« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の記事

2020年5月21日 (木)

三陸ポケふた編、その8、福島でメヒカリ食ったり、アクアマリンふくしまで寿司食ったり

※この遠征記は2020年3月17~18日のものです

三陸の遠征記の4日目から最終日です。

ポケふためぐりも終わったけど、まだちょっと続きます。

Connect_21
ポケふた公式ページはこちら

20200318080736
三陸旅はポケモンマンホールをクリアして常磐道を南下して福島でお泊まり。
この日は福島県の原ノ町のビジネスホテルに。
このあたりはロードサイドにやたらとビジネスホテルが多い。
元々原発関係や復興工事で出張してくる作業員のために建てられたもの。

20200317174346 
ホテルはかなり古くてしょぼいがまあまあ広い。その割には値段は高い。
一応大浴場もあるけど朝飯は別料金。

20200317191113
今日中に帰ろうと思えば帰れたけど、あえて福島県で泊まった目的は地元の友人がこちらに仕事で長期出張で単身赴任しているので、慰労のために飲み会。
この辺の夜の町はコロナのせいもあって、やや人が減ったが宴会なども行われている。首都圏に比べれば平和。
ホッキ貝うまー。

20200317192351
地鳥のタタキもヨシ。

20200317193234
そして、福島沖でとれた地元のメヒカリの唐揚げ。
これが食べたかった!
まだ原発事故の風評被害で海産物はあまり売れてないらしいんで、どんどん消費するしかないぜ。
そんな感じで福島の夜と食を堪能しまくってホテルに戻って寝る。

20200318084429
翌朝は早めにスタートして常磐道を南下していきます。

20200318085258  
福島県内の常磐道に線量計の表示があります。
この辺は、とっくに安全な数値。

20200318085525
除染土を積んだダンプが列をなして大量に走るため、片側1車線の高速はしばしばノロノロ運転に。
行き場のない除染土は黒い袋であちこちの元農地に山積みにされている。

20200318085949
人が戻らず、耕す人がいない農地はソーラー発電所に。
昨日一緒に飲んだ友人も、このソーラーの建設工事で来てるのだ。

20200318090442
常磐線が復旧したとはいえ制限地域は残り一般道はまだバイク通行禁止。
(巻き上げたホコリを吸い込むため)
そういえば以前にバスで通ったときにも窓は開けるなと注意があったな。

(2018年の訪問記)
太平洋側編、福島第一原発帰還困難地域

20200318090143
この辺は常磐道も再開して、特急ひたちも復活してるけど線量はまだちょっと高くて、除染してない地域も多い。
(浪江町はむかしTOKIOのダッシュ村があったあたりです)

20200318092242
そんななかでも常磐道は拡張工事中。復興はまだまだ続く。
地盤かさあげや、防潮堤に除染他ソーラーにしても、地元の雇用を守るために今は必要なもの。

20200318091901
おっと、駅メモで常磐線の新駅お忘れずにゲットしておかないとね。常磐線の再履修完了。

20200318102226
帰るまえに1カ所観光に寄り道してきます。

20200318102501
いわきのアクアマリンふくしまという水族館に。
アニマルさんは、このブログの愛読者ならご存じの通り水族館は大好物です。

20200318102545
さっそく入場しますが、結構な広い水族館。
海沿いの埋め立て地なので土地は潤沢っぽいね。

20200318103205
順路通りに里山を再現したエリア。
でも、出耒たばっかで樹木が育ってなくてはげ山っぽい。

20200318102848
展示のタヌキは寝てた。

20200318103845
本館の建物は近代建築としてもすばらしい斬新な造り。
しかしこの日は、今回遠征で初めての良い天気だ。

20200318104250
ポケモンGOのスポットもいっぱいありますよ。
ダライアスっぽい現代オブジェ。

20200318104723
みんな大好き古生物コーナー。
シーラカンスの標本キタ━(・∀・)━!!!!

20200318104936
お客さんは平日だけど、そこそこいましたね。
学校が閉鎖でヒマな学生さんとかもいました。

20200318105624
トドさん。

20200318123409
ウミウ

20200318105930
このあたりは江戸時代には鯨漁も盛んだったそうで、その関連展示。

20200318110744
環境がテーマの水族館なので、ソレ関連の展示も多かったけど時間の関係で流し見。

20200318111022
スケスケのハコみたいなのは展望台。

20200318120801
遠征で高いとこに登らないといけない血が騒ぐ。

20200318120810

アクアマリンふくしま スケスケ展望台 - Spherical Image - RICOH THETA

 

パノラマ画像。
スゲーながめ良いぞ!

20200318120944
対岸にある塔も展望台らしいけど、今日はパス。
帰りは階段で降りようかと思ったけど、非常用で使えなかった。

20200318123157
人工ビーチなどもあるが、この時勢か平日だからか人はほとんどいなくてじっくり見れてよい。

 

アクアマリンふくしま 潮目の水槽 - Spherical Image - RICOH THETA

 

そして、こちらの水族館の目玉の大水槽の「潮目の水槽」のパノラマ

20200318115209
ホヤがいっぱい。養殖の再現。
そういや今回の遠征でホヤくってなかったな。

20200318115238
鰹もビュンビュン泳いでます。

20200318112649
そして、その大水槽の目の前にある寿司屋。

20200318111930
地元の魚を身ながら握り立ての地元の魚を食うという趣向である。
ホテルで朝飯を食べなかったので、早めの昼飯も兼ねて。
ちなみに近くの漁港にも飲食店はあるがコロナで閉鎖中。

20200318112640
クルマなのでノンアルで我慢。
寿司はシャリが大きい田舎寿司っぽい感じで腹いっぱい。

20200318124350
最後に離れの金魚館というのみていく。

20200318124436
春節の中国本土客をあてにしたかのか?中華風な飾りが室内に。

20200318125632
ミュージアムショップで土産物などを見て、予想以上に大きくて楽しい水族館を堪能。
うん、やっぱり遠征での水族館や博物館いくのは楽しいね。

といった感じであとは常磐道をひたすら走って帰宅。

20200318152115

20200318152504
帰りのSAで買ったおやつの蓮根もちどら焼き。もちもち。

20200319110909
といった感じで今回の遠征は終了!

三密を避けてのソロでひたすらクルマを運転する遠征でしたね。

ひさびさのクルマを遠征も楽しいものでした。

ポケモンマンホール巡りは、香川、北海道、鳥取とまだあるけど、
はたして次に旅行に行けるのはいつになるのだろうか。
平穏な日々が早く戻ってきてほしい

夏には次の遠征に行きたいですね。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

三陸ポケふた編、その7、宮城の震災遺構とポケふためぐりをコンプ!

※この遠征記は2020年3月17日のものです

三陸の遠征記の4日目つづき。

宮城の震災遺構とポケふたの引き続き。
また全国を、気兼ねなく旅する日が戻ってきて欲しいですね。

20200317135007_20200516201601
ポケモンマンホールの旅ですが、いったん海岸沿いにクルマを走らせる。
なお、こちらの遠征は一人でクルマで回ってるので三密回避です。

20200317135446_20200516201701
震災遺構荒浜小学校。
仙台沿岸の津波は震災時にヘリからの空撮の衝撃的な映像を記憶の方も多いだろう。

20200317135526_20200516201701
海の近くのこの学校にも多くの人が避難して助かったが周囲にあった住宅街がすべて流されて死者も多数に。
内部も見学できるのだが、この日はコロナのせいで中止で外からのみ見学。
でも地元ボランティアガイドの人が色々説明してくれた。

20200317135755_20200516201701
現在は周辺は田畑や市街だったところは、今は空き地になってしまっている。

20200317135807_20200516201601
校舎のここまで津波がきた。
ほとんど見学客はいなかったが、かつての在校生のカップルの若者が訪れていて当時の話をしていたのが印象深かった。

20200317140831_20200516201601
足早に見学を終えて次のポケモンマンホールに。
復興道路という海沿いの堰堤に上に、地盤かさ上げ工事のダンプが行き交う。
この道路は次の津波には防潮堤の役割をはたす。

20200317141244
かつて沿岸には防風林の松林がびっしりとならんでいたが、津波で壊滅してわずかに残るだけ。

20200317142753
やって来たのは名取市の閖上港。

20200317144103
この小高い丘の神社は震災時の報道で見たことある。

20200317142842
ラプラス&ラプラス

20200317143145
ARも撮影

 20200317142738
再建された神社のある丘の周囲はかつてや港の倉庫や加工工場が並んでいたが、荒涼とした空き地が広がっている。

20200317141955
遠くにかさ上げした地盤に新築された公営住宅が見える。

20200317143904
神社で震災被害者の冥福とコロナの安息を祈る。

20200317143343
隣は公園が整備されて震災祈念のモニュメントには、多数刻まれた犠牲者の名前が。

こっから、いったん内陸方向に戻る。
20200317151651
岩沼市に。
ポケモンマンホールは、公園や役所といった公共施設や駅前や道の駅などの観光地にあるんだけど、ここだけさびれた商店街にポツンとあって異質。

20200317151701
ラプラス&トゲピー

20200317151848
ARも撮影

20200317154724
ふたたび海沿いに戻って、亘理町の広大な公園の公衆トイレの前にポツンとある。
サッカーグランドや野球場がならぶが、自粛でまったくひとがいない。
いつもなら子供やら人も多いのだろう。

