« ベイ戦記編、ブルーライトヨコハマでドラゴンズ3連戦に勝ち越し! | トップページ | 中部地方編、博物館明治村で日本最古のSLに乗る »

2017年6月 3日 (土)

中部地方編、浜松でスズキ歴史館とさわやかのハンバーグ

※この遠征記は2017年5月26日のものです。

ひさびさの駅メモ遠征にクルマで行ってきました!

前回の東海遠征編でクリアできなかった岐阜マスターのために、あと今回は観光多めですよ。

20170526065604
あいにくの大雨の天気のなか、高速で西へ向かいますよ。

20170526070003
ひさしぶりの雨子ちゃん

20170526082430
雨のドライブは疲れるので、新東名静岡SAで休憩。

20170526081629
朝ご飯を物色していたら、謎のおにぎり発見!
たぬき!?

20170526081721
あげだまがはいったおにぎりでした、これ美味しいですね。

20170526100057
で、やってきましたのは浜松市にあるスズキの本社工場。

20170526100111
その目の前にあるスズキ歴史館
いわゆる企業博物館のたぐいですね。
前に磐田市のヤマハ本社の同じ様なのを見学して良かったので、調べてみたらスズキも同じ様なのがあったので来てみました。
なお、見学は無料だが事前予約が必要

20170526095725
駐車場は、半分が軽専用スペース、さすがスズキの地元w

20170526100543
まずは入って1階のスペースには現行の販売車がずらり、ディーラーのショールームみたいね。

20170526100558
反対側には歴代レーサーがずらり

20170526100550
撮影コーナーもあって、バイクにまたがって写真がとれるけど、ぼっちのアニマルさんにはなすすべ無し。

20170526101109
それでは展示を見ていきましょう。3階に会社の歴史にそった展示になります。
創業者の銅像。

20170526101208
トヨタそうだけどスズキも前身は織機メーカーでした。

スズキ歴史館1 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

この辺はなんかスゴい機械らしいんだけど、あんまり興味がないのでながす。

20170526101412
そして、ここからバイクの歴史がはじまる。
最初は自転車につけた補助エンジンから。

20170526101518
名車コレダ。
ここから画像多めなのでサクサクといきましょう。

20170526102029
当時の広告とか

20170526101707
スズキのバイクはデザインが独特(というか変)なので有名ですが..

20170526101805
この時期は馬蹄型のライトがアイデンティティー

20170526102637
しかし、スペースが狭いとこに展示を詰め込みすぎて見づらいし写真撮りにくいんだよね

スズキ歴史館2 - Spherical Image - RICOH THETA

パノラマ

20170526102251
最初の軽自動車のスズライト

20170526102630
初期のバリエーションモデル。排気量は360ccの時代

20170526103839
馬鹿売れしたフロンテ。

20170526103918
普通車のフロンテ800。FFのセダンと名前だけフロンテだけど完全別設計。
実車は初めてみたかも。

20170526104455
大阪万博の電気自動車。EVの元祖だね。

20170526105513

衝撃の47万円アルト
だれでもクルマが買える革命でしたな

20170526105431
当時の最先端のアレコレ、左上のパソコンはNECのPC-8801mk2

20170526104916
フロンテクーペ
ホンダZと人気を二分した若者あこがれ

20170526104249

20170526104240
マン島優勝の50ccレーサー。
パワーバンドがスゴい狭い高回転エンジン。

20170526105322
250ccのモトクロッサー。いまでも続くRMのオフ車系譜。

20170526105340
オフロードといえばジムニー

20170526104555
これは超レアな珍車。ロータリーエンジンバイク。

20170526104621
円筒形のメーターカウルという謎のデザイン

20170526104752

スズキって自転車もつくってたのか。
でかいウィンカーがすげーな。

20170526105837
名車KATANA。ハンス・ムートのデザイン。

20170526105206

バンバンをはじめとしたオフ車

20170526105039
ハスラーの名前は今や四輪に転用されてしまったがな

20170526110131

20170526105934
名車GSX-R

20170526110214
ガンマ400!2スト好きとして一度乗って見たい!

20170526105234

バイクは有名なのからマイナーなのまでほとんど全車種あります

20170526110352
原付たち

20170526105733
ターボバイク!

20170526105800
カウルには鏡文字でTURBO

20170526110300
こちらもハンス・ムートデザインのインパルス。東京タワーといわれてましたな。

20170526111114
スズキ初のビッグスクーターのスカイウェーブ。コレ乗ってた!
多数のバイク遍歴のあるアニマルさんの唯一のスズキ車でしたな

20170526105701

俺たちカルタス!

20170526110545

船外機。
日本のバイクメーカーはみんな船外機つくってるよね。

20170526111225
そして汎用エンジン(発電機)

20170526111441
国内で高シェアなシニアカー

20170526110050
ATVといわれるバギー、三輪タイプと四輪があります。

20170526110749
こちらも馬鹿売れしたワゴンR

 

20170526111545
マイクロカーの元祖のツイン。

20170526111336
ちょいのり、スズキらしいバイクだったね。

20170526111030
四輪のほうはスポーツカーとかの派手なのが少ないんでどうしても地味
カプチーノは頭文字Dにも出てきたんで有名。

20170526111738
2階はクルマの開発から製造までの過程の学習型展示

20170526111856

20170526111949

20170526112537
実際の工場のラインを再現した展示小学校の遠足などで地元の子供はスズキの工員となるべくすり込まれていくのであろう

20170526112954
休憩スペースにもレーサーがさりげなくおいてあったり。

20170526113232
時間があんまりなくなって最後は駆け足で1階にもどってレーサーを改めてみます

20170526113333

といった感じで、2時間ほどの見学でしたが、全然時間がたりん!
半日ぐらいかけて見たいボリュームでした。

全体的に展示が狭いスペースに詰め込みすぎでやや見づらいが残念なとこでしたが..

さて、浜松といえば「さわやか」の創業の地であり、
市内にも多数の店舗があります。
スズキ本社からほど近い店に。

20170526115824

やけに混んでると思ったら観光バスで乗り付けた団体客が店の奥の方を占領している。
もはやさわやかは観光地か。

20170526121717

いつものシーザーサラダと。

20170526122049

前回に引き続き、チキンとハンバーグの欲張りセット。
うん、相変わるず美味いね。

つづく

|

« ベイ戦記編、ブルーライトヨコハマでドラゴンズ3連戦に勝ち越し! | トップページ | 中部地方編、博物館明治村で日本最古のSLに乗る »

アイモバ戦記」カテゴリの記事

駅メモ戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589393/65348579

この記事へのトラックバック一覧です: 中部地方編、浜松でスズキ歴史館とさわやかのハンバーグ:

« ベイ戦記編、ブルーライトヨコハマでドラゴンズ3連戦に勝ち越し! | トップページ | 中部地方編、博物館明治村で日本最古のSLに乗る »