« 東海編、桑名のハマグリと樽見鉄道の谷汲口の桜 | トップページ | ベイ戦記編、東海編、ナゴヤドーム初観戦で濱口プロ初勝利 »

2017年4月26日 (水)

東海編、謎の乗り物ゆとりーとラインに乗るぞ!

※この観戦記は2017年4月9日のものです。

名古屋遠征の2日目。

前日はひたすら電車に乗ってましたけど、この日は観光メインです。

20170409063629
元アイモバPの朝は早い。
朝はしとしとと雨ですが、昼にかけて天気は回復して晴れて気温もあがるとの予報。

20170409064904
朝ご飯はせっかくの名古屋なのでホテルの朝食ではなく、名古屋名物のきしめんをいただこうと思ったんですが、名古屋駅の在来線ホームの店は7時から営業でまだやってないので、わざわざ入場券を買って...

20170409065922
6時半からやっている新幹線ホームの店にきました。

20170409065227
きしめん(エビ天タマゴいり)
うーん、おいしいけど、やっぱ在来線ホームの店のほうが良い気がする

20170409071237
朝ご飯も食べたので、昨日に引き続き、たびきっぷでJRの新快速に乗って岡崎まで行きます。

20170409075710
岡崎で愛知環状線に乗り換え。

20170409075703
愛知環状は料金高いけど、たびきっぷの対象路線なので助かりますね。

20170409075142
そうそう、岡崎駅で「手風琴のしらべ」というフォロワーさんオススメの岡崎銘菓を購入。
あんこをパイで包んだお菓子なんだけど、バターの風味がきいてて美味しかったですね。
昨日の永安餅や赤福といい、しるこサンドといいい名古屋はあんこ系が多いね。

20170409123025
沿線は工場や学校が多いんだけど、この日は日曜日のせいかお客さんはかなり少ない。
線路も、複線だったのにいつの間にか単線に。一応複線かできるように土地は確保してあるようだけど。

20170409085236
八草駅でリニモに乗り換え。

20170409085319
リニモは新交通システムの常として料金が高いんだけど、たびきっぷの対象外なのが残念。

20170409085744
愛・地球博記念公園駅で降りて、目的はこちら。

20170409090001
鉄道むすめスタンプをぺたり。
この犬ってなにもの?ハチ公?
スタンプは改札を1回出ないと行けないのは料金的につらい。

20170409090401
ふたたびリニモに乗車。

20170409090847
芸大通駅に到着。

20170409091548
はい、そしてやってまいりましたトヨタ博物館。
クルマ好きなら一度は来るべきと言われている場所ですが、
なかなか機会がなく初訪問です。

こちらの訪問記録は、大量に写真を撮ったりもしてるので、別記事で後日まとめます。

Img_8526
後ろに見えているトヨタ博物館の見学を終えて、ふたたびリニモで八草に行って愛知環状鉄道に乗り換え。

20170409123504
終点の高蔵寺駅到着。
ところで、環状鉄道というわりに全然ループしてないのが謎。延伸の予定があるわけでもなさそうだし。

20170409123834
高蔵寺は、いかにも郊外のベッドタウンの駅という風情。

20170409124027
ここからは今回の名古屋遠征のメーンイベント「ゆとりーとライン」というのに乗ります。
普段は1時間に一本か二本しかなない路線ですが、この日は沿線に花見の名所の公園があるそうで臨時便がでてましたので、待たずに乗車できました。

20170409124832
どうみてもバスなんですけど後輪のところになにかが!?

201704091303513
そして運転席の右側には見慣れないでかいレバーがついてます。

20170409131920
さすがクルマ王国の愛知だけあって3車線の広い道路
ウインカーを出さないで車線変更は当たり前というか、出してるクルマのほうが少ない?
しかし、意外なのはバスレーンに侵入してくるクルマは少なく、快調に進みます。
途中のバス亭から名古屋の中心部に向かう周辺住民が次々と乗り込んできてぎゅうぎゅう詰めの満員状態に。

20170409132058
名古屋の市街地が近づいてくると、あやしいスロープを上り始めてゲートの前で運転手が先ほどのレバーを操作します。

ゆとりーとライン入口 from アニマルさん on Vimeo.

専用レーン進入動画

20170409132344
そう、これこそが正式名称「名古屋ガイドウェイバス」
市街地の専用高架をガイドウェイにそって走る「鉄道」になるのです。

鉄道なので、運転手はハンドルから手を離しています。(アクセルのみの操作)
かなりの速度で快調に進みます。

20170409132357

ゆとりーとライン from アニマルさん on Vimeo.

カーブになると、ハンドルが勝手に動いているのがわかるでしょうか?
途中の停留所はバス亭というより完全に高架駅

20170409133416
離合の時はバスの車体なのに鉄道みたいにすれすれの距離で高速ですれ違うのがかなりの新鮮な光景。

20170409132519
日本でもここだけの独特の交通システムだけど、これってかなり便利そう!渋滞知らずだしね。あと路面が一般道より遙かにきれいなので振動も少なく乗り心地もいいです。
(でも全線高架なので建設費は高そうだけどね)

運転手さんは鉄道とバスの両方の免許が必要だそうだ。

20170409132944
ゆとりーとラインをクリア。

レーダー使えば余裕で名鉄からとれる路線なんだけど、こんな面白いもの一度は乗ってみないとね。

20170409133129
そして、マスターオブ愛知もゲット!
16都道府県目。ようやく1/3とまだまだ道は長いね。

20170409133246
そうこうしていると、まわりはすっかりビルが建ち並ぶ市街地で、ナゴヤドームが見えてきました。

20170409133515
終点の大曽根の一つ手前のナゴヤドーム前矢田という駅(バス亭?)で降ります。

4月9日
 
愛知環状鉄道
 ゆとりーとライン


ここまで488路線をコンプリート

というわけで、次回はお待ちかねの野球観戦だよ!

つづく

|

« 東海編、桑名のハマグリと樽見鉄道の谷汲口の桜 | トップページ | ベイ戦記編、東海編、ナゴヤドーム初観戦で濱口プロ初勝利 »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/65177615

この記事へのトラックバック一覧です: 東海編、謎の乗り物ゆとりーとラインに乗るぞ!:

« 東海編、桑名のハマグリと樽見鉄道の谷汲口の桜 | トップページ | ベイ戦記編、東海編、ナゴヤドーム初観戦で濱口プロ初勝利 »