20200317154735
ラプラス&鳥たち

20200317154959

20200317155038

20200317155155

20200317155311
ARも撮影
きっちり4種類。

20200317155646
公園の駐車場には伊藤園のポケモン自販機がありました。

20200317161347
震災遺構とポケふたの旅もあと少し!
海岸沿いは高い防潮堤で相変わらず海はほとんどみえない。

20200317162611
震災遺構中浜小学校
海沿いにある小学校で2階まで津波は達したが屋上に避難して児童は助かった。
ここは7月に一般公開の予定ということで、整備工事中だった。

20200317162532
内部は被災当時のまま。

20200317162840
海側。

20200317162855

20200317162912
給食室らしい、当時の什器が残る。

いよいよポケモンマンホールのラストへ。
だいぶ予定より押しているけど、まだ許容範囲内。

20200317161807
荒涼とした道路を走る。

20200317162049
この辺の宮城沿岸はストロベリーラインとよばれ、高級いちごの栽培ハウスがずらりとならんで、苺御殿と呼ばれる豪邸が立ちならんでたけど今は空き地が広がる。
耕地は復旧しても居住禁止区域なので農家は戻ってこないそうだ。

20200317164218
いよいよポケモンマンホールのラスト。
山元市の坂元駅に。

20200317164235
ラプラス&ラッキー

 

20200317164414
ARも撮影

駅前の販売所には美味しそうなイチゴ売ってた。

Connect_21
まとめ

ちょっと東北の広さをなめてた感があってせわしない旅になってしまった。
もっと回りたい震災遺構とか観光地もあったんだけど、普通の旅行じゃいかないとこばっか行って面白かったな。

今日の宿の福島県の南相馬に運転を続ける。

20200319110832
この日の行程。

遠征はまだちょっとだけ続く。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

三陸ポケふた編、その6、宮城のポケふためぐりでラプラスグッズもゲットして多賀城の天丼。

※この遠征記は2020年3月17日のものです

三陸の遠征記の4日目。

今日もポケふたの宮城県めぐっていきます。

20200317063937
まだまだ続く遠征4日目
おはようございます仙台の朝。
ホテルの部屋はカーテン開けてると、近くからのオフィスビルから丸見えだな。

20200317080258
昨日の遅延を取り戻すために朝早めに出発する。
でも平日なので普通に仙台市内の渋滞にはまる。
あんまりコロナの影響なかったね。

20200317085434
高速を走らせて、前日に暗くて撮れなかった東松島の野蒜駅前に戻ってきました。

20200317085416
ラプラス&ラティオス

20200317085706
ARも撮影

20200317090100
このあたりは震災後に整備された住宅街らしく新しい家やかっこいい小学校とかが並ぶ。
仙石線が震災後に東北本線とショートカットする線路ができて仙台への通勤に便利になったからね。

松島湾 - Spherical Image - RICOH THETA

続いて南下して、観光地として有名な松島に。

ここも2013年以来の再訪。そんときは牡蠣鍋遊覧船乗ったなぁ。
東北再訪編、かき鍋クルーズで松島の食と景色を堪能

20200317092256
ラプラス&ラプラス

20200317092550
ARも撮影
色違いラプラスで撮影

20200317094225
松島は湾内に多い小島が防波堤代わりになって津波に威力を弱まって、宮城では珍しいほとんど被害がなかった地域。
朝早いし平日だし、コロナのせいか人はまばら。
朝から開いていたお土産屋で定番の笹かまぼこをゲット!

20200317093843 
萩の月は最近は個包装の小箱を省略した簡易包装版をいうのを売っているんだな。
これはコンパクトで持ち運びやすくてよろしい。
仕事先のお土産に喜ばれる定番なので、もちろん購入。
クルマ移動は、いつもの鉄道遠征と違って荷物の持ち運びに悩まないのがいいな。

20200317100953
海沿いの松島から内陸に戻って、仙台のお隣の利府町の役場前に。

20200317100943
ラプラス&マイナン

20200317101405
ARも撮影

どんどん行きますよ。
20200317105142
鰹の水揚げで有名な塩釜。
駅前のポストにも鰹。


20200317105211
駅から線路沿いの路地に。
「ラプラスご当地グッズ」のノボリが目印。

20200317104338
ラプラス&プラスル

20200317105535
ARも撮影

20200317105908
さきほどのノボリは、このマンホールの目の前のお土産屋さん。

20200317105929
店にはポスターが!

20200317105716

ポスターが貼ってあって、入ってみたらポケモンコラボのお土産グッズ発見したのでさっそく購入!
この手のグッズは色々出てるみたいだけど見つけたのは初めて、いやちゃんと探してないだけかもしれないけど。

20200317105844
長期保存がきくラスク。
非常食としてストックしておきます。

20200317120857
まだまだ続くポケモンマンホールの旅。どんどん行くぜ。
海沿いを南下して七ヶ浜町というところの港の近くの観光施設に。

20200317115256
駐車場のハズレのちょっとわかりにくいとこに。

20200317115216
ラプラス&メタモン

20200317115400
ARも撮影

20200317115634
土産物屋でまたもラプラスグッズを発見!
サイダーと「氷のいぶき」(フレグランス)を購入。

20200317120826
これは自分用に使うか。

20200317120239
そしてほやキャンディーも。
ネタとして買ってみたけど濃厚なホヤの味わい。

20200317123756
また内陸方向に戻って多賀城駅前に。

20200317123814
ラプラス&タッツー

20200317124344
ARも撮影

ちょうど曇が晴れて、日差しが強くて自分の影が入ってしまった。
ポケモンマンホール撮影はあまり天気が良すぎても弊害がある。

20200317131809
ここでようやく遅めのお昼ご飯に。
多賀城の駅前のお店は閉まってたとこあったけど、適当にうろうろしてくいしん坊

20200317131722
ちょっと高そうなお店だったけど、で天丼550円というのをやってたので、安いけどいいかなと思ったら、これが大当たり。

20200317125618
この値段でこのクオリティの天丼はありえない!!!!
コロナ支援での地元支援のサービス価格だそうで、震災のときもやっていたとかでありがたいことです。
普段は1200円のお値段だとかです。

まだまだ続くよ、ポケモンマンホールめぐり。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

三陸ポケふた編、その5、3.11を忘れない、震災遺構とポケふたに牛たん三昧。

※この遠征記は2020年3月16日のものです

三陸の遠征記の3日目つづき。

ポケふたと震災遺構を見ていき仙台まで行きます。

20200316134129
気仙沼でお昼ご飯も食べてやってきましたのはこちら
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館

20200316134602
深いリアス湾の気仙沼は大規模な津波に襲われた。ここは海沿いの旧望洋高校。
津波の当時のままに保存されている。
ちょうど3.11から公開が始まったが月曜日で休館日なのは残念。

20200316134838
津波は3階にまで達した。
3階には津波で流れ込んだ自動車が残っている。

20200316135100
裏手には壊滅した体育館。

20200316135254
渡り廊下に突き刺さったままの自動車。
生徒や避難してきた住民は屋上に避難して無事だったが、周辺や気仙沼市では多くの死者が出た。
また開館しているときに再訪を誓う。カジキ料理も食いたいしな

20200316140824
気仙沼から南下して南三陸町へ。
海岸線ではなくところどころ完成してる三陸道で内陸をショートカット。

20200316140630
ついでに、駅メモの追加されているBRTの新駅をレーダーでゲット。

20200316140702
JR大船渡線を再履修完了。

20200316142840
南三陸町の道の駅へ。

20200316142759
周辺はかさ上げ工事のまっさかりで、ここも閑散としていた。

Ehnfoiivuaa2pxa
ラプラス&オクタン

20200316142939
ARも撮影

20200316145938
南三陸町といえば屋上まで津波が達して多くの職員が亡くなった防災対策庁舎の残骸が遺構として残されている。

20200316145946
川の対岸からはちょっとしか見えない。

20200316150548
震災祈念公園として整備中の反対側から。
まるでクレーターのなかに埋まっているようだが、これは周囲の地盤を10m以上もかさ上げしているため。
震災の遺構は地域の意向もあって撤去されてしまっているところも多いが、この震災の象徴といえる建物跡を残してくれたことは、いずれ未来に大きく評価されると思う。

20200316150806
防災庁舎跡の近くにこれも遺構として残されるらしい元ホテル。
さらに車を走らせる。

20200316151456
道路の上の延々と続く白いガードレールは気仙沼線のあとをBRTバスの専用道路にしたもの。

一昨年のBRT乗車記
太平洋側編、気仙沼メカカレーとBRTと牛タン

20200316161409
女川は一昨年にも訪れているが、平日もあって人はまばら。
再生された港の観光施設のなかに。

ところで、前回の指宿のポケモンマンホール巡りでは結構同じ目的の観光客をみたのだが、
ここ東北では自分以外にポケふたを見に来ている人をまったく見かけない。
ホントに観光に役に立ってるのか?

