昼前から入れる、小松やというところに。

20160410112543
浴場はフロントから地下二階へ。
地下といっても川沿いにあるので窓はあります。

20160410112749
午前中なので貸し切り。浴室はあんまり広く無いけどひとりなのでのんびりできる。
源泉掛け流しで透明度の高いお湯。

20160410112937
窓をあけると飯坂温泉駅が川の向こうの真正面にみえる。

20160410115013
宿全体がレトロないかにもな、ふるびた温泉ホテルでしたね。

20160410115618
ちなみに日帰り入浴は大人500円(タオル別)

20160410115927
駅前にはきれいなアーチ橋が

20160410120000
十綱橋は由緒あるものらしい

20160410123639

20160410124237
温泉も入ってふたたび飯坂線で福島駅まで戻って、今度は路線バス。

20160410125654
やって参りましたのは福島競馬場。
久しぶりですが、すっかり改装されてきれいで巨大なスタンドができてます。

20160410130757
福島は相馬の野馬追いで知られるように、非常に馬文化が根付いたところで、福島競馬も地方の競馬場とは思えないくらいすごく人が集まります。

20160410130434
混雑を予想してネット予約で指定席を確保済み。便利な時代ですね。

20160410133212
指定席エリアはかなり見やすい。
A指定席は座席のモニターとコンセントも完備。

20160410133232
3階A指定席のパノラマ

20160410130549
パドックも立派です。

20160410085737
お目当ては、JRA久々の女性騎手の藤田菜七子ちゃん(18歳)
パドックでもイチバン注目をあびてます。
この日は有力馬に乗るので初勝利が見れるかもしれないということで、ミーハーなおっさんはわざわざ福島まできたというわけです。

20160410132042
みんなカメラで菜七子ちゃんを狙う

20160410132903
応援馬券を買って見守りますが、8Rは残念ながら勝てず。

20160410140736
そして続く9レースはこの日イチバン勝てそうな馬で2番人気。
逃げ馬をマークして2番手から直線抜け出して見事JRA初勝利!

20160410141946
場内では、競馬場特有の怒号ではなく「おー、ついにやったか!」という感じの暖かい応援の歓声がわくという、なかなか見ない光景が。

20160410140843
馬券の方は、菜七子ちゃんから買った三連複が3着に人気薄がきて高配当になって、
見事に今回の遠征代の回収も成功!
(このあと桜花賞でだいぶ負けたけどな)

20160410141236
表彰式はスゴい人集まってる。
スタンドからだと角度的に見えないw

20160410141519
インタビューでは感激で涙ぐむシーンも。
おめでとう!これからも頑張ってね!

20160410143129
競馬場といえばB級グルメ。
もつ煮はどこの競馬場でもうまいね。
あと、キュウリ一本付けと味噌田楽でビールを堪能

やっぱ福島競馬は雰囲気いいから好きだわ。秋開催にまたこよう。

20160410171033
競馬も見て、福島駅に戻ってきました。

20160410170911
福島駅にある餃子が有名な店で食って帰ろうかと思ったら、ものすごい待ち客で2時間くらいかかりそうなので、やめて、予定を切り上げてかえることに。
いや、だっていくらなんでもそんなに待ってまで、たかが餃子を食べたいってことないでしょう?
そんなら、帰りの新幹線で宇都宮で降りて食べるよ。

20160410175353
指定券を1時間早いつばさに変更。
福島と東京間はつばさの車両を指定すると、2+2列なので、2+3列のやまびこのE2系よりもゆったりしていていいぞ。

20160410181745
福島駅で買った駅弁。
山形の牛肉どまんなかが山積みだったけど、せっかくなんで、あえて福島製の弁当をチョイス

20160410181813
(素直にど真ん中にすればよかった)

20160410184041
土産はままどおるゆべし、ゆべしは東北や日本中に売ってるけど、福島のがイチバン美味いね。

20160410194844
といった感じであっというまに東京駅に。
福島は近いし日帰りでも楽しめるので復興応援もかねてみんな行くといいと思います。

20160411080214
翌日の新聞は菜七子ちゃん一面でした!

次回最終遠征編を再開、北海道へ

|

« 福島編、桜と快速レトロふくしま花見山号 | トップページ | 最終遠征編、北海道上陸 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/63490839

この記事へのトラックバック一覧です: 福島編、飯坂温泉と菜七子フィーバーの福島競馬場:

« 福島編、桜と快速レトロふくしま花見山号 | トップページ | 最終遠征編、北海道上陸 »