« 山陰山陽編、山口県の鉄道めぐりで瓦そばとか食ったり | トップページ | 山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、呉でフライケーキとカレー食って灰ヶ峰を登る »

2017年3月16日 (木)

山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、江波でスタンプラリーをスタート

※この遠征記は2017年3月4日のものです。

遠征3日目は広島へ。今回の遠征の最大の目的は、映画「この世界の片隅に」の舞台になった広島と呉に行くこと。いわゆる聖地巡礼というやつですね。

大ヒット全国上映中ですので皆さんもぜひ観てみてください。

※追記
スタンプラリー期間が終了したのでキーワード画像など追加しました。

(公式サイト)

以前、こんなのを書いたら、普段は過疎ってる当ブログに何万もアクセスがきたこともあってビックリで御座いました。
「この世界の片隅に」を絶対に観に行かない5つの理由

映画見ていないひとからすると、なんも面白くない景色ばっかですのが、そこはご了承ください。

20170304065321
おはよう徳山の朝。
昨日は夜だったので気づかなかったのですが、ホテルは瀬戸内海のすぐ近くだったんですね。

20170304065818
この辺は瀬戸内工業地帯というやつですね。
そういえばホテルも工場関係なのかサラリーマン風が多かったですね。まああんまり観光地ではないですし。

20170303105414
駅でこんなパンフがあったけど、観てみたかったな。
(三万人も人が来たそうです:周南経済新聞記事)

20170304070851
本日の移動は、徳山から山陽本線で西広島まで。

20170304092549
ちなみに、この日の鉄道移動はこの1回だけなので18きっぷはつかいません。

20170304212450
ホントは開通したばかりの可部線の新駅に乗りに行こうと思ってたのですが、なぜか駅メモの新駅は追加されないという状況だったのでパス。
結構これ目当てで広島に遠征にきてた駅メモマスターもいたみたいなのに、ひどいですね。

20170304083911
岩国で乗り換えます。

20170304083658
目的値は広島駅でなく、西広島なので快速ではなく普通に。
ぐっと、車両が新しくなった。
土曜朝ということで、レジャーや買い物などで客がどんどん乗って来てぎゅう詰めで、さすが大都市広島。

20170304093317
西広島駅で下車。ズッコケ三人組の舞台なのか。

20170305100901
駅からタクシーでバイク屋に移動。

20170304102753
移動の足にレンタルスクーターを調達しました。
徒歩よりもはるかに効率的だし、クルマよりも断然小回りがききます。
いやあ、心配だったけど暖かい天気でよかったね。

20170304102719
借りたのはホンダPCX125
ほんとはもうすこし小回りのきくアドレス125とかが良かったんだけどね。
おろしたてのキズひとつないピカピカの新車で緊張する。

以前、しまなみ海道で乗ったときに印象悪かったシートはちゃんと改良されてました。
四国漫遊編、しまなみ海道を原付で行く、その1、これがブリッジヘヴンだ!

20170304102729
ナンバーが鳩になってるのは平和都市広島らしい。
目のとこがネジ穴なのね。

20170304102830
まずは向かうのは江波山気象館。

20170304105155

20170304102703
旧広島地方気象台の歴史ある建物です。

20170304104807

ここで入場券を買って、「すずさんの嫁入り」スタンプラリーのシートと記念のポストカードをもらって、こちらのルートにそって回っていきます。
こちらのスタンプラリーは3月20日までやってます
台紙はまだまだいっぱいあるのことでしたので皆さんもぜひ。

なお、もらえるスタンプやキーワードなどの画像はネタバレになるので、今は掲載できないので後日追加します。

20170105185853
あと、イラスト版のロケ地マップも貰えます。
自分はすでに東京の銀座の広島アンテナショップで入手済みだったのですが、うっかりして持ってくるのを忘れていたので、あらためて貰えてラッキー。

20170316210819
江波といえば、すずさんの故郷です

20170304103651
まずは遠征といえば高いところに登る法則で、屋上の展望台からの眺め。

20170304104225
広島中心部方向。

20170316210841
映画のころと違って埋め立てが進んでかなり景色が変わっています。

江波山気象館屋上 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170304103124
広島中心部から遠かったので原爆被害は少なかった江波ですが、こんなものが。

20170304103200
被爆の跡が残る壁。

20170305085929
気象館の近くの公園からの眺め
「白い兎の海」は、いまはすっかり埋め立てられて工業地帯となっています。
でも島のカタチから当時の面影がしのべます。

O0600033713867383720
お嫁入りの時にはすでに埋め立てがはじまっているのが分かります

20170305090630
すずさんたちが歩いて渡った、草津への道もいまはすっかり埋め立てられて雰囲気はありません

それではスタンプラリーの次のポイントへ

20170304111136
ほどちかくにある松下商店。

Index
いまは営業していませんが、当時のままですね。

20170304110956
キーワードは商店の窓に貼ってありました

O0600033813867382384

松下商店と江波の海 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170304110603
すずさんたちが通った江波小学校(移転してるので当時とは場所が違います)

20170304112804
次のチェックポイントの江波電停に。
戦前は市電はまだ舟入本町までしかきていませんでした。

なお、広島の市電は去年の10月にCSのベイスターズ応援に来たときに制覇済み
広島死闘編、路面電車制覇と広島といえばお好み焼き

20170304112638
キーワードは電停のホームに


20170304113416
チェックポイントではないですが、ちかくのシュモーハウスというところに。

20170304113428
高速道路の側道沿いのちょっと分かりにくい場所です。

20170304113458
映画に関しての資料展示が行われているので見学しましょう。

20170304113610

20170304113711
片渕監督のロケハンの様子などのパネル展示があります。

20170304113749
設定資料などを観ます。

とりあえず、江波をまわったのでいよいよ呉に向かいましょう。

つづく

|

« 山陰山陽編、山口県の鉄道めぐりで瓦そばとか食ったり | トップページ | 山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、呉でフライケーキとカレー食って灰ヶ峰を登る »

この世界の片隅に」カテゴリの記事

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/65019077

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、江波でスタンプラリーをスタート:

« 山陰山陽編、山口県の鉄道めぐりで瓦そばとか食ったり | トップページ | 山陰山陽編、「この世界の片隅に」聖地巡礼、呉でフライケーキとカレー食って灰ヶ峰を登る »