20200316161419
ラプラス&キャモメ

20200316161701
ARも撮影

20200316162210
2017年の様子と比べてみてください。
山形仙台編、女川を観光。海鮮丼食って温泉入って被災地の復興を見守る

20200316162101
旧女川交番遺構

20200316162038

20200316162114
海岸線にあった鉄筋コンクリートの交番は根こそぎなぎ倒されてしまった。
以前きたときは海岸線に放置されていたが、ここも周囲の地盤がかさ上げされて穴の中に。
まわりも公園として整備されて看板などが新たに設置されていた。

20200316171029
さらにクルマは走らせて石巻
このマンホールは分かりにくい場所にあって結構まよった。
石巻は2013年以来の再訪。石森漫画館はコロナの影響で休館中だった。

2013年の時の訪問記
東北再訪編、石巻の津波被災地を訪問。大震災を忘れないために

20200316170655
ラプラス&ネコたち

20200316170814

20200316170909
ARも撮影

20200316181702
実は震災遺構をじっくりみていたせいもあって、当初予定よりめちゃめちゃ行程が遅れている。
日没ですっかり暗くなった東松島市の野蒜駅に

20200316181719
ラプラス&ラティオス
暗くてARの撮影は断念。

20200316191544
高速を飛ばして今日の宿の仙台に。
さすがの大都会。

20200316202741
ホテルにチェックインして晩飯に。
仙台といえばアーケード街。
月曜のせいもあってか人通りは少ないがお店は時短営業が多いながらも、ゲーセンやカラオケもみんなやってる。
マスクしてない人もかなりいて、このときは東北はまだコロナの影響も少なくて平和。

20200316204902
一番町という駅からかなり遠いアーケード街

20200316204137
ラプラス&ジラーチ

20200316204424
ARも撮影

七夕の絵柄で良いですね

20200316215415
晩飯はマンホールの目の前の牛たんの有名店の利久に。

20200316215536
利久は東京にもいっぱい店あるじゃんといいつつ、
一番町店限定の牛たん三昧定食。

20200316204952
ビールはキリン仙台工場謹製のブラウマイスター。
突き出しはアジ南蛮漬け。

20200316205442
定番の牛タン焼きに牛タン寿司にテールスープにもちべいとかいう饅頭。
特に牛タンステーキは茹でて柔らかくなった牛タンを炙ってデミグラソース仕立てですげー良かった。
これ仙台限定なんて言わずに東京の店でも食わせてくれ!

食って飲んだのでホテルに戻る。
送れた行程を取り戻すために明日こそ早起きするぞ。

20200319110803
この日の行程。

ポケモンマンホールと震災遺構の旅はまだまだ続く!

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

三陸ポケふた編、その4、岩手から宮城へポケモンマンホールに震災遺構の旅が続く。

※この遠征記は2020年3月16日のものです

3月の三陸の遠征記の3日目。

今日もポケふたをどんどん巡っていきます。


釜石の朝、おはようございます。
20200316082154
早起きするはずだったけど、連日の運転疲れでだいぶ寝坊。
ここのホテルの朝バイキングは美味しいんで楽しみだったんだけど、ご時世で中止に。
事前に用意の定食は冷めてて美味しくなくてがっかり。

20200316092734
朝からテンションダウンだけど、今日もガンガン運転していきましょう。
なお、ポケモンマンホールめぐりについては、鉄道利用はお勧めしません。
田舎にありがちなクルマ社会で鉄道の本数が少ないうえに、鉄道駅から遠い内陸にもあって路線バスの利用も必須になります。

20200316104959
本日の1発目はそんな内陸に。沿岸から山奥の住田町への道をひた走る。
住田町役場の前に。

20200316105013 
ヨーギラス

20200316105143
ARも撮影

最近の遠征旅行は駅メモのための鉄道メインなので、鉄道がない住田町の存在自体初めて知った。
ポケモンマンホールがなければおそらく一生来ることはなかったな。

20200316110815
海沿いに戻るために山道をひた走る。
道路が白くて埃っぽいのは近隣に鉱山があってそのトラックが多いため。

20200316112905
大船渡市の盛駅前に。ここも去年も乗り換えできたけど駅の外は初めてか。
三陸鉄道とJRの接続駅だったけど、JRの大船渡線は鉄道の復旧をあきらめてBRTバスになった

20200316112934
サイホーン

20200316113042_20200513220101
ARも撮影

20200316115441
次のポケモンマンホールに移動しつつ、駅メモで追加されたBRTの赤新駅もレーダーでゲットしておく。

20200316120120
海の近くの津波被害地区に入ると盛んに地盤のかさ上げ工事がされているが、建物はまだまばら。
復興はまだまだ途上。

20200316121119
そんな地盤かさ上げ地区にある道の駅みたいなとこに。

20200316120733
イワンコ

20200316120857
ARも撮影
ポケモンGOではイワンコは未実装なのでポチエナ代役。

20200316122044
ところで震災遺構について。
もう震災から9年たっているので津波被害地域も、がれきとかはすっかりなくて防潮堤やかさ上げに新設の橋や道路の工事まっさかりで、震災の跡の被害を思わせるものは見がたい。
そんななかで、震災の記憶を風化させないために、あえて取り壊さないで残してる建物(学校などが多い)を震災遺構という。
通りがかりに見つけた、気仙中学校。

20200316121858
そして、道の駅松原。
今回は通りすがったが、次回以降に震災遺構もじっくりと見ていく。

20200316123531
南下を続けて県境を越えてこっからは宮城県にはいる。
3回目の訪問の気仙沼港に。

20200316123838
宮城県のポケモンマンホールはラプラスで他のポケモンという組み合わせになる。

20200316123541
ラプラス&イシツブテ

20200316123952
ARも撮影

20200316124621
ここでようやくお昼ごはん。
みぞれ混じりの寒い雨のなか、去年も来た海の市。

20200316131851
20200316125841
北かつまぐろ屋で三色丼とねぎま蕎麦であたたまる。
実は本店で以前食って絶品だったカジキ料理を食いたかったのだが月曜で定休日。
東北の遠征は毎年続ける予定なので復興支援にまた来るからその時に!
(コロナ退散!)

(去年と一昨年の気仙沼)
太平洋側編、気仙沼メカカレーとBRTと牛タン
夏の三陸編、その2、気仙沼で寿司や鮫の心臓を食ったり観光したり。

Iwatematome2_20200513231601  
岩手の岩属性のポケモンマンホールまとめ。

まだまだポケふた巡りは続くよ!

おまけ
20200316124828
海の市のトイレにて。

 

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

三陸ポケふた編、その3、龍泉洞を観光して宮古→大槌→釜石へポケふたをまわる。

※この遠征記は2020年3月15日のものです

3月の三陸の遠征記の2日目つづき。

岩手の海岸沿いをポケふたを見ながら南下していきます。


ポケモンマンホールは基本的に三陸の海沿いにあるんですけど、例外的に内陸にあるものも。
ポケモンマンホール公式サイト

海沿いから内陸の岩泉町に。
20200315140857
岩泉といえば、駅メモ的には岩泉線という日本でも一番乗客が少ないローカル線があった。
震災前に台風で不通になって震災後も復旧せずそのまま廃線になっんだけど、一度乗ってみたかったな。
そしてここは龍泉洞という有名な鍾乳洞がある観光地。
ひたすらクルマで走り回っているだけなので、ちょっとは観光らしいこともしようかと思って見学。

20200315134640
さすがに外国からの人はみかけなかったけど、それなりに賑わっている。
まあ元々、三陸は外国の観光客は少ない地域だけどな。

20200315134804
さっそく中に。
外気2度くらいなので洞内気温6度でむしろ暖かいくらい。

20200315135737
20200315135533
地底湖とか鍾乳石など。

20200315134422
おっと、ポケモンマンホールも忘れないように。
龍泉洞の入り口の近くの喫煙所の前に。

20200315131822
チゴラス

20200315132143
ARも撮影。
チゴラスはポケモンGO未実装なので代役におとものバッジ付きイーブイで。

20200315134134
ここでようやく、遅い昼飯に。

20200315134146
龍泉洞のお土産屋もかねた食堂で、青龍麺(ラーメン)をいただく。

20200315132935
青唐辛子味で、見た目は辛く無さそうで、あとからじんわりと結構な辛さを発揮する。

20200315152538
昼飯も食べたので、海沿いに戻って宮古の港の近くの道の駅的な施設の駐車場入り口に。
岩泉は天気よかったのに、海沿いは冷たいみぞれ混じりの雨が強く降ってくる。

20200315152528
イシツブテ

20200315153025
ARも撮影

20200315155137
実はこの時点でかなり予定より行程が遅れているので焦っている。
道路は混んでないけど、遅い地元の軽トラの老人や工事のダンプなどでペースがあがらないのと、ARの撮影は結構時間とられたり。

20200315160358
一部開通している三陸道をガンガンつかって時間短縮。
沿岸は震災で新しい道がどんどん出来たり、付け替えられてるのでGoogleのナビはすぐにデータが反映されるのでありがたい。

20200315160745
巨大な防潮堤が作られているので、相変わらず海岸線は海を見ることはほとんどできない。

20200315162525
陸中山田駅に。
去年の6月に代行バスで通った時に建設中だった駅舎が立派に完成している。

20200315162003
オムナイト

20200315162052
ARも撮影

ポケモンクラスタ以外にはどうでもいいハナシだけど、岩手のポケモンマンホールは岩属性のものが選ばれている。

20200315165627
日が傾いてきた大槌駅。
あいかわらず駅は無人だ。だいぶ暗くなってきた。

20200315165821
ツボツボ

20200315165752
ARも撮影

20200315172731
広い岩手を南下しながら本日最後は鵜住居駅に。
駅の向こう側は6月にラグビー日本代表の試合を見に来たスタジアムがある。

前回の遠征と逆に北から南というルート
夏の三陸編、その4、ラグビー日本代表を応援して三陸鉄道で久慈へ

20200315172658
ココドラ

20200315172928
ARも撮影

なんか、建物の裏の目立たない場所にあった。
どうにか日没の暗くなる前に今日のポケモンマンホールの目標を完了。

20200315183439
どうにか暗くなる前に撮影完了して釜石駅前のJR系のホテルにイン。
以前の東北遠征でも泊まったとこ。



20200315183452
ラグビーのワールドカップの釜石の試合は、残念ながら台風で中止になってしまいました。
パシフィックネーションズの日本代表の試合を見られたのはラッキーだったのかな。

20200315230425
駅前というか駅の一部みたいなホテルで窓からの眺めは駅のホームという究極のトレインビュー。
宿泊客は少なくて数組しかいない。

2年前に泊まったときのブログ
太平洋側編、宮古から釜石へ山田線代行バス

東北各県はこの時期はコロナ患者が仙台の1例だけだったんで、地元のひとはのんびりしたもんで「東京や大阪は大変だねー」という感じでした。

20200315224929
ホテルの露天風呂も人がいないの貸切状態でまったり。

20200315204019
晩飯は外で食おうと思ってたけど途中のスーパーで着替えを買ったりしたときに、地元の水揚げのマグロやホッキなどの刺身がセールだったので地酒も買って部屋飲みとする。

明日も朝早くから移動だしね

20200319110737
本日の行程。
今日はひたすら運転しまくって、ゆとりのない行程だったので明日は早起きする予定。

三陸のポケふた旅はまだまだ続くよ!

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

三陸ポケふた編、その2、八戸から岩手沿岸を南下して津波被災地でポケふたを見る。

※この遠征記は2020年3月15日のものです

3月の三陸の遠征記の2日目。

青森から岩手へ南下してポケふたを見ていきます。


こちらがポケモンマンホール公式HP

20200315072228
朝の青森駅。
前日は丸一日かけて運転してきたが、新幹線は八戸まで3時間弱なのでマジ偉大なり。

20200315070548
コロナ対策でホテルの朝飯バイキングは弁当形式に変更されてた。
朝飯のって旅の楽しみのひとつなんで味気ないがしょうがない。

20200315073122
ところでホテルの横の居酒屋が古い駅前旅館を改造したっぽい造り。
ちなみにホテルはいつもの安定の東横イン。

それでは、出発!
こっからクルマで三陸海岸を南下していく。

20200315083517
岩手に入る前に、やってきたのは蕪島神社。ウミネコの繁殖地として有名。
八戸線の列車から何度も見ていて気になってたので来て見た。

20200315083816
震災関係なく火災で焼失して再建中だったが3月に完成。でもまだ公開しておらず下から参拝。
大量のウミネコが乱舞していて迫力ある。

(動画)

20200315085113
気温は0度前後で雪が降ったりやんだりだけど道路は積雪もなくドライブには快適。
せっかくスタッドレスタイヤを履いてるのにあんまり意味がなかった。

20200315091907
青森から岩手県に入って洋野町のひろの水産会館というところに。
まだ朝早くて開館していないが問題ない。この建物の前に岩手のポケふた一つ目がある。

20200315091921
カブト

20200315092517
AR撮影もしてみる。
今回の旅はこんな感じでポケふた巡りをしていきますよ。

20200315091801
岩手の北のほうの、このあたりも津波の被害は大きかった。

20200315091837
地元萌えキャラ。

20200315095918
さあ、どんどん行きます。
建設中で所々開通している三陸道を使って内陸をショートカット。
三陸道は無料通行できるので積極的に利用する。

ポケふただけではなく今回は「復興遺産」も旅のテーマだがそれもおいおい。

20200315102012
次の地点は去年の6月にも来た久慈へ。いまだに町おこしはあまちゃんである。
なお、あまちゃんはピエール瀧が出演していたので再放送お蔵入りの憂き目に。

20200315102612
久慈駅の近くの道の駅に。
実はここは、去年も来ているのだが、ポケふたの存在は全然知らなかった。
夏の三陸編、その6、謎の地下水族館もぐらんぴあに潜入

20200315102159_20200511224301
ポケふたの場所は駐車場の入り口。

20200315102127
プテラ

20200315102436
ARも撮影。

20200315104943

20200315105214

20200315105203
久慈の駅前商店街は地方では定番のシャッター街だけど、あまちゃんを題材にしたシャッターアートがいっぱいあって、それを観て回るのも楽しい。
漫画家の青木俊直さんとか有名人が描いたのもあるよ。

20200315110715
三陸海岸沿いを走る。
といっても、快適な海沿いドライブとはいかず、海岸線は進撃の巨人のウォールマリアみたな巨大な防潮堤が延々と築かれていて海なんかまったく見えない。
道路もすれ違うのはダンプやミキサー車などが多くて非常にほこりっぽい。
この防潮堤が役に立つのは何十年後かわからないがその時は役目を果たして多くの命を救ってくれ。

20200315112107_20200511194501
続いて三陸鉄道の野田玉川駅の駅前に。

20200315111914
イワーク
駅前といっても店とかもなんにもローカルな無人駅だ。

20200315112048_20200511194501
ARも撮影

20200315115641
つづいて、ちょっと内陸にある三陸鉄道普代駅
ここは駅舎も立派で土産物屋や観光案内所がある。

20200315114412
タテトプス

20200315114550
ARも撮影。

20200315122033
昆布が名物らしく、昆布を使ったブッセとどら焼きをオヤツに買う。
食ったけど味は普通だった。
(こんぶ茶はオマケでもらった)

20200315122000

20200315122243
そしてさらに南下していくほど津波の被害が大きかった地区になっていく。
走っているといやでも目に付く浸水地域の看板や避難所の指示。

20200315123345
三陸鉄道の島越駅前に。

ところで人の気配がまったくないけど、昨年3月に三陸鉄道は震災から完全復旧したが、去年の台風で被害をうけて再度不通になってしまい、3月20日に運転再開になるのだが、訪れたのはまだその直前だったため。

20200315123523
ノズパス
駅舎の前かと思ったら、ちょっと離れたとこにあって探すのに手間どった。

20200315123316
ARも撮影。

20200315123748
ここは震災前は有名な海水浴場があって賑わったが駅舎もすべて津波でながされてしまった。

20200315123711
再建された駅舎は立派で中には楽天の岩隈のサインユニや昔のジオラマなどが飾られる。

三陸の旅はまだまだ続くよ!

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

三陸ポケふた編、その1、まずは東北道をひたすら北に走って八戸に。

※この遠征記は2020年3月14日のものです

3月の三陸の遠征記のはじまり~。

目的はポケふたと震災遺構の見学。そんで観光も少し。


仕事が在宅勤務が増えてきたり、学校がお休みになったりしていた3月中旬ころ。
まだこのころは旅行自粛の風潮もあまりなかった時期でした。

CSや日本シリーズの時期に取るはずだった休暇が余ってしまってたけど、
特に予定は考えていなかったんだけど在宅勤務のテレビで震災特集を見て「東北に行こう!」ということで車で三陸の沿岸部をまわることに。

アニマルさんは震災の翌年から毎年、アイモバや駅メモ遠征と復興支援もかねて東北に行っております。
今回の目的は復興支援の観光と震災遺構の見学、魚を食う、あとポケモンマンホールめぐり。

20200314095311
最近はずっと駅メモのせいで、遠征は鉄道ばっかりだったけど、
レジェンドステーションマスターも取得してクリアしたので久々のクルマ長距離遠征。
(アイモバの紀伊半島&四国以来か?)
南国麺紀行編、伊勢うどん&お伊勢参り、そしてアイマスに昇格

20200314103545
初日は朝から雨のなか家を出て、ひたすら東北道を青森県まで北上するだけ。
ナビの残り時間と距離をみてげんなりする。
なお、クルマについてるのは20年前の古いDVDナビなんで地図が役に立たないのでGoogleマップのナビを使用。
(ホントはYahooナビの方が使いやすいんだけど、Googleを使う理由についてはのちほど説明)

20200314115731
東北道をズンズンと北に走っていく。
福島に入るころには雨が本格的な雪になってペースが上がらない。

20200314123509
ちなみに今回のクルマはホンダの20年前のボロい軽自動車。
雪対応にスタッドレス装備のフルタイム4WD
4速ATなんで、高速道路の流れに乗るにはアクセルべた踏みで高回転常時使用なので燃費はメチャ悪い。

20200314123501
満タンでも高速だと300km走らないので、給油のために安達太良SAに。

20200314125015
お昼ご飯に名物「あだたらラーメン」食べる。
シンプルで東北らしい濃い目のしょう油味。

20200314141715
単調なドライブだけど途中で、自衛隊の8輪装甲車が!
めちゃテンションあがる!

20200314123707
サービスエリアで激写。
車長は雪なのに砲塔からずっと顔出して寒そうでした。

20200314124351
まだまだ半分も来てないのかぁ。
まあ、ひたすら走りっぱなしだけど運転は基本好きなのであまり苦痛ではない。

20200314134757
さあ、再度スタート。
なお、スマホホルダーを用意するのを忘れたので養生テープで貼り付け。
ときどき振動で落っこちる。

20200314155307
岩手にはいると雪がやんで、むしろ天候は回復。

20200314160700
岩木山は上のほうは雲で見えないけど、きれい。

20200314162853
給油に岩木山SAに。
東北道から八戸自動車道に。

20200314201539
19時すぎに今日の目的地の八戸に到着!
駅前のビジネスホテルにチェックイン。
さすがに一日ずっと運転してたので疲れた。
八戸は乗り換えで何度も来たけど駅前に降りたのは初めてだ。

(去年の三陸遠征の日記)
夏の三陸編、その7、リゾートうみねこに、はやぶさグランクラス

やはり例年よりも暖かいそうで道路はまったく雪がなくノーマルタイヤでも全然問題ないレベル。

20200314213217
とりあえず晩飯。
八戸の繁華街は駅のまわりじゃなくて港のほうなんで、あんまり店がないけど適当に居酒屋に。

20200314202222
まずはビール!
鉄道移動と違って昼間は酒飲まないからクルマ遠征は健康的だな。

20200314203716
地元で取れたサバのフライ。
カレー味で、タルタルソースはタマネギのかわりに地元のピーマン。
結構美味しい。
写真撮り忘れたけど、イカも食べました。

20200314205601
ドンペリならぬ地元の濁り酒のどんべり。

20200314211642
しめにせんべいピザ。
南部せんべいをピザ風に焼いたヤツ、意外な組み合わせだけど、これもグッド。

20200318201747
コンビニでお土産に青森名物の味噌カレーミルクラーメンゲット。
青森岩手編、竜飛岬の階段国道と、みそカレー牛乳ラーメン

20200319110715
この日の走行経路。
翌日からは沿岸をずっと南下していく。

遠征のもろもろメインは明日から。

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

南国九州編、その8、廃線跡の宮之城線クリアしてマスターオブ鹿児島達成

※この遠征記は2020年2月11日のものです

南九州遠征記のラスト5日目です。

この日は飛行機に乗って帰るだけ。


20200211084212
ひさしぶりにゆっくりホテルで朝飯を食べて鹿児島中央駅に。

20200211084941
九州新幹線に乗りますよ。

20200211085610
新幹線の末端を見れるのは鹿児島くらいか?

20200211085709
パノラマ。
鹿児島中央駅の観覧車は出来たときに昔に来て乗ったことあります。

20200211085743

20200211085825
新大阪行きの「さくら」の自由席に乗車。

20200211093006
鹿児島中央から2駅先の出水駅で下車。

前に、アイモバ遠征で一瞬だけ来たことがありますね。
西九州編、怒濤の移動日、島原から熊本へフェリーで

20200211093758
ここから鹿児島空港行きのバスに乗るんだけど、バスがなかなかこないなぁ?
と思ってたらバスの時間を1時間間違えてた!
うーん、今回の旅はミスが多いなぁ。
次のバスだと予約していたフライトに間に合わないのでスマホから便変更。

20200211103648
しょうが無いので駅の土産物屋で時間を潰したり、ポケモンGOでジム戦をしたり。

20200211093851_20200508220101
ここの駅前にもSLの保存が。
ほんとに九州人はSL好きだな。

20200211104428
ようやく、予定してた次の便の鹿児島空港行きのバスが来たので乗車。

20200211104619
そんなに乗客は多くないけど、途中のバス亭でもポツポツ乗車してくる。

20200211110220
今回、わざわざこのバスに乗ったのは駅メモの廃線跡の宮之城線をクリアするため。
このエリアは鉄道からのレーダー取得ができない、攻略的に非常にいやらしい廃線跡なんです。
(運営しね)

20200211112504
このバスは、旧宮之城線の路線とはちょっとずれてますが、レーダー併用でクリア可能。
バスなのに旧宮之城のバス亭は「駅」なんですね。

20200211112642
旧宮之城駅にもSL。
オマエらSL好きだな。好きすぎ.

と思ったらら頭だけ切り取られてた。

20200211111403
駅メモのチェックインも忘れずに。


20200211113606
宮之城線クリア!!

20200211113647
マスターオブ鹿児島もゲット!
45都道県目。
残りは大分と熊本。
空港まではぐねった峠道をイニDばりにバスは飛ばしていく。

20200211120742
鹿児島空港に到着。

20200211120926
鹿児島はJリーグのサッカーのキャンプが集積。

20200211123436
空港についたけど、バスの時間を間違えたせいで飛行機をあとの便に変更したので時間があるのでめしを食う。
地ビールの「霧島高原ビール」&キビナゴの唐揚げ、うめー。

20200211125759
鹿児島民のソウルフードである山形屋(やまかたや)の焼きそば。
長崎皿うどんに似ているが三杯酢をかけて食べる。
これは毎日でも食べたい味。

20200211134503
まだ時間が余るので空港内のミニ航空博物館をみていく

20200211134420
飛行機の模型とか

20200211134314
おお、昔はここからナウル便があったんな。
死ぬ前にナウルは絶対に行ってみたい国だ。

20200211134616
懐かしのパタパタ表示板。

20200211143155
さて、そろそろ帰りますか。

20200211143217
バスの時間を間違えたせいで、ゆっくりと空港で食事できたのは、かえって良かった。

20200211144804
最近のANAは機内Wi-Fi無料になったのはよいね。

20200211150721
さらば九州
月末の佐賀と長崎のベイスターズのオープン戦にまた来るけどね。
(コロナのせいで中止になりました)

20200211152011
離陸著後の、新燃岳と韓国岳。

20200211154055
早速飲んで機内Wi-FiをつないでTwitterポチポチ。
この日は雲が多くて西日本は空撮はあいにく。

20200211160756
関東上空にはいって、雲の上に富士山がみえた。

20200211161016_1
伊豆諸島の新島

20200211161358
伊豆大島。

20200211162603
東京湾からの手前が猿島に横須賀港。奥が相模湾と江の島。

20200211162637
ベイブリッジが見えると帰ってきた感があるね。

20200211164134
ということで、今回の遠征はおしまい。

20200211115625
駅メモ的には進捗はこんあ感じ。
レジェンドステーションマスター所得したんで、ゆるふわ勢に戻ります。

2月11日
 宮之城線 ※廃線跡

ここまで617路線をクリア!


次回は東北三陸のポケモンマンホールの旅。

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

南国九州編、その7、観光列車や温泉や駅弁に吉都線完乗でマスターオブ宮崎も達成

※この遠征記は2020年2月10日のものです

南九州遠征記の4日目の続きです。

引き続き観光列車やら温泉やら駅弁などを楽しんでいきますよ。

20200210131020
それでは、温泉も入ったし人吉から移動再開。

20200210131058
こちらの観光列車「いさぶろう、しんぺい」

20200210130926
車名はこの地域の鉄道建設に助力した人で、しんぺいはあの有名な後藤新平だそうな。

20200210132006
例によってキハの魔改造だけど、普通の通勤列車みたいなボックスシートで、
おいおいこれで指定特急料金とるのはどうよ?ってレベルでJR東の215系並みの詐欺。
で、ボックス席で、ご旅行の老夫婦と向かい合わせ。
気まずいので空いてる自由席に移動。

20200210130800
遅い昼飯は人吉駅で買っておいた駅弁。
人吉の名物駅弁は栗めしと鮎寿司だそうだが...

20200210131758
どちらも良さそうではあるが、迷った時は両方買うが正解。

20200210132220
まずは鮎寿司、まるごと一匹が押し寿司に。
鮎は頭もバクバク食えて美味しい。

20200210135609
栗めしも栗もオカズもたっぷりで美味しかった。
そんな感じで観光したり飲み食いしながら列車はノンビリ走る。

20200210134020
観光列車なので、すべての途中駅に停車しながら進む。

20200210133805
大畑駅。
駅舎に大量の名刺が貼られている。
なんでも、名刺を貼ると出世するとかいう伝説があるとか。

20200210133858
駅前には小さい神社があった。

20200210134629
列車は鉄ヲタ大好きスイッチバックへ。

20200210135406
上からみたスイッチバック

20200210140704
矢岳駅。

20200210140853
過去に走っていた古いSLのD51が保存されている。

20200210143215
真幸駅

20200210143253
味わいある木造駅舎

20200210145445
時間をかけた、のんびりしたローカル観光列車の旅を楽しんで吉松駅に到着。

20200210185118
JR肥薩線をクリア

20200210145535
ここから、ほとんどの乗客は「はやとの風」という別の観光列車で鹿児島に向かう。
でも、自分は別ルートなのでまたも乗り換えに1時間以上待ち時間。
なので、駅の目の前の温泉に(今日2回目)

20200210154530
ここの駅前にもSLの展示。
九州の駅はホントにSL好きだな。

20200210154628

20200210154613
かつての石積みの倉庫も

20200210155340
吉都線(きっとせん)という九州出身者でもまず乗ったことがないマイナーローカル線に。

20200210154906
終点の都城は宮崎県。

20200210163852
ガラガラのキハのボックス席という定番のローカル線らしい雰囲気を堪能。

20200210172528
終点の都城に到着。

20200210172233
JR吉都線クリア!!

20200210205654
さらに、マスターオブ宮崎も獲得!
44都道府県目。

20200210185055
ついでに肥薩線はレーダーで残りをクリアしておく。

20200210172718

20200210172723
広大だった都城駅の空き地は巨大なソーラー発電施設になってる。

20200210173235
ここでも乗り換え時間が1時間以上あるので、
どうしようかと思って改札を出たら駅の目の前によさげな焼き鳥屋があって吸い込まれる。
ホームまで匂いが漂ってたからな。

20200210174508
九州はどこにいっても焼き鳥は美味しい印象がある。鶏食文化が浸透しているのだろう。
早い時間なのに、予約席も満席に。

20200210173612
あとかならずキャベツがつくな。

20200210182724
飲んで食ったので本日最後の移動。
真っ暗なホームにすべり込む真っ黒な車両。

20200210182742
特急きりしまで鹿児島に戻る。

20200210183717
指定席は空いてる。自由席でもよかったな。

20200210183957
まだ飲む。

20200210194410
鹿児島をぐるっと海沿いから内陸まわって、
昨日も来た鹿児島中央駅に到着。

20200210194938

20200210203105
鹿児島のコンビニは焼酎王国らしく焼酎系のハイボールがいっぱい売っているので思わず買い込んでしまう。
芋焼酎とかの香りが苦手な人でも炭酸割りだと飲みやすいかも。

20200210203405
都城の焼き鳥屋で思ったより食ったのでそのままホテルで焼酎ハイボール飲みながら、テレビをみて終了。

2月10日
 JR肥薩線(えびの高原線)(八代~吉松)
 JR吉都線(えびの高原線)
 JR肥薩線(吉松~隼人)

ここまで616路線をクリア!

遠征はあと1日つづく

おまけ
20200211072956

20200211073138
おとものイーブイに南国らしいおみやげを貰った。

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

南国九州編、その6、鹿児島の観光列車や温泉を堪能

※この遠征記は2020年2月10日のものです

南九州遠征記の4日目です。

駅メモのマスターオブ鹿児島を目指して、
観光列車に乗ったり温泉に行ったり。


ホテルの窓から早朝の熊本駅。
20200210065235 
再開発のまっただなかでビルをガンガン作っている。
熊本市はお城の周辺が栄えていて駅まわりはあまりなにもなかったのだが様変わりしそう。

20200210071157
元アイモバPの朝は早い。
宿泊は駅前の日本一高層の東横イン熊本駅前でした。

Clip_5
この日は前日に通過した鹿児島中央まで戻りますが、
もちろん九州新幹線は使わずに内陸部のローカル線を乗り継いでいきます

20200210072757
今日の1発目の列車はこちら。

20200210072949
この日の移動は熊本駅からの観光特急「かわせみ・やませみ」に乗って人吉まで。

20200210072917
朝早い列車だけど、それなりに乗客は多い。

20200210072901
ちなみに、この区間はSL人吉が走っているけど、今は観光シーズンじゃないので無し。

20200210074711
JR九州らしいウッディーで豪華な車内。

20200210073127
でも特急といいながら例によって古い気動車の魔改造。
むりやり改造しているので窓が小さい席や、まったく窓がない席もあったりして特急料金をとる観光列車としてはどうかと思う。
この席も窓がスゲー小さい。

20200210073618
朝飯がわりに熊本駅で買ったミスタードーナツ

20200210080721
熊本市街から八代のコンビナートを過ぎると...

20200210082640
列車は霧に煙る球磨川の急流沿いを遡っていきます。

20200210091246
列車は終点の人吉に到着。

20200210091326
JR九州の観光列車は本州が快速扱いなのと違って特急なのでお得きっぷが使えないのはどうかと思う。

20200210101310
かつての交通の要所だけあって大きい駅で駅前のお城みたいのはからくり時計。
大きい駅弁屋さんある(あとで買う)

20200210121600
人吉は元巨人の川上さんの出身地なのか。

20200210100459
乗り換えまで時間があるので、駅から球磨川を渡っていく
(この日は長い乗り継ぎ待ちが多い)

20200210093412
近くの朝からやってる温泉に。
スイミングスクールのプールを作るために掘った温泉らしい。

20200210093736
浴槽も広くて快適でした。地元の人で賑わってました。

20200210101531
人吉駅まで戻って、くま川鉄道にのります。

20200210101804
元国鉄が3セクになったローカル私鉄。

20200210101839
イベント列車とかにも使うようで内装は豪華でソファーみたい

20200210110909
車内には春節休みの中国からの観光客をあてにしたのか中華風の飾りが虚しい。

20200210113347
山の中を走るのかと思ったら列車は人吉盆地の田園地帯を走る。
民家や地元の乗客もそれなりに多くいる。

20200210111006
終点の湯前に到着。

20200210111037
特になにもないので、アニマルさんのマイルール的には不本意だが折り返し列車で再度人吉に戻る。

 20200210111216
一応駅前を散策。

20200210111850
駅に併設されている観光案内所に

20200210143635
道中のオヤツとして、バラ売りの地元おかしを購入。
どれも美味しかったです。

20200210111955
折り返し列車で人吉に戻る。

20200210113528

20200210114539
途中で、古い客車をカフェにしたりしたようなものがあった。

20200210122753
人吉駅に戻ってきたけど、相変わらず乗り換え時間があるのでぶらぶら。
古いレンガ作りの車庫。

20200210122008
小さい鉄道ミュージアム的なものがあったけど、中身はたいしたことなかった。

20200210130137
駅のお土産屋を物色したり。
なおこの地域ではクマモングッズが大量で、ついてないものを探すのに苦労する。

20200210112707

2月10日
 くま川鉄道湯前線

ここまで613路線をクリア!

鹿児島ローカル線の旅がつづく。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

南国九州編、その5、肥薩オレンジ鉄道でついに駅メモでレジェンドステーションマスター達成

※この遠征記は2020年2月9日のものです

南九州遠征記の3日目のつづき

この日は指宿から熊本まで移動。
そして、ついに駅メモの最高称号であるところの
レジェンドステーションマスターを取得

20200209125028_20200505183001
指宿駅から観光列車の指宿のたまて箱号。
左右で塗色が違う阿修羅男爵のような斬新なデザイン。
指宿枕崎線は2013年に乗車したときに駅メモ的にはクリア済み。
でも、観光列車王国の九州きたら乗っておかないとね。

(過去ブログ)
南九州編、鹿児島県内を鉄道とバスでぐるっと回る。

20200209125556
古い気動車を魔改造して豪華でウッディーな室内に仕立てるのはJR九州のお得意技。
しかし、いかんせんベース車両が古いので乗り心地はさほどよくない。

20200209131118
観光列車らしく海沿いを走る景色をながめながら、
でも、ほとんどは山中を走るので海が見える時間は少ない。

20200209130945
車内販売の手作りプリンと駅で買った薩摩ハイボール(芋焼酎の炭酸割)を楽しんでいるとわりとあっという間に終点の鹿児島中央駅に。

20200209133806
この日の車内からの桜島は噴煙をたなびかせていました。

20200209135015
鹿児島中央駅到着。
乗客の半分くらいは観光のアジア客といった感じ。

20200209140441
ここで、乗り換え待ちにアルコールでも補給しようと思ったら、
駅構内にはデカい駅なのに売店すらないのは誤算。
(この日のきっぷは途中下車できないやつ)

20200209140217

20200209140233

20200209140143
ホームで乗り換え待ちをしていたら高速機動試験車というレアっぽい車両が入ってきて鉄ヲタが狂喜して群がって写真撮ってました。

20200209141256
さて、次の移動は普通列車で川内まで。

20200209141308
JR九州のきれいな気動車。

20200209151645
すぐに川内到着。
さてここから本日の目的地の熊本駅まで行くのだけど、新幹線なら40分とあっという間だけど駅メモ的な事情により鈍行を乗り継いで4時間ほどかけて向かう。

20200209151718
通しで乗ると一日きっぷを買ったほうが安い。

20200209151918
途中で廃線跡の宮之城線をレーダーで一部だけ拾っておく。
(残りはのちほど)

20200209153212
途中に有明海を見ながら北に列車は進む。

20200209155440
列車は4時間の鈍行の長丁場。

20200209164756
途中でしばしば、九州新幹線と交差する、
あれに乗れば、鹿児島から熊本まであっという間なのに、という駅メモあるある。
なお、九州新幹線はトンネルだらけなのでレーダーがほとんど使えない

20200209171635
そして、いよいよ運命の瞬間。

20200209171642
肥薩オレンジ鉄道のなにげない駅

20200209171706

田浦御崎公園駅にアクセス。

20200209171812
ついに、9100駅到達。
レジェンドステーションマスター
開始五年目で846人目。

20200209171824
とりあえず、自分的には駅メモはクリアー。
いやー、5年以上の長い道のりだったわ。
達成はなにか記念になるような駅がよかったけど、単なるローカル通過駅。
今後はノンビリ全県マスターと全駅をやってきましょう。

20200209182640
そして駅メモ廃人の証の7両編成が実現。

20200209172311
九州は日暮れを遅いので夕焼けの島原半島を観ながら走る。

20200209174031
長い乗車を終えて肥薩オレンジ鉄道クリア。

20200209174743
八代駅の肥薩線起点。

20200209174903
八代からは再びJRに戻って熊本駅に、

20200209183755
でも、熊本駅で下車せずに一駅先の北熊本駅で下車する

20200209184048 
上熊本駅から駅メモ路線消化に。

20200209184558
北熊本駅から私鉄の熊本電鉄に乗車。

20200209192438
終点の御代志まで乗って折り返し。
折り返し乗車は本意でないけどしょうがない


20200209193132
熊本電鉄上熊本線クリア。

20200209192500

20200209193505
車内も車外もくまもんだらけである。熊本県内を移動中には視界内にくまもんを入れないのは不可能。

20200209201253
上熊本駅からふたたびJRで熊本駅まで戻る。

20200209200803
ついでにレーダーで市電の路線おとっておく。:

20200209202614
ひさしぶりの熊本駅はすっかり様変わりしていてまったく面影がない。
タイピーエンを食った老舗の中華とかなくなってた
西九州編、JR九州の観光特急を満喫する。

20200209202858
晩飯に駅ビルの地元料理の店「うまや」に。
空港や新幹線駅は地元の味を手軽に味わえる店があるので、ソロ遠征にはありがたい。

20200209203525
一人客用に馬刺しや辛子蓮根、馬もつ煮込みなどセットになったものを注文して焼酎も飲む。しかし辛子蓮根と焼酎は最強の組み合わせだな

20200209205049
焼き鳥もうまー

20200209205559
〆の蕎麦はうどん出汁みたなうすいやつで、関東民的には激怒案件

20200209211914
食って飲んで駅前のホテルにインして長い一日が終了

2月9日
 肥薩おれんじ鉄道
 熊本鉄道本線
 熊本電鉄上熊本線
 
ここまで612路線をクリア!

熊本の残りは3月の佐賀オープン戦に取得予定
(コロナで中止になりました)
あとは豊肥本線が再開してからかな

次回、鹿児島マスターへつづく


| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

南国九州編、その4、「指宿=いぶすき=イーブイ好き」でポケモンマンホールめぐり

※この遠征記は2020年2月9日のものです

南九州遠征記の3日目

この日は指宿市内のポケモンマンホールをめぐります。

ポケモンマンホール公式HPはこちら
今回の遠征の目的のひとつがこちらのポケモンマンホールめぐり。

20200209071757
錦江湾の夜明け

20200209073121
ホテルは人の気配が少なくて、朝食会場もガラガラ。
まだ、このときは中国本土以外の香港や台湾かららしい個人旅行の客はいました。
あとは日本人は数組だけ。九州はアジアの観光客でもってるから大変だ。

20200209072746
朝飯は普通、さつま揚げが唯一鹿児島っぽい。
早めにチェックアウトして行動開始。

20200209110742
ホテルで電動アシスト自転車を借りる。
指宿駅などで乗り捨て自由なのでありがたい。

Ibuisuki
市内のマンホールはこんな感じで、イーブイと進化形が9つ。
ほとんどが駅の徒歩圏内だけど、北にある2つは徒歩だとキツい距離
なので、クルマかタクシーか、アニマルさんのように自転車が便利。

20200209091318
クルマの少ない海沿いを休暇村近くの公園までひたすら走る。

20200209095116
リーフィアゲット

20200209094620
ARでも撮影

20200209094137_img_0165
マンホールは公式のポケストップにもなっているのでギフトをゲットしておきましょう。
フレンドにプレゼントすると喜ばれてよいよ

20200209094223
なお、同じ場所にはこんな非公式のポケストップも立ってたりするので間違えない様に注意!

20200209095702_20200504203801
途中には気になるスポットもあるけど、時間がないのでパス。

20200209101429
サンダースゲット

20200209101249
公立の体育館の近くにあります。

20200209103615
自転車をこいで、指宿駅付近にもどる。
前日も撮影したブラッキーを再度撮影。
この日は天気が晴れたり曇ったりだったんだけど、陽が出ると場所によっては周囲の木立などが影になって撮影しづらかったりすので要注意。

20200209103856
駅の近くでニンフィア

20200209104642
つづいて、グレイシア。
観光オフシーズンだけど駅でポケモンマンホールの宣伝もしていたので、駅近くのマンホールはカップルや親子連れが結構訪れてました。

20200209111148
海沿いでシャワーズ。
ちょっと怖い表情。

20200209112256
最後の一個のブースターが見つからなくてウロウロしてたら移転されてた。

20200209114241
砂蒸し温泉施設の入り口に移転されてあった。

20200209112620
よっしゃ!これでコンプリート!

だけど、ここのブースターだけ公式ポケストップが、移転のせいかかなったのが残念。

2020022
とりあえずまとめ。

202002
マンホールとポケストップ画像まとめ。
うむ、みんなデザインも格好良くていいね。
グッズとか出してほしい(その後出ます)

20200209115630
ということで、午前中で目的も達成したので指宿駅に戻ります。

20200209103200
前日も撮影したけど、再度駅前のイーブイ。

20200209120649
ARも

202002091244552_20200504211001 
ついでに自撮り。

20200209121218
移動の前に駅近くのお店でお昼ご飯。
まずは鹿児島といえば薩摩芋を使った、薩摩GOLDビールをいただきまうう

20200209121917
さつま黒豚うどん、いわゆる関西のうどんすきみたいな感じですね。
ボリュームあってお腹いっぱい。

20200209124910
それでは、駅メモ遠征の移動開始!

指宿のポケモンマンホールは、自転車も駆使すればすぐにコンプできるので、ポケGO勢も、ポケモン好きにも指宿観光オススメです。
ついでに

2020023
このときはおともがイーブイだっからARの撮影イーブイで撮ってたけど、
マンホールの進化形で取ればよかったな。

次回、ついに駅メモ悲願達成!!!

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

南国九州編、その3、指宿の夜は砂風呂に薩摩料理にポケモンマンホール

※この遠征記は2020年2月8日のものです

南九州遠征記の2日目のつづき

指宿の夜を堪能します。
そしてポケモンマンホールも。

20200208164739
荒波を乗り越えてやってまいりました、指宿港。
鉄道旅もいいけど、アイモバ勢としてはやっぱり遠征では船も乗らないとね。

20200208165833
港には人の気配はなく、タクシーとかもいないんでホテルまでポケモンGOをしながら、てくてく歩く。

20200208171507
こちらが本日のお宿。

20200208171555
指宿シーサイドホテル
昭和の時代の温泉ホテルなのでかなり古くてあちこちボロいが接客は良かった。
観光オフシーズンのうえにコロナでアジアからの来客が激減してるから閑散としてる。

20200208172647
部屋はお一人様だけど、ツインで広くてオーシャンビュー。

20200208173702
部屋のベランダからのパノラマ。
九州は日没が遅いのでかなり明るい。

20200208174206
レトロなゲームコーナー(セガ系)を見学。

20200208184003
ホテル内の指宿名物砂蒸し風呂であったまったる。(宿泊とは別料金)
砂風呂は初体験だったけど、砂の重みがじんわり効いて気持ち良かった。

20200208175537
テレビは中国語放送も入るが、ご時世なので中国団体客は皆無。
中国系は香港や台湾からの個人客らしいのが数組。
オフシーズンとはいえ客が非常に少ない。その割には料金はそこそこ高かったな。

20200208183848
遅い日没をまったり眺める

20200208200515  
ホテルは晩飯なしプランにしたので夕飯は指宿市街に繰り出す。
このホテルは市街から離れてるのだけど、飯なしプランにすると市街までの往復タクシー券が貰えるという特典がある。

20200208200828
店はホテルでオススメと紹介された地元料理の店「さつま味」
観光客と地元客が半々という感じ。

20200208201724
いきなり揚げたてさつま揚げのうまさに衝撃。
きびなご刺身も絶品だが酢味噌で食うのが地元流らしいけど絶対ワサビ醤油のほうがいいだろ。

20200208201925
「トンコツ:はブタのアバラ肉(ソーキ)をみそ味で煮た角煮みたいなやつ。
ほろほろに柔らかくてグッド!

20200208211849
地元の味を堪能して指宿駅付近までぶらぶら歩く。

20200208212009
そんで、こちらが今回の遠征のもう一つの目的。
ポケふたこと「ポケモンマンホール」

日本各地の地域おこしとして展開中で、そのひとつがここ鹿児島県の指宿市。

ポケモンマンホール公式HPはこちら

アニマルさんの地元の神奈川県の横浜にも一個だけありますよ。
ベイ戦記編、年末の桜木町でポケモンGOやったり映画FOR REALの舞台挨拶など

20200208211651
ポケふたの場所はポケストップになっています。

20200208212208
駅からほど近い公園にはブラッキー。
夜で真っ暗で写真撮りづらかったけど、闇属性らしくてむしろ良い。

20200208212105_img_0164

20200208215810
公園のジムが良い感じのイーブイ配置だったので、アニマルさんもグレイシアを配置。

20200208211052
駅に戻るスナック街はそれなりに繁盛しているようだけど、明日も早いので駅から無料チケットでホテルに戻る。

20200208214707
そういえば、地元料理を堪能して食うばっかで肝心の焼酎を飲むのを忘れてたのでホテルの売店で焼酎のミニボトルを買って飲んで、この日は終了。

残りのポケモンマンホールは明日に。

3日目に続く

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

南国九州編、その2、日南線を完乗して指宿へ船の旅

※この遠征記は2020年2月8日のものです

南九州遠征記の2日目

この日は宮崎から日南線乗って指宿に行きますが、
例によってかなり変則的な移動となります。


 20200208085229
朝の宮崎駅前、でかい駅ビルをガンガン建設中。

20200208081108
宮崎はちょうどプロ野球やサッカーのキャンプがまっさかりで、駅前は朝からキャンプ地行きのバスにファンが多く並ぶ。
関東より温暖とはいえ2月の宮崎は結構な風もあり寒い。

20200208085403
宮崎駅から日南線というローカル線に乗る。

20200208090205
2両編成のおんぼろのキハ。
前面の行き先表示もない。

20200208090222
どローカル線なのに、スワローズやライオンズ、ジャイアンツ、カープなど各キャンプ地に行くプロ野球ファンで結構な混雑。

20200208094216
駅は南国らしい感じ。
キャンプ地で次々と応援グッズを持ったファンが駅ごとにどんどん降りていく。

20200208095110  
 列車は海をみながらノンビリすすむ。

20200208094832
海をはなれて山の中を進むときは電波も圏外に。

20200208103013
この列車の終点の油津で下車。

20200208103053
まだ残っているカープファン。
終点の志布志駅まで行くために乗り継ぎ。
こっからは同じようなキハだけど一両編成。

20200208105831
最後に日南市の南郷駅でカープファンが下車すると車内は数名だけでガラガラに。

20200208105922
ようやくローカル線旅らしい雰囲気になった。

20200208113131
ちょっと早いけど、お昼は宮崎駅で買っておいた駅弁の椎茸めし。

20200208113202
うーん、肝心の椎茸が小さくて少ないので大いに不満。
修善寺の椎茸弁当をみならえ。
 
20200208115510
宮崎駅から2時間半ほどで、 終点の志布志駅が近づいてきた。
ここは遠洋業業基地もあって大きい港だ。
なお、大阪からフェリーで来るという手段もあったが今回は断念。
 
20200208115750
ここで線路はおしまい。
大昔の国鉄時代は大隅戦というのがさらに延びていたそうだ。

20200208115817
駅はいちおう小さい観光案内所などもある。

20200208120507_20200502184001
長い盲腸線の日南線をクリア。

2月8日
 JR日南線線
 
ここまで609路線をクリア!

新規路線クリアは去年の7月以来です。

(2019年の三陸遠征)
夏の三陸編、その3、釜石を目指してBRTと三陸鉄道に

20200208120104
なんか周りに観光しようにも面白そうなとこないなぁ。
アニマルさんの遠征マイルールとして「盲腸線を折り返さない」というのがあるので、(同じ車窓を2回観るのは面白くないという理由)で
こっからは路線バス移動となります。
しかし、地方でありがちなんだけど、鉄道とバスの乗り継ぎダイヤがまったく考慮されていないので待ち時間がたっぷりある。
(列車の到着の数分前にバスが行ってしまうという、なに考えてんだというダイヤ)

20200208120928
駅前にしょぼいショッピングセンターがあるので、燃料補給。
焼酎王国の鹿児島だけあって品揃えがすごい!
量販点なので高級品よりも家飲み用のあまり見たこと無い地元の安い酒が多い。
買いたいけどさすがに荷物になるので自重。

20200208121302
あと、すぐ隣の宮崎はバーやスナックはウィスキーよりもブランデーという謎文化なのでこちらもタナに各種ずらり。

20200208124602
時間をつぶしてようやく来たバスに乗る。
途中乗り継いで2時間半のローカル路線バスの旅。
意外と田舎でなくロードサイドは店もポツポツあって発展してた。

20200208135130
鹿屋という自衛隊基地や体育大学がある街でバス乗り継ぎ。
バスがだいぶ遅延してたので、ヒヤヒヤしたがちゃんと待っていてくれた。

20200208140158
もうこの辺からは、駅メモでは指宿にアクセスできる。

20200208141524
学生や老人などで席が埋まるくらいはお客さんがいる。

20200208143949
大隅半島の南端に近い根占港というところで下車してちかかくの「ねっぴー館」という温泉施設に。

20200208144042
もう早ザクラが満開だ。気温はそれなりに高いけど、相変わらず風が強い(伏線)

20200208144345
温泉は広くて快適だったけど、露天風呂が設備故障中で入れなかったので残念。

20200208160001
温泉のあとは当然ビール。
土産物屋でツマミに買った地元民むけっぽい惣菜の謎のコガ焼きは初めて食べたけど、甘くない伊達巻きみたいな味。

20200208155553
温泉も入ったので本日の目的地の指宿に錦江湾を船で行くよ!
で港まで歩いてったら人の気配がない。
事務所に欠航看板!
と思ったらカーフェリーは欠航だけど高速船は運航するとのこと「だけど揺れるよ」だそうです。

20200208155751
あぶないところだった、これで高速線も欠航してたら行程が完全に詰んでたところだ。
とりあえず乗船券を買って待機。

20200208161138
高速線といってもFRPの遊漁船みたいなサイズ。
乗客はアニマルさんだけかと思ったら、自分以外にはチャリダーの青年1名があとから乗り込んできて2名に。

20200208161255
操縦席の後に陣取る。
港を出たとたんに横風くらってまさにジェットコースター並み


このすごい揺れ。
スターツアーズの3倍相当。弱いひとなら1分でダウンだな。自分は平気な体質なので揺れを楽しむ。

20200208164326_maps
対岸の指宿港までは20分ほどの旅。

つづく

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

南国九州編、その1、駅メモレジェンドマスター獲得に向けての旅立ちと空から駅メモ

※この遠征記は2020年2月7日のものです

2月初旬の南九州遠征記です。
思えばこの頃は中国でコロナが広がっていたものの、
日本国内はまだまだ平和でした。

今回の遠征の目的は駅メモの最高称号の
「レジェンドステーションマスター」の獲得!
あとはポケモンGOと観光も少々。

まずは初日の2月7日金曜日。

20200207133101
この日は昼間は幕張でお仕事、夕方に羽田に移動して旅立つ予定。

20200207134505
こんなセミナーを聞いてました。
元ベイスターズの役員でバスケのブレイブサンダースの社長さんのお話。

20200216163341
20200216170857
実際に川崎に試合見にいったけど、ベイスターズでの経営手法を色々取り入れていて面白かったですよ。
(そのうち、こっちの観戦記も書きたい)
ちなみに対戦相手の島根スサノオマジックは親会社がバンダイナムコです。

20200207163213
さて、お仕事も終わって幕張メッセから羽田空港直通のバスに乗ろうと思ったら結構な長蛇の列。
来たバスもすでにいっぱいで満員で乗車出来ず!なんてこった!
しょうが無いんで電車移動しようかと思ったけど、時間的に微妙なんで、
海浜幕張駅前から1時間後の次のバスに乗るがこちらも満席だったけどなんとか座れる。
いくら週末でお客多いからっていって満席はひどいな、予約制にしてほしい。

20200207162701_ana
バスも予定より遅れてるし、どう考えてもゲートへ全力ダッシュしないといけないギリギリ。
しょうがないので後の便にアプリで予定変更。
こういうときは株主優待チケットは便利だね。
旅のおとも編、ANAの株主優待券で全国を飛びまくろう

20200207173556
羽田空港に到着。
便を変更したので逆に時間があまりまくってしまった。

20200207171618
とりあえず回転寿司で生ビールをキメる。

20200207181948
ラウンジでコーヒーなど飲んでみたが、週末ですごい混んでてあまり落ち着かない。

20200207182658
ゲートいったら5分遅れ。
まあ、いまさら5分くらいいいけど。

20200207184814
777は一番後ろの席にすると窓側は広いスペースがあるのでオススメ。
(たまたまこの席しか空いてなかっただけだけどね)

20200207190426
さあ、ようやく離陸。
と思ったら、チェックインしたのにゲートに来なかった客がいるとのことで、
その荷物を下ろすとのことでさらに30分遅れ。
もうどうにでもなれ。

20200207193426
さらば東京。

20200207194130
もう、予定が遅延しまくりなので宮崎で夜の町に繰り出すのはあきらめて機内飲み。
さよならチキン南蛮
九州気分を盛り上げるために大分かぼすハイボール。

20200207204329
この日はほぼ満席。

20200207194908_internet
ANAもJALも以前は有料だったけど、最近は機内Wi-Fiは無料なんだよね。
(以前のアイモバ遠征の上空チャレンジ)
iエリアのはなし、JALの機内Wi-Fiで高度10,000mのアイモバ活動!

20200207193930_img_0160
静岡あたりでオンラインに。
でも駅メモは位置情報はなかなか拾わない。
(外付けGPSを持ってこなかったのは痛恨のミス)

20200207195244
ようやく位置情報拾ったと思ったら変なとこきた。

20200207195304
実際は遠州灘上空なのに位置情報は内陸。

 20200207200905
次に位置情報拾ったのは大阪空港?

20200207200956
でも実際の位置は紀伊半島上空。
空港とかにある機内Wi-Fi設備の位置情報を拾ってるっぽい?

20200207202118
室戸岬上空。

20200207204249
宿毛駅ゲット

あんまりへんな位置情報ばっか拾ってると、位置偽装と疑われてBANされるかもしれないので、
駅メモの空からチャレンジはこのへんで終了。

20200207201539
機内飲みはハイボールを追加。
このチーズおかき美味い。

20200207210910
で、だいぶ予定より遅れて宮崎ブーゲンビリア空港到着。

20200207210932
Jリーグのキャンプが大量に来訪中。

20200207211237
こっから宮崎空港線で移動。
交通系ICが利用可能になっていた。

20200207211252
特急だけど、宮崎駅までは特急券なしで乗車可能。

20200207211316
宮崎空港からはほとんどの人がバスで移動するらしく列車は空いてる。
駅メモ的には宮崎空港線はすでにレーダーでクリア済みだけど乗っておきたかったので。
あっという間に宮崎駅に到着。
20200207213214
宮崎駅はひさしぶりに来たけど、昔の帯広駅みたいな上下線で改札が別という独特の構造

20200207213308

20200207213311
駅には宮崎でキャンプ中のプロ野球チームのユニフォームが。
アニマルさんはベイスターズファンなので「キャンプ=沖縄」とう考えしかなくて、
宮崎でのこの時期の飛行機とホテルがなかなか予約できなくてなんで?と思ったのは秘密だ。

20200207213944
雨降ってるし羽田空港と機内で飲み食いしたので夜の町には出かけずにさっさとホテルにインして寝る。
なお、宮崎も地方の県庁所在地にありがちで、駅から市の中心部は遠いのです。
前回にアイモバで宮崎駅に来たときも、結局はホテルで寝るだけだったしなぁ

(以前のアイモバ遠征)
南九州編、スターフライヤーで飛んで日豊本線行ったり来たり

20200207233416
寝酒に九州の焼酎を飲む。

次回は日南線から鹿児島へ。

おまけ
20200207220430
翌日以降の行程はこんな感じです。(一部バスもあり)

